FC2ブログ

横須賀生活の総括その1

a00

人生で初めての単身赴任生活を経験した。
別にとるに足らない経験かもしれないが、この経験を書くことによって自分を見つめなおす機会に
なったらいいなあ、と思いしたためてみました。

-横須賀への道のり-

50を超えて単身赴任の話があったときは正直ショックでした。
わしは管理職といっても別にエリートじゃないのだから全国区ではない。
このままの場所で定年まで・・・と思っていたのだ。

3月の初めに中央から転任の打診があり、「8月に横須賀はどうか?」「はい、行きます」
何故か躊躇なく返答をしてしまった。
これには訳がある。
実は都会の生活に憧れもあったからだ。
20代の頃に4ヶ月ほど横須賀で教育を受けていた。
そこでその時結構楽しかったから、
横須賀、東京での生活に対する漠然とした憧れがずっとあった。
しかし実際にそういった機会がなかったために、
特別意識することなく30年近く田舎暮らしに浸っていた。
今回突然転任の話が舞い込み、それを嫌だと思わない自分の心の動きを
自然と受け止めていました。

さてそれからが大変だった。
(もしも異郷で事故なんかで客死したらどうなる?)
身の回りの片付けから始まった。
わしの部屋(陣地)に溢れかえる「物」の整理だ。
若い頃から集めに集めた趣味の書籍の整理をしなくてはならない。
杞憂に過ぎないのだが、何故かやらねばならないと思ったのだ。
そろそろそんな時期に来ていたのかもしれない。

捨てて悔いのないものは潔く捨てる。
捨てるか捨てまいか迷ったものは捨てる。
半端でない量なので、捨てた痕跡を残さないため、シュレッダーを使った。
それも職場のを業務時間外に、こっそりと・・・
これは残しておきたい!と思ったものは、スキャナーで取り込みデジタル化した。
これ結構面倒くさい。
高画質で保存したいやつばかりなので、処理時間も遅い。
そして、デジタル化が終了したら、シュレッダーに・・・・・
外付けハードディスクの大きいやつを買ってきた。領域はみるみる埋まっていく。

その地道な作業を続けていたら、23年3月11日がやってきた。
天地鳴動さあ大変だ。
デジタル化どころじゃない。
家にも帰れない状態になった。
そりゃそうだ。このために我々の組織は存在しているのだから。
それからは文字通り不眠不休で働き続けた。
a00a

6月、ようやく我々の任務は落ち着きを見せて日常を取り戻した。
さて作業の再開だ。汗をかきかき黙々と作業を進める。
その努力の甲斐あって6月一杯で作業が終わった。やれやれ。
これでどこでも行けるぞ。
すべては外付けハードディスク様に収まった。
いずれいつかやらにゃならんかった事なので、いい機会だったなあ。

引越し荷物は・・
さてそれが問題だ。
娘と息子が大学に行っていて、それぞれアパートの部屋に住んでいる。
新たな家具を買う必要が出てきた。無駄だなあ。
単身赴任とは無駄の塊と見つけたりか。
a01
幸いにわしの愛車ダイハツデルタ号の車載能力は半端じゃなく、
衣服、布団、食器、テーブルなどを積み込み、更に
自転車まで積み込むことができた。
冷蔵庫、洗濯機は向こうで買うことにする。

さて8月1日、いよいよ新任地に出かけることにする。
もともと長距離ドライブは好きではない。面倒くさいなあ・・・と思いつつ
650km、10時間の道のりの遠さにためいきをついた。
朝8時半に皆の見送りを受けて出発!
旅のお供は眠眠打破
a02
オーデイオから流れる曲に合わせて大声で歌いながら眠気を覚ます。
どこまで続く高速道路・・・富士山も雲がかかって見えない。
いい加減退屈しきってきた頃に厚木~横浜 もうすぐや。
夕方6時を過ぎた頃、やっとやっと新任地に到着した。

ここで宿舎に入居するはずなんですが・・・
前入居者の退去後のクリーニングと検査が終了していないので、しばらくは入居できない。
で、病室の個室を借りてそこに住むことにした。
こういうところは医療機関っていいねえ。

一週間くらい病室に住んでいたら、夏の休暇になったので入居しないまま家に帰ることにしました。
家に着いて2~3日逗留した後、荷物を再び積んで横須賀へ・・・
家内も手伝うと行ってついてきた。
横須賀見物が目的の一端であることは、言うまでもない。

宿舎は2LDK、単身赴任には十分な広さだ。
入居作業は荷物が少ないのであっという間に済んだが、とにかく暑い。
引越し作業が済むか済まないかのうちに、あちこち家内を連れて見物をしてきた。
見物というよりも美味しいものを食べる。
家内は2泊し、すっかり満足して帰っていった。
横須賀名物海軍カレー!ドブ板通りのカレー屋さんです。お腹いっぱいになったよ。
a03
三浦半島で獲れた新鮮な魚介類を載せた海鮮丼 数量限定で1300円!
a04
横浜中華街へも行きました。
a05

さて、これから単身赴任生活を謳歌するか!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード