おきらく鉄っちゃん遍路(通算6巡目)79番天皇寺、80番国分寺、83番一宮寺

おきらく鉄っちゃん遍路(通算6巡目)
79番天皇寺、80番国分寺、83番一宮寺


平成28年11月1日


実はいま忌中なのです。
父が10月末に90歳の大往生をしまして
12月初旬に49日法要を行います。
ですから忌中の間は神社の参拝が出来ません。

なぜか?
he6-14-01.jpg

昔から聞いて知っていたことと、文献などから勉強してみました。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
昔から喪中は神社の参拝は禁忌であると聞かされていました。
でも、調べてみたら忌中(49日)のことであり、死者を悼み、ひたすら精進
潔斎して供養に努めます。忌が明けてから13ヶ月間の喪中は慶事への参加を控
えて喪に服する。神社仏閣への参拝はかまわない。
だそうです。

神様にとって死は穢れで、仏様はそうではない。なぜ?と聞かれても、神様と
仏様は種類が違うからだとしか言えません。死者を仏弟子として迎えます。
高次元の精神世界には色々あるのです。

神様にとっては「血」⇒「死」⇒「黄泉の国」が穢れであり、黄泉の国が苦手で
あり、黄泉の国は波動が低いそうです。
昔は怪我=死であり、肉体の内部が露出する事態が死に繋がる事が多く、「血」
が死に直結し、女性の生理も穢れにつながるのだそうです。
「こんなの女性差別よ!」と言われるのですが、古代から言われてきた精神世界
の事は、たかだか100年くらいでは変革できないのでしょう。
将来神様のあり方も変わってくる可能性もあるかもしれません。しかし、人間が
神を変わらず敬っていけばの話ですが。

血のつながりの濃い肉親が亡くなると、人の周りに「喪」という物体が覆い、
背部には紐のようなパイプが付いていて、それは黄泉の国の入り口に繋がって
いるそうです。

神様にはそれが見えますので、とても嫌がり苦手とします。ですから喪を纏った
人が境内に来ると逃げていってしまいます。
また神様を守る眷族(けんぞく)達はとても怒り、
遠巻きにして怒っているのです。普段なら顕れる蛇や猫、蝶々などはいません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、79番天王寺高照院へ至る三輪鳥居をくぐる事ができるか?

前回、78番郷照寺のあと、天皇寺へ行く前に訃報が入り
急遽引き返したために行くことがかなわなかった札所を打つため
突撃日帰り鉄っちゃん遍路です。
これも定着してきたなあ。

こんなに慌しくお遍路をする必要はないとは思うのですが
どうしても11月中に6周目結願したいのです。
そう思い込んでいる自分なのです。

0508始発の列車に乗り、「なんば」~「新大阪」~「岡山」~「高松」
やってきました。
高松駅構内には「連絡船うどん」の店がある。
ああ、お腹すいた。食べようか食べまいか・・・

いやまず参拝が先です。
琴電「高松築港駅」まで歩いていき、
琴平行きに乗り「一宮駅」で降ります。
そこから歩いて700m
途中ご出家様に出会いました。
合掌してご挨拶
「おはようございます」
「おはようございます」
なんか縁起よさそう。

he6-14-02.jpg

0914
83番 一宮寺着
境内からは不動明王様の真言が朗々と響いてきます。
地元の人でしょうか。老人が一心不乱に唱えています。

その勢いにつられて
わしもいつもより大きめにお勤めしました。

忌中の気を纏っている自分を気にしながらの旅です。
さて、仏様はどう反応されるでしょうか・・・

案に相違して何もありません。
そもそもわしには霊感がないので尚更感じません。
しかし動物の姿をした眷属は顕れませんねええ。

もときた道を戻り「一宮駅」へ、そこから高松築港行きに乗り
「高松築港駅」へ、更に歩いて「JR高松駅」に行きます。
次乗る列車の時間まで15分ある。
he6-14-03.jpg

よし、気になっていた「連絡船うどん」を食べよう!
券売機で天ぷらうどん(並)500円を買い、
店内に入ると・・・
無愛想なオバハンが不機嫌そうな顔で無言で券を受け取り
無言で天ぷらうどんをドンと渡されました。
これじゃあ仮に味がよくっても美味しさ半減ですよ!
30秒で食べ終えて店を出ます。

he6-14-04.jpg
琴平行き普通列車は平日の昼だけあってガラガラです。
しばしの列車の旅を楽しむ。
クモハは素晴らしい・・・・。
車窓から見える松並木は国分寺でしょうか。

「国分駅」に到着
陸橋を渡って駅を出て道路沿いを歩くこと10分

1050
80番 讃岐国分寺着
he6-14-05.jpg
今日も境内の松の緑が鮮やかです。
駐車場には自家用車が溢れ、
お年寄りの車遍路さんたちが次々と境内に吸い込まれていきます。
広い境内には様々な仏さまが祀られており
ご挨拶に忙しいね。

線香の煙が染み付いている大師堂兼納経所で
お勤め、納経を済ませ、山門を出て駅へ。
he6-14-06.jpg
来るときに気になっていた沢山の幟は
11月5日に「讃岐国分寺史跡まつり」があるのですね。
たしかにここは史跡の宝庫のようです。
徳光さんのお遍路番組でも紹介されていましたよね。


he6-14-07.jpg
次の列車まで40分くらいあります。
季節はいきなり秋になってしまっています。
日陰に入ると寒い。
ホームのベンチで本を読みながら時間つぶしていると
向かいのホームに来たお遍路さんから
「すいません、坂出行きはどちらのホームですか?」
と声がかかりました。
「こちらですよ」
ここに限らず、どのホームが上りか下りか、
はっきり記載されていない所が多い。
松山や高知でも、あわてて陸橋を駆け上った経験が再三あります。

やって来たのは軽装の初老のお父さんです。
「どちらまで?」
「八十場までです」
もともと坂出出身の方で、いまは神戸に住んでいて
最近逆打ち区切り遍路を始めたそうで、
八十場からは昔を偲んで坂出まで歩いて行くそうです。

3駅目の「八十場駅」で降ります。
そこから5分歩くと鳥居が見えてきました。

1210
79番 天皇寺着
he6-14-08.jpg
さてこの三輪鳥居をくぐるべきか、脇から入るべきか。
一瞬逡巡した後、駐車場~納経所~本堂に行きました。
he6-14-09.jpg
白峯宮の方向を見ないように、足早に通り過ぎました。
霊感の全くないわしには何も感じられません。
これはいいことなのか、悪いことなのか。
いつも来る蝶々は顕れません。

慌てていたせいで、手水舎に行くのを忘れていて
蝋燭を着けかけで戻る。
さっさとお勤めを済ませて、さっさと納経所に行きます。
he6-14-10.jpg

どうも失礼しました。

これから八十場を経て坂出まで歩くおじさんと別れて
わしは「八十場駅」に行きます。
途中踏切の向こうから賑々しい持鈴の音が聞こえてきました。
ダンタイの御刀自様たちです。
センダツサンがいないなあ。
ノウキョウチョウの鞄を重そうに持つテンジョウインさんと
ガイドさんだけ。
テンジョウインさんがセンダツをするのかな?

30分駅で待ち、琴平行きに乗り込み、
「宇多津駅」で岡山行きに乗り換えて
「岡山駅」から新幹線で「新大阪駅」に帰りました。

天候にも恵まれ、順調に日帰り列車遍路は終わりました。
忌中の天皇寺参拝に際し、
突然の質問に対して丁寧に助言をくださった皆様
どうもありがとうございました。
he6-14-11.jpg


次は11月5日(土)
三坂峠下りで46番浄瑠璃寺~51番石手寺(通夜堂泊)の
おきらく歩き遍路ツアー4です。
当日参加も歓迎します。
he6-11b-04.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れさまでした。
11月中に6順結願目標は12/7への花道ですか?
どうぞ道中ご安全に!

11/5のこと、
 今月は12日と20日の当番となっていますので、月3回はムリかも知れません・・・、あしからず。
 到着の頃、お茶が沸いていたらいいのですが・・・ 

PS)
おやっさんの思い出
  >無愛想なオバハンが不機嫌そうな顔で無言で
   天ぷらうどんをドンと渡されました。
   これじゃあ仮に味がよくっても美味しさ半減ですよ!
某県某札所にて小僧の思い出 
 ★無愛想なオバハンが不機嫌そうにお納経帖をドンと返して
  これじゃあ、お大師様のご利益も半減ですよ。
  体験実話です、ページ汚してすみません。

No title

日帰り鉄道の旅って楽しいですね。
時間のたつのを忘れてしまいそうです。

坂本屋さんは、開店に間に合うように少し遅めに到着しようかなあ。

>無愛想なオバハンが不機嫌そうにお納経帖をドンと
スマホ操作に夢中の人ですかね・・・

何事も修行修行ですね。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード