おきらく遍路旅 通算8巡目 38番金剛福寺~53番円明寺

おきらく遍路旅 通算8巡目 38番金剛福寺~53番円明寺
平成29年7月14日~17日
he8-1a-00.jpg

無我夢中で歩いてきたお遍路旅も8巡目に入りました。
ここまで来れたのは自分ひとりだけの力ではありません。
「気力」「体力」「財力」「家族の協力」の4力に加えて
お四国に関わる皆様のお陰であります。
改めて感謝申し上げます。


海の日の連休に1日休みを加えて4連休いただきました。
では、いちばん遠い足摺岬から効率よく廻ろうかね。


7月13日(木)
2230
なんばOCATから夜行バスで土佐は中村を目指します。
数日前から風邪かな?喉の調子が悪いのですが
龍角散トローチなめて、なんとかなるやろう。

7月14日(金)
he8-1a-01.jpg
ここは「道の駅あぐり」
早朝の窪川は霧に包まれています。
今日のお天気は曇りのち晴れ・・・気温も高そうです。


0630
「中村駅前バス停」着
he8-1a-02.jpg
時折り涼しげな風が吹いては来ますが、やはり暑いね。
売店でコーヒーを買い、昨晩買ったお握りを食べ、
風の通るベンチで本を読んで時間を潰します。
今日の旅のお供は「君の膵臓を食べたい」
映画化されてもうすぐ上映されるので、観に行こう。

0820
足摺岬行きのバスがやって来ました。
オジサン遍路さんも1人乗り込んできます。
駅前の民宿に泊まっていたのですって。

今日は平日なので、乗客はお買い物や病院受診のお年寄り達で、
バスの乗り降りはお年寄りのペースや時間に合わせて行われます。

御崎めぐりのバスは足摺岬を進み

1005
「足摺岬バス停」に到着しました。1900円
バス停の正面にある食堂の鯖の漁師漬け定食を楽しみにしていたんですが

ああっ

シャッターが閉じられている。
シーズンオフの平日やもんなあ。

まあいいや。


38番 金剛福寺着
he8-1a-03.jpg
山門前の出来立ての池にはハスの花が咲いています。
今後、もっともっと綺麗に咲くのでしょうね。楽しみです。

境内の大きな池には鯉が泳ぎ、よくみるとオタマジャクシもいますよ。
カエルになって賑やかな声を聞かせてくれるのでしょうね。

he8-1a-04.jpg
今回のお供は使い慣れた八角の金剛杖
山登りには錫杖は使いづらいんです。
それに手に汗をかくと滑ってしまう。
ですから用途に応じて使い分ける事にします。

暑いのに車遍路のお年寄り達が来ています。
熱中症にご注意!

帰りのバスは1103に出るので時間がある。
昼食を食べましょう。
山門前のお土産屋さんは開いているので2階の食堂に行きます。
すでにオジサンは参拝を終えて食堂にいました。
それに歩きの若者がいます。
鰹たたき定食を頼みます。
食堂の女将さんはわしの事を覚えていてくれていて
「あ、あの絵をくれた人ね」
嬉しいなあ。新作の札所絵を貰ってもらいました。

he8-1a-05.jpg
三人とも鰹のたたきを頼んでいるようで
美味しくいただくことにしましょう。

he8-1a-06.jpg
1103やって来たバスに乗り、まずは「中村駅前バス停」を目指します。
歩きの若者は足摺岬の西側の遍路道を歩いていきます。
暑いけどきをつけてね~。
バスの中ではオジサンと色々喋る事ができました。
名古屋から来た人で、
1年に1回区切り打ちをしているそうです。
年に1度のお遍路旅、さぞ楽しみでしょうね。

1155
中村駅で5分くらいの休憩時間があるのでトイレに行き、
そのついでに売店で今日の夕食を買おうかな。
でも今日は暑いので痛むかな・・・?
やめておきましょう。

1200に同じバスは宿毛行きになり、三原方面に進みます。
車中、オジサンに三原村のドブロクの話をしたら
大層興味を持っていただき、
宿毛駅売店で運がよければドブロクを買う事ができます!
という話をしました。

1346
「寺山口バス停」着
he8-1a-07.jpg
足摺岬からここまで2600円です。
ここから1.5km歩いて

1400
39番 延光寺着
he8-1a-08.jpg
あっ、オジサンの傘の向き、逆や。
写真を見た人に指摘されて初めて気がついたんですが
一緒に並んで歩くとき、そんなの気づかないなあ。
でも見落としたのはわしのミスです。

he8-1a-08b.jpg
新作の絵を納経所に納めさせていただきました。

ここから1kmちょっと歩いて「平田駅」まで戻りますが、
もはや夏の空
気温もぐんぐん上がっていきます。

駅の近くのコンビニでアイスキャンデーを買ってかじると、うまい。
アイスクリームよりもアイスキャンデーやね。
今日はこれしか歩いていないんですが
汗をたっぷりかいてずいぶんと歩いた気分になります。

1558に宿毛行きの列車に乗ります。
1時間くらい待ち時間があるので
駅舎でオジサンと世間話をしました。
このオジサン、海外旅行のプロで、
ヨーロッパやアジアの各国を旅行されていて、
その話を聞かせてもらうだけで何日もかかりそうです。
楽しい話を聞いていたら列車がやってきました。

1607
「宿毛駅」着250円
お目当ては駅の売店のドブロク!
しかし

ああっ

売店が閉まっていますよ。
今日は平日なんで早めに閉まっているらしい。
棚にはドブロクが並んでいるのが見えますが・・・
残念!

近くのコンビニで明日の朝食を買い、
和風レストランでちょっと早めの夕食を食べました。
he8-1a-09.jpg

1652発の宇和島行きバスに乗り
1727「平城札所前バス停」で降ります。810円
he8-1a-11.jpg
ここから40番観自在寺まではすぐ。
門前町を登っていくと、山門が見えます。
he8-1a-10.jpg

今夜はここの宿坊にお世話になります。
手水場向こうの通夜堂を覗いてみたら1人寝ていますよ。
ここの宿坊は素泊まりのみで食事は自分持ちです。4000円

風呂、洗濯はできるので早速使わせてもらい、
おお、麦泡般若湯もあるよ。
セルフなのでコインを投入して部屋で一人酒盛り開始!

酔っ払って早速寝ました。


7月15日(土)
窓の外が明るくなってきて目が覚めました。
今日もいいお天気のようですね。
he8-1b-01.jpg

東雲(しののめ)の誰もいない境内に出て
本堂と大師堂で独りきりでお勤めをします。
境内は空気が澄み渡っていて気持ちがいいね。

部屋に戻り朝食をモソモソ食べた後
0645に宿坊を後にして納経所が開くのを待つ。
この頃になると車遍路の家族が2組来て、
お勤めもそこそこに納経所が開くのを待っています。

納経所のOさんがやってきて本堂を開けてくれました。
「おはようございます。蜂さされはもう大丈夫ですか?」
「ああ、ここに跡が残っているでしょ?」
「なるほど赤くなっていますね」
「ところで、痩せたねぇ~」
「えへえへ、そう見えますか?」

宇和島行きのバスが0711に門前のバス停から出るので
あまり長居はできません。
ご朱印を頂いたらバス停に急ぎます。

やってきたバスに乗ったら、高校生軍団が乗っていました。
2人掛けの座席を1人分の荷物で占拠していますよ。
もちろん、優先席も・・・
津島で老婆が乗ってきました。
車内を見渡して・・・座るところがありません。
みんな知らん顔をしているよ。
わしは大荷物を膝に抱えて座っていたので
「こちらに座りませんか?」
とお誘いしました。

バスの座席は君達の占有物ではないよ。
こんなことは学校で勉強する以前の問題です。

バスは宇和島市内に入り、
宇和島東高校前で彼らはドドッと降りて行きました。

0820
he8-1b-02.jpg
「宇和島駅前バス停」着1400円
今日も暑そうですねえええええ。
時間があるので目の前の別格龍光院に行きましょう。
ここは41番龍光寺の奥之院なのですから
奥之院納経帳を握りしめて参拝に行きましょうかね。

he8-1b-03.jpg
いつもながら境内へと登る階段は天に登って行く様な感じです。
いいお天気だとなおさらそう感じるね。

駅舎のコンビニで今日の昼食を買いに行ったついでに
アイスキャンデーを見てみたら、久々にこれ見つけましたよ。
he8-1b-04.jpg
暑い日にはこれが一番!
待合室に座って食べながら0939発の窪川行き列車を待つ



婦人の団体旅行のご一行さまがドヤドヤとやってきて
あっという間に待合室の椅子を占拠し始めました。
それぞれ荷物を自分の脇の椅子においてベチャベチャ
姦しいったらありゃしない。
先に座っていたおばあさんの両側に陣取って喋り倒し
追い出してしまうじゃありませんか。

ああ、先の宇和島東高校生といい、
人への配慮ができない人たちばかりなんでしょうか。

0939
窪川行きの列車に乗ったら時間通りに動かない
「ただいま、倒木の影響で発車が遅れております」

ええっ

まあいいや。そう急ぐ旅でもなし。
結局10分遅れで発車しました。

1005
10分遅れで「務田駅」に到着
ホームに下りると反対車線の列車を待っていた婦人に
「電車が来ないんですけど、何かあったんでしょうか・・・」
「あ、ああ。倒木の影響で10分遅れているようです」
「そうですか」

he8-1b-05.jpg
ここから1.8km歩いて龍光寺まで。
道の両側には稲が青々と茂っていて、葉からは
むせ返るような気を発しています。
田圃によってはすでに稲穂がついているものや
ついていないものもある。
色々な品種をタイミングを変えて植えているんですね。

1040
41番 龍光寺着

やはり当初の計画よりも10分遅れて到着です。
参拝者は数組います。
暑いとはいえ三連休なので心なしかお遍路さんは多いような気がします。

前回納経所では優しげなご婦人からお接待を受けたので
今日は新作「龍光寺大師堂から臨んだ里の風景」を持ってきたので
渡そうと思い持ってきたのですが
残念(?)なことに納経所には御住職様でした。
he8-1b-06.jpg
また半年後に来ます!

国道沿いにトボトボと歩きます。
今日は時々向かい風が吹いて来るので暑いながらも極楽極楽
ああ、西方浄土からの風ぢゃ。

月並みな言葉なんですが暑い。
じっとしていても暑いのに、荷物を背負って歩くので尚暑い。
道沿いに自動販売機を見つけると迷うことなく買ってしまう。
その日その時身体が欲している飲み物を無意識に選んでしまいます。
普段飲む事もないような種類です。

he8-1b-07.jpg
歩道には地元の学生達が植えた季節の花が咲いています。
コスモス街道かな?
ちらほら咲きはじめですかね。

1140
42番 仏木寺着
he8-1b-08.jpg
手水場で手を清めていたら本堂の方から綺麗なご婦人方がやってきました。
先達さんたちです。中先達様もいる。
そのうちの1人から「愛媛の姫てまり」を頂きました。
he8-1b-09.jpg
「幸せになりますように」
「もうこれ貰って幸せです」
「まあ~、ホホホホホ」
わしのおニューの赤札と弁天さま、仏木寺の絵を貰ってもらいました。
名称未設定 2 のコピー

ああ、こういった出会いはほっこりするなああああああ。

he8-1b-10.jpg
駐車場でカブ遍路のバイクを見つけましたよ。
この荷物であればテント泊かなあ?
わしもやりたい。何日で廻れるかなあ?
・・・夢は果てしなく広がる。

次の43番明石寺まで11km、歯長峠を越える道です。

実はここから宇和島駅までバスで戻り、列車で卯之町まで行き
それから明石寺に行くルートも計画しているんですが、
でもそれだと列車の待ち時間もあり、
歩いて行くルートと到着時間は同じなのですよ。

よほど暑くて歩くのが大変だと思ったとき
バス列車で行こうと考えていたのですが
割と涼しい風が向かい風で吹いています。

これなら歩いて行けるな!
10秒悩んで決定しました。



he8-1b-11.jpg
風に向かって歯長峠を目指して歩きます。
最初は整備された旧遍路道を登っていくので楽しいね~。
それに山の中は木々のお陰で気温が低い。
それでも休憩のたびに水筒のお茶をグビグビ飲んでしまう。
自販機のある場所までこの水分を残しておかねばなりません。

頃良いところで自動車道に出ました。
緩やかなアスファルトの道を登っていくのですが
もう昼過ぎなので木陰が少ないなあ。
木陰を求めて道の右に行ったり左に行ったり・・・

今日は歯長隧道を通る事にします。
一車線しかないトンネル内は車が来ると怖いね。

he8-1b-12.jpg
後で知った事なんですが、
「歯長峠は心霊スポット」

ええっ?

ほんまか?

隧道の中なのか、山道の方なのか??
わしが通るのは昼ばっかりなのでそういった体験はない。
知らぬが仏・・・とは言うが
知ってしまったらひたすら気になるなあ。
次回は何処を通ろうか??

隧道を出たところに東屋があり、そこで昼食をいただきます。
水分補給もするが、残りが心もとなくなってきたんで
ちょっとだけ遠慮しながらお握りを渇いた口の中で咀嚼します。

東屋の先には旧遍路道があり、迷わず進む。
シダの緑が多く、登り道とはちょっと違う風景です。
he8-1b-13.jpg

遍路道がなくなると、日を遮るもののない車道に出ます。
夏の車道は暑くて辛いね。

肱川にかかる橋のたもとに遍路墓と地蔵堂がある東屋があり、
道の向かい側には・・・おお、自販機がある。
早速自販機に駆け寄り、御加持水をいただきましょう。
東屋に行くのも億劫だったので
横の石段に腰掛けて一気飲みをする。

東屋には自転車ツアラーらしき男がひとり。
じっとこちらを見ているが、
わざわざ東屋まで行って声をかける気にもならない。
お遍路さんだったら行ったかな?

he8-1b-14.jpg
水分補給ができたので、ここから卯之町まで退屈な車道を歩きます。
道沿いに、導引大師とか、交通安全大師さんがおられるので
挨拶しつつ歩きます。
それにしても、暑い。
自動販売機を見ると、ついつい寄って買ってしまいます。
今日はいったいどのくらい飲んだか?

実はここ最近、奥歯の歯肉が痛い。
放っておいたら歯槽膿漏になるかもしれん、と
歯磨きの際には特に念を入れて歯肉を刺激しているのですが
暑さのせいか、ズキズキしてきているのです。
ただひたすら歩いているだけなので
気になったらとことん気になる。

道端にレモンバームの葉っぱがあったので
噛みながら奥歯の奥に押し込んでみたら、結構塩梅がいい。
殺菌作用はあるそうなんですが、鎮痛作用もあるのかな?

いいかげん疲れてきた頃、
道路に明石寺への案内板が見えてきました。
ひっそりと明石寺奥之院白王権現の祠があります。
神仏分離の影響でしょうか。訪れる人もいないようです。

1510
43番 明石寺着
he8-1b-15.jpg
やはり計画よりも10分遅れて到着
どうでもいいか・・・

ご朱印をいただきに納経所に行くと、
列ができています。
よほど1人で沢山お願いしている人がいるのだろうか。
でもよく見てみると
納経所の方は身体の調子が悪いのでしょうか
何度も位置を変えながら、筆を持ち替えながら書いています。
職業柄顔色とか姿勢を確認してみます。
どうも腰と右手が具合悪そうです。

わしはご朱印を押してもらうだけなのですぐに済みました。

ここから「卯之町駅」まで歩き、列車で松山まで行きます。
お目当ては駅前の洋食屋さんで美味しい料理を食べる事
開いているかな~?
と期待しつつ、駅前広場に行くと、
店のあるビルにシートがかけられていますよ・・・・

あれ?

このビルは解体されるそうです。

ええっ

このビル、新しくなるのかなあ?
新しくなったらまた洋食屋さんも入るのかなあ?

心を残しつつ、特急宇和海22号の指定券を買って
ホームで待っていると
he8-1b-16.jpg
騒々しくオジサン3人が陸橋を渡って降りてきました。

「あ~、なんちゅう階段やぁ!」
「わしらに運動させるなや!」
「死んでまうわ!」

(死ねや・・・)

思わず毒づいてしまいました。
駅の階段くらいでガタガタいうなや!

he8-1b-17.jpg
ふと目の前の線路の継ぎ目を見たら、
盛り上がっているような気がしません?
それだけ暑いのか・・・

1622にやってきた列車に乗ると
指定席にオジサン3人も乗ってきました。
「空いているからすわってもいいんや!」
「そうやそうや!」

発車してすぐにやって来た車掌にとがめられ、
「わかっとるわい!」
捨て台詞残して自由席に去っていきました。

指定席に座るわしは
汗だくの身体、せめて上着だけは着替えたのですが
ズボンと下着も濡れているので
座席を汚してしまいました・・・すいません。

眠りこけていたら
1726に松山駅に着きました。
夏なので当然まだ明るい。
駅前から500mくらい、路面電車の「大手町駅」近くの
松山シティホテルが今日のお宿です。

ホテル前の駐車場には自家用車がぎっしり
フロントは混雑していました。
いわゆる安ホテルなんですが、連休のせいでしょうか。
有名ホテルのスタッフと違い、あたふたと来客の対応をしていますよ。
従って間違いも多い。

やっと自分の番になり、
2泊分の宿泊費を前払いし、ランドリーの位置を確認して
自分の部屋に飛び込みました。
早速シャワーを浴びて汗を流し、リュックに洗濯物を入れて
ランドリーに行きました。
夏はリュックも洗わないと臭ってくるんです。

洗濯が終わる間にJR松山駅に行き
明日の久万高原周遊切符と、翌々日の帰りの列車の切符を買っておきました。
さて今夜の夕食は・・・
駅前のカレーショップ「デリー」
今の一押しは「ロコモコカレー」890円
he8-1b-18.jpg
目玉焼きとハンバーグが乗っています。
以前「トルコライスカレー」があって気に入っていたんですが
季節限定メニューのようですね。

半年後に来たときには何があるかな?

コンビニで明日の朝食と昼食、今夜飲むオリオンビールを買ったら
福引があったので引いたらビールが当たりました。
ラッキー!
he8-1b-19.jpg

ホテルに帰り
洗濯物を部屋中に干した後ビールをいただき、さっさと寝ましたがな。



7月16日(日)
今日は日曜日かあ。
ちょっと曜日感覚が希薄になってきています。
通しの歩き遍路さんは曜日感覚がなくなってくるんでしょうか。

0630
「JR松山駅前バス停」から久万高原行きに乗ります。
he8-1c-01.jpg
ここから乗る人は登山スタイルかお遍路さんが多いですね。
今日の空模様は・・・雲が多いなあ。

バスに乗る事1時間
カーブの多い山道を、荷物がでんぐり返らないようにしっかり抱えます。

0740
「久万中学校前バス停」で降ります。
he8-1c-02.jpg
麓から見たように、雲が多い。
それに気温が下界よりも低いですねえ。今日は歩きやすいか?
町が飾り付けで賑やかですね。
he8-1c-03.jpg
「久万山御用木まつり」ですか。どんなお祭りなんでしょうね?

0800
44番 大宝寺着
he8-1c-04.jpg
今日は朝から駐車場が車で一杯です。
大きな声で節をつけて勤行している人
南無大師遍照金剛だけの人
色々います。

参拝を終えて、門前のお店「とうべや」に寄ります。
ここのお目当ては「やいと饅頭」
つぶ餡を蓬入りの皮で包んで蒸し揚げた香り高い饅頭です。
昼食用なのですが、ここでひとついただきます。
お接待のお茶をいただき、店のお母さんと少し世間話をします。


ここから岩屋寺まで2時間と少し、
高原の道を楽しみましょう。

日陰に入ると涼しく、風が吹いてくると更に涼しい。
さりながら夏の日は汗が流れます。
休憩のたびにグビグビ飲んでしまうので飲み物が足りなくなってきました。

he8-1c-05.jpg
この道のトンネルも、歩道が曖昧なので危険ですね。
頼りは金剛杖とリュックに括りつけた反射板ですがな。

トンネルから出たら、崖から涼しげな雰囲気がします。
ああ、水が流れているんですね。そこだけ草が茂っていますね。
口をつけて飲もうとしたんですが
なかなか難しい。
手に掬っても流れて落ちる。
he8-1c-06.jpg

隣を見たら排水溝から勢いよく流れていますよ。
これは飲みやすい。
口を近づけて飲んでみたら、これはうまい!
甘露やなあああああああ
こうやって飲んだのは3年前に室戸岬で飲んだ以来や。

he8-1c-07.jpg
沿道にはまだまだアジサイが綺麗に咲いています。
アジサイ街道と呼ぶべきか。

古岩屋荘が見えてきました。あと少しです。
東屋では地元の人たちが野菜を売っていますよ。
大きなスイカが850円
買って切って食べたいなあ。
残りは歩き遍路さんのお接待用に残したら・・・
と考えていたんですが

車の家族連れがドドッとやって来て買う人買わない人
ガヤガヤワイワイと店先を占拠してお遍路さんの入る隙間もなし
話の長い人達のようで一向に店先が空かないので、
スイカは諦めて次に行きましょう。

he8-1c-08.jpg
農家の家の前に無人販売があります。
トマト1袋100円
1袋買って食べながら歩き、全部食べたらお腹が一杯になりましたよ。

he8-1c-09.jpg
狭いトンネルを通ったら
岩屋寺への門前街が見えてきました。
he8-1c-10.jpg

ところで昨日からの歯肉の痛み・・・茶畑があり
新芽を一枚だけ頂戴して噛んでみました。
爽やかなお茶の味が広がり
奥歯に押し込むと、またしても痛みが薄れたような気がします。

1200
45番 岩屋寺着
he8-1c-11.jpg
ここは歩きも車も15分間参道を歩いて登らねばなりません。
お喋りな奥さんがいて、
旦那相手にマシンガントークを発射していましたが
参道を登るに従って発射速度が落ちてきています。

本堂下の階段には
「ところてんのお接待をしています」
と案内をしている人が立っています。
檀家さんのお接待講でしょうか。

本堂、大師堂でお勤めしてご朱印を貰った後
子供達の案内でお接待所まで行きました。

he8-1c-12.jpg
見晴らしのいい休憩所で酢醤油のかかった
ところてんをいただきます。
実は、ところてんを食べるのは初めてなんじゃないやろうか。
でもね、暑さで疲れた身体に酢醤油とおろし生姜がかかった
ところてんが心地よく吸い込まれていきます。

うまいなあ~。

ここでも納め札と絵をもらってもらいました。

「岩屋寺口バス停」から帰りのバスは1245です。
しばらく時間があるので、汗だくの白衣を乾かしましょうかね。
he8-1c-13.jpg
バス停の中には風も通るので
ボケ~ッとしながら身体を乾かします。

やってきたバスに乗り込むと、クーラーの効いている車内は極楽
ついつい眠りこけていて
目が覚めたら久万営業所でした。

さてここから松山行きのバスに乗って松山まで帰るのですが
1511発なんです。2時間弱ある。
どうしようか。どうしようもない。スケッチブックも持ってきていない。
本を読んで暮らそう。
「君の膵臓を食べたい」もクライマックス
物語に引き込まれて、切なくも楽しい結末でした。

先のバスで一緒だった登山姿の中年夫婦もやってきました。
彼ら、伊予西条から石鎚山に登ってきたのですって。
でも足がつってしまい、
久万高原の方へ緩やかな尾根伝いに降りてきたそうです。
お宿は伊予西条なので松山から列車で伊予西条まで帰る予定です。

ふ~~ん、石鎚山登山ルートを全然理解していないわしには
いまいち実感できないのですよ。

バスが松山の町に入ってきたら、交通渋滞に巻き込まれました。
運転手さんも到着時刻の遅延をアナウンスしています。
今夜は松山市在住の「門前の小僧さん」とビアガーデンで一杯やる予定で、
待ち合わせ時間を1800から1900に変更してもらいました。
「大手町バス停」というのがあるので、ここで降ります。

連泊のお宿について慌ただしくランドリーで洗濯し
洗濯の間シャワーを浴びて今日の汗汗汗を流しました。
明日の朝食は、朝買えばいいか。

今夜の待ち合わせ場所は「松山市駅」
実はわし、恥ずかしながら「JR松山駅」界隈しか知らないのですよ。
「大手町駅」から2駅で「松山市駅」着160円
おお、なんかここは賑やかそうな所です。
松山市の繁華街と見つけたりか。

待ち合わせ場所の切符売り場で待っていると
「門前の小僧」氏がやってきました。
三坂峠の「坂本屋」スタッフです。
最初のお遍路で冬の三坂峠下りの時、奇なる御縁をいただき
親しくお付き合いさせていただいています。

今夜は伊予鉄高島屋の屋上ビアガーデンでビアパーティーです。
入り口で料金を払ったら、飲み放題食べ放題であります。
日の落ちた松山市内は涼しい風が吹いてきて
汗をかきながら飲む、という感じではなくいい心地です。

日頃からメールのやり取りはしているのですが、
直に会うのは半年ぶりです。
余人の目と耳を気にすることなく、
日頃から滓のように溜まっている事柄を遠慮なく喋り合いました。

言いたいことを言ったら結構すっきりしました。
付き合っていただき、どうもありがとうございます。

9時過ぎにお開きとして、
お宿に帰って寝ました。

7月17日(月)
カーテンを開けっぱなしにして寝たので
朝の光で目が覚めました。

今日は52番と53番を廻りましょうかね。
46番~51番廻りは、おきらく歩き遍路ツアーのためにとっておきましょう。
愛媛国体の開催中はお宿の確保が大変なので11月にしようかなあ。

JR松山駅のコンビニでパンとコーヒーを買ってついばみ、
he8-1d-01.jpg
「JR松山駅前バス停」から0745発の運転免許センター行に乗り30分揺られて
0815「片廻バス停」で降ります。

バス乗り場の表示には『太山寺へは「片廻バス停」下車徒歩5分』と書いてあったが
5分で行けるかなあ??
最初の門まで5分なら何とかわかる。

he8-1d-02.jpg
橋には「太山寺川」と書いてあります。
初めて知りました。水源はどこでしょうか。

0820
52番 太山寺着
he8-1d-03.jpg
まだここは山門なので更にここから坂道の参道を登らねばならん。
駐車場は車が満杯です。
朝からこんなに参詣者が来ているの?

本堂に行ってみても2組の車遍路さんしかいないよ。
するとあれは法事とかお寺の行事があるのでしょうか。

he8-1d-04.jpg
大師堂の奥から呼ばれているような気がして
行ってみたら十一面観音様がおられました。
とてもいいお顔をされていますよ。

お勤めの後、納経所まで降りて行き、御朱印を貰った後
駐車場のトイレを使っていたら、車遍路さんがちらほらやって来るんですが
満杯の駐車場に難儀し空きスペースを探してウロウロしている車に
手水場手前に数台停まることのできるスペースがあるのを教えてあげました。
でもあそこは正規の駐車場ではないのかなあ・・・?
he8-1d-05.jpg

さて次に行こう。

he8-1d-06.jpg
塀の上に鎮座まします弁天様に見送られ・・・
次の円明寺まで国道の歩道を2.7km
風は追い風、暑い暑い暑い暑い

he8-1d-07.jpg
この界隈の自動販売機は100円が多くてありがたい。
有名メーカー品じゃなくても、有害でなければいいんです。
普段飲まないような種類を思う存分飲むことができます。
クリームソーダ、フルーツオレ、コーヒー牛乳などなど・・・
懐かしい味もありますよ。

お腹がちゃぽちゃぽいってるが、おしっこは出ない。
全部汗になって出ていくんでしょうね。
それに皮膚からの不感蒸泄(ふかんじょうせつ)

とにかく水分補給は大切です。

当初の計画では1120に53番円明寺に着くと計画していました。
あれ?
もう見えてきたよ。
時間の計算を間違えていたなあ。
he8-1d-08.jpg


0943
53番 円明寺着

he8-1d-09.jpg
駐車場にはバイク遍路が3台
それもカブをはじめとした実用バイクですよ。
それも堅実な小型二輪のバイクです。
思わず近寄り
「こんにちは!バイク遍路ですか!」
「歩いて廻っているんですか」
「はい。このカブは何ccですか?」
「110です。これくらいなければ坂がきつくって・・」
「なるほど。野宿ですか?」
「いや、荷物が多くなるので旅館です」
「なるほど。あとで写真を撮らせていただいていいですか?」
「どうぞ」

今回のお遍路旅もここで終わり
気合を入れてお勤めをしました。

御朱印を貰い、駐車場で写真を撮らせてもらっていると
バイク遍路さんたちが戻ってきました。
「バイクの写真を撮らせていただきました」
「あなた、お寺の方ですか?」
「いえ、只のおきらく遍路です」
「えっ、そうなんですか。お経が尋常ではなかった」
「ヴぇ?そそそうなんですか?」
「尋常じゃなかった」「そうそう」「お坊さんかと思った」
「は、はぁ」
自分がどう見られているのか自分にはわからんもんです。

それはさておき
歩いて3分の「伊予和気駅」まで行き、
帰りは列車です。

時間どりを間違えていて、2時間くらい早く済んでしまいました。
まあ、来た列車に乗ればいいんです。
40分くらい待ち時間があったので
お遍路装束を納めましょう。
ズボンと下着が汗で濡れていたのでトイレに行って着替えます。
汲み取りのボットン便所なので細心の注意が必要・・・・

伊予西条行のローカル線に乗って2時間弱
「伊予西条駅」に着きました。
ここから特急「しおかぜ20号」の指定席を買っていたんですが
早く着いたので「しおかぜ16号」に替えてもらいましょう。
運よく指定席の空きがありました。

ここから岡山まで行き、新幹線で順調に帰ることができました。

8巡目の最初は乱れ打ちになってしまいましたが
4日間というまとまった休みをいただいたので効率よく廻りたいと考えて
この計画にしました。
大汗をかいて日焼けしながら歩いたので
さぞかし痩せたやろうと思いきや、プラスマイナス0でした!

次回は・・・阿波の札所後半を8月の暑い盛りにやろうと思います。
he8-1d-10.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんか、足立の書く文章ってところどころムカつく。

上から目線、ご都合主義もいい加減にしてほしい。

No title

批判記事は受け付けますが、匿名での批判は受け付けません。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード