FC2ブログ

おきらく遍路旅10巡目 12番焼山寺日帰り

he10-9-01.jpg

今度の土日は仕事なので木曜日が休みなのです。
なので、夏に残していた12番焼山寺をやろうか!
5日前に65番三角寺と66番雲辺寺の
キツい山登りをやったばかりなのにね・・・

幸い筋肉痛はひいているが、右膝の調子は、いまいち。
まあいいや。

春先は柳水庵近くの小屋へのスズメバチトラップ仕掛けのため
11番から5時間かけて真面目に登る。
秋は神山方面から裏を登って裏から降りる。

11月7日(水)
仕事を終えて徳島行きのバスに乗る。
着いたのは7時過ぎです。
夕食は、何にしようかな・・・・
お宿の「ステーションホテル」の隣の居酒屋の入り口には
「広島産牡蠣」の文字が躍っている。
he10-9-02.jpg
「カキのカン蒸し」とシメサバのお寿司を頼んでみようか。
おお、おいしい、おいしいぞ。
特にシメサバがおいしいよ。

自分でシメサバを作ろうと思っても
売り場の人から「野の鯖は鮮度がよくないので作らないほうがいい」といつも言われる。
鯖のあがる漁港近くで買わなくてはいかんのやろうなあ。
いちど新鮮な鯖を買って作ってみたら、ものすごくおいしかったんです。

11月8日(木)
he10-9-03.jpg
0705「神山高校行き」バスに乗る。
今日は平日なので高校生が山ほど乗るかと思ったら
徳島駅前から乗ったのは2~3人でした。

途中三々五々高校生が乗ってきて、座席は半分くらい埋まる。
バスは市街地から山間部に入り、約1時間くらいくねくね路を走る。
乗客は皆眠りこけていますね。

「寄居バス停」で降りる。1000円
200m先の「神山高校前バス停」で降りたらよかったなああああ。
高校生達は皆そこで降りています。
he10-9-04.jpg

he10-9-05.jpg
季節は秋
紅葉の様子はどうかなあ?と少しばかり期待しながら山道を歩いたのですが
どうも近年は紅葉が綺麗ではない。
暑い夏から、いきなり冬が来るような感じで
葉の色づく余裕がない。
he10-9-09.jpg

それでも時々見られる黄色や赤の葉を楽しみながら登ること1時間
「すだち館」まで来たら、やはり閉店されていて
中はがらんどうです。
he10-9-06.jpg
女将さんが身体を壊されて休業になってしまったのです。
ああ、とても残念です。女将さんとのお喋りを楽しみにしていたんですがねえ。

平日ながらも車道をクルマヘンロさんたちの車が行き交う。
徳島ナンバー、他府県ナンバー色々ですね。
車道と遍路道は交わったり離れたりしながら焼山寺を目指す。
he10-9-07.jpg

今日もラジオを聴きながら歩くのですが
山道の登り道では、どうも番組が耳に入ってこない。
やはり「登ること」に神経が集中しているからだろうか。
しかし、そこで何かが得られた、感じられたわけではない。
ただ息があがり、足が上がりにくくなっていただけ。
he10-9-08.jpg

神山から焼山寺を目指すと頂上はひとつきり。
抜けるような青空が見えてきました。
おお、銀杏の黄色との対比が美しい。
he10-9-10.jpg
銀杏の下には自動販売機がベストタイミングで設置されています。
「ベリーマッチ」を買ってみる。これは初めて。
微炭酸のミックスベリー味がおいしいねえ。

he10-9-11.jpg
境内では2人の御刀自様が5~6人分の賑やかさを演出しています。
厚く引かれた砂利を踏みしめ、本堂・大師堂にご挨拶する。
風も少なくてお灯明の火も消えない。

さて、ここでの願文は
両家先祖代々菩提と、娘の無事出産です。
これはかなり真剣に長いことお祈りしています。

この季節は、売店は閉店しているのですね。平日だからかな?
ここのうどんは美味しいよね~。
he10-9-12.jpg
うどん食べられなかったので、牛様のいるベンチに座って
メロンパンを食べました。
風景をおかずにして食べると倍おいしいっす。

もと来た道を降るが、結構勾配がきついので
膝への負担を気にしつつ、そろりそろりと歩く。
大きい石の転がる遍路路の下りは膝には悪いので、
そこんところは車道を歩く。

今日の旅はこれで終わり?という気持ちと
早く終えたい、と言う気持ちが交互に入れ替わる。
これは旅を楽しんでいるのか楽しめていないのか?

そう考えていたら、すだち館の場所まで降りてきました。
神山町営バス乗り場で時間を見てみたら、まだ1時間以上ある。
いつもはすだち館で女将さんと四方山話をしながらバスを待っていたが
それもならないので、神山まで歩いて降りることにしますかね。

下界近くなってくると、気温もあがってきて暑くなる。
従って汗も出てくる。

he10-9-13.jpg
「神山高校前バス停」についたら、徳島行きバスが2分後にやってくる。
おお、間に合った。
南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛

徳島駅前まで眠りこけていました。
途中急カーブや道路の振動、急ブレーキなどで何度か目が覚める。

さて、帰りのバスチケットを確保して
目の前の「びざんの湯」で疲れた脚を労わる。
けっこう疲労していたようです。湯がプチプチと筋肉に染み渡る。
自分ではそうは思わないんですが、
やはり歳をとっているんですかね~。

サウナを何度も出入りして、水分と毒素を出して・・・
カラカラの身体になり温泉を出て、隣の王将へ。
餃子三人前と生ビールでリカバリーをする。
おお、うまい。
何杯でも飲めるような気がするが、一杯でやめておこうかね。

真っ赤な顔でバスに乗り込み、「阪急梅田バス停」まで眠りこけていました。

翌土日は仕事、週明けて火曜日は休みなので五色山日帰りをやろうかな?
それとも身体は持つのか?
知る由もない。
he10-9-14.jpg




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード