FC2ブログ

突撃車遍路 土佐の国 24番最御崎寺~36番青龍寺 平成31年4月20・21日

he11-5a-01.jpg
土佐遍路では、導師の存在がわしを導いてくださいます。
修行というものは、独りではできない。
ある程度の段階までは導いてもらわなければ
我流になってしまったり、誤った方向に行ってしまったり
妙なものに取り付かれてしまうからです。

「守破離」

のうち、わしはまだまだ「守」の段階です。


4月20日(土)
24番最御崎寺は、いつもお大師様に引いて頂ける場所です。
本堂でお勤めしようとしたら、
目の前に琵琶を持った女性がおられる。

「す、すいません・・・黒田さんですか?」
「はい」
he11-5a-02.jpg

土佐琵琶奏者の黒田月水さんでした!
去年の先達大会で琵琶演奏をする予定でしたが
台風で大会自体が中止になり、残念な思いをしたんです。

「今年こそ、演奏を聴かせてください!」

写真を撮らせていただきました。


そのあと大師堂へ行ったら僧侶によるお勤めが始まり、
またまたラッキー!
結縁の綱を握っていたら、確かにお大師様に引いていただきました。

独りで来て独りでお勤めしても何もないところでも
神仏との媒体となる人が居ることで
自分にもお裾分けがあります。
この先自分独りで来ても神仏からのサインが受け取れるように
修行しなくてはいけないなあ。
he11-5a-03.jpg

今日は朝からいいお天気で、気温も高い。
桜の季節を過ぎて、木々も新緑の季節を迎えようとしているいま、
生命の躍動感が満ち満ちております。
he11-5a-04.jpg

路傍に咲いている花の名前、知らないものばかりで
自分の浅学さを思い知らされますがな。
he11-5a-05.jpg
神峯寺へ行くときは、時間がある限り神峯神社へ行きます。
ここは参詣者も少なく、貸切ですがな。
御神水で喉をうるおす。
鼻の奥がツンとなるような清浄な空気感がたまらない。

he11-5a-06.jpg
神峯寺のお水場では、
玉になった水が水面を転がる液滴現象が見られます。
液滴現象と霊水、その効果(御利益)について
まだまだ勉強しなくてはいけないなあ。

he11-5a-07.jpg
大日寺、ここでも色々な霊験を感じさせていただいています。
今回も本堂内陣にあがらせていただき、
五体投地礼をして大日如来さまにご挨拶していたら
勤行の間中灯明の炎が上に大きくあがっていた、
と言われた。

わしは無心になっていたので、
そういったことには気づいていませんでした。

門前のお遍路用品店が休息所になっていますね。

大日寺から国分寺までの道程、ここは必ず迷います。
歩きならばシールの標識に従って歩けばいいんですが
車だとあちこち迷う。
またまた時間を余分に食ってしまいました。
he11-5a-08.jpg

he11-5a-09.jpg
そのおかげか?
善楽寺でお勤めが終わったとき、
土佐一宮神社の方から太鼓の音が聞こえてきました。
急いで行ってみると、まさに結婚式が始まるところでした。
he11-5a-10.jpg
神社における神様からの「歓迎のサイン」のひとつに
「慶事が始まる」があります。
幸せのお裾分けをいただいた、ということでしょうか。

厳かな雰囲気を味わう事ができましたがな。

今日はいいことが多いなあ。

he11-5a-11.jpg
今回の目的のひとつ、竹林寺奥之院「船岡堂」参りです。
いつも奥之院納経帳を忘れてきていて残念な思いをしていたので
今回は忘れずに持って来ました!

比較的ゆっくりとした行程だったので
どこまで廻れるか?
と思っていたんですが、
当初の予定通り32番禅師峰寺まで廻ることが出来ました。
he11-5a-12.jpg
ここの香炉は4時半に閉じられるので、
78番金倉寺で買った塗香「ザクロ香」を使いましょうかね。

今日のお宿は33番雪蹊寺門前の「高知屋」さんです。
実は当初は某地蔵堂に泊まる予定だったんですが、
最近妙な人がそこに寝泊りしていて問題になっている、というので
そこに泊まるのはやめてお宿探しをしました。
朝早く、無理かな~と思い高知屋さんに電話してみたら

宿泊OK!
おおっ
南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛

人気の高知屋さんは満員の事が多いのです。
お遍路シーズンやし土曜日やもんなあ。

今日は歩きのおじさん2人、車のおじさん2人、おじいさん1人、それにわし。
he11-5a-13.jpg
相変わらずここのカツオのたたきは美味しいなあ。
ちょっと甘めの味付けがいい。

歩き2度目らしいおじさんたちは、自分達の世界でお喋りしています。
わしは今回はクルマヘンロなんで黙って聞いていますが、
クルマヘンロを見下した雰囲気なんで、
わしが会話の中でカミングアウトしたら、
気分を悪くしたような表情になってしまいました。

歩き2度目を自慢する彼らも未熟ですが、
自分の経歴をカミングアウトするわしもそれ以上に未熟やねえええええ。


4月21日(日)
またしても早朝に目が覚めました。
夜が白々と明けてきたので、日課の立禅をやってから
雪蹊寺境内に行き、独りお勤めを済ませました。
he11-5b-01.jpg

6時に朝食を大飯2杯半たべてから、
お宿を後にして雪蹊寺境内のベンチで朝の空気を楽しむ。

6時25分頃、お年寄りが集まってきました。
なにかな?と思っていたら
納経所からおばあさんがラジカセを持って出てきました。
ああ、ラジオ体操なんやね。
皆、楽しそうにやっていますよ。
わしも混ぜてもらおうかと思いましたが、引っ込み思案なんで遠慮しました。

ラジオ体操が終わり、納経所に戻ったおばあさんから
「お遍路さん、納経しますよ!」
と声をかけて頂きました。

今日も朝からありがたいですねええええええ。
he11-5b-02.jpg


今日は33~36までの予定です。

朝早いので35番清滝寺に先に行こうかね。
ここの参道はクルマヘンロにとっては屈指の難所です。
参道の門柱の前で停車して
道中安全を祈る。

ありがたいことに車に出会わないまま上につきました。
境内には誰もいませんよ。
he11-5b-03.jpg
本堂横の子安地蔵さまの泉へ行くと、
ここでも液滴現象が見られます。
ありがたい水をひとくちすくっていただくと、甘露甘露

降りも何事もなし。
南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛


次は宇佐に向かって南下します。
今日も暑いね~、海水浴できるかな?
スカイラインを登り、先に奥之院に行かせていただきます。
ここも前から来たかったんですよね~。
鳥居の扁額には「不動明王」と記されています。
神仏混淆ですね。

気持ちのいい木立の路を進むと、
海を臨む断崖の頂上らしき所にお堂が見えてきました。

he11-5b-04.jpg
おお、やっとここに来ることができました。
靴を脱いで石畳を進み、
不動明王様の前に額づき・・・

ああっ

脚に石が食い込んで痛い
何度か脚の位置を変えて座るが、どうやっても痛い。
覚悟を決めて痛いまま勤行を続けました。

足は痛かったが気持ちのいい場所ですねえええええ。
来てよかった。

路を戻って36番青龍寺へ。
体操服を着た高校生達がいますよ。明徳義塾の生徒かな?
石段を走って昇り降りしていました。
朝青龍もこの石段でトレーニングしたとか・・・
he11-5b-05.jpg

駐車場前で大きな話し声が聞こえてきたので覗いたら
仏さまを彫っている人がいました。
掌に乗るお大師様のお顔がよかったので
つい買いたい気持ちが湧いてきたのですが、我慢我慢

海岸に沿って進み、仁淀川を渡ってこのまま行けば
山際に34番奥之院があるのですが、それは次の機会に。

花はまだ咲いていない「あじさいロード」を進み
34番種間寺に来ました。
今日はここで終了なんです。

he11-5b-06.jpg
門前にはアイスクリンの屋台があるよ。
ちょっと覗くと、抹茶やイチゴ味もあって美味しそう。
参詣者はもれなく買って食べていますよ。
歩きのおじさんが横に座って美味しそうに食べています。
わしはクルマヘンロの引け目もあって遠慮しておきました。

広い本堂内陣に上がる事ができるので上がらせていただき、
今回の旅の安全のお礼をしましたがな。

午前中に予定を終えることができました。
さて帰ろうかね。
高知駅で、高速バスの状況を聞いてみたら、午後の便はみな満席です。
なので、JRの切符を買って特急南風⇒新幹線で帰りますかね。

バスだと約6000円で5時間、
列車だと約10000円で3時間半です。

早く帰って落ち着きたいので列車のほうがいいかなあ。
また、特急南風号は高知駅発なんで、自由席でも充分座れます。
he11-5b-07.jpg
駅弁も買ってきて、旅情を十二分に堪能しました

しかし

岡山駅で列車から降りようとしたら、
何故か派手に転んで膝と掌を強打しました。
幸い何ともなかったんですが、こんなこと初めてです。
何かを連れてきてしまったんでしょうか?
その後は何ともなかったんで岡山で落としたのかなあ??

まだまだ分らないことだらけのわしです。

このあと教えて頂きました。
突然の驚く事が起きたときには、何かが落ちた、
ということです。
何か憑いていたものが岡山駅で落ちた、ということです。


次回は連休明けに37番~43番です。
松山では道後温泉に入ろうかなあ?どうしようかなあ?
he11-5b-08.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード