FC2ブログ

私と鯖街道(その3)

1999-1
第3章

手作りの鯖街道

 くもん子ども研究所からの下地があったればこそ、鯖親父さんによる鯖街
道キャンブウオークは実施が可能でした。しかしながら各方面との調整、後
援者探し、告知、予算などなど、組織の力を借りずにすべて一人で行わなけ
ればなりません。いった何が彼をここまで駆り立ててきたのでしょうか。

 私が鯖親父さんからお願いされた仕事とは、医療支援及び山道でのリスク
管理でした。道中の八丁平という湿原はマムシが多く生息しているために、
万が一の場合に救急処置を施し、患者を背負って駆け下りる、というもので
した。恥ずかしながら私は、あくまで頼まれたから手伝う、といった程度だ
ったので、まだまだ鯖街道は人事で、準備もお世辞にも積極的とは言い難く、
それでも頼まれた医薬品の準備だけは何度かメールの交換を通じて8月の開
催までには済ますことができました。

 自分たちで鯖街道を復活させるんだという意気込みの大学生たちは、役割
分担とかキャンプファイヤーなどのイベント内容について、あらかじめ綿密
な打ち合わせを行い、準備万端で臨んできました。当日リーダーの一人、紙
やんが急病で参加できなくなってしまったのが唯一のアクシデントでしょう
か。

 私はただ、リーダーの歩いていく後を医療品の入ったかばんを持ってつい
ていっただけのようなような思い出があります。もともと出身が岐阜県の山
奥でしたので、子どもの頃からの遊び場は山であり、谷を流れる川でした。
ですので、鯖街道の道中の山や谷川は、子どもの頃の原風景を思い出させて
くれる心地よいものでした。
 昔遊んだ草笛や、笹船、小魚取りとかが自然と思い出され、都会育ちの子
どもたちに教えてやっていると、リーダー、スタッフの人たちも興味深そう
に見に来て、白分も楽しそうに遊んでいました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード