FC2ブログ

月をさすゆび

「月をさすゆび」
原作:永福一成 作画:能條純一
tsukiwo01.jpg

久々に読書感想文

前から気になっていたビッグコミック連載の漫画
西本願寺で輪袈裟と日常勤行聖典を求めたのが縁で
急に読みたくなって全4巻買って読んだ。
42311794_1834436153343366_7471940500178599936_n.jpg

俗人が僧侶になる勉強をして得度をするのが
物語の背骨となっていて、
これに男女の恋愛物語が絡められている。
物語の背景は浄土真宗本願寺派(西本願寺)です。
tsukiwo02.jpg

わしはお遍路を始めてから真言宗寄りになっていたんですが
父親の死からこちら、葬儀や法要を通して
浄土真宗からの振り戻しが時々ある。
でも仏教を勉強すればするほど、
根っこはひとつに帰着することがわかってくる。
すべてはお釈迦さまから出た言葉
「仏教者」として細かなお作法に拘る必要はない。

真言宗で得度をしたら・・・とよく言われるのですが
今のところそんな気持ちはない。

今、自分のできる環境で、できる範囲で仏教と関わっていけば
そのうち道は指し示されていくでしょう。
tsukiwo03.jpg


閑話休題

物語の中で色々と教えられる事が多い。

そのなかでも「わかる」ということについて


「わかる」
というのは4つ種類がある。

「わかったことがわかっている」
「わからないことがわかっている」

「わかったということがわからないでいる」
「わからないということもわからないでいる」

前者2つは「知識」でわかる理解
後者2つは「感覚」直感とか体験的なもので、
「わからない」ものが突如として「わかる」ことがある。
これが「さとり」

でもその「さとり」は持続的なものではない。
お釈迦さまは菩提樹の下で悟った法楽に浸っていたんでしょうね。
しかし凡下には
幸いに悟りが訪れても一瞬
でも一瞬だっていいじゃないか。

その一瞬を得るために、
「行」を行う必要がある。
座禅であったり滝行であったり護摩行であったりする。
そのほかスポーツを通したり、武道を通したり
芸術だったり、日常の作務だったり
目の前にあることに誠心誠意向き合うのが「行」だと思う。

わしは「絵」と「徒歩禅」
これをきちんとやっていこうと考えます。
一瞬でも何かを感じられるように。
tsukiwo04.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード