おきらくお遍路旅(通算7巡目)71番弥谷寺~78番郷照寺

おきらくお遍路旅(通算7巡目)71番弥谷寺~78番郷照寺
平成29年6月10・11日
善通寺市内一人歩き、傘を忘れて来て暑かったなあ。

6月10日(土)
香川県側はJRを使ったら早く行くことができます。
で、今日は前夜から移動をせず始発に乗って行きます。
夏至が近いので5時でも明るいのはいいね。

ホームで待っていたら、えらいことに気づきました。
菅笠を持ってくるの忘れた!取りに帰ったら始発に間に合わん。

ああっ

前々回の先達納経帳を忘れてきたと思ったら
今回は菅笠を忘れたよ・・・
なんだろうなあ。
まあ、菅笠がなくては歩けないこともなし。
he7-14a-01.jpg

なんばから地下鉄御堂筋線に乗り新大阪まで行き
新幹線で岡山までひとっ飛び!

岡山から特急しおかぜ1号に乗り瀬戸内海を越えます。
「詫間駅」でローカル線に乗換え、「みの駅」から弥谷寺まで歩く予定なんですが、
いま0816

みの駅まで
0839の観音寺行き列車を待つよりも
ここから歩いていっても
それほど距離は変わらないんじゃない?
そう考え、駅から出ました。

歩こう!

という決意は目の前にいるタクシーを見て霧散・・・
「弥谷寺ふもとまで!」
「あいよっ」
ワンメーターと少し、八丁目大師堂の手前で降ろしてもらいました。
he7-14a-02.jpg

梅雨晴れの空は、ちょっと蒸し暑いかな?
菅笠を忘れた身で、太陽光から頭を守るのはいつもの龍神手拭い。
日焼けするなあ。

弥谷寺駐車場には中腹駐車場まで登るバス待ちの老人たちがたむろしています。
これくらい歩いて登れば?と思うのですが
バス便があると、どうしてもそれに頼ってしまいますね。

俳句茶屋はまだ開店していません。
昨年、不幸があったと聞き、もしかして閉店しているのではないかと
考えたりもしてしまいます。
he7-14a-03.jpg

ひんやりとした空気に包まれて石段を登っていきます。
やはりここは霊地だけあって雰囲気が違うのでしょうか。


0853
71番弥谷寺着
he7-14a-04.jpg

心挫けそうになる108段を登り、更に本堂まで登る。
湿度が高いせいか、汗びっしょりになってきます。
御刀自様の集団があえぎながら登っていますよ。
さすがに姦しくない。
「おはようございます!」
「・・・おはよう・・・まだですかね?」
「この先ですよ!」

眺望絶佳の本堂でお勤めをしていると
御刀自様達もあえぎながらだいぶ遅れて登ってきて
お勤めをし始めたが、わしよりも早く終わっていました。

大師堂まで降りてきて
靴を脱いで中に入ると何だか騒々しい。
駐車場にいた集団かな?
納経所の人を相手に大きな声で喋っていました。
本堂には上がらなかったんですね。

ここは板敷きなので、かねてより勉強してきた五体投地礼をしました。
膝と肘が痛い。
これを108回なんて自分にはできないなあ・・・。
he7-14a-05.jpg

俳句茶屋に明かりがついていました。
ああ、おじいさん独りで頑張っているんやなあ。
まだ開店準備中らしいのでお邪魔はしませんでした。

山道は日差しを遮ってくれて気持ちがいいね。
家田荘子さんによると、ここはヘビの名所だとか・・・
錫杖を殊更シャクシャクと鳴らしながら歩くが
よく整備された道はそんな事は杞憂だと思わされる。

he7-14a-06.jpg
竹やぶには筍の姿はもうない。
この道はお遍路さんの往来が多いのでしょうか、
踏みしめられて道がきちんとあります。
両側に咲き乱れている野の花、なんていう花なんでしょうかね。

s-he7-14a-07.jpg
下界に出てきて、72番曼陀羅寺に向かう道の曲がり角にある
遍路休息所、草に覆われています。
去年ここには宿泊のできそうな小屋が建てられていましたが
今は跡形もありません。何か問題があったのでしょうか。

ここいらもビワの栽培が盛んなようで
実に袋をかけた風景が見られます。
あきらかに放置されたと思われる小ぶりの実がなっている木から
熟れたビワの実を頂戴して甘い果汁を楽しみます。

我が家の庭にも今年初めてビワの実がなり
家族が楽しそうに収穫している写真を送ってくれました。
20年位前に娘がおやつに食べたビワの種を蒔いて
大切に育ててきたものが、
引越しや枝の切りすぎを乗り越えて見事結実したのです。

単身赴任中のわしは実家にも帰らずお遍路三昧なので
家のビワを味わう事ができないのですが
お遍路中にこうした楽しみもあります。

1024
73番 出釈迦寺着
歩くと行程上、こちらの札所に先に来てしまうのです。


無人販売所に御刀自様たちが群がっていて
何を売っているのか?

後で覗いてみたらビワでした。
1人が買えば皆争って買う、婦人の習性を改めて見させていただきました。
he7-14a-08.jpg
山門からは遥か霞んだ下界が遠望できます。

今の季節、紫陽花が咲き始めて
あちこちで色々な色や形を楽しむ事ができます。
he7-14a-09.jpg

曼陀羅寺の裏手にあるうどん屋さん、改修中のようです。
隣にプレハブの建物があるのですが
歩き遍路さんへのうどんお接待はやっているのかな?


1110
72番 曼陀羅寺着
he7-14a-10.jpg
境内にある休息所で荷物の整理をしながら
中をよく見てみたら流しがあり、畳の間もあります。
ここで通夜ができたら最高なんですけどもね。
でも野宿情報には載っていないので、
宿泊はできないのでしょうね。
he7-14a-11.jpg

ここから73番までの道は、時々遍路標識を見落とす事があり
間違えると善通寺駐車場の方向に行ってしまいます。
正面の小高い山を目印に進めばいいのですが
農道などに迷い込む事もあります。

国道沿いにあるコイン精米所
ここの自販機が面白い
he7-14a-12.jpg

三流のコーヒー、ジュース、緑茶が格安で販売されています。
わしはというと、10周年御礼記念50円サイダーを買いました。
四流の緑茶とはどんなものだろうか。
買いたくもあり、買いたくもなし。


1144
74番 甲山寺着
ベンチには婦人の歩き遍路が1人
「こんにちは」
「こんにちは。暑いですね」
he7-14a-13.jpg

この札所の絵も描かねばならんなあ。
どこにしようか・・・由来からすると、やはりこの毘沙門堂か。

街中を歩き、
75番の門前にある堅パン屋さんが今日のお目当てのひとつです。
いつもは観光客で混雑していて買わずに通り過ぎたのですが
最近、家内の大好物と知って、ご機嫌伺いのお土産に買う事にしました。
幸いに空いています。
he7-14a-14.jpg

家内の在所の福井県敦賀市にある旧敦賀連隊正面にも堅パンの店があります。
陸軍の携行食として納められていた名残でしょうね。

我が海軍の乾パンは、市中で売られているものよりも大型で
一枚食べると結構お腹が膨れます。
こちらは隊内の売店で観光客のお土産用として市販されています。

閑話休題


1230
75番 善通寺着
he7-14a-15.jpg
去年の12月に、ここで先達の位を頂いたんやなあ・・・感慨もひとしおです。
観光地なのでお遍路さん以外の観光客が多い。
したがって参拝の作法も「?」と思う人達もいるが
眼に余るような行為をしていなければ黙って見ることにします。
せっかく仏さまとのご縁で善通寺に来ているのですから・・・

お腹が空いてきたんですが
もう少し先まで我慢して金倉寺門前のうどん屋さんで食べよう。
遍路標識に従い、住宅街を進んでいくと
やがて田園地帯に出る。

he7-14a-16.jpg
遍路標識の灯篭が修理されています。
どこかの篤志家がお金を出して修理してくれたんでしょうね。
ありがたや。


1347
お腹が空いたあああぁぁ。
金倉寺参拝の前に、ちょいと腹ごしらえ。
ご本尊さま、許してチョ

いつものうどん屋にGO!
おや?「極旨中華そば?」
うどんやに・・・?
he7-14a-17.jpg

「こんちは、うどん一丁!」
「ああ、うどん売り切れなんよ」
ええっ
「そのかわり、ラーメンあるよ。食べてみて」
「・・・じゃ、それもらおう」

数分して出てきた昔ながらの中華そば。
見た目も、味も懐かしい味です。
あっさりしていて、食べやすい。

ズルズルズルズルズルズル

夢中で食べ尽くしてしまいました。
「どう?お味は」
「うん、なかなかのもんやね。ここでお汁もつくってるの?」
「そうやよ」

人気の店なのでお昼過ぎにはうどん玉は売切れてしまう。
今日は来るのが少し遅かったみたいやね。

腹ごしらえもできた事やし、

1402
76番 金倉寺着ここは天台宗のお寺で、
he7-14a-18.jpg
修行智証大師さまが迎えてくれます。
「中華そばうまかったか?」
「は、はははい」

本堂の横には訶利帝母(かりていも)堂があり、
鬼子母神(きしもじん)さまとも呼ばれ、
子授けや安産、また子供や女性の守り神さまとして古くから信仰されてきました。
着飾った親子連れが多く参拝に来ていましたよ。


またここから田園地帯と住宅地を歩き、次の道隆寺へ。
わしのお目当て、道隆寺手前の住宅には、手作りお地蔵さまをくれる
おじいさんがいます。
家の中からお遍路さんを見つけて呼んでくれます。

今日もわしは錫杖の音を殊更大きくたてて
ゆっくりゆっくり歩くのですが
どうもおじいさん電話中のようで声かからず。
これもご縁と思い、通り過ぎようとしたら後ろから近所のお爺さんが
「ちょっと、この家に寄りんさいよ!」
と声がかかりました。
そのタイミングで家の中から
「お遍路さん!」
と声がかかりました。
he7-14a-19.jpg

リガトウ02
今日貰えたのは、白いお地蔵さまです。
「新しいバージョンにしてみました」
へええええ、そうなんだ。
貰って嬉しいお地蔵さま

伊予西条の大先達さんから託された錦札を貰ってもらいました。
ご縁のある方に差し上げてください、と何枚か錦札を預かっているのですが
いつか自分自身の錦札をあげられるようになりたいなあ。


1520
77番 道隆寺着
he7-14a-20.jpg
本堂でお勤めが終わった頃に、甲山寺で会った婦人の歩き遍路さんが来ました。
彼女もお地蔵さんを貰えたでしょうか??


今日はもうひとつ目的があります。
それは、四国八十八箇所の版画作家
金盛 弥(かなもりわたる)さんの展覧会に行くこと!
元大阪府副知事もされていた方で、
オフィシャルな存在なので名前を出させていただきます。

高松市内でNPO法人「遍路とおもてなしのネットワーク」のシンポジウムが
開催されていて、記念講演が行われるのです。
時間が間に合えば是非すばらしい版画を拝見させていただこうとおもっていました。
いまから多度津駅まで飛んでいって列車に乗れば
まだ間に合う!

汗だらけの遍路装束のまま列車に乗り高松まで30分少し。
高松駅前のタクシー乗り場に来ました。
「丸亀町レッツホールまで!」
「え?どこそれ?」
ええっ
スマホで調べる。
「あの、高島屋のある通りです!」
「百十四銀行の横・・・」
「ああ、銀行の近くね」
銀行の横まで行ってもらい、そこからは足で稼ぐ。
何しろ初めての場所なんで何がなんやらわからん。
艱難辛苦の上会場にたどり着きました。

受付にはF大先達がいました。
「あの~版画を見たいんですが・・・」
「会場の中に展示してあるんですよ。講演も聴いていって」
「はははい」

椅子が空いていたので座らせていただき
金盛さんの歩き遍路と版画の話を聞かせていただきます。
スライドには八十八箇所の版画が写されています。
(ああ、版画集が出版されていないかなあ・・・)
he7-14a-21.jpg

講演が終わり、ずうずうしくも金盛さんに近づき
名刺交換をしていただきました。
「あの~、画集を出版されるご予定は・・・」
「自分自身の遍路に区切りがついてから・・・」
「は、はあ。そうですか。楽しみにしています」

版画作家の風景や人物を描く際、余分な線をギリギリまで削ぎ落とす
究極のデフォルメの技法は、何度見ても勉強になります。

版画を堪能してから会場を後にし、
列車に乗って多度津に戻る。
日も暮れかけています。
he7-14a-22.jpg
今日のお宿は駅前の「ホテルTOYOTA」
別に自動車関連ではないですよね・・・・
この地は少林寺拳法のメッカであるので、フロントには合宿などで宿泊した
子供たちの写真が沢山飾られていました。

駅のコンビニと隣のパン屋さんで食料を買い込み
食べたらさっさと寝ました。


6月11日(日)

he7-14b-01.jpg
朝イチで起き出して「多度津駅」0549発の高松行きに乗り
0558「宇多津駅」に到着
改札は7時まで無人のようです。
帰りの切符を買おうと思ったんですが、まだ買えません。

he7-14b-02.jpg
6時だというのに、もう日はこれだけ高くあがっていますね。
駅前にはツアーのバスがいて、ツアー客が三々五々集まっていますよ。
何処に行くんでしょうね?

he7-14b-03.jpg
アジサイの咲いている街中をゆっくりゆっくり歩いて

0626
78番 郷照寺着
he7-14b-04.jpg
まだ山門のゲートは閉鎖されています。
ちょっと早すぎたかな??
山門脇の石に腰掛けてしばらく佇む。
マラソンをしている人が走ってきて、山門の前でハアハアしながら待っています。
マラソンコースに郷照寺の参拝が入っているのでしょうか。

0640にお寺の人が車で来て、ゲートが開きました。
ゆっくりゆっくりお勤めをすることができますよ。
地元の人も数人早朝のお参りに来ています。

he7-14b-05.jpg
ここは浄土教系列の時宗なので、般若心経はあげられないのでは?
とついつい考えてしまいますが
よく調べたら時宗と真言宗が共存している珍しいお寺だそうな。

それに以前、新西国第八番西方院で浄土宗の尼様から
「お釈迦さまは何宗も何経も気にされていませんよ」
と言われて眼から鱗がポロッと落ちていたので
沙弥(しゃみ)以前の遍路修行者なれば、
難しく考える必要もなかろうて。


7時に納経所が開いたのでご朱印を頂きました。
まだ朝早いので美人さんは来ていませんね。ちょっと残念


he7-14b-06.jpg
門前のお菓子屋さんを覗いてみたら、
できたての名物「地蔵餅」が並べられている!
食い入るように見つめているお遍路さんに気づいたのか
準備中ながら親父さんと女将さんが出てきてくれました。
「い、いいですか?」
「はい、どうぞ」
「こ、このキナコとあんこを二つずつ!」
いやああああ~、今日は縁起がいいなあ。
ここも昼過ぎには売り切れている事が多い。

地蔵餅を大切に抱えて
宇多津駅まで足取りも軽く歩きます。

実は今日はここで終わって朝から帰る計画で動いていました。
わし、一月前から綿密に予定を立てて動いているのです。

しかし

前々回、日帰り五色山昇り降りのとき
先達納経帳を忘れてきてしまいました。
で、今回はそれを取り戻すのです。

もしかしたら最初からこうなる事が予定に入っていたのでしょうか。
何かしら失敗をすると、どこかで帳尻が合うようになっています。
お大師様の掌でうろちょろしているのでしょうか。

前の週に予約しておいた駅前のレンタカー屋さんで車を借りて
0805五色山目指して出発!
まずは麓の天皇寺に行きましょう。

0848
79番 天皇寺着
he7-14b-07.jpg
まだ喪中なので三輪鳥居はくぐらずに納経所のほうから入り
白峯宮前を足早に通り過ぎる。
派手な化粧の御刀自様2人とドライバーの亭主1人が狭い境内にいました。
どこか参拝が雑だなぁ~という雰囲気が漂っています。
わしより後に始めて先に終わっていました。

納経所では駐車場料金200円の出費を惜しみ、
「いい、車の事を聞かれたら乗って来ていない、と言うのよ!」
と小声で話し合っていました。
何のためのお遍路なんかなあ?
お大師様はお見通しなんですけどもね。

車は快調に五色台目指して進み、
いつもはあえぎながら登る参道を横目で見つつ


0915
81番 白峯寺着
he7-14b-08.jpg
手水舎の脇には珍しい姿のアジサイの花が咲いています。
見慣れたアジサイの花は丸い形なので、ちょっと代わった印象です。

さてここで、納経帳
持ってきた先達納経帳にご朱印をいただいたあと、
「あ、あの~この前いただいたご朱印と引き換えに、重ね印をいただけませんか?」
「そういうことはしていません」
「そ、そうですか。すいませんでした」
残念な気はしますが、無駄な手間を踏んだとは考えず、
ここの札所とのご縁がひとつ増えたと思えばありがたい。

アジサイの咲き始めた駐車場を後にして五色台を西へ進みます。
車道を通る事により、歩きでは見なかった景色も見えます。
根香寺手前には「禅喝破道場」の入り口が見えます。
禅体験もできるようですね。
いちど行ってみたいなあ。

1000
82番 根香寺着
he7-14b-09.jpg
駐車場からズンズンと本堂まで進む。
ああ~車で来ると楽だなあ。
でもこんなに楽だと修行にならんなあ。
歩けるうちはなるべく歩きたい。

でもスーパーカブ遍路もやりたい。
車中泊遍路もやりたい。

いろいろやりたくてワクワクしますね。
修行は楽しくやりたい。

納経所では、もう重ね印を求めることもしません。


ここで前々回のリベンジも終わり、どうしようか?
昼の列車で帰る予定なのでまだ時間がありますよ。

では82番奥之院に行きましょう!
五色台を鬼無の方面に降りていきます。
カーナビに従って何も考えずに進みます。
結構距離があったのかな?



1040
82番根香寺奥之院圓通山鷲峰寺着

he7-14b-10.jpg
ここは天台宗寺院で、本尊は千手千眼観世音菩薩です。
新四国曼荼羅霊場第十三番札所でもあります。

寺伝によれば、奈良時代の天平勝宝6年(754年)
唐僧鑑真鑑真が、お寺がある山がインドの霊鷲山に似ていることから
釈迦如来像を安置し鷲峰寺と名付けたと言われます。
平安時代前期の貞観2年(860年)円珍により智証大師十七檀林の一つとして
清和天皇の勅願寺となりました。
戦国時代の天正年間に長宗我部元親軍の侵攻により伽藍が焼亡し、
仏堂が置かれるのみとなっていたが、江戸時代前期の寛文元年に
高松藩主松平頼重が寺院の復興を命じ、
三井寺の観慶阿闍梨を住持として迎え、伽藍が再建されました。

なぜここが根香寺の奥之院なのか、
民俗学者五来重氏の著書にはここだけ触れられていない。

山門をくぐって長い参道を登っていくと
犬が二匹本坊らしき建物の庭に繋がれています。

he7-14b-11.jpg
本堂は石段を登った所にあり
森閑とした雰囲気の場所です。

本坊となりの納経所で、インターホンを鳴らして来意を告げます。
愛想のいい奥様が出てきてご朱印を押してくれます。
玄関にはもう一匹の犬が出てきています。
「あの○○ちゃんは、参拝の人が来るとお迎えにくるのよ」
このお寺にいる犬は、捨てられた犬たちだそうな。
来るもの拒まず、去る者追わずだそうです。
彼らはご本尊の眷属なんでしょうか。

天台の小雑誌をいただきました。
後日、読んでみたら「空の心」の中の「不垢不浄」について
解りやすく書いてあってとても勉強になりました。
ご縁やなあ。

12時前に宇多津に帰り着き、
列車の便も順調で、早くに帰り着く事ができました。


後の予定は87・88番を残すのみ。
なんとか6月中に7周目を終えることができそうです。
he7-14b-12.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード