おきらく遍路旅 通算8巡目 先達大会 79番天皇寺、80番国分寺、83番一宮寺

おきらく遍路旅 通算8巡目 
先達大会 
79番天皇寺、80番国分寺、83番一宮寺
平成29年9月15日(金)

去年先達になってから初めての先達大会です。
昇補の書類記入欄に先達大会への出席欄があるので
出席は必要条件なのか・・・?
よくわからんが、とにかく初なので年休を取って参加しましょう。
今年は香川県高松のレクザムホールです。

気になるのは台風が近づいている事
先達大会の翌日に志度まで廻るつもりなんですが、無理かもしれない。

前の晩に高松に進出して駅前の「エリアワン高松」にチェックインします。
フロントの女性のイントネーションが少し変で、
ああ、大陸からの旅行者対策なんやなあ。

近くのラーメン屋で夕食を済ませ、コンビニで飲み物などを買い込んできます。
連泊なので部屋の冷蔵庫に仕舞いこみ、さて寝ますか。


9月15日(金)
早めに寝たので早めに目が覚める。
0430ですが、何もする事がない。テレビもあまりやってないね。
シャワーを浴びて朝食を食べていたらテレビの画面がいきなり
Jアラートの画面に変わりました。どこのチャンネルも同じ。
またまたつまらない国がつまらない事をしたもんです。
迷惑この上もない。

毎朝楽しみにしていた連続ドラマの「ひよっこ」は中止ですと!
これ観てから出かけようと思っていたんですが、
放映されないのなら、もう出かけましょうかね。

駅前のホテルから高松港へ向かって歩いていると
白衣の人がちらほら見えてきます。
he8-4a-01.jpg
会場のレクザムホール前には受け付け開始を待つ人達がいますよ。
しばらく公園の石に座っていましたが、
9時前なのに次々と来る人達が吸い込まれていくので
わしも入ってみたら、もう受付が始まっていたので
元気よく近畿ブロックの受付で先達番号を述べて
参加の記念バッチと御供物の焼き菓子をいただいて、会場内へ。
大ホールには既に席を確保している白衣の軍団が多くいますよ。

新米なので後ろの隅っこに席を取り、会場内をうろうろ。
facebook四国八十八箇所グループの知り合い達から声をかけていただきました。
こんなとき、
facebookのをやっててよかった!と実感します。
会場のあちこちでは綺羅星のごとき偉い方々が歓談されています。

席に戻って小さくなって開会を待っていたら
前の席に小さな子供を連れた人がドヤドヤやってきて
ギュウギュウ席を詰め始めたので、その場を離脱して
真ん中あたりの空席に落ち着いたら、後ろからお声がかかりました。
シャクナゲの横峰寺で出会ったM先達夫妻です。
写真を撮ってくださいました。

横の席が空いていたので移動してしばらく喋っていたら
おきらく歩き遍路で何度かご一緒したY先達がやってきて
横に座ってくれました。
初めての場所で知り合いがいるといないとでは気持ちが違いますね。
落ち着いて世間話ができます。

三和会の面々がやってきたのでご挨拶に行ってきます。
H大先達は有名な方なので沢山の人に囲まれているため、
ご挨拶のみして席に戻る。

he8-4a-02.jpg
このころになると大会場は白衣の軍団で占められますが
白髪の方々が多い。
これは平日開催のためでしょうね。
土日の開催であればもっともっと集まるでしょうが、
収容できる会場がなくなるかもしれない。

1000
先達大会開始
he8-4a-03.jpg
お鈴の音と共に霊場会のお偉い方々が登壇し、
会長の挨拶に続いて物故者法要が厳かに行われます。
あちこちから数珠を取り出すガサガサという音がひとしきり。

120人あまりの物故者の名を読み上げるだけでも
かなりの時間を要するが、そこは先達さんばかりなので
会場がザワつくこともない。
he8-4a-04.jpg

法要に続いて功労者表彰、準特任大先達、元老大先達の任命です。
表彰の基準って何でしょうね?
金か?行為か?
新米には知る由もなし。
なぜ知る由もないかは、知る由もなし。

元老大先達の錫杖は黒なんですね。
寺院の住職の中から選任されるそうですが、頭は丸めていない人でした。
得度だけしただけの人では任命されないんでしょうね。

新米のわしにはピンと来ないのですが
特任大先達になりたくて仕方がない人があまたいるんですって。
位人身を極めたいのは人の常なんでしょうかね。

ちょっと早めに午前の部が終わり、昼食タイムになりました。
お弁当を受領しに行かねばならないのですが、
M先達の奥様が皆の分をまとめて受け取りに行ってくれました。
ありがとうございます。
大混雑だったでしょうに・・・

he8-4a-05.jpg
結構なお弁当でお腹が満たされました。
午後の部までかなりの時間があったので、
またしても会場をうろうろ。
ロビーに三和会の面々がいたのでご挨拶に行き、
お偉い方々に紹介していただき、錦札を頂戴しました。

しかしこれだけ広いと何処に誰がいるのかわかりません。
邂逅できたら幸い、と思わねばなりませんね。
いい加減人の波に疲れて席に戻り、しばし意識を失います。

he8-4a-06.jpg
午後の部はお遍路歌手の方のステージが行われましたが
ほとんど意識を失っていました。

このあたりになると空席が目立ち始めます。
午前だけでさっさと帰る人が多いようです。
出席者は受付の際に貰うピンバッチが目当てなんでしょうか。
バッチを輪袈裟にジャラジャラつけるのがステイタスと見つけたりか。


次は書家による「弘法大師空海の人と書」講演
三筆といわれる空海の書を熱意を込めて解説してくれるのですが
いまいち凡俗の身にはピンときません。
霊場開創1200年記念事業として甲山寺の大襖46枚に
揮毫した般若心経曼荼羅は、まさにアートですね。
he8-4a-07.jpg

お経の文字を一生懸命追いながら観ていたので眠気が吹っ飛びました。 

これで今日のスケジュールは終わり!
閉会式があるのですが、すでにガヤガヤと退席し始める人がいます。
ここまで居たのですからせめて閉会式くらい大人しくしていたら?
先達さんなんですから・・・・
he8-4a-08.jpg

般若心経を唱え、霊場会会長からのご挨拶
やはり62番問題についての話が織り込まれていました。

今日1日お付き合い頂いた人達に御礼をして
会場を後にしました。
まだ時間があるので、高松市内の札所に行けるだけ行きましょう。

琴電「高松築港駅」まで行き、一宮行きに乗ります。
おや?白衣を着た方が居ますよ。
同じ方向に行くのかな?

「一宮駅」で降りると先ほどの人も降りてきて、
地図を見ながら一宮寺への方向を探しています。
車遍路かな?
「こんにちは。一宮寺までですか?」
声を掛けさせていただきました。
秋田から先達大会に来られている方で75歳
春と秋にすべて歩いて廻って15回だそうな。
すごいね~。ウオーキングクラブに所属していて
四国遍路以外にも日本中を歩いて廻っているんですって。

83番 一宮寺着
he8-4a-09.jpg

でも

権中先達なのですが、賽銭は投げ銭をしているし、
輪袈裟をせず経本も持たずにお勤めをしています。
読経も勤行次第どおりでなく、わしよりもかなり早く済んでいました。

誰とも交わらずにここまで到達しているんですね。
遍路宿や宿坊には泊まらず、ホテル泊がメインなので他の遍路さんとの交流はないそうです。

こういう人の存在を間近で見たのは初めてで、色々考えさせられます。
わし、人と出会うのが好きでお遍路やっているのです。
それに人と出会い、教え教えられながら自分を高めていきたいと考えます。

時間切れで今日は一宮寺しか行けませんでした。
琴電に乗って「高松築港駅」まで帰りましょうかね。

いつも気になっていた駅構内の地ビールの店、「Beer Pub Station」今日は寄っていこう!

「イラシャイマセ!」

おや?イントネーションが・・・・
「エールをグラスでください!」
「ハイ、コトチャンエールデス!」
he8-4a-10.jpg
うどん用小麦で作られているんですって。
700円とちょっとお高いが、軽い口当たりと爽やかな喉越しで一気にいけるよ!
「どこの国の方ですか?」
「香港デス!」
「ああ、大陸のアクセントと少し違っていると思った」
「ソウデス!ゼンゼンチガイマスヨ!」
やけに強調していました。そんなもんかね。

赤い顔をしてJR高松駅横のスーパーマーケットに行き
今夜の夕食を買い込みホテルに戻り、
お風呂で疲れを癒して食事をしたら急速に眠くなってきました。
今日は歩いていないけれども気疲れしたんやねえええええ。
7時頃に眠ってしまいました。


9月16日(土)
さて、台風の進路はいかに?
今日宿泊予定だった志度の民宿には昨日にキャンセルの連絡を入れておきました。

今日このまま真っ直ぐに帰るのはもったいない。
JRで帰るのですが、その途中にある札所くらいには寄っていきましょう。
he8-4b-01.jpg

ホテルを出ると小雨が降っています。
このくらいならば雨着を着なくても大丈夫でしょう。

高松駅のコンビには0630でなければ開店しません。
温かいコーヒーも飲めないよ。
朝食を用意していなかったので、ホームのベンチに座って
リュックから乾パンを出して自販機の冷えたコーヒーでモソモソ朝食を済ます。

「高松駅」0613発「国分駅」0628着

0636
80番 讃岐国分寺着
he8-4b-03.jpg
まだ国分寺の門は開かれていません。
he8-4b-02.jpg
閉じられた門の前で、熱心にお祈りしている人が居ました。
色あせた金剛杖を携えているので、お遍路に行った事がある人なのでしょう。
わしがリュックを下ろしていると声がかかりました。
「通しですか?」
「いえ、区切りなんですが台風が来るので引き上げます」
「ここのご本尊の千手観音様は霊験あらたかで、私の弟の癌が治ったのです」
「なるほど。私の守護仏は千手観音様です」
「是非御本尊様の力を感じてください」
「はい」
he8-4b-04.jpg

残念ながら凡俗の身なれば御本尊様の力は感じられませんでした。
でも大師堂で結縁の紐に縋ったら
お大師様に引き上げていただけました。

小雨は降っていますがいい気分で「国分駅」まで戻り
次の列車に乗って「八十場駅」まで移動して

0800
79番 天皇寺着
やはり誰もいません。
he8-4b-05.jpg
雨の降る境内でひとりお勤めをして納経所でご朱印を貰い
he8-4b-06.jpg
三輪鳥居を見たら、その先に五色山の崇徳院の御陵が見える。
ああ、こういった配置なんですね。
初めて気づいてしばらく感慨に浸る。
本当にこの場所は白峯宮が主人公なんですね。
he8-4b-07.jpg

さて帰ろうか。
「八十場駅」から「坂出駅」まで移動し、そこから快速マリンライナーに乗って
瀬戸内海を渡ります。
台風が来たらここは運行規制がかかるんでしょうかね。
台風が接近してきたときは早めに帰るに限るなあ。

岡山から新幹線で新大阪まで行き、地下鉄御堂筋線~南海本線を乗り継いで
帰ってきました。
当初の予定よりだいぶ計画が狂ってしまいましたが
まあいいや。
お四国は逃げやしません。
今回の目的は先達大会出席なのです。
he8-4b-10.jpg

私事ですが、10月から、今住んでいる堺市西区から職場の配置転換で
豊中市に移ります。
まだ勤務のシフトがわからないので、10月のお遍路計画は保留
秋のお遍路シーズンの予定が決まらないんですが
多分どこかには行ける筈・・・
he8-4b-09.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 クールな大会レポート、何度も読ませていただきました。

 勇気を奮って素人遍路が読後感想をひと言、
 「満席の開会直後」と「ガラガラの閉会式前」の会場内写真を見て、
『そんなものなの?』と、思ったことです・・・
 閉会ご挨拶をお聞きになられたご参加の皆さまこそ「お先達さん」。
 
 PS)豊中へ転勤されるのですね。

No title

今まで参加してきた学会でもそうですね。
開会式に続き、シンポジウムが終わると早々に引き上げる光景はどこの世界も同じか・・・です。
むしろ先達同士の交流会に意義を見出すべきでしょうか。

今度は豊中を基点にお四国へエントリーします!
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード