FC2ブログ

おきらくレンタカー遍路 通算11巡目 44番大宝寺~65番三角寺

he11-4a-01.jpg
孫のお守りもひと段落したところで、
お遍路の再開です。
今年前半の11巡目はクルマヘンロの予定で、
それはもう急いで急いでお遍路しています。
こんなんでいいのか?と自問自答しつつ・・・


札所間の移動計画を立てるときにはグーグルマップで距離と時間を計算して
行動予定を綿密に立てるのですが、綿密すぎて、モデルケースすぎて
渋滞やアクシデントなどの予定の遅延を考慮に入れていませんでした。

なので

大幅な遅れが生じてしまったときには
心が千々に乱れそうになりますが、

「なんとかなるさ」
「焦ったってしかたがないよ」

と自分に言い聞かせていました。

次回からは余裕を持った計画にしましょう。
それに不動心を持てるように精進します。



4月10日(水)
土・日が仕事なので、水・木と平日2日間の休みなのです。

朝8時
オリックスレンタカー松山駅前店に行きます。
ネットで予約しておいたので手続きは迅速ですがな。
松山駅前店で借りて、伊予三島の四国中央店で返すという便利なものです。

he11-4a-02.jpg
今日の空模様は生憎の雨ですが、
清めの雨と考えたらありがたい雨です。ちょっと寒い。

久万高原を目指してひたすら高度を上げて行きます。
標高が上がるに従い、もやがかかっていくのがライブで実感できますね。

he11-4a-03.jpg
小雨煙る大宝寺
門前のお店で「やいと饅頭」を買おうと思いましたが
平日の早朝、お店の電気は灯いていませんでした。残念!

気を取り直して、
岩屋寺参道のヨモギ入り大判焼きを買おうかと思ったら
ここも本日閉店中!ああっ更に残念

he11-4a-04.jpg
今日札所で見るのは年配の夫婦連れが多いですね。
休日よりも平日のほうが人出が少なくて落ち着いています。
でも賑やかなほうがいいような気もして、アンビバレンツであります。

久万高原から三坂峠の専用道路を走り、
「塩ヶ森バス停」から、細い道路を下って浄瑠璃寺へ一気に下る。
レンタカーのカーナビは使い込まれていて
タッチパネルの反応がイマイチで
目的地を入力するのに手間取りますが、まあこんなもんでしょう。

浄瑠璃寺の裏手に駐車場があるので
本堂裏手から境内に入ると、シャガが群生していました。
思わず見とれる。
he11-4a-05.jpg
本堂からはお香の香りが漂ってきて、
子供の頃、春の遠足で行っていた山寺のシャガとお香の香りの記憶が
蘇ってきます。
he11-4a-06.jpg

he11-4a-07.jpg

松山の札所と桜見物を楽しみながら車は進む。
場所によっては盛りが過ぎていたり満開だったり、
更に変わった桜を見ることも出来て楽しいです。
he11-4a-08.jpg

お寺は建造された当時は鮮やかに彩色されていたのでしょうが、
現在の建物は古く、くすんだ色合いですが
花が鮮やかに彩ってくれます。
やはり絵にするならば花の札所ですね。

昼食はコンビニで買ったお握りとサンドイッチ
車中で食べます。趣ないなぁ~。
計画は余裕を持って立てなくては・・・・
he11-4a-09.jpg

それでも繁多寺の聖天宮への参拝は欠かせません。
ちゃんとお供えのお酒を買ってきましたよ。
お勤めの後にはお下がりを頂戴して、今夜いただきましょう。
he11-4a-10.jpg

カーナビに従って走ると、
52番太山寺には今までと違った経路で札所に着きます。
あ、逆の方向からなんだぁ。
昨年の台風で崩落した参道は半ば復旧していて本堂まで進む事ができます。
不謹慎にも、納経所脇の遥拝所のほうが良かったなんて思ってしまいます。
he11-4a-11.jpg


犬を連れた観光気分の老夫婦が一緒でしたが
さすがに山門をくぐらせることはなかったようで
ワンちゃんは手水舎のあたりでお留守番をしていました。
ダンナは奥さんの記念撮影を撮るのに夢中で
お勤めは忘れがちですね・・・・

久々に境内の場所まで登って来られたので、
大師堂脇の十一面観音様の石仏にお会いする事ができました。
52番太山寺
「久々にお会いできて嬉しいです」
「そうか、そうか」
この表情と雰囲気が大好きなのですよ。

he11-4a-12.jpg
圓明寺の境内の桜はいま盛りで、
特に大師堂から見る修行大師像と桜の枝は絶品です・・・が、
このアングルの写真を撮り忘れてしまったがな。

いま午後3時
さあここから今治まで移動して仙遊寺まで行く予定なのですが
果たして間に合うのか?
焦る自分がまだ居ます。
そんな自分に
「あせらんでもええやんか」
と語りかけて、車を走らせる。

午後4時に54番延命寺に着きましたがな。
まあ、廻れるところまで廻ろうかね。
時間がなくっても、勤行次第を手抜きしては「自分は遍路修行者」と標榜できない。
しかしながら少しだけ早めに唱える。
本堂にはゴザが敷いてあるのでそこに座る、と
目の前にご本尊のお不動様の横顔が見えるよ。
he11-4a-13.jpg

わしにはそう見えました。

お不動様から
「よう来たな」
とお言葉をかけていただいたような気がします。

南光坊の山門の桜は残念ながら盛りを過ぎていました。
手水舎で近所のおばあさんから
「どこから来なすった」
「は、はい。大坂からです。いつもお参りですか?」
「わたしは毎日来とるよ。こないと落ち着かないんでな」
「それは羨ましいですね」
彼女は柄杓を口につけていたが、お大師さまもお許しになっているのでしょう。

次の泰山寺で本日の打ち止めとしましょうか。
he11-4a-15.jpg
「すいません、このあとお勤めしますので御朱印を頂戴できますか?」
「はいはい」
もう筆を洗っていましたが、重ね印のみなのでご迷惑はかけなかった・・・

と思う。

境内には白人のおじさんがいました。
「コンヤハドコニトマリマスカ?」
「エキマエノホテルデス」
「オキヲツケテ」
「エキニイクノナラ、ノセテイッテクダサイ」
「スイマセン、アノヤマノウエマデイクノデス」
「OH!」

ヤマノウエノ仙遊寺を目指して進む。
春だから空がまだ明るいのがありがたいね。
山ツツジの咲き乱れる車道を登っていきます。
5時半に仙遊寺宿坊に到着しました!

今日の宿泊者はダンタイサンもいて忙しそうです。
チェックインは、ほぼセルフ状態で勝手にやりました。
今日は「不動」の間です。

夕食まで30分あるので早速温泉に入りに行ったら、ぬるい。
先客が水を入れすぎたのかな?
熱いお湯を足したが、まだぬるかったなあ。

he11-4a-16.jpg
夕食はお馴染み玄米ご飯の精進料理
わしの周囲は歩き遍路さん、区切りのご夫婦さんたちなどなど。
今回はクルマヘンロなので、ずっと黙って食べていました。

高野山の宿坊は、どこに泊まったらいいのか?
という話題になったのですが、
誰も明確な説明ができない雰囲気になっていたので
仕方ないので宿坊の案内所の場所とか、わしが泊まってよかった宿坊
ネットでの予約も出来る宿坊などのお話をさせていただきました。

「何回も廻っているんですか?」
「はぁ、いささか・・・」

瓶ビール一本を頂き、グイグイ喉に流し込むと酔いが廻る廻る。
しばらく歩きの皆さんとお遍路談義をしてから
千鳥足で部屋に戻る。
部屋に戻ったら、繁多寺聖天様のお下がりの御酒が待っています。
he11-4a-17.jpg
独り二次会をしながら御影と納め札の整理などをしましたが、
酔った手元がおぼつかないなあ。

ここの宿坊には部屋にテレビがないので、眠くなったらさっさと寝ますかね。
本来宿坊とは修行者の宿泊場所であって
ホテルではないから、当然といえば、当然

おやすみなさい。



4月11日(木)
5時前に目が醒めました。
he11-4b-01.jpg
身支度を済ませて、まだまだ時間があるので窓を開けて
今治の夜明け前の風景を見ながら「立禅」をしばらくやっていました。
he11-4b-02.jpg
そのあと夜が明けてきたので境内に出て
朝の空気を満喫しながら大師堂でお勤めしてきました。
境内の霊気が五感をプチプチと刺激してくれます。

初老の遍路修行者の方が仙遊寺に住み込みで修行されていて
境内の掃除をされています。食事の際もお手伝いしていました。
わしの将来の姿を見るようです。

宿坊に戻ると朝のお勤めのために参篭者が玄関に来ています。
「本堂へは、どう行けばいいのかのう?」
「こちらです」
「あ、靴はいらんのか・・・」

10分前なのに既に本堂に来ている人もいます。


朝のお勤めは、理趣経から始まり、皆で般若心経をあげ、
そのあとの小山田住職の法話へと続きます。
いつもながら四国遍路を世界遺産へ、の熱い思いを語ってくださいました。

62番問題についても語ってくれました。
「先達さんがいるので、気を悪くしないでくださいね」
とわしのほうを見ながら小山田住職が実際に観て聴いてきた宝寿寺住職との話を語りました。

わし、住職の考えと同じなので別段何も思いません。
お勤めが終わってそれを伝えようとしましたが
参篭の婦人が熱心に住職に語りかけていましたので
話はできませんでした・・・

朝食は熱い玄米粥です。
一杯ではお腹がすくのでお替りをお願いしたら
あちこちからお替りのリクエストが飛び出し、職員さん忙しそうでした。

さて今日は、昨日廻れなかった栄福寺さんを廻ってから、
といっても山を降りて国分寺まで行く途中なんで
問題ないっす。
he11-4b-03.jpg

納経所には白川住職がおられたので
「映画の続編の予定はないですか?エンディングが気になって」
「そうですね~、他の企画はあるんですが」
「期待しています」
he11-4b-04.jpg

伊予国分寺の横には立派な神社があり
ん?脇屋義助・・・なんで新田義貞の弟がここに?
いつも気になっていました。
自分が不勉強だったに過ぎませんが調べてみました。
確かにここは新田氏の脇屋義助没の地だったのです。
he11-4b-05.jpg

新田次郎の小説「新田義貞」を読んでからの義貞ファンでした。
足利尊氏よりも不器用で世渡りは下手なのですが、好きですね。
その弟の脇屋義助も兄に従い従軍し
兄が越前で戦死してからも南朝方の武将として各地を転戦し
伊予の国で病没した、ということです。

祀られている神社を初めて参拝しました。
隣の札所の殷賑に比べて、石段にも落ち葉が降り積もっております。

自分の持っている歴史上の知識が現実と結びつくと
また感慨深いものですねえ。

ここからは壬生川を越えて伊予小松に至り
香園寺に着きました。
he11-4b-06.jpg
広い本堂内はわしひとり。
朗々と勤行の声が響き渡る。

色々と取沙汰されている62番宝寿寺境内は人もなし。
手水を使っていたら納経所から

「こんにちは!」

he11-4b-07.jpg
観音堂の扉が開いていてご本尊の十一面観音様の御開帳をやっています。
ああ、仙遊寺で小山田住職の言われていたことは本当でした。
ご本尊は実際に存在していたんですね。
大師堂も戸が開け放たれていて、お大師様のお膝元まで進んで
お勤めが出来ました。
he11-4b-08.jpg

納経所で御開帳のお礼を述べたら、
職員の方がご本尊様の足元まで案内してくださいました。

見るからに年代を経たお姿
これが本物とかレプリカとか、色々な意見が出ると思いますが
わしにとってこの場所は、長い年月をかけて人の祈りが篭った場所です。
あれこれ言うのは野暮じゃありませんか。

自分の目で観て、聴いて、会ってみて
それから自分自身で判断するほうがいいでしょう。
人の噂というのは無責任なものです。
必ず当人の主観が混じりこんでいるからです。

宝寿寺でちょっといい気分になって車を走らせ吉祥寺を済ませ
he11-4b-09.jpg

前神寺へ。
あっしまった!
一円玉が切れている・・・
お不動様に一円玉を貼り付けるのは、次の機会にするか。
he11-4b-10.jpg

大師堂でお勤めを終わり鐘楼堂前のベンチに座って空を見上げたら
竜神様がおられる。

この場所で竜神様の顕現を拝する確立がかなり高い。
竜神の祝詞をあげてご挨拶をしましょう。

納経所でそのことを述べると、
「ここは明治に移築された場所ですが、昔から水脈の枯れたことがなく、確かに
竜神様がおられるのでしょうね」

なあああああるほどおおおおおおお。

わしの住む家も、「真名井の清水」という銘水の伏流水の上にあり、
銘水が神格化された神社も近くにある。
流域の商店は栄えていて、きっと竜神様がおられるのでしょう。


閑話休題


さあこれから横峰寺まで行こう。
上の原バス乗り場まで登り、そこから登山バスに乗ります。
何故バスに乗るのか、
それはバス運賃1750円のほうが、
平野林道維持管理費1850円よりも安くて、
狭隘な山道を離合に神経すり減らしながら運転するよりも
居眠りしながらバスに乗って行くほうがいいから・・・

乗客は5人
自転車の夫婦と普段着のおじさんが2人、それとわし。
揺られ揺られて30分、山上駐車場に着きました。
「12時頃に発車しますので、それまでに帰ってきてください」

おおっ

いつもならば滞在20分しかなくって大忙しなのに
今日は倍の40分あるぞ!

南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛

それでも早足で本堂へ急ぐ。
今日は晴天ながら寒いなあ。吐く息が白いですよ。

歩きながら塗香を身体に塗りたくり・・・
塗るのは76番金倉寺で買ったザクロ香であります。

ザクロの香りに包まれて、
まず大師堂でお勤めします。
絶好調で本堂、納経所と突撃しました。

剣を持ったお大師様と目が合いました。
he11-4b-11.jpg

あ、はははい。

聖天堂でご挨拶できるほど時間に余裕がありましたがな。
お供えの甘いものは、スニッカーズです・・・
(聖天様は甘いものが好物なのです)

山上駐車場に駆け戻ると、10分以上時間があります。
he11-4b-12.jpg

ヤマガラに遊んでもらいました。
手のひらにヒマワリの種を乗せてしばらく佇むと・・・
二羽飛んで来て餌をついばんでくれました。
楽しいなあ。
自転車の奥さんがこっちを見ていたので、おいでおいでをして
彼女の手のひらに餌を乗せてやると、
ヤマガラが来てついばんでいました。

バスに乗って上の原バス乗り場まで戻ってきて、
待合室のベンチに座り昼食のサンドイッチを食べようとしたら
首輪をした犬ちゃんがやってきて、手元をじっと見つめている。
「犬ちゃんに餌をあげていいですか?」
「ハハハハ、いいよ」
「そうっすか。はい、どうぞお食べ」
he11-4b-13.jpg
一切れあげたらあっという間に食べてしまい、また見つめてくる。
結局ほとんどあげてしまいにけり。
わしのお昼がなくなってしまった。どこかでまた買わねば。

なおも身体をすりつけてくるワンちゃんと別れて車に乗り下界へ進む。
さて、予定ではここから伊予三島へ移動して65番三角寺まで行く。

十分行けるよ。

高速道路に乗って一路三島川之江ICまでひとっ走り!
カーナビのナビ子ちゃんの案内で
三角寺に無事到着!
駐車場料金200円を払って石段を登り、山門をくぐると
おお、桃源郷のごとき咲き誇る桜
うっとり見つめながら境内を歩む。
he11-4b-14.jpg

he11-4b-15.jpg
大師堂では今回の旅の安全のお礼言上をしました。
慣れないクルマヘンロで、わかりにくい道順や危なっかしい対向車など
色々危ないこともありましたが
お大師様と竜神様の御加護で無事44番から65番まで廻ることができました。

伊予三島駅近くにオリックスレンタカー四国中央店があり、
ガソリンを入れて無事返却できました。
これだけ走っても11リットルしか消費していないよ。
総計何キロ走ったんやろうなあ。あとで調べてみよう。


2日間の行程を振り返ると
しみじみクルマヘンロは早いなあ、と痛感しました。
これを続けていたら錦札も夢ではない。
しかし、出会いが極端に少ない。
遍路修行者のわしにとって歩きの方が修行になるなああああああ。

こんなことを考えながら、
11巡目は5月一杯かけてクルマヘンロをこなす予定であります。
he11-4b-16.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード