おきらくお遍路旅(通算7巡目)54番延命寺~64番前神寺

おきらくお遍路旅(通算7巡目)54番延命寺~64番前神寺
平成29年5月3日(水)、4日(木)

世間は大型連休(GWとは表現されなくなったね)
わしは仕事の関係で2日間しか休みがありまへん。
しかしめげることなく、お四国に行きます。
だれか助けて~
he7-10a-01.jpg


5月2日(火)
仕事が終わって汗を流し、南海電鉄~地下鉄御堂筋線を乗り継ぎ、梅田で降りて
「ハービス大阪高速バスターミナル」到着。夜行便なので余裕をもって行くことができます。
しかし眠いね。
なんばとか梅田の駅構内は連休後半に入るため、帰省や行楽の人達でごったがえしています。
高速バス乗り場には大きな荷物を持った人達が大勢いて、
次々に来るバスに吸い込まれていきます。
宇和島行きのバスが6両編成で、特に混んでいたのが印象的でした。
何か宇和島でイベントがあるのかな?

2250発「いしづちライナー」に乗って夜の道を一路今治へ。



5月3日(水)
0500「三島川之江IC」着アナウンスで目が覚める。
おしっこにいきたいが、今治まで我慢しよう。

0630
ちょっと早めに「今治駅前」に着きました。
早朝なのにジャージ姿の学生や、行楽客で賑わっています。
駅のコンビニで朝食とコーヒーを仕込み、ついでにトイレに行って身支度をします。

0700
駅前にお遍路仲間の先達同期、Wさんが迎えに来てくれました。
今回、時間の許す限り車でお接待してくださいます。

0710
54番 延命寺着
朝早くだというのに車遍路さんたちがたくさん来ていますね。
山門のツツジが美しいこと!
しかし・・・写真を撮るのを忘れてしまいました。
なぜか?
それは車の中にリュックを置いてきたのでカメラが手元にない!
だったらスマホで撮ればいいやんけ!
そうなんですけどもね~。

さて、2人とも新米先達
勤行の先達をどっちがやるか?
「どうぞ、やってください」
「いえいえ、いいです」
「いえいえ」
「いえいえ」
こんなこと言っていては埒があかないのでわしがします。
微妙に勤行次第が違うのに気づきます。
ああ、いちどどこかで勉強会に参加したいなあ。

という気持ちを抱きつつ、

次いこう!

車の少ない早朝の今治市内をスルスルと車で走り、

0730頃かな?
55番 南光坊着
he7-10a-02.jpg
この絵の写真は桜満開の時にWさんに撮って送ってもらったのです。
季節の花の満開の時にドンピシャで遍路できるといいんですが、そうもいかん。

さてここではお目当てがありまして、
納経所の方に先達納経帳へ揮毫をいただくこと。

しかしながら

気に入った人にしか書いてくれないそうで、誰にでも書いてもらえないんですって。
そこで南光坊常連のWさんの口添えもあり、無事に書いていただけました。
京都府なんで山城の国なんですが、わしの家のある裏京都市は日本海側で
若狭とも丹後とも違う、面倒くさい土地なので、山城で妥当でしょうね。
he7-10a-03.jpg

わしの描いた絵を奉納させていただいたら
なんと「握り観音様」と「ただいま遍路中」、それに「四国八十八霊場四季の花」という本まで頂きました。
ありがとうございます。絵を描くときの参考にさせていただきます。
御縁を結んでいただいたWさんに感謝です。

ちょうど納経所の混雑が済んで、
わしらがいるときだけほかの人がいなくて、気兼ねせずにお話ができました。

あっまたここも写真を撮り忘れている。
まあいいや。

今治を南に進み、

0815頃かな?
56番 泰山寺着

老若男女の集う本堂でお勤めし、
大師堂で納め札を入れようとしたら、納め札入れの上にラッピングされた錦札が置いてあるよ。
「錦の札が置いてあるね」
「中に入れてないから、御縁のある方持って行ってください、という意味ですよ」
「ですね」
「持っていきます?」
「どうしようかな・・・あ、裏に千手観音様がおられる」
わしの守護仏は千手観音様なのです。
観音様との御縁かな?ありがたくいただくことにします。
たとえ置いてあっても、
いままでこんなことはしなかったんですけどもね。

次行こう。
車中、いろいろ喋りました。
新米ながら先達になり、この世界に足を踏み入れると
色々な事がわかったり、教えてもらったりします。
それは嫌な事だったり、目からウロコのような事だったり。
先達とはいえ、所詮人間の世界をそのまま引きずっているので
必ずしも清らかではないですね。


0840
57番 栄福寺着
he7-10a-04.jpg
車のお接待のおかげで、当初の計画よりもかなり早く予定をこなすことができました。
さてここのお寺の絵を描く際に、何を主題にしようかなあ。
花の季節、花の季節・・・
どんな花が咲いているのでしょうね。

花よりも、筍に目が行ってしまいます。
今年は筍があまり出ない年だと言われていますが、なかなかどうして。
駐車場向かいの竹林にはニョキニョキと出ていますよ。

ここでWさんの車お接待は終わり。
仙遊寺までの遍路道は歩いて行きたいんですよ。
Wさんは今日は横峰寺の花祭りに行かれるそうです。
ありがとうございました。

he7-10a-05.jpg
栄福寺から仙遊寺までの遍路道も好きなんですよねえええええ。
今の季節は新緑も美しい。
のどかな里を歩いていると、向こうから大きなカメラを持ったおじさんが歩いてきました。
「おはようございます」
「おはようございます。すいません、写真を撮らせてもらっていいですか?」
「あ、こんなんでよければ」
「先達さんですか?雰囲気が全然違いますね」
「え?そそそうなんですか?」
彼の求めに応じて色々なポーズ・アングルで写真を撮っていただきました。
モデルになったのは初めての経験です。
松山のカメラマンで、いまや昔になってしまった銀塩の白黒写真で撮ってもらいました。
どんな写真になっているのか、見てみたいですねえええええええ。

he7-10a-06.jpg
犬塚を過ぎて溜池を左に見ながら遍路道を歩む。
春のこの道は、歩き遍路にとっては至福のひと時を得られる道です。

コンクリートの階段を登ると自動車道に出る。
この先の遍路道沿いに内海源助の墓があるんですが、
彼の墓がもうひとつある、と聞いていたのでどこやろうか?と思い
わざと自動車道を通ったが見当たらない。
山門近くにあると聞いたんですが、誰か知りませんか?
he7-10a-07.jpg

he7-10a-08.jpg
目に沁みいるような緑と光の中
ちらほらと歩き遍路さんとすれ違う。
車はひっきりなしに通る。四国ナンバーが大多数ですが、九州や関東ナンバーも結構いますね。

he7-10a-09.jpg
山門が見えてきました。
ここも緑とのコントラストが美しいですね。
ここまで登ってくるとうっすらと汗ばんできました。
山門をくぐると、きれいな遊戯観音様が出迎えてくれます。

えっちらおっちら階段を登り
御加持水をありがたくいただいていると、女性遍路さんが降りてきました。
あれ?
崔象喜さんです。
西林寺の柴燈護摩に参加されていたと聞いていたので、
その流れで今治を廻っているのでしょうか。
一緒に記念撮影
he7-10a-10.jpg


1010
58番仙遊寺着

he7-10a-11.jpg
石段をあがりきると修行大師様の背中が出迎えてくれます。
「前へ進め」
と言ってくれているような気がします。

気持ちのいい境内の雰囲気を満喫しつつ、
本堂の千手観音様を拝みながらお勤めしていると気分がよくなってきますね。

he7-10a-12.jpg
がけ崩れで壊れたお大師様は宝塔になっていました。
なにはともあれ、修復できてよかった。
もとのお大師様はどこかな?と境内をうろうろしていたら
駐車場の子安観音様が目に入り、そのお姿に見入ってしまいました。
仏様は見上げるお姿が美しいと思います。
he7-10a-13.jpg

もときた道を戻り、東屋でちょっと早い昼食をいただきましょうかね。
今日は時間がたっぷりとあるので道草をたくさん食べられるので、幸せ。

この山は、作礼山ハイキングコースになっていて道がよく整備されています。
眼下には今治の街が一望でき、いい景色です。



この山は砂岩の山なんですかね?
坂道は砂が多く、滑りやすい。
he7-10a-14.jpg
おっかなびっくり下っていたら、ついに足を滑らせ転倒してしまい
右足首を捻ってしまいました。こりゃヤバい!
しばらく座り込んで捻挫の様子をみていましたが、幸いにそれほどでもない。
しかし、リュックの中の救急用品の中には湿布を入れていなかった。
最近、筋肉痛や関節痛に縁がなかったので油断していました。
無理せずに歩いて宿まで行きつければいいのですが・・・。

he7-10a-15.jpg
里山あたりでは、道の真ん中に筍がニョッキリ顔を出しています。
ああ、掘って食べたいなあ。
まだ今年は初物の筍を食べていません。食べて寿命を75日伸ばしたい。

he7-10a-16.jpg
下界に降りてくると吉祥禅寺の花が目に飛び込んできました。
何の花かなあ。白が綺麗ですね。
臨済宗妙心寺派の、ツバキで有名な花の寺です。

he7-10a-17.jpg
目につくのは、新しいデザインの遍路シールです。
誰が作って貼ってくれているんでしょうか?
どうしてもシールは日焼けして色褪せてしまうので、
定期的に貼りなおさねばなりません。
歩き遍路にはとてもありがたい道標です。

he7-10a-18.jpg
気になる看板が立っています。
何の発掘なんでしょうかね?
しばらくそこに立って眺めてみましたが、それらしいものは見当たりません。
気になるなああああああ。

住宅街の面白くない道を進みます。
途中、お気に入りのパン屋さんがあるんで、パンを少々買いましょう。
お接待のチョコレートと飴をもらいました。
店先のベンチに座ってもういちど昼食を食べます。
これじゃ、汗かいて歩いても痩せないかなあ。

さらに歩いていると車が停まり、
「お昼食べましたか?これ、稲荷寿司なんですが」
とお接待をいただきました。
チラシ寿司入りの大きなお稲荷さんです。
ありがたく頂戴して、食べながら歩きます。

するとまた車が停まって
「国分寺まで、あと少しじゃ!」
と缶コーヒーをいただきました。

この道を「本日のお接待ストリート」と名付けようか。


1310
59番 伊予国分寺着
he7-10a-19.jpg
隣の春日神社では幟が立ち、幔幕が張ってあります。何かあるのでしょうか?
こちらのほうが気になってしまいました。
相変わらず鳥居の外からの遥拝で許してもらいます。
順調にお勤めを終えて御朱印をいただき、階段を下りる・・・
あっしまった!
握手大師様と握手するのを忘れてしまった!
he7-10a-20.jpg

ここから「伊予桜井駅」まで歩いて列車に乗り「伊予小松駅」まで移動します。
今日はまだ時間があるので焦らず慌てず、
ゆるゆると、いくぞなもし。

「伊予桜井駅」に着き、観音寺行を待っていると
どうも特急が遅れているようで、普通も発車番線も時間も表示通りではありません。
なんかJR四国の特急っていつも時間通りに運行していない印象が多いですね。

2番線でいつ来るかわからない列車を待っていたら、
駅舎のほうにお遍路さんがやってきて時刻表とにらめっこしています。
「どちらまでいくんですか?」
「岡山」
「それではこっちのホームです」
たぶん、次の列車まで30分くらいあるので、しばらく老遍路さんとお話ししました。

今年70の、もと中学校の体育(水泳)の先生で
姫路の近くにお住まいだそうです。(すいません、はっきり住所を覚えていませんでした)
定年後に始めたお遍路は、身体を壊されたり、仕事などで忙しくて
1番霊山寺からここまでの道程が長かったようです。
そして土日祝以外は孫の保育園の送迎などで忙しいそうです。

わしもそのうち孫の面倒を見させてもらえるのかなあ、とちょっぴり楽しみです。

彼は今日はここでいったん家に帰り、次回は横峰寺へ行く予定なのですが
どうやって行こうか、思案中だったので
わしのいつもの登山バスを使うルートをお勧めしました。

10分ほど遅れてやってきた普通列車に乗ってわしは「伊予小松駅」まで
老遍路さんは「壬生川駅」で特急に乗り換えて岡山まで。

1508
「伊予小松駅」で降りるのは初めてで、駅前から右に進むと
宝寿寺門前の道が真っ直ぐに続いています。
この景色は初めてですね。
he7-10a-21.jpg


1512
61番 宝寿寺着
さて当節問題となっている霊場会と宝寿寺の関係
お遍路さんにとっては、どっちかに帰結してもらいたいんですが

過去四国八十八か所の札所は時代の流れに翻弄されて変遷を繰り返していました。
長曽我部の兵火によって焼かれ廃寺になったり、明治の廃仏毀釈によって分離されたり、
財政難で版木を売ったり、本当に色々あります。
平成になって解決した札所もありますね。

ここの納経所問題では
色々な人が色々な立場で意見を開陳しているので、
わしもかなり悩みました。
まっさらな先達納経帳にどちらの御朱印をいただくか、です。
結局自分の意志で決めなくてはいけません。

お遍路さんにとって札所はあくまで札所なんです。
人々の祈りが積み重なったお寺にやってきて祈りを捧げたいのです。、
住職に会いに来ているわけではないのです。
そんな意味で、わしは今、祈りの場所としての宝寿寺にやってきました。

納経所では数冊の納経帳を持ってきているテンジョウインサンかな?が
61番にある納経所と62番の話を納経所の人と声高に喋っていました。

お勤めを終えて御朱印をいただきに納経所へ。
わしは今までここで皆が言っているような不愉快な思いをした経験はありません。
ですから今日もごく普通に御朱印をいただきました。
御朱印300円、御影は有料で200円です。

ここに来る前に、知り合いのお遍路さんからの情報で
御朱印は500円だ!という話を聞いていたのですが
おそらく御朱印代金と御影代金あわせて500円だということですね。
話のもとになった人がお遍路ビギナーだったので、よく知らずに噂を流してしまったのでしょう。
百聞は一見にしかず、です。

なにはともあれ
御朱印をいただきました。

ここから今日のお宿の「ビジネス旅館小松」まですぐです。
道沿いに薬局はないか・・・湿布を買いたいよ。
あっあった!

ああっ

閉まっている。

しゃーないなあ~。
まあいいや。
ビジネス旅館小松は、最近改装されたようで、古いほうの玄関に道順の貼り紙がしてありました。
角を曲がってすぐ。
店先におじさんが座っていて、笑顔で迎えてくれました。
フロントにはかわいい女の子がいて、思い切って
「あの~、足を捻ってしまい、湿布があったらわけてもらえんかのう?」
「あ、はい。ちょっと待っててくださいね」
「おおっ!ありがとうございます」

新築間もないようで綺麗な室内で部屋数も多い。
早めに着いたおかげでお風呂、洗濯も早々と済ます事ができまして、
部屋で足に湿布を貼ってからしばらく寝転がっていました。

1800に夕食
he7-10a-22.jpg
広い食堂には食事が沢山並んでいます。盛況ですね。15人くらいでしょうか。
ここは肉屋さんだそうで、すき焼きが有名と聞いていましたが
今日はシャブシャブです。

わしのテーブルは千葉からの通し打ちおじさん
区切りのおじさん3人、それとわし。
区切りのうち、横浜からのおじさんは
先輩顔で皆さんにあれこれレクチャーしています。
区切りの2周目のようで、
今回は逆に歩いていてそれが自慢のようです。



「宿に荷物を預けて『かおんじ』の裏から登って横峰寺まで2~3時間ってとこだね。
それから同じ道を降りてきて『かおんじ』まで出てくるんだよ。
遍路道と違って面白くない道だけどね」

(え?「こうおんじ」の事か?)

「62番の『おかげ』だったっけ?僕はもういらないので断っているんだ。
だってもう沢山持っているからね」
(え?御影「おすがた」のことか?88枚貰っているから、もういらないってか?)

突っ込みどころ満載の会話でしたが黙って聞いていました。


まさに
1周目は夢中で
2周目は得意になり
3周目は少し分ってくる
ですな。

どこの宿でも2周目の人は同じような傾向にあるのが興味深い。
わしも2周目は得意になっていたんでしょうね。
それ思うと少し恥ずかしい。
ですから横浜のおじさんには突っ込まずに聞いていました。
時々わしが適時適切にアドバイスを入れるので
(あれ?この若造、だいぶ廻っているのかな?)
という感じになってきたところで、わしは食事を切り上げて
部屋に帰りました。

5月4日(木)
残念ながら今日はもう帰らねばなりません。
0430起床、トイレが込み合う前にさっさと用を済ませ、
洗濯物を取り込んで、
0600朝食
昨日の横浜のおじさん、幾分か丁寧な口調でわしに話しかけてきます。
それをサラッと受け流し、
大飯2杯を10分で掻き込み、ごちそうさま!
0615に出発しました。
he7-10b-01.jpg
宿の前の讃岐街道を西に1.6kmくらい歩いて

0637
61番 香園寺着
he7-10b-02.jpg
駐車場にはスタンプラリーのおじさんが2人来ていました。
建物前の巨大香炉に灯明と線香を供え、階段を上がってみたら
本堂の扉が開いていたので靴を脱いで入らせていただき、
たったひとり、御本尊様の前で正座して勤行する。
開けられた扉からは鶯の声が聞こえてきます。

0700に納経所が開いたので早速ご朱印をいただきますが、
その際に62番納経所についての説明を丁寧に受けました。

スタンプラリーのおじさん、納経所の人に
「おまいりはされましたか?」
「お、おぉ、おぉ」
嘘つけ!

問題の62番礼拝所に行ってみました。
プレハブの建物で、
中には真新しい十一面観世音菩薩さまがお大師様とおられました。
he7-10b-03.jpg
「62番にはもう行かれましたか?」
「はい。先日貰いました」
ご朱印を半紙に書いたのを頂き、
「これを上から貼ってください」
「はははい」
ご朱印と御影、記念の名刺ケースをいただきました。
he7-10b-04.jpg

この納経所問題、なんとかならないかなあ~。

讃岐街道を東に進み、次の吉祥寺を目指します。
吉祥寺へ向かう道の途中に番外霊場「水大師堂」がありました。
he7-10b-05.jpg
地元の人達の水場として、昔から大切にされている所のようです。
伊予三芳にある「臼井のご来迎」と同じような雰囲気ですね。
わしもお水を1杯頂きました。

0830
63番 吉祥寺着
s-63番吉祥寺

だいぶんと予定よりも早いなあ。
この分だと時間が余るなあ・・・と考えつつ
お勤めします。
早くも境内には車遍路さんや歩き遍路さんが集まってきています。
本堂でスマホを見ながらお勤めしている人がいました。
スマホの画面に般若心経が表示されているようです。

なあああるほどおおおお。
こういうのもありかもね。
昔は木簡、そして紙、いまは電子媒体
将来はどうなるんでしょうね。

今回最後の札所、前神寺に向かう途中、
バス停のベンチにこんなのがありました。面白いね~。
he7-10b-07.jpg
いかにもお四国らしいです。

he7-10b-08.jpg
石鎚神社の大きな鳥居が見えてきました。
あと少し。
喪中の身なれば、遥拝だけで勘弁させていただきましょう。
「お遍路さん、持っていきんさい」
おばあさんから声がかかりました。
「これは何ですか?」
「甘夏やよ。お大師様へのお供えやからたんと持って行き」
「あ、いえ。ふたつで結構です。ありがとうございます!」
he7-10b-09.jpg
大きな甘夏をかかえて歩いて行くと、

0923
64番 前神寺着
he7-10b-10.jpg
門前の紫蘭(シラン)の花が綺麗ですね。
お墓の入り口には職業遍路の老人が座り込んで喜捨を求めています。

前神寺の境内に入ったら、車椅子の子がいました。
子といいながらも、20代くらいかな?
(ああ、あの子に錦の札を・・・)
とっさにそう頭に浮かびましたが、すぐには行動できませんでした。

he7-10b-11.jpg
今の季節、わしの好きなシャガの花が咲いています。
シャガんで撮るといいアングルで写真が撮れます。

本堂へ行ってお勤めしようとしたら
親子三代の参拝者の方がいて、皆お賽銭を投げ入れています。
お婆ちゃんも、お父さんお母さんもです。
高校生くらいの男の子に、そっと
「お賽銭はね、投げずにそっと差し入れるんですよ。お金を投げつけられたら嫌でしょ?」
「あ?ああ、うん」
he7-10b-12.jpg

大師堂では、さっきの車椅子の子が待っていました。
先ほどの子のお兄ちゃんのようで、肢体が不自由のようです。
そう思ったら、迷わず錦の札を取り出して、
傍にいるおばあちゃんに
「これ、私が貰った錦札なんですけど、この子に貰ってもらえませんか?」
「あ、ありがとうございます。いいんですか?」
「ええ。わしなんかが持っているよりも、功徳があると思うんです」
本人の手に握らせてあげました。
彼の目がありがとうと言いました。

昨日泰山寺大師堂で貰った錦のお札は、わしの手の中で前神寺大師堂まで運ばれ
車椅子の子に渡りました。
おそらくお大師様が導いてくださったと考えます。
わしは普通ならば、納め札入れの上に置いてあれど錦札は取らないんです。
それに誰かに貰った錦札をあげる事もないんです。

大師堂ではさっきの高校生くらいの子が
お賽銭を、賽銭箱にそっと差し入れていました。
「よくできました!」
彼と目が合うとニコッと笑いました。

いつかわしも貰った人が有難いと思う、
幸せになるような錦札を持ちたいと願うのですが
このペースでお遍路しているとあと40年以上はかかるやろうなあ。

納経所を出たら、先ほどの職業遍路の事が気になる。
これまた無意識に、お接待で貰った缶コーヒー、甘夏、
それにお宿で貰った昼食をひとまとめにして、
そっくりあげてしまいました。

物乞いをしている職業遍路は普段は無視しているんやけどもなあ・・・


今日の前神寺は、わしにとって不思議な空間でした。


気分は上々!
足も痛まないし、「石鎚山駅」まで足取りも軽く行けました。
丁度7分後に観音寺行きが来ます。
5月の風を楽しみながら無人駅のホームで待ちます。
のんびりと列車がやってきます。
he7-10b-13.jpg

次の「伊予西条駅」で特急に乗り換えるのですが
1時間くらいあります。
しばらく駅前で時間を潰します。
世間は連休の真っ最中、駅前は家族連れで大賑わい。
何処に行くんでしょうね?
おまけに大陸の人達も沢山いて、ピッチュピッチュと賑やかです。

駅舎のパン屋さんでパンを買いこんできて
ホームでのんびりと食べましょうかね。
いい風がホームを渡る。ああ、旅情満点

今までにないほどゆったりとした旅ができたのは
前半車のお接待があったからです。
今治のWさん、ありがとうございました。


それに今回も素敵な出会いがありました。
お大師様ありがとうございました。

IMG_1112 のコピー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~🌃

お遍路お疲れさまでした。
ビジネス旅館小松さん、新築されたんですね。情報をありがとうございます。次回の楽しみにしています😊

No title

いつも伊予西条に泊まっているので、古いほうを知らないのですよ。ただ、綺麗な宿だなあ、という印象です。
連泊するとすき焼きとしゃぶしゃぶを交互に食べられるのか??
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード