FC2ブログ

おきらく遍路旅 通算12巡目 1番霊山寺~12番焼山寺 令和元年6月1日、2日

he12-1a-01.jpg
11巡目はレンタカー遍路であっけなく、
そして物足りない気持ちを抱えて結願しました。

12巡目は満を持しての歩き遍路です。ワクワク
he12-1a-02.jpg

5月31日、徳島駅前のステーションホテルにチェックイン
到着したら、フロントマンが
わしの名前が印刷された用紙をサッと出して
「お久しぶりですね!」
おお、
わしの事を覚えてもらっていたのか・・・
ホテルマンの営業テクニックなのでしょうが、
自分の名前と顔を覚えて貰うということは
いい気分になれますね。

いい気分のままホテル隣の居酒屋へ行く。
ここも時々利用している所です。
何がお気に入りかというと、シメサバの握り寿司です。
he12-1a-03.jpg
いまの季節、多分冷凍品やろうなぁ~。
でもおいしい。
わしもシメサバ作ったら冷凍しておこうかなあ。

he12-1a-04.jpg
阿波の国でも骨付き鶏が食べられます。
地域最安値という触れ込みなんですって。おいしいよ!

チョーシに乗って注文しすぎて、
会計のとき少し後悔し、反省しました。



6月1日(土)
0548に「徳島駅」を出発して「板東駅」に着きます。
駅にはリュックと金剛杖が数組置かれていて、
おじさんが番をしています。あとから来るのかな??

he12-1a-05.jpg
朝まだ早い1番霊山寺境内にはちらほらお遍路さんや
地元の人達が来ています。
本堂の扉は閉まっていますが、扉の前で12巡目のお勤めをします。
大師堂では旅の安全をお願いして、
しばらく境内で佇む。

1番さんは、ここからお遍路を始める人が大半で
装束やさんや袋、金剛杖も真新しい。
初心を思い出さねばいかんなあ。

先週高野山奥之院で教えていただいたとおり
周りの邪魔にならないように、そっと勤行しました。
そっと唱えると、腹まで吸い込んだ息を長く吐き出すことができて
息継ぎの間隔が長くなり、
滑らかに唱えることができるようになりました。

足取りも軽く歩き始めましょう。
今日のお天気は、まずまずですがな。
ちょっと暑いが、爽やかな風も渡ってきます。
追い風なのが玉に瑕ですが、立ち止まれば背中で風を受けられる。

he12-1a-06.jpg
いつもの事なんですが、歩き遍路中に空を見上げると
今日も龍神さまがおられる。
吉野川が流れているからでしょうか。
「こんなの龍神じゃないけど」
と言われる方もいるでしょうが、わしには龍神さまに見えるのです。
人に押し付けることはしません。

行く手の安全と煩悩の消滅を祈願し、祝詞をあげる。
基本、祝詞をあげてから写真を撮るので
お姿が多少崩れてしまうのは仕方がない。

今日は札所の駐車場にはクルマヘンロさんたちが多いね。
ほとんどが夫婦連れです。
he12-1a-07.jpg

元旦に産まれた孫の世話に明け暮れているうち、
いつの間にか春は過ぎ、
初夏といっていいほどの季節になっている。
ありあまる日光と適度な降雨のおかげで
草木の生長は目を見張るものがありますがな。

「旧遍路道」と銘打ってある道は、地元の方々の努力によって
整備されてはいるでしょうが、
やはり草の伸びる速度は速い。
ともすれば膝丈くらいにまで伸びている。

旧遍路道を気分よく歩く


he12-1a-08.jpg

錫杖の「錫錫!」という魔よけの音が空しく響く。

ああ~、これが夏真っ盛りだとどうなるか。
水田でオタマジャクシからカエルに成長し、
そのカエルを餌にするヘビも
うようよ存在する。

わしの育った岐阜県の濃尾平野は昭和40年代当時は一面水田で
カエルを捕って遊んでいると、それを狙うヘビが必ず顔を出したもんです。
水田=カエル=ヘビ
これは切っても切れない深い繋がりがあるのです。

ああ、でも里山付近を歩く歩き遍路はやめられない。
he12-1a-09.jpg

いまわしが持っている
へんろみち保存協会の遍路地図、2013年版なんですが
道筋にあるお宿やお店も6年間の間に栄枯盛衰が激しい。
he12-1a-10.jpg
「萌月」はご主人が亡くなられて閉店されたそうです。
ご冥福をお祈りします。

he12-1a-11.jpg

遍路地図には当然載っていない地元のおいしい店
これは口コミや自分で発見したものもあるが
前回まであった店がなくなっているとがっかり。
he12-1a-12.jpg

人気パン店などは
日によって売り切れていたり、沢山あったり。
he12-1a-13.jpg

いろいろですな。

朝7時から絶好調で歩き続けていると、
以外にハイペースで歩いている事に気づく。
どうも2時間くらい早い。
he12-1a-14.jpg

he12-1a-15.jpg

立禅の効果なのか、たまたま調子が良かったのか。
このままでいくとお宿に早く着きすぎてしまう。
he12-1a-16.jpg
7番十楽寺を過ぎて今日のお宿の
「越久田屋(おくだや)」さん前に来たのは1430

荷物を預かってもらってもう少し歩こうかと考えていたら
作務衣を来た女性が歩いてきた。
越久田屋さんの新・女将さんのようです。

快く荷物を預かってくださったので
身も心も軽く、更に歩き続ける。

「御所の湯」から先に行った所にある運動場から、
ドリルの音が聞こえてきました。
小学生達が練習しているようです。

太鼓のリズムを聴いていると、身体が自然と反応してきますよ。
約70cmの歩幅の早足行進になってくる。
坂道でもグイグイ進む事ができます。
おお、疲れて歩き方がダレてきたらこれをやろう。

堂々歩調を取って進むと、
8番熊谷寺が見えてきました。
he12-1a-17.jpg

本堂で今日時々見かけていた母子連れの御刀自様から
「納札をいただけないでしょうか・・・?」
「え?あ、はははい。こんなのでよければ」

まだまだ時間はある。
ここから2km先に次の札所があるよ。

迷わず行くことにする。
緩やかな下り勾配なので疲れることはない。
he12-1a-18.jpg

やがて遠景に9番法輪寺が見えてくる。
この景色、好きですねえええええええ。

いま1630
門前のお店は店仕舞いしているので
草餅は、ない。

参拝を終えてお宿に電話したら、まもなく迎えの車がきました。
ありがたや、ありがたや。
車内で女将さんの話を聞いていたら、
昨年亡くなった先代越久田屋さんの跡を継いだのは
なんと愛染院の住職夫婦なんですって。
he12-1a-19.jpg


途中のスーパーマーケットに寄ってもらい
今夜の夕食と明日の朝食を買い込む。

ここのお宿は素泊まりのみなのです。
4000円

お宿に転がり込んで、早速汗を流して洗濯をする。
「御所の湯」までの送迎があるのですが、今日はお宿のシャワーで済ます。
同宿者は3名なんですが、一緒になる機会もない。
サロンを覗いてみると、先代の残した色々な物は
綺麗に片付けられていて、ガランとしています。
he12-1a-20.jpg

独り夕食を黙々食べる。
ビールは・・・まだ早い。夜に飲もう。

しばらく部屋で寝転がっていたら日が暮れたので
ビール持ってサロンに行ったら愛染院住職がおられたので
しばらく付き合って頂きました。

住職はストイックに修行に打ち込んでこられた方で
虚空蔵求聞持法を三度されたそうです。
「悟られたとお伺いしましたが、どういうものなんでしょう?」
「・・・・言葉では、なかなか」
「そうでしょうね・・・すいません」

話題を変えて、お遍路をやっていると時々疑問に感じる
お作法や、勤行次第などについてあれこれ質問し、
具体的、あるいは抽象的な教えをいただきました。

結局、こうだと思い込んで相手にもそれを求めるのは野暮、
ということに落ち着きました。

わしが得た結論は、
宗教に関する疑問点は、先輩信者にではなく、
僧侶の方から教えていただくのがよい。
真言宗ならば四度加行を納めた方で、
得度だけして加行をしていない人のは、お勧めできません。

充実した夜を過ごすことができて、よく眠れました。



6月2日(日)
相変わらず夜明け前に目が覚めました。
荷物の整理をしていたら窓の外が明るくなってきたので
庭に出て立禅をする。
朝の空気と鳥のさえずりが心地よい。

昨日買っておいた食料をモソモソ食べ、
7時に車で10番切幡寺の駐車場まで送っていただきました。
he12-1b-01.jpg

今日は11番藤井寺まで行って帰ろうかと考えていましたが、
徳島在住の先達同期のK村さんから連絡があり
藤井寺から車で12番焼山寺まで送ってくださるとのこと!
ありがたや、ありがたや。
焼山寺山登りは、
再来週に5時間汗かいて登ろうと計画していたのです。

足取りも軽く吉野川方面に向かう。
he12-1b-02.jpg
お接待のビワに癒され・・・
潜水橋を対向車に気をつけながら渡る。

11時前には藤井寺に到着しました。
he12-1b-03.jpg
空は、曇り空で
時々雨が落ちてくるなあ。もう梅雨か??

境内で頂いた藤の種は順調に育っていて
いずれ鉢植えで花を咲かせたいと企んでいます。

車でやってきたK村さんと合流して
神山方面から焼山寺へと進む。
雨が降り始めました。
このくらいの雨ならば雨着は必要ないでしょう。
he12-1b-04.jpg

思いがけず12番まで廻ることができました。
お遍路を続けていくと色々な人と知り合いになることができ、
その御縁を大切にしていると
思いがけず、いい事があるもんです。

自分がしてもらって嬉しかった事は
ほかの人にもしてあげられる自分になりたいものです。

徳島駅まで送っていただき、帰りのバスチケットを買い、
近くのラーメン屋で遅い昼食をいただきました。
he12-1b-05.jpg

次回は13番大日寺から23番薬王寺です。
多分梅雨に入っているでしょうが
雨着を着て歩くことにします。
he12-1b-06.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード