FC2ブログ

お遍路さん(其の3)8熊谷寺~11藤井寺

-承前-

今朝もいい天気です。でもちょっと寒いかな?
いつものとおり0430頃に目が覚めてしまった。
昨日は一日お日様に焙られ日焼けしていたので、少し頭痛がして身体がだるかったが
一晩眠ったらスッキリしていたよ。
まだまだ若いぞ!若いもんには負けないぞおおおお。

他の部屋の方々はまだ起きていない。(当然か)
そのおかげでトイレも独り占めできた。
朝食は0630から。
各人の出発の時間が違うので、食前の言葉は各自唱える。

ちゃちゃっと食べて(おかわりしたが)、0645に宿坊を発つ。
「お早いですね。お気をつけて」

he28.jpg
さて七番札所十楽寺は昨日行ったので飛ばす。
八番札所 熊谷寺まで5km、70分
田んぼの中の道をテクテク歩く。
途中何か銅像が立っている。なんだ?
三木武夫だああああ。
he29.jpg
三木首相は、ここ出身か?どんな功績を残したのかな?と考えながら更に歩く。
登校中の小学生から
「おはようございます」
挨拶される。
このあたりの人たちはお遍路さんと出会うのは自然なことなんでしょうね。

0800熊谷寺着
he30 8-kumatani
中門には鮮やかに彩色されている多聞天、持国天像がある。
he31.jpg
綺麗に彩色されている像を見るのは初めてだなあ。
昔の
お寺も綺麗だったのでしょうね。
仁王門の天井にも綺麗な天女の絵があるそうだが、実際には公開されておらず、
レプリカがかざってある。
he32.jpg
ここのお寺は綺麗なものを観られたなあ。

九番札所 法輪寺まで約2.5km、40分
田んぼの中を延々と歩く気がする。
ちょうど田植えの季節なんで、あちこちで田植えをしている。
0900法輪寺着
he33 9-hourinji

十番札所 切幡寺まで約4km、1時間
お接待所にお茶があるのでちょっとお邪魔して一服
he34.jpg
そういえば、今日の水分はペットボトルに入れた宿坊の水道水だけやなあ。
なんかシンプルな自分になっていく。
宿坊で一緒だった団体さんを乗せたワゴン車がシュイーンと追い越していった。

1015切幡寺着
山門をくぐったらすぐに本堂か・・・と思ったら
「遍路泣かせの333段」の石段を登っていく。
he35 10-kirihata
あえぎあえぎ登る途中、先ほどのワゴン車が石段横の急な山道をそろそろと降りてくる。

十一番札所 藤井寺まで約10km、2時間30分
今日一番長い道のりです。
山から平野を横切って向かいの山に至る。
ちょっと栄養補給
わしのお気に入りはス○ッカーズ
he36.jpg
食事は、お弁当を持ってきたらいいんですが、今回はそう長丁場はなかったんで
お店で食べることにしていました。
讃岐ではないが、阿波も結構うどん屋が多い。
有名どころは・・・・ないが
he37 yawataudon
まあ、それなりのお店で「八幡うどん」を食べる。

吉野川にかかる潜水橋を渡る。
he38.jpg
洪水のときに橋が流されないようにこういった構造になっているそうだ。
お遍路さんは橋の上では杖をつかない。
なぜって?
その昔弘法大師さんが橋の下でお休みになったからです。
he39.jpg

いけどもいけども道が延々と続く。
かろうじてお遍路道のステッカーがここはお遍路道であることを示してくれる。
途中で七十台の歩き遍路さんとお話をする。
環境省のOBですって。静岡からだそうです。
初回は車遍路をしたそうで、二回目は歩きをしたくて歩いているらしい。
四国へは車で来て、お寺の駐車場に置いて歩くらしい。
しかし車の回収のためにまた元に戻らなくてはならない。
そういうやり方もあるんやねえ。

色々お話しながら歩いていたら案外早く着いた。
1330藤井寺着

he40 11-fujiitera
十一番藤井寺にて今回のお遍路は打ち止め。
本当は焼山寺までの「遍路ころがし」の山道6時間を登りたかったが
時間の都合で断念・・・残念!

鴨島駅まで歩いていって徳島駅まで列車で帰ることにする。
駅まで行く途中に、道行くおばさんが
「あ~、よかった。やっと会えた」
と自転車を止めて話しかけてきた。
「寄付させてください」
と千円のお接待を受けた。

初めての金品のお接待にかなりの動揺を感じたわしだが、
お接待を受けたときには断らないというお遍路さんのルールがあるので
ありがたく頂戴し、納め札を受け取ってもらった。
「あ、お札頂けるのね。嬉しい。昨日は三人に出会ったんだけども、今日は一人も出会わなかったのよ」
そそそそそうか。すると彼女は毎日お遍路さんにお接待をしているのだなあ。
しかし、道向こうのガソリンスタンドにはバイク遍路の若者二人が給油していた。
歩き遍路さんが彼女のお接待の対象なのかしらん。

四国の方々のお遍路さんに対する姿勢というのは、ひとつの文化なのだろうか。
お接待をすることによって功徳を積むともいわれる。
自然に差し伸べられる手というものは、押し付けがましいものでもなし、
受けたほうも心が温まる。
今回2日間だけあるいたんですけども、なんか心がほっこりしましたがな。



帰りは徳島1730発のバスで大阪なんばビッグカメラ前1930着、
そこからなんばOCATを2030発で西裏京都市2230着で我が家に帰る・・・・

はずだったが

神戸~大阪間で事故があったらしく
なんば着が遅れるらしい。

ええっΣ(||゚Д゚)

ここで乗り遅れたら今日中に家に帰られへん!
最悪ダンボールで泊か・・・大阪では誰もお接待してくれへんやろうなあああ

腹をくくることが肝心や。

そう決意した瞬間、奇跡的にバスがスムーズに動き始めて
なんばに到着した。
ああ、お大師様のお導きか・・・
南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛

なんばビッグカメラ前からなんばOCATまで約600m
白衣のお遍路さん、走る。

ぎりぎり間に合ったがな。
南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛


さて、焼山寺までのコースは、いつ行こうかな?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード