FC2ブログ

おきらく遍路旅 通算8巡目 87番長尾寺、88番大窪寺

おきらく遍路旅 通算8巡目
87番長尾寺、88番大窪寺

平成29年12月21日(木)

8巡目も大詰めになってきました。
車で廻れば早いんですが、週末の「歩きバス列車遍路」をしていると、
やはり半年は必要ですがな。
まだ土佐を残しているんですが、乱れ打ちですんで
とりあえず今年中に88番を打っておこう。

21日(木)は休みなんで、20日に仕事を終えて高松にすっ飛んで行き
高松駅前の「エリアワン高松」に入る。
本当は遍路宿に泊まりたいのですが、宿入り時間が遅いので遠慮せざるを得ないのです。


12月21日(木)
he8-11a-01.jpg
夜も明けないうちにホテルを出て「高松築港駅」に行く。さすがに寒いね~。
he8-11a-02.jpg
平日なので通勤通学の人達がちらほら見えます。
0647発の長尾行き列車に乗ります。
he8-11a-03.jpg
郊外に出たあたりから夜が明けてきて、車窓から見える田圃には霜が降りています。
いいねえ、こういった風情のある鉄道の旅は好きです。

0724「長尾駅」着
he8-11a-04.jpg
通勤通学の人達で駅は賑わっていますよ。
5分くらい歩いたらお寺の大屋根が見えてきました。

0729
87番 長尾寺着
he8-11a-05.jpg
境内には誰もいません。
朝のピーンとした空気があたりに漂っています。

手がかじかんでいるので手水を使うと更に手が冷えてしまいます。
うまく蝋燭と線香を取り出せないよ。

本堂で灯明をつけようとしても、寒さでライターのガス圧が上がらずに
灯すのに苦労しましたがな。
本堂の扉が内側から開いて、朝の勤行が始まったようです。
木魚の音がする・・・ここは天台宗寺院やったなあ。

大師堂に行ったら地元の人が来ました。
「おはようございます」
「おはようございます」

ご朱印を頂き、門を出ます。

ここから琴電長尾駅方向に戻り、「大川バス営業所」に行き、
そこからコミュニティバスに乗って大窪寺まで行きます。
he8-11a-06.jpg
0844発なので、まだ1時間くらいあるなあ。
温かい待合室で持参の本を読んで時間を潰します。

おや、ここで高速バスやJRチケットが買えるのですね。
帰りは高速バスに乗ろうか、列車の旅情を楽しもうか・・・
0830に窓口が開いたのでJRチケットを買おうとしたら
JRチケット販売は0900以降だって・・・
ま、いいか。

0844にやってきたバスに乗り大窪寺方面に。
4~5人いた乗客のほとんどは途中の老人福祉施設「行基庵」で降りていきます。
そこの職員なんでしょうか。
「行基」といいながらも、窓にはクリスマスの飾り付けがされています。
バスにはわしと、おじさんの2人で、おじさんも大窪寺に行くようです。

0915
88番 大窪寺着
料金は平日だったので200円です。休日は500円
さすがに冬の大窪寺、門前にも境内にも人影はない。
おお、納経所からは歩き遍路さんらしきおじさんが降りてきました。
he8-11a-07.jpg

淡々と本堂、大師堂でお勤めをしてご朱印をいただきます。
最初の歩き遍路のときの感慨を思い出そうとしても浮かんできませんねえ。

さて、大窪寺に来たら門前の店で「打ち込みうどん」を食べねば。
朝早くから開店してくれているので、うどんも食べられます。
「打ち込みうどん!」
「はい。茹でるので少し時間がかかりますよ」
「あ・・・はい」
帰りのバスは1000
あと30分、間に合うかなあ。
まあいいや、そのときはそのときです。

0947
「おまたせしました」
熱々の打ち込みうどんはうまそうです。
バスの時間まで食べつくさねばならない。

he8-11a-08.jpg


0956
うう~む、うまかった。完食!
もともと食べるのが早いのですが、
熱々のやつを急いで食べるのは修行やねえええええ。
舌をやけどしたかな?

バス停に急いで行ったら、
歩き遍路さんと、バスの中で一緒だったおじさんがいました。
歩き遍路さんは定年後に始めた人で群馬からだっけな?
50日以上かけて廻ったそうです。
金剛杖の先がささくれてめくれています。
「お疲れさまでした。これから高野山ですか?」
「いや、一旦家に帰ります」
he8-11a-08b.jpg
今日のわしはおよそお遍路に見えない格好をしているので
初めて来たお気楽な旅行者に見えたでしょうね。

時間通りやってきたバスに乗って
「JR志度駅」まで行く。
1104着
通し歩きのおじさんは乗り場への階段を登っていきました。
わしはまだ時間がたっぷりあるので86番志度寺に行こうかね。
次の9巡目は、ここを省略できる!
こんなんでいいのか!いいんです・・・・。

いいお天気の街並みを歩くと
1120
86番 志度寺着
he8-11a-09.jpg
境内の木々も葉を落としたものが多く、冬の風情です。
「こんにちは。ようお参り」
「こんにちは」
地元のおばあさんが参拝にみえています。
が、彼女の勤行の節回しが独特で、わしの勤行が乱れてしまいました。
ああ、まだまだやなあ。
乱れは最後の大金剛輪陀羅尼で許していただきます。

ご朱印をいただき、さて帰ろうかね。
1220発の高松行き特急に乗り、高松で岡山行きマリンライナーに乗換え
岡山から新幹線で新大阪に戻ってきました。

岡山の駅で、大窪寺で会った歩き遍路さんと再会
「あれ?どこへ寄っていたんですか?」
「いや~、お土産を買っていたら時間を食ってしまって・・」
「お土産や荷物を宅急便で送った人もいましたよ」
「なるほど、それもいいねえ」
彼はお遍路スタイルで群馬まで帰るようですね。

今回のこの行程、やろうと思えば日帰りでこなす事ができるのですが
やっぱり旅は泊りがあったほうがいいじゃありませんか。

今年のお遍路はこれでおしまい。
8巡目は、まだ土佐が残っているので翌年早々に行く予定です。

せめて9巡目は余裕を持って廻りたいなあ。
he8-11a-10.jpg





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

大窪寺参り

 あと残りの土佐一国をお参りされると、末広がりの八巡目の願行成圓ですか、早いものですね~
 来春1/8には三坂のふもと、あの丹波バス停広場でドラム缶ストーブ焚いて「坂本屋ぜんざい」のお接待日です。

 よいお年をお迎え下さい。

No title

おお、8日ですかあああああ。あそこの焼き餅入りぜんざい、いつか食べてみたいっす。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード