FC2ブログ

行きたいと思うときが行く時

今日は思い立って
京田辺市にある酬恩庵に行ってきました。
JRで京都まで出てきて近鉄に乗り換え新田辺駅で降りて歩くこと15分
実はここは通称「一休寺」と呼ばれている一休禅師入寂のお寺です。
川口松太郎書くところの「一休さんの門」「一休さんの道」に傾倒しているわしは
一休禅師ゆかりの地を訪れてみたかった。
DSC_0472.jpg

関東にいるとき、「いつか行きたい」と思っていたところを訪れてまわった。
その癖というか、その心を大切にしていきたいと思っている。
「いつか」とはいつなんだ?
「そのうち・・・」なんて言っていたらずっとその機会は訪れない。
行きたい、やりたいと思ったらすぐにやるべきだと思うことにした。
この先気力も体力も衰えてくるだろう。

で、朝から電車に乗って行ってきましたがな。
世の中では「とんち一休さん」が有名なんですが、わしは成人してからの一休さんの生き方が好きです。
多分に川口松田郎の描いた一休像が影響しているんでしょうけどもね。

DSC_0473.jpg
一休さんは人皇第百代後小松天皇の皇子だそうで、御廟所は宮内庁の管轄になっており、
一般人は中に入れない。門扉には菊の御紋章がしるされている。
一休宗純が正式名なので「宗純王」となっているが、権門富貴を嫌い、皇子扱いをされるのを嫌がった一休さんは
この扱いをどう思っていらっしゃるか・・・・・ちょっと考えてしまいました。

DSC_0478.jpg
枯山水の庭園を見ながら回廊を渡ると、床板のところどころがキュッキュッと鳴る。
鴬張りなんかな?
DSC_0479.jpg
庭園には橋がかけられており、粋な看板が立っている。
わしは、もちろん真ん中を渡りましたがな。
DSC_0483.jpg
地元の道は「一休ロード」があり、こんな看板が並んでいる。

兎にも角にも念願の酬恩庵を訊ねることができて満足でした。


ついでにといっては遠いんですが、
これまた行ってみたかった「河合神社」にも足をのばしてみました。
近鉄→京阪に乗り換えて出町柳へ。
DSC_0487.jpg
下鴨神社境内にある河合神社は女性のための神社です。
美人祈願だそうな・・・・
さる物語で出てきて大いに興味があったんですよ。

DSC_0488.jpg
「鏡絵馬」というちょっと変わった絵馬があり、そこにはすっぴんの顔が書かれている。
DSC_0490.jpg
そこに、自分の化粧道具でもよし、備え付けの色鉛筆でもよし
お化粧させて奉納するという変わった絵馬があるんです。
すると美人になれるという。
さすがに境内には若い女性が沢山いて
一生懸命絵馬にお化粧させて奉納していましたよ。
DSC_0489.jpg
綺麗になれるといいですね。

と、いうわけで今日はお寺と神社を回ってきました。
天気もよく、少し暑いくらいのよい日でしたがな。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード