FC2ブログ

身障者西海岸ツアー06

 さていよいよラスベガスへ向けて出発する。空港では国内線使用であったがゲートのチェックは厳
しく、わしはポケットの5セントコインが金属探知機にひっかかり、「ピー」と鳴った!係員が寄っ
てきて地雷探知機のような機械で体中チェックされる。あんまり気分のいいもんじゃないなあ。
 極力ゲート通過の際には金属を排除するのがコツのようだ。しかし体に金属を埋め込んでいる人な
んかはどう説明すれば信用してもらえるのだろうか。あ、ついでにバックルの金具にも反応しました。
 電動車椅子のFさんの愛車はバラバラに分解されて荷物室に・・・バッテリーなんかは爆発物に偽
造されて機内に持ち込まれる恐れがあるそうな。この作業に結構時間を費やした。この辺が普通の旅
行と違うとこでしょうね。
kurumaisu


 ユナイテッド航空は30分遅れでサンフランシスコ空港を後にしてラスベガスヘ。約2時間のフラ
イトの後ラスベガスヘ到着。眼下にはラスベガスの夜景が一面に広がり、幻想的な風景を堪能した。
今回はホテル・シーザースパレスに3泊する予定で、したがって前回忙しかった宿舎の移動はなく、
ゆっくりとホテルライフが楽しめそうだ。チエックインのためにフロントに行くと、仕事の都合で一
人遅れて日本を出発した身障者センター前所長のYさんが、独り待っていた。
 英語の苦手な彼が、一人で異国の飛行機を乗り継ぎ、はるかラスベガスまでたどり着けたものだな
あ、と皆の賞賛をうけていた。この日から彼は海外旅行一人旅の第一人者にされてしまった。

 夜11時に、正面にあるフラミンゴ・ヒルトンホテルの日本食レストラン、「濱田」に皆で歩いて
行き、遅いタ食を摂る。日本を離れてわずかの日数しか経っていないのに、皆日本食を見て目を輝か
せている。大体皆スシテンプラ・トンカツを注文していた。味はまあまあだが、やはり値段は高めに
設定されていた。
flamingo
 わしはテンドンを注文した。シュリンプのテンプラはお馴染みなのだが、ほかに何か訳の解らない
ものがテンプラにされている。どうもキュウリのようだ。しかし不思議とよく合っている。
sushitenpura
 見渡すと皆ほっとしたせいか、宴会になりそうな雰囲気になっている。しかし明日のために早々に
レストランを後にし、ホテルに向かった。フロントから部屋までの長い道程の間中、おなじみのスロ
ットマシンやルーレット、訳も分からないカジノの設傭であふれかえるロビーの雰囲気に圧倒されな
がら御一行様は部屋までぞろぞろと歩いた。

 この晩は、医療スタッフを中心としたミーティングを行い、今後の介助計画や明日の行動予定、分
担について打ち合わせを行った。熱のはいった話し合いをしていると午前3時をまわっている。明日
の集合時間、場所の確認をしたのち各々の部屋に帰ってシャワーを使い、3時30分に就寝した。
caesars
 わしとドクターKはベッドに入っても色々話をしていた。「もう、ねた・・?」「・・・・うん」
「もう・・・ねた・・・・?」「・・・・」「・・・・」おやすみ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード