FC2ブログ

立禅と 「ひかりの魔女」

「ひかりの魔女」山本甲士
ritsuzen01.jpg

巻き込まれ型の小説を得意とするこの作者の物語は
多くの示俊を含んでいてためになります。

表題の小説からは「立禅」を学びました。

立禅(りつぜん)は その名称どおり、立って行う禅で、
瞑想法、気功法になるでしょうかね。

誰でも実践できるシンプルな健身法で、特別の器具も必要なく
ただ立っているだけ。あとはやる気です。

仏教も本質的には立禅を主体として托鉢に始まり、
歩行、沈思、四念処と立禅に依って成り立つそうです。

お釈迦さまが沙羅双樹の下で座って瞑想により大悟されたため
座禅だけがクローズアップされているのですが、
それは立つ・歩く・座る・臥するの中の一形態なのです。

立禅ありて座禅あり、徒歩禅ありて臥禅あり。

わしは座禅の入り口を垣間見た程度であるし、
歩き遍路を通して自分に見合った徒歩禅を行っているが、
まだまだです。

さて立禅とは、
人間の内的パワーを強化し、爆発的な気を養成する。
心身を一つにまとめ、人間の持つ潜在能力を掘り起こす。
本能を覚醒させることで、動物的な反応や動きも可能にする。
武道や武術でも応用できそうですね。

ritsuzen02.jpg

実践の方法ですが、
両足を肩幅に開き、内股気味で、ひざを軽く曲げる。
上から見下ろして、ひざがつま先より前に出ないくらい。

かかとの下に紙3枚分くらい敷くくらい浮かせ、
足親指の付け根付近に重心を置く。
両腕は顔の高さにあり、大きなボールを抱えるように
両手掌の間は拳1個半空ける円をつくり、指先は開いたまま下にたらす。
頭は天から吊り下げられている感覚で、
視線は半眼のまま、地面と平行でまっすぐ前

心穏やかに自然な呼吸を行う。

肩の力を抜いてリラックスするのが肝心です。
ふくらはぎが緊張してきて、下半身を鍛えるのみならず
両手両足と体幹部の連携機能を向上させて気の力を蓄える・・・

だ・・・・そうなんですが、

5分でも10分でもいいんです。
最初は3分でもかなりキツい。
武術の稽古として行う場合は最低15分必要なんですと。


自然な呼吸というのは、鼻で吸って口から出す、
丹田呼吸法を行います。

ここでお遍路の勤行の際に身につけた呼吸法が役に立ちました。
「十善戒」を三度、一息で唱えるために色々やってみたのですが
下腹に息を溜めてから丹田を意識しながら長く呼気とともに吐き出すと、
一気に三度唱える事ができる。
下腹に意識が向かないと、途中で息が途切れる。

これが臍下丹田呼吸法だったんだあ。

今年の正月に立禅を知って
最初は3分から始めました。
無理は禁物、3分でも脚がプルプルしてきましたが、
そのうち1分、また1分と増やして
2月の終わりの今は10分間できるようになりました。

心なしか階段の昇り降りも以前よりは楽になったような??
それに駅ではエスカレーターを使わなくなりました。
このさき続けていけば、どんな境地に至ることができるのでしょうか。

頭が天に向かって引き上げられているような感じになる、
というのですが・・・
それはいつだろうか。

確かに先日車遍路をしたとき、10番切幡寺の333段の階段では
息切れすることなく一気に登ることができました。
まあ、リュック背負って歩いて切幡寺まで来た訳ではないので
疲れていないといえば、疲れていない。

この検証は焼山寺登りでしてみる事にします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード