他人への批判

s-他人への批判

最近わしのブログも色々な人が見に来てくださり、ありがたいことです。
しかし
時々無責任な書き込みを匿名で書いてくることがあります。
言いたいことがあれば堂々としてきなさいよ。
コソコソしている発言は削除します。

20年前に始めたパソコン通信から始まり
掲示板には同好の志が集まり、
共有するテーマについて熱く語り合ってきました。
意見を交換しつつ、
お互い認識を深め合うのを楽しんでいましたが
そこには炎上も発生していた。

人が集まればそれだけ価値観もあり、
意見の合わないこともあるが
あくまで相手の価値観を尊重するべきです。
自分の価値観が至高のものだと思い込み
他者を一方的に批判したり
それを押し付ける輩が時々出現する。
また、人と会話ができないような程度の人間も多数いる。

その存在は
ともすれば馴れ合いに陥りがちなコミュニティに
スパイス的な刺激を与えてくれる。
どう荒れるのか?どんな決着を見るのか?
悪趣味ながらも楽しみにしてもいた。

炎上して荒れる事はあるがそれは一時
会話が成り立たなく、悪口の言い合いになったり、非難の応酬になったり。
結果、後ろ足で砂をかけたり、
被害者意識だけを抱えてコミュニティから消えていく。

そんな連中をチャット、掲示板、mixi、
そして今はfacebook、ツイッターと延々山ほど見てきました。

インターネットの普及で、
誰もが自由に意見を発信することができるようになった。
本来意見を発表する価値のない輩が巷に溢れかえり、
覚悟のない無責任な発信を繰り返す。

自分の意見を開陳するときは、きちんと勉強して自分で考えて
そして覚悟を持って行うべきです。
わしはSNSやブログでは覚悟を持って自分の意見を書いています。
当然異論もあるでしょう。
意見は受けます。
しかし、何処の誰か解らないような人の意見は受け付けません。

実名で参加するSNSもあるが、
匿名で書き込むことができる場所では
無責任な、卑怯な書き込みをする者のなんと多いことか。

ネットでしか社会との関わりを持てない者だけかと思いきや
最近はいい歳をした年寄りもこの傾向があるのは嘆かわしい。

意見を開陳するときには覚悟を持って行ってもらいたい。
天知る地知る人ぞ知る。

お天道様がちゃんと見ていますよ。
s-不動明王呪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード