おきらく歩き遍路ツアー第4回 46番浄瑠璃寺~51番石手寺 三坂峠下り

おきらく歩き遍路ツアー4
46番浄瑠璃寺~51番石手寺 三坂峠下り

he6-15a-00.jpg

平成28年11月5日
今年最後のおきらく歩き遍路ツアーは三坂峠を下り、
快晴の松山市内を楽しく歩きました。

今回の参加者は皆勤賞の東京からのAさん、
今治からのWさん。

Wさんは車で9巡廻っているのですが歩きは初めて。
勇気を振り絞って歩きに参加してくれました。
その一歩を踏み出すのって、
大変なエネルギーが要るものです。
おきらく歩き遍路が歩く契機になってもらいたいと考えています。

皆勤賞のAさんには行動中、
色々至らない点をサポートをしていただきました。
ありがとうございます。


11月5日(土)
0550
夜行バスは「JR松山駅前バス停」に着きます。
まだ夜は明けていない。
身支度をしてコーヒー飲んで落ち着いていると
リュックを背負ったAさんが来ました。
前日飛行機で松山入りしていたそうです。
すごい。
彼もまた重度のお四国病に感染しているのですね。

「おはようございます」
「おはようございます」
「寒いね~」

0630
久万高原行きのバスに乗り込み、三坂峠を目指します。
途中ジャージ姿の学生さんたちが大量に乗り込んできましたが
運動公園でドッと降りて行きました。
バスの車内は久万高原に行く人が数人
杖を持ったお遍路さんもちらほらいます。

Aさんとお遍路の四方山話をしているうちに
あっという間に「三坂峠バス停」に着きました。

0730
下界よりも気温が3~4℃は低いなあ。
Aさんのお握りを持つ手がガタガタ震えています。
he6-15a-01.jpg

お腹もできたことだし、
装備を再点検して、さあ出発!
ここから坂本屋まで約1時間
he6-15a-02.jpg

三坂峠の道は綺麗に整備されていて、とても歩きやすいです。
地元の人達が大切にしているのですね。
岩が露出している場所は滑りやすくて危ないのですが
今日は苔が湿っていないので安全です。
雪が積もっているときは危なかったなあ。

こんなに順調でいいの?
と思うほど快調に下り道は続きます。
あっという間に王子社跡の東屋に着くと、
もう少しで坂本屋さんです。
向こうから逆打ちのお遍路さんが上がってきました。
御刀自様の一人旅です。
「おはようございます!」
「おはようございます!」
この坂を登るのは大変でしょうね。

里の匂いが濃くなってきました。
秋はまだ深まっていないのですが、
秋の山里はいい景色ですねええええ。

0828
坂本屋着
まだ開いていないかなあ・・・・
he6-15a-03.jpg
おおっ
開店準備中です!
長老のFおかあさんが雨戸を開けていましたよ。
「おはようございます!」
「おはようございます。休んでいきませんか?」
「はい、ぜひ!」
お茶とお茶菓子をいただきました。
he6-15a-04.jpg
いつきてもここは、ほっとする場所です。
いつまでもいつまでもここにいたいなあ。

でも浄瑠璃寺でもう1人の参加者が待っているので、
後ろ髪引かれる思いで旅立ちます。

棚田を縫うような道を降りて行くと
網掛け石と大師堂が見えてきました。
さっそく本日最初のお参りをしましょう。
he6-15a-05.jpg
網掛け石、よく見ると溝に一円玉がたくさん供えてありますよ。
この岩は火山弾なのでしょうね。

1003
46番 浄瑠璃寺着
本日のもう1人の参加者、Wさんが今治から車で来て
待っているはず・・・
今日は久々に黄色い旗をリュックにくくりつけて目印にしています。
どこにいるかな?
he6-15a-06.jpg

本堂でのお勤めの後、お声がかかりました。
「こんにちは。はじめまして」
「今日はよろしくお願いします」
「こちらこそよろしくお願いします」
ここからおきらく3人旅の始まりです。
Wさんは車をここに置いて、夕方のバスで戻って来る予定です。

最初から車でお遍路すると
いつかは歩いてみたいと思ってはいても
なかなか一歩を踏み出す勇気が湧かないものです。
わしのおきらく歩き遍路ツアーは、
そういった方たちのお力になれれば、と始めたのです。

he6-15a-07.jpg
独りで黙々と歩くのもいいのですが、
みんなでワイワイ楽しく歩くのもいいもんです。
1km弱を歩くと


1043
47番 八坂寺着
he6-15a-08.jpg
「あっというまですね~!」
「楽しく歩いているからですよ」
今日は門前にニャンコはいるでしょうか?
いないなあ。
あ、納経所前で銀ネコちゃんが寝そべっていますよ。

まずはお勤めです。
9周廻っているWさんは家が真言宗で、勤行次第も滑らかです。
また、優れた先達さんから教えを得ていて
普礼真言から始めています。
わしはその姿にいたく感銘を受け、お教えを請うことに。

日帰り列車遍路の際に70番本山寺で見かけた先達さんの唱える
普礼真言に聞きほれていて、自分も唱えたいなあと思っていました。
今日ここで教えていただけたのはお大師様のお導きでしょうか。

また、今日は父親の二七日、義父の十三回忌なのです。
不埒なわしは参列せずお遍路に・・・
でもね、形ばかりの法要に参列するよりも
お遍路をすることが供養になりますよ、とも聞いたので
それを拠り代にして念入りに勤行します。

ご朱印を貰って出てくると、さっきの銀ネコちゃんがいました。
「こんにちは。お参りさせていただきました」
「ニャイ~ン」
わしの足元に擦り寄ってきました。
おお、眷属様は歓迎してくれているのですね。
「ありがとうございます」
「ニャイ~ン(ようお参りでしたニャ)」

門を出て遍路看板に沿って歩こうとしたら
もう1匹白ネコが来ました。
「こんにちは」
「ニャイ~ン」
またもわしの足元に擦り寄って来ました。
「ありがとうございます」
「ニャイ~ン(道中安全にニャ!)」
眷属様のお見送りを受けました。


1135
別格9番 文殊院着
おや、見慣れたお顔が見える・・・おお、
坂本屋メンバーの「門前の小僧」さん!
わざわざ御接待に来てくれています。
ありがとうございます!
he6-15a-09.jpg

お勤めが済んで、
鐘楼脇でお茶と坊ちゃん団子の御接待をいただきました。
車遍路のWさんにとっては
遍路道での御接待初体験です。
喜んでいただき、わしも嬉しい。
he6-15a-10.jpg

身も心もほっこりして、出発
途中には衛門三郎の8人の子供たちを祀った
「八つ塚」の標識があります。

「ちょっとこっちへ行って見ます?」
「遠くないですか?」
「いえいえ、すぐそこです」

やがてお地蔵さんを頂いた小ぶりの塚が見えてきました。
もともと古墳だったのが衛門三郎伝説と結びついたのでしょう。
車やバス遍路ではここまで来るのは稀でしょうね。

「わ~、すごい。初めて来ました!」
Wさんは興奮気味で、次々に現れる塚を数えています。

he6-15a-12.jpg
家と家との隙間にも塚があります。
わし、ここは知らなかったなあ。

he6-15a-11.jpg
田圃の中に塚が並ぶ景色は
一種独特の和みの雰囲気を醸しだしていて
いつまでもここにいたいという気持ちになります。


札始大師堂着
「ここの中で泊まる事ができるのですよ」
「え?お布団は?畳は?」
「いえいえ、この長いすの上で寝袋で寝るのです」
「へえええええ~」
「それに、ここのトイレが素晴らしいのですよ」



「歩きって楽しい~」

Wさんは歩きの楽しさに目覚めてくれました。
もともと石鎚山登山をされていたそうで、
歩き遍路をしないなんてもったいない!

出発前に子供さんに反対されていたんですって。
このペースならば1日に30kmは軽く歩けるでしょうね。
歩きの楽しさをお友達にも伝えてください。

そろそろお昼時になってきました。
どこかで食べましょうか。
うどん屋がありますよ。覗いてみたら・・・
行列が出来ている。ああ、こおりゃあかん。

ほか弁があるよ。
あそこでお弁当買って次の札所で食べましょうかね。
Wさんはお弁当を持ってきているので
わしとAさんはステーキ弁当と空揚げ弁当の大を頼みます。


1252
48番 西林寺着
he6-15a-13.jpg
「本当に川より低い所にあるんやねえ」
「無間地獄に落ちるか、落ちないか・・・」

ここでの勤行先達はWさんにやってもらいました。
Wさんも12月に先達研修会に出られるとか。
わしと同期ですね。
それに子年も一緒で千手観音様の御加護を頂いています。
でも彼女はお不動信仰に篤い方で、
不動霊場巡りをしているそうです。

そういえば、
お勤めの最中蝶々やカマキリ、それに鳥などが次々と顕れます。
どなたの御縁でしょうか?

he6-15a-14.jpg
ご朱印貰って休憩所でお昼にしましょう。
遠足みたいで楽しいですね。
「おやつは500円までです」
Wさんから善通寺のかたパンを頂きました。
硬くて腹持ちのいい携帯食ですね。

バリバリボリボリ
「え?こんなに硬いのにもう食べたの?」

浄土寺方向へ歩くと「遍路橋」があり、
その先に、先ほどの門前の小僧さんが待っていて、
文殊院で撮った記念写真でカレンダーを作ってくれていました。

さすがの早業ですねえ。
それに坂本屋の守り札も頂きました。
重ね重ねありがとうございます。
he6-15a-15.jpg

遍路道は街中に入り、交通量も多く危険度も増します。
横一列に並んで歩くことはできません。
踏み切りを越えたら山門が見えてきました。


1423
49番 浄土寺着
he6-15a-16.jpg
旅も後半になってくると疲れが出てきました。
「大丈夫、わしらも疲れてきていますよ」
「ああ、そうなんですか。私だけだと思った」
安心してください。
独りだと疲れても独りですが、
みんなで歩くと疲れは気になりません。
he6-15a-17.jpg

後半はわしが勤行の先達見習いです。
一生懸命覚えた普礼真言が、いざというときに出てきません(汗)
なんとかWさんのフォローで乗り切ることができました。

「さあ、あと2ヶ寺です」
「ああ、三坂峠から参加すればよかったわ」
「またの機会に!お四国は逃げはしません」
今治の人に四国は逃げない、とは言えませんね。


1506
50番 繁多寺着
「駐車場にアイスクリンの屋台があったら食べるぞ!」
「ええっ、いまの季節、そりゃないでしょう」
「あったら食べたい」
「そうですね」

駐車場には自家用車しかいませんでした。
残念!

he6-15a-18.jpg
本堂では、
またしても怪しい勤行次第を汗流しながらやりました。
拙い普礼真言は、大金剛輪陀羅尼でお詫びします。

he6-15a-19.jpg
ゴールまであと少し。
51番までの道は、歩道のほとんどない危険な道なのですが、
ふと見るとテプラで「遍路道」と貼ってあり、脇の路地へと導いています。
それも新しいよ。

細い路地を通リ抜け、この先はどこに行くのか迷っていたら
近くの家から、おじさんがミカンを持って出てきました。
「この先の二階建ての家の裏を左に曲がるといいよ」
彼は危険な遍路道を憂いて、安全な回り道をテプラで
示してくれている人でした。

まだ貼ったばかりなので、この先の案内表示はこれからです。
なんにせよありがたいことです。
松山市内でお大師様にであえました。

小高い墓地を通り過ぎたら51番石手寺まではもうすぐです。
山の上には大師像が見えてきました。

Wさんは「石手寺前バス停」から浄瑠璃時方面のバスに乗って
浄瑠璃寺駐車場に停めてある車で今治に帰ります。
バスは一日数本しかないので時間に余裕がなくなってきた・・・


1557
51番 石手寺着
やった~!ゴールです!
境内では、崔象喜(チェ・サンヒ)さんが待っていてくれました。
彼女が韓国で出版したお遍路本に、
わしがイラストを書いたご縁で今回ここでお会いして、
出版した本をいただきました。

he6-15a-20.jpg
今回最後のお勤めを万感の思いで、
しかし少し急ぎながら終えました。

Wさんに歩き遍路を楽しんでいただき、
やってよかったと自画自賛です。
バスに間に合うよう、Wさんは急いでバス停に向かいました。

わしはこの晩は石手寺の通夜堂のご厄介になります。
Aさんはこれから徳島まで移動して、
加茂谷のイベントに参加します。すごいエネルギーやね。

通夜堂を見てみたいというAさんと崔さんを連れて通夜堂へ。
あまりに奥まった古い建物なのに興味津々のようです。

彼らと別れ、ここからはわし独りの世界です。
今夜はここで寝るのですが、前回ほど怖くはないね。
札所の有名寺院に妖しいものはいないからです。

納経所の今日の宿泊名簿には外人さんのサインがありました。
そういえば入るときにすれ違ったなあ。風呂に行くのかな?
通夜堂内には外人さんの体臭が残り香として漂っていました。

布団を引っ張り出してきて、自分の陣地を作ったら
もう動きたくなくなってきましたよ。
外は暗い。
汗もかいたんですが、さほど気にならない。
えい、風呂は明日の朝にしましょう。

そうと決めたら買ってきたお弁当を広げ、
ウイスキーの小瓶を飲んだら寝ましょうかね。
he6-15a-21.jpg

1800
早すぎるかなあ・・・
布団にもぐりこんだら
前後不覚に眠りこけてしまいました。
夜中に外人さんが帰ってきた音がして、
衝立の向こうに行ったようです。
さぞわしのイビキの騒音に悩まされたでしょう。
合掌


11月6日(日)
やはり朝4時に目が覚めました。
まだ空は暗い。
おしっこに行きたい。
ヘッドライトを頭に付けて暗い階段をそろそろと降りてトイレに行きます。
でも気味が悪いとは感じませんね。

昨日汗をたくさんかいたし、
それにわしはお酒を飲むとトイレが遠くなるんですよ。
10時間ぶりの排泄です。爽快そのものですがな。

また暗い中を布団に戻って潜り込んでも
目が覚めてしまいにけり。
スマホの画面をながめながら5時半まで寝たり起きたり・・・
外が白んできた頃起き出して身支度を整え
布団を片付けて通夜堂から出ます。
お世話になりました。

道後温泉で朝風呂と洒落こみましょうかね。
途中のコンビニでコーヒーと肉まんを買って歩きながら食べる。

道後温泉本館は6時に開くんですが
観光客で一杯なので興ざめ・・・
ですからわしは椿湯に行くことにしています。
he6-15b-02.jpg

ここは地元の人が楽しむところなのです。
6時30分の開店までまだ少しあり、
お年寄りたちが集まってきてお喋りしながら待っています。

he6-15b-03.jpg
荷物は受付のフロアに置かせてもらえます。
お遍路さんや観光客のためですね。
でも貴重品は自分で持ちましょう。

みかん石鹸つき貸しタオルを借りて湯船に行くと、
さすがに空いています。
朝湯を楽しむお年寄りとしばし湯に浸かる・・・

湯から上がって脱衣場の体重計に乗ったら、
2kg減っていますよ!
果たしてこれは脱水状態なのか本当に減っているのか??

he6-15b-04.jpg
風呂上りに飲むジュースは格別ですねえええええ。

he6-15b-01.jpg
さっぱりした身体で歩く朝早い土産物街は人通りもまばらです。
路面電車の「道後温泉駅」のホームで
電車を待っていたら名前を呼ばれました。
おお、崔さんです。御縁があるなあ。

彼女は「JR松山駅」から高知県方面に行くそうです。
わしは大阪方面に帰ります。
路面電車の車内でも色々お話をしました。
「JR松山駅」に着いて切符を買うと、お互い30分以上時間があります。

「モーニングヲタベテイキマセンカ?」
「は、はははい」

ここでも色々とお話をしました。
やはり、面と向かってお話をしなければ人となりは分からないもんですね。
人づてに聞いた評判で判断してはならないと痛感しました。

0816発の特急で岡山まで行き、
新幹線に乗り換えて大阪に帰ってきました。
日曜日を移動だけに費やすのはもったいないなあ、
とは思うのですが、ゆったりとした気分で帰りの列車旅を楽しみたい。
1400に帰ってきて、お洗濯や後片付けをして過ごしました。


今回のおきらく歩き遍路ツアーも
小規模ながら大成功だったと考えます。
一人でもいいから歩き遍路の楽しさを体感してもらったから。
こういった事をこれからコツコツとやっていきたいと考えます。

この先更に、人間関係や企画段階で
色々な障害や問題も発生していくでしょうが
これすべてお大師様から与えられた仕事と考え
前向きにやっていきたいと考えております。
he6-15b-05.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 なんと午後4時石手寺着とは、皆さんの健脚に敬礼!
 Aさん、Wさんのご紹介ありがとうございまいした。
 さすがに繁多寺のアイスクリンオジさんはお休みでしたか(笑)

No title

ああ、アイスクリン、アイスクリンと唱えながら歩いたのですが残念です。
結構道草食いながら歩くと4時到着になりますね。

No title

一日間本当にお世話になりました。

すっかり歩き遍路に魅了されてしまいました。

又ご一緒できる日を楽しみにしております。

ありがとうございました。

No title

お大師さまに「歩け」と呼ばれたのでしょう。
またご縁が合えば歩きましょう。
それから、ハンドルネームでもいいから名前を記入してくださいね!
誰だかわからないですから・・・

こんにちは~🎵

はじめまして・・・でもないのですが、
今年5月2日に大興寺門前でお茶を差し上げたものです。
その時に綺麗な天女の納札と絵はがきをいただきました。ありがとうございます。
いつも楽しく拝見させていただいています。
私達もバス遍路から始まり、車少々の歩きで6巡目のお四国病患者です。いつか「おきらく歩き遍路」に参加させていただきたいと思います🎵よろしくお願いします。

No title

書き込みありがとうございます。
6巡目はどのあたりまで歩きましたか?
おきらく歩き遍路ツアー、いつでもご参加ください。
facebookで告知することが多いのですが、ブログからでも是非参加表明のメールをください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは~🌃

彼女(メアリーさんというのか・・)が御接待の袋を持っていたので
「おせったい?」
「Yes! It's OSETTAI!」
という会話をしたのが頭に残っていたのです。

来年のお正月に新米先達さんとして
新春おきらく歩き遍路1番~6番を企画しようかなと考えています。
成人の日のあたりの土曜日です。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード