FC2ブログ

身障者西海岸ツアー05

bart
 艱難辛苦の果て、無事にバークレー行きの「BART」に乗り込む。乗ってしまったら後はもう降りるだけ。窓の外は暗闇ながら見慣れない景色が続く。いつの間にか海底トンネルをくぐって対岸へ着いたようだ。アナウンスを聞き漏らすまいと全身を耳にして乗ること15分、ダウンタウン・バークレー駅(だろうな)に到着する。

 もうここではエレベーターの乗り降りも慣れたもので、いっぱしのサンフランシスコ市氏の気分になっている。
地上に出た。太陽がまぶしい。さて自分達は今どこにいるのだろう。現在地を確認しなければならないが、道にはストリートとアベニューの表示がない。そこでドクターKが原始的な方法で確認した。すなわち、太陽の位置により東西南北の特定を行い、たぶんあっちだろう、ということで目指すバークレー校への道のりを推定した。たぶんそのうち着くでしょう。

barkley
 日本のように整然と整備されていない道路は工事中と見間違うような雑然さだ。このへんがアメリカ的というべきか。盲人のOさんが、デコボコの道路を指して「盲人用のプレートがある!」と嬉しそうに叫んだが、多分それは違うだろう・・・とは言えなかった。

 多分これは大学の外周だろう・・・一行はそこに沿って歩くこと20分、構内正門付近に主催者Sさんの姿を見つけた時、「遂にたどり着いた!」と張りつめていた気持ちがどっと緩み、今度はお腹がすいてきた。時計を見れぱ12時を回っている。ホテルをでてから3時間あまり経っている。しかしこの体験は貴重な体験となった。

 大学構内食堂で超巨大夕一キーサンドイッチで腹を満たした後、Msヤスモトを講師に迎え、約2時間に渡りアメリカにおける障害者の生活について講話を聴く。話の内容は興味深いもので、質疑応答の時間をもう少し多くとってもらえれば、より日米の比較検討ができたのではないかと思った。

 午後3時に次の目的地のラスベガスに向かうために、サンフランシスコ国際空港へ向かうバスのなか、ガイドさん達は皆福祉に関する自らの考えを熱っぼく語っていた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード