FC2ブログ

おきらく遍路旅十巡目 65番三角寺~70番本山寺

おきらく遍路旅十巡目 65番三角寺~70番本山寺
平成30年11月3,4日
he10-8a-01.jpg

11月3日(土祝)

he10-8a-02.jpg
今日は三角寺、雲辺寺をやるので朝5時に
三島川之江高速バス停で降りる。

さすがに11月ですね。寒いし、暗い。
朝食と用足しは三角寺に行ってからするか。
he10-8a-03.jpg

ひたすら、暗闇を進む。
初めての路ならば迷ってしまいそうです。
どこかで鹿の鳴き声がする。
ここで獣が出てきたらどうしようか・・・
金剛杖で素振りをしてみる。

おっかなびっくり山道を登ると、
おお、明りが見えてきました。三角寺に着いた。
でもまだ6時過ぎなので境内は静まり返っています。
he10-8a-04.jpg

誰もいない本堂、大師堂でお勤めをするとき
自分の灯した線香の香りに包まれる。
いまお気に入りの伽羅の香り。
he10-8a-05.jpg

お勤めを済ませ、真新しいトイレを気持ちよく使わせていただきます。
昨夜作ってきたお握りで朝食を摂っていると
三々五々クルマヘンロさんたちがやってきました。

歩き遍路さんもやってきて、
東屋に座っているわしのところにやってきて
「すいません、ここから椿堂への路は、どういけばいいのですか?」
「ああ、これはですね、駐車場奥に行くのです」
「?」
「ご一緒しませんか?」
「お願いします」
お遍路黄色本では、ここ三角寺から椿堂への路は判り難いのです。

60歳で定年退職し、通し遍路をしているオジサンです。
ディバックの荷物が小さい。
本当に必要最小限の荷物しかないんですね。
最初のリュックと余分な荷物を送り返したそうな。
he10-8a-05b.jpg

わしも荷物の多さに悩んでいます。
荷物の多さは欲の多さともいわれるが
わしはまだまだ欲多き人間なんやなああああ。

今回、雲辺寺の通夜堂のお世話になるつもりで
必要なもの、必要でないものを吟味したはずなんですが
結局荷物が重くなってしまいました。
he10-8a-06.jpg

彼は結構歩くのが早く、それに休憩を取りたくないらしい。
椿堂を過ぎた先のお遍路休息所の「しんきん庵」では
信金の従業員さんたちが休日返上でお接待をしています。
温かいコーヒーをいただき、
記念撮影をして頂きました。
he10-8a-07.jpg

彼は長居を良しとせず、さっさと出発したそうなので
さっさと出発します。
この坂は登り勾配が長く続く国道の路で
彼の早い足取りに合わせて歩く事になりました。
これがいけなかった。

やはり歩きは自分のペースで・・・が大事ですね。
he10-8a-08.jpg

「境目峠」と「曼陀峠」の分岐点に出ました。
「わしは曼陀峠を行きますが、どうします?」
「私は境目峠を行ってみます」
he10-8a-09.jpg

曼陀峠への路は、前回は途中から草が生い茂り路がなくなっていました。
今回もそれを覚悟していたのですが、
きちんと草が刈ってあり、気持ちよく歩くことができました。
どなたが整備してくださったのでしょうか。
感謝感激であります。

今日の空はあくまで青く、流れる雲には竜神様の姿も見えます。
そうやって気持ちよく歩いていると・・・
あれ?
足の筋肉がおかしい。
大腿や下腿が左右交互につってきた。
こんなことは久しぶりです。

これだけなまってきているのか?
いやいや、
多分これは自分にとってのオーバーペースなんやろうなあ。
いつもはゆっくりと歩いているのですが、
人のペースにあわせると自分のペースが乱れて筋肉への負荷がかかる。

それから10月にコケて打った右膝もおかしくなってくる。
コケた原因は、いつもお世話になっている「原田大明神」
先日前を通ったとき挨拶をしなかったら
自転車で派手にこけて右膝を打ってしまった。

よく考えたら10月は神無月で、神様は出雲に行っている。
留守を守っていたのは眷族だったんだ!
だから挨拶せずに通り過ぎたら、あんな目にあったんやなあ。
眷属よ、ちょっと手厳しいんでない??

閑話休題
he10-8a-10.jpg

まだまだ上り坂は続く。
足の筋肉は痙攣を収縮を繰り返している。
なんとか雲辺寺まで持ってくれないかなあ。

これも修行なんかなあと、だましだまし歩いて行くと
ようやく大きな杉の木に囲まれた参道に着きました。
あああああ、やっと着いたあああああ。
いつもながら雲辺寺を歩いて登ると
到着の際の感激はひとしおです。
he10-8a-11.jpg

靴を脱いで大師堂の奥に進み、そこで座ってお勤めしようとしたら
膝が痛くて座れない!
ああ、情けなや・・・・

he10-8a-12.jpg
忸怩たる思いで御朱印をいただき、
御加持水をいただき、
固いフランスパンを水で流し込む。
he10-8a-13.jpg

隣にはおじいちゃんおばあちゃんに連れられた孫娘がふたり
楽しそうにお握りを食べていました。
ああ、わしもあんなふうに孫を連れて楽しい山登りができるでしょうか。

ロープウエーで登ってくる人たちの持鈴がひっきりなしに聞こえてきます。
あれは、本来山道でこそ禽獣に対して効果を発揮するのもなんですけどもね。

山門の外にあるトイレが新しくなっていますよ。
通夜堂はどこに・・・
裏に廻ってみると扉がある。
開けてみたら、6畳くらいの板の間のみある。
結構狭いなあ。
今夜はここに泊まるつもりだったのですが、まだ午後1時です。
なので、通夜堂で寝るのはやめて、
電話で「青空屋」さんに予約しました。
標高900mの夜を過ごしてみたかったけども、それはまたいずれ。

いま気温は9℃
汗が冷えてきて寒くなってきたので長袖のヒートテックを着ました。

ここから長い長い下り坂の山道です。
膝の調子が気になりますが、
ひたすら降りるしかない。
今回は山道の下りを考えて錫杖は持ってきていません。
富士登山の八角棒です。
こちらの方が安全で、使いやすい。
he10-8a-14.jpg

急な階段が続くと思えば緩やかな坂道になったり
石が露出していて危ない箇所もあり
ここを逆打ちで登るのは大変やなあ、とつくづく感じます。

いつまで続くこの坂道
いい加減うんざりしてきた頃、眼下に舗装道路が見えてきました。
やれやれ。
ここから「青空屋」まではすぐです。
he10-8a-15.jpg

これ以上は前に進めましぇ~ん。
弱気の虫に支配されてお宿に転がり込みました。

早速お風呂をいただいて、足の筋肉をいたわる。
自分には珍しく結構長湯をしてしまいました。
洗濯も忘れてはいけない。
屋外の洗濯場には有線でジャズが流れていますよ。
心の余裕があったらここでしばらく音楽を楽しむのだが・・・・
he10-8a-16.jpg

布団を重ねたところに脚をのせて
通夜堂泊に備えて持ってきたウイスキーを舐めていたら
うとうとしてしまいました。

6時に夕食に起こされて、
大飯をいただき、部屋に帰ったら布団に倒れこんでしまいました。
これだけ疲れたのは久しぶりやなああああ。
そのまま寝てしまいました。



11月4日(日)

朝5時に目が醒めました。
うう~む、10時間くらい寝ていたのか。
そのおかげで脚はリカバーされていました。
しっかり睡眠は大切なんですねええええ。

朝から大飯をいただいて、6時半にお宿を立ちます。
このあたりは畜産農家が多いのか、
堆肥の匂いがかすかに漂っています。
he10-8b-01.jpg

今日も大興寺門前のお地蔵さまが迎えてくださいます。
朝も早いのですが
クルマヘンロさんたちが沢山来ています。
丁度本堂、大師堂では朝の勤行の最中で、
そっと小さな声でお勤めさせていただきます。
he10-8b-02.jpg

ここから本山寺まで国道を北へ歩きます。
いつも聴いている携帯ラジオ、どうも音がブツブツと途切れ
そのうちに聴こえなくなる。
ええい!安物を買うとこうなる!
などと憤っていたが、ふと思いついて電池を入れ替えたら
クリアーな音声が蘇りました。
ああ、電池切れだってんですね。ごめんなさい。
he10-8b-03.jpg

he10-8b-04.jpg
南海放送の「ラジオ遍路・88の音巡り」を聞きながら車の行き交う国道を歩くと
目の前にいつもの五重の塔が見えてきました。
なんかほっとする光景です。
he10-8b-05.jpg
平成の大修理は、まだ完全には終わっていないようですが
覆いが取り払われて見事なお姿を遠くからでも拝む事ができます。

なんだか本山寺に向かう車が多い・・・
橋のたもとに臨時駐車場ができていますよ。
he10-8b-06.jpg

きょうは「ひだまり市」の日でした。
今回で6回目だそうで、お天気にも恵まれて
穏やかな賑わいの中に身を置くと、ほっこりとしますね。
さすがに天王寺や東寺の殷賑さとは比ぶべきもないが
これはこれで素敵なイベントですね。
he10-8b-07.jpg

he10-8b-08.jpg
神恵院、観音寺は納経所新築工事のために更地になっていて
プレハブの建物が神恵院大師堂の脇に建っています。

さて、これで今回の旅は終了!
観音寺駅まで移動して、列車に乗って帰ります。
予定よりも1時間早い列車で帰ることができたので
ねぐらには余裕を持って帰りつくことができましたがな。

今月は
8日(木)に焼山寺日帰り、
13日(火)に五色台日帰り、
などと突撃日帰りお遍路をやります。
he10-8b-09.jpg





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード