FC2ブログ

おきらく遍路旅 12巡目 66番雲辺寺・67番大興寺 令和元年11月8・9日

he12-13a-01.jpg
12巡目の大詰めは山岳部が残っています。
それも900m級の雲辺寺ですがな。
曼陀峠、境目峠、あるいは民宿岡田から直登にするか・・・
観音寺市の広報ページを見てみたら、観音寺市コミュニテイバスを使って
雲辺寺ロープウエイ駅近くまで行くことができるそうです。
おお、それを使ってみようぞ。


11月8日(金)
「新大阪駅」を始発で出発して一路観音寺へ。0826「観音寺駅」着
he12-13a-02.jpg
he12-13a-03.jpg
観音寺駅前のコミュニテイバス4番「五郷高室線」乗り場から0852発に乗り
街中をグルグル廻ったのち、約30分後に谷上(教育センター)で降りますが
乗るときに「雲辺寺まで・・・」と言うと運転手さんが
遍路道に一番近いところで降ろしてくれます。

he12-13a-04.jpg
「お遍路さん、ここで降りるといいよ」
「は、はははい」
目的のバス停よりも600mくらい手前で降ろしてくれました。100円!
なるほど道にはロープウエイ駅に歩いて行く道が示されています。
このとおり歩けば問題はない。
3kmくらいを緩やかな道路を歩きます。
he12-13a-05.jpg

季節は秋
田の刈り入れが済み、稲を干している風景も見える。
かすかな野焼きの香りもしてきて、子供の頃の秋の記憶が蘇ってきて
切ない気持ちになる。

he12-13a-06.jpg
1時間弱歩くと山麓駅に着きました。背中が汗で濡れていますよ。
片道分の切符を買う。
降りはどのコースを選択するか、上に行ってから決めよう。

ロープウエイに揺られる事数分、視界が不明瞭になってきました。
山頂の雲辺寺のあたりは濃い霧に包まれていて幻想的ですね。
標高900mの山頂駅に着いたら冷気が押し寄せてくる。
he12-13a-07.jpg
なんと、8℃ですって。
吐く息も白い。

五百羅漢像は、前は歩き遍路道にずらりと並んでいたような気がしますが
今はロープウエイ駅からの道に多く並んでいるような感じですね。
こちらの道を通ってみて初めて分りました。

さて標高が高いので気圧と寒さの関係か、古傷の右膝が痛んできた。
下りの歩き遍路道は岩が多く膝泣かせです。
で、帰りもロープウエイを使うことにしました。

he12-13a-08.jpg
今日は納経所で白衣に「おたのみ茄子」の御朱印を頂きました。
残りは太龍寺の印を「金」の部分に押してもらう・・・
それから甲山寺の兎も欲しいかな・・・?
he12-13a-09.jpg

山門から出てロープウエイで下界に帰ります。
車中、耳がツーンとしてくるので耳抜きをする。

山麓駅に降りてきたらお昼近い。
で、駐車場にある食堂で「うどん定食」とおでん3串食べました。
炭水化物たっぷりの結構ガッツリ食べられる定食で
お腹が一杯になってしまった。

元気よく大興寺まで行きましょうかね。
約9km、3時間弱ってとこです。
he12-13a-10.jpg
道すがらの紅葉は、いまいちですね。
気温がグングンあがってくるので汗も出てきます。

別格16番萩原寺まで来ました。
今回は別格には呼ばれていないので、遥拝のみで先へ行きます。
境内の紅葉も、まだもうひとつのようです。

県道を大興寺方面に向かって歩いていると、
ある醤油の蔵本がありますよ。
表にパラソルがあって、店員さんから声がかかりました。
「お茶を飲んでいきませんか?」
「は、はははい」

店頭で販売をしているようです。
「丸福醤油」という店舗だそうで、かなり有名な蔵元だそうです。
お話をしている間も注文の電話がしょっちゅう入る。
店舗販売をしていないそうで、お客の強い要望に応えて、
今日から店頭で販売を始めたそうです。
he12-13a-11.jpg
中に案内されて事務所に行くと、色々な出汁醤油があり、興味津々です。
実は今度家に帰ったとき、おでんを作ろうと考えながら歩いていました。
「おでん醤油」もありますよ。
迷った挙句、色々買いました。

今日は善根宿に泊まると言ったら、お接待に一本頂きました!
ネット販売もやっているので、家族に気に入ってもらったらまた買おう!

今日もいいご縁を頂きました。
南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛

えっちらおっちら坂を登って大興寺に到着!
あらかじめ遍路計画を送っていたので、
既に善根宿のさんが境内で待っていてくれました!

「お勤めしてきます!」
「ごゆっくり」
わしの後姿を撮影してくれていました。
he12-13a-12.jpg
自分じゃこんな写真は撮れませんねええええええ。
膝を少し曲げているので普禮真言のときかな?

さんはもと銀行員で、
地元にある実家を善根宿にしていて、主に歩き遍路さんのお世話をしています。
最近急増している歩きの外国人遍路さんが多いようです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
注意すべき事は、
ここの善根宿はいきなり連絡しても泊めてはもらえません。
土佐、伊予の各地の善根宿や休息所からの御紹介が必要なのです。
関所を無事通ったお遍路さんがこのお宿に泊まることができます。
ですからこの記事を読んで「宿泊したい!」と思っても
簡単にはできませんのでご注意ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



今日はあと2人、観音寺門前に迎えに行きますが
まだ時間は早い。
なので、観音寺・神恵院を参詣させていただきましょうかね。
境内には泣く子もよけるダンタイサンが二組来ていて殷賑を極めています。
しかしここは境内に札所が二箇所あります。
順不同になりますが、空いている所でお勤めさせていただきます。

「団体来たれば、納経帳集まりてフルヘッヘンドする」


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「フルヘッツヘンド」とは、
オランダ語で「うずたかく盛り上がっている(verheffen)」の意で、
杉田玄白らが辞書もない中、蘭学解剖書「ターヘル・アナトミア」の
邦訳に挑んだ際に、
「鼻は顔の中央にフルヘッヘンド」を訳すのに苦労した、というエピソード。
「庭を掃けば、塵芥集まりてフルヘッヘンドする」などから考えた結果、
「うずたかい」という意味だと推測するにいたる経緯が、辞書を用いずに
言葉を導き出す過程としてが強調されているが、
これは後の創作であろうと考えられる。

わしはNHKドラマの「天下御免」で印象に残っていたので時々使っています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

・・・・どうでもいいことであります。


これで次回13巡目の御朱印を頂くことができました。

自分の参拝を済ませたのち、
境内でKさんと同宿者2人が到着をするのを待つ。
やがてやってきた大きなリュックの男性、どこかで見た顔と思っていたら
フェイスブックの「四国八十八箇所の絆」グループで
毎日遍路通し歩きの記事をUPしていた人です。

毎日パソコンで記事をUPしているので、
その分重い荷物になっているやろね。

もうひとりがやってきました。若い女性です。
そのいでたち、バックパッカーの匂いがしますねえええ。
he12-13a-13.jpg

お宿に向かう途中、お馴染み父母ヶ浜(ちちぶがはま)で記念撮影
丁度日没前で風もなく、最高の撮影条件でした。
平日ながら沢山の若い人たちが集まっていましたよ。
恐るべし、インスタ効果
he12-13a-14.jpg

お宿では夕食をいただきながらお遍路話や旅の話に盛り上がる。
he12-13a-15.jpg
女性は、わしの娘と同い年で、
世界を旅して廻っているようです。
自分の娘がこうだったら、どんな心配をしただろうか。

ちょっと気になったのは、コモンセンス(一般常識)に欠けていること。
讃岐ってどこ?律令って聞いたことない。
源平合戦ってなに?
うう~ん、今時の人はこんなんかなあ?
自分の娘・息子もこんな程度かなあ???
学問をおろそかにしてはいかん、という気持ちはKさんと同意見でした。

しかしながら、参拝の方法とか心構えはきっちりと伝えました。
正しいお作法は、他の人に対するお手本にもなります。

これ、先達のお仕事なんです。

いろいろ話は尽きませんが
歩き遍路は早寝、早立ちが基本です。
9時にお開きとなりました。

部屋に帰って爆睡
夜中の3時半におしっこに目覚めたら、隣の部屋の男性が起きています。
あとで聞いてみたら早起きしてブログを書いていたそうな・・・


11月9日(土)
6時半に朝食をいただき、7時過ぎに出発!
歩き遍路お二人さんを観音寺まで送り、お見送り。
「お気をつけて!」
わしは本山寺の奥之院「妙音寺」まで送ってもらいました。
he12-13b-01.jpg

ここは讃岐最古の寺院だそうで、
36不動霊場の30番札所でもあるそうです。
そのせいか、朝早いのに駐車場には車が停まっていて、白衣の人が降りてきました。
本堂にはご本尊の阿弥陀如来さまと、お不動さまがおられるので
両方の御真言をあげました・・・
奥之院納経帖もだいぶ埋まりました。
he12-13b-02.jpg

ここでKさんとはお別れして、
すぐ近くの本山寺に行き、13巡目の御朱印を頂いておきました。
he12-13b-03.jpg

歩いて近くの「本山駅」にいき、そこから「観音寺駅」まで列車で移動し、
「観音寺駅」~「岡山駅」~「新大阪駅」で家に帰りました。
he12-13b-04.jpg
今日は特急しおかぜ号の自由席は満席、岡山駅も混雑している。
何かあったのかな?
それとも天気がいいので行楽日和なのかなあ?
満席の車内で大きなトランクで二人分の席を占拠して知らん顔の
中国人が気になりましたが・・・

岡山発新幹線ひかり車内はガラガラで
帰りは快適に過ごすことができました。


さてさて、次回は11月13(水)14(木)のウイークデー2連休で
60番~87番・88番と結願であります。
he12-13b-05.jpg







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード