おきらく歩き遍路(通算6巡目)71番弥谷寺~78番郷照寺

おきらく歩き遍路(通算6巡目)71番弥谷寺~78番郷照寺

平成28年10月22日、23日


he6-13a-00.jpg
今回は丸亀市内を歩きます。

10月21日(金)

仕事を終えてそのまま列車に飛び乗り、
南海本線~地下鉄御堂筋線~新幹線~瀬戸大橋線を乗り継ぎ
「観音寺駅」に着きました。

その日の午後、鳥取県を震源とした強い地震があり
山陽新幹線などに運行の遅れが生じていました。
チケット売り場は変更や払い戻しを受ける乗客でごった返し、
やってくるはずの列車は遅れ、
影響のないだろうと思っていた四国の列車も15分くらい遅れていました。

まあ今夜中に観音寺に着けばいいやと、
あまり焦ることもなく列車の旅を楽しみ
2130頃に「観音寺駅」に到着しました。
その晩のお宿はパークホテル観音寺
素泊りで5980円です。
今夜の夕食はコンビニ弁当ですがな。


10月22日(土)
「観音寺駅」から0518始発の列車に乗って「みの駅」まで行きます。
この季節は夜明け前なので、空は暗い。
he6-13a-01.jpg
0533「みの駅」に降り立ち、
今日は78番郷照寺まで行きます。
弥谷山を目指してまっすぐに歩いて行けば間違いないのですが
何せ街灯もない道です。
もしかして間違っている道だったらどうしよう?
暗い中で逆打ちなんてわしにはできないよ。

he6-13a-02.jpg
夜が白々と明けてきました。
「四国第七十一番弥谷寺」の石柱が見えてきました。
目的地は目の前の山かあああ。
「八丁目大師堂」で今回の旅の無事をお大師様にお願いします。
he6-13a-03.jpg

0630
71番 弥谷寺着
当然のことながら俳句茶屋は閉まっています。
でも中からは明かりが漏れてきているので
お店の人は起きているのでしょう。
he6-13a-04.jpg

朝早い境内は誰もいない。
長い石段をえっちらおっちら登ると、
やがて心を挫くような108段の階段が現れました。
左足付け根の痛みは、鎮痛剤を飲んで誤魔化しています。
he6-13a-05a.jpg


涼しい朝なのですが、既に汗が流れる。
見晴らしの良い本堂にたどり着いたら先客が2組いました。
歩いている時はそうでもないのですが、
じっと立ってお勤めする時、痛みが気になります。

he6-13a-05b.jpg
もと来た石段を下り、大師堂へ靴を脱いで上がる。
果たして正座は出来るか?
おっかなびっくり正座してみたら、なんとか大丈夫です。
ここは納経所の人に丸見えなので
いい加減なお勤めは出来ません。

次に奥之院である獅子の岩屋へ移動し、
そこでも正座してお勤めします。

he6-13a-06.jpg
奥之院納経帳にも御朱印をいただきました。
奥之院の御影はなく、そのかわりに紐を結んでくれました。
これ、何ていう名前なのでしょうか。

he6-13a-07.jpg
石段を下まで降りてきて
まっすぐ行くと歩き遍路道
石仏さんと遍路道の札が出迎えてくれます。
いかにも遍路道といった風情がいいねええええ。
歩むのは、自分ひとり
秋の朝早くの空気は気持ちがいいねえ。
he6-13a-08.jpg

he6-13a-09.jpg
やがて道は下界に出て、車の多い道路を横切り
我拝師山山麓へと向かう交差点脇に遍路休息所があるのですが、
新たにプレハブの建物があるよ。
he6-13a-10.jpg
中を覗いてみたら、宿泊も出来そうな内装になっています。
おおお、ここで泊まることができるなあ。
he6-13a-11.jpg
でも、職業遍路が住み着いたら、
例にもれず閉鎖の憂き目にあうのかなあ・・・

この頃から晴れていた空に雲がかかり始め、
雨がポツポツ落ちてきました。
今日は曇りのはずなんだけどもなあ・・・・

0830
73番 出釈迦寺着
he6-13a-12.jpg
境内には、見慣れた親子連れ歩き遍路さんがいる。
おや?
もももしや、横峰寺と、岡山からの列車で出会った人ですねええええ。
「こんにちは。また会いましたね!」
「あっ!本当ですね!」
3度目の出会いです。
he6-13a-13.jpg
岡山は児島の方で、
娘さんの休みに合わせて区切って歩いているそうです。
娘さんは看護師、お父さんは元陸上自衛官だそうです。
何重にもわしと重なる部分のある親子です。
この分だとまたどこかでお会いするでしょうね。
お大師様のお引き合わせに感謝しつつ、
わしは先へ進みます。

丁度この日は地元のお祭りのようで、揃いの衣装を着た人たちが集っています。
歩き遍路にうどんをお接待してくれるお店は、まだ開店していません。

0920
72番 曼荼羅寺着
he6-13a-14.jpg
境内にもお祭りの幟が立っています。
去年、無人販売ではイチジクが売っていたのですが
今日はミカンが置いてあります。
わし、イチジクの方が好きなんですよ。

納経を終える頃、雨足は益々速くなってきます。
必然的にポンチョのお世話になりますが
今の季節は蒸し暑くならないので有難いですね。
それに今回は平地ばかりなのです。

甲山寺へ至る遍路道では、標識を見失うことが多い。
今回もまた、自動車道から農道へと入る道の標識を見落としてしまいました。
このまま真っ直ぐ行くと善通寺裏の駐車場に出てしまう。
甲山寺の裏山を目指して田圃の中の道を進むと、
やがて遍路道に合流しました。
雨が降って雨着を着て、地図を取り出して見る余裕のない時は
道を失いがちですね。


1030
74番 甲山寺着
境内の休憩所には、先の札所で別れた親子のリュックが置かれている。
どこで追い越されたのだろうか。
わしが少し廻り道をしたせいか?
それとも彼らは順に72番、73番と廻ってきたせいか?

甲山寺を出ると、善通寺までの道路標識と遍路標識は別々の方角を示しています。
どちらを歩いても善通寺に着きますが
道路標識通りに行くと、駐車場の方に行ってしまいます。
前に大雨が降っていて判断力が低下し、道路標識の方に行ってしまいました。
今回は、しっかりと遍路標識通り進みます。

he6-13a-15.jpg
いつも看板だけ見ていて気になっていた「犬塚」
ちょっと行ってみましょうかね。
he6-13a-16.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
鎌倉時代の作で、四方に大日如来を表す梵字が刻まれています。
この塚には、弘法大師の義犬伝説があり、唐に留学していた弘法大師が天竺の国
に行った時、薬草を持ち出されないように、番犬を使って畑を管理していました。
弘法大師は、なかなか手に入らない薬草を何とか手に入れたいと、3粒の種を足
の股の肉を裂いてその中に隠して持ち帰ろうとしました。
ところが1匹の番犬がひどく吠え、問いつめられた弘法大師は盗んでないといい
通し、犬は番人に叩かれて死んでしまいます。かわいそうに思った弘法大師は犬
の死骸を持ち帰り、長安で真言の秘法を施して生き返らせます。薬草とともに犬
も一緒に帰国し、その後、死んだ犬を祀ったという話です。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お大師様と犬の伝説も多いですよね。


かたパンやさんの前には多くの人が群れています。
空いていたら、かたパンを買おうかなと思っていましたが
混んでいたのでやめ。
匂いだけを嗅いで我慢しましょう。

1100
75番 善通寺着
he6-13a-17.jpg
まずは左の建物の方に行き、ポンチョを脱いで本堂でお勤めをします。
さすがに観光地だけあって遍路ではないダンタイサンが
賑々しく歩いてきます。
参拝のお作法はなっちゃいないけれども
お寺に来て御本尊様とのご縁を結んだだけで
それはそれでいいことなんじゃないかな、
と思うようになりました。


納経を終えて善通寺の街に出ると幟が建っています。
ここでもお祭りか。
he6-13a-18.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
第19回善通寺空海まつり
平成28年11月3日(祝)
空海の父の命日に行われる奉賛行事と伝統芸能を合わせた祭り。
色鮮やかな幟や五色の緞帳(どんちょう)で飾られた境内で佐伯家先祖への
法要が行われ、のど自慢大会、演歌歌手の競演をはじめ、各地区の獅子舞など
郷土芸能が奉納される。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

前回金倉寺への遍路標識を見落としてしまい、
余計に歩いてしまったので
ここでは見落とさないようにしっかり遍路シールを見ながら歩きます。
そろそろお腹が空いてきたので、
金倉寺門前のお気に入りのうどん屋で昼食にしましょう。

そう決めたら
うどんのことで頭が一杯になり、お腹の虫も鳴りはじめました。
ああ、うどん、うどん。

1200
76番 金倉寺着
参拝の前に、うどん、うどん!

あれ?閉まっています。

ああっ

今日は「臨時休業」の案内が・・・

ああっ

すきっ腹を抱えてお勤めを済ませ、

では裏のうどん屋に行きましょうかね。
駐車場には車がいっぱい。
入口には並んでいるよ。

ああっ

ここも駄目だ。

どこかないかな?と周りを見渡したら
コンビニの看板がある。
そこで温かい肉まんとコーヒーでも


「店舗募集中」

でした。

ああっ

食べられないとなると、余計お腹がすいてきます。
えい、仕方がない。非常食で凌ぐか。
リュックから乾パンを取り出してポリポリ齧りながら歩きます。
水を飲まなくては乾パンは口が渇いて仕方がない。

一袋を食べ終える頃にはお腹が落着いてきましたがな。
更にお茶を飲めば更に膨張してお腹いっぱいになります。
おそるべし、乾パン。
he6-13a-19.jpg

傘をさした若者遍路に追い越されました。
杖は突いていません。菅笠も被っていない。
菅笠って結構便利なんですけどもね。

家田荘子さんの著書でも、1周目の歩き遍路さんは老いも若きも
「ダラッ」とした装束で、普段着やジャージに袖なし白衣が多く、
それが回数を重ねていくと上下白の衣装で、それも薄汚れている。
頭には手ぬぐいを巻いています。
と書かれていました。
確かにそのとおりですね。

さて道隆寺手前の民家で、
殊更に杖に着けた鈴をリンリンと鳴らしながら歩きます。
「おへんろさぁ~ん!」

声がかかりました!
今日もお地蔵様を頂きました。
もうすぐ六地蔵ができますね。

1350
77番 道隆寺着
he6-13a-20.jpg
休憩所には先程の傘をさした歩き遍路さんがいました。

「お地蔵さん貰いました?」
「・・・いえ?」

彼は杖を持っていないので気づかれなかったかな?
一日中お遍路さんの通るのを待っている訳にはいかないねえ。
杖の鈴とか錫杖の音が、気づいてもらえる確率を高めてくれるのでしょう。

ここから「多度津駅」まで1km戻り、
高松行きに乗り「宇多津駅」で降ります。
明日帰る列車の切符を買っておきましょうかね。
郷照寺へ向かう途中にお気に入りのうどん屋さんがあるのですが、
ここも長蛇の列・・・
今日はうどん屋さんには縁がないなあ。
何か街中が浮足立っているような気がします。
どうやらお祭りみたいですね。

he6-13a-21.jpg
産直市場で今夜の夕食を買い込み
郷照寺へと向かう途中、人出が急に増えてきました。
出店が賑々しく立ち並んでいます。
おお、やっぱりお祭りかあ。
he6-13a-22.jpg
小雨の降りしきる中、山車が出ています。
人ごみの中を縫うように歩き、


1530
79番 郷照寺着
he6-13a-23.jpg
雨は霧雨のような感じなので
雨着を着ることなくお勤めができます。
納経所には・・・綺麗なお姉さんはいない。
わしが納経を終わり、リュックをゴソゴソ整理していたら
彼女は奥から出てきましたがな。

ああっ

それはさておき

今日のお宿は善根宿「うたんぐら」
1600きっかりにお宿に着きました。
今夜はわしともう一人。
洗濯用洗剤の差し入れをしました。
外の通りではお囃子や掛け声が賑やかです。
町内の山車が通るたびに奉納を受け取りに来ます。
で、家にはたくさんの祝儀袋が用意されていました。

1730頃、もう一人の宿泊者が到着
早く着きすぎたので、荷物をお宿に預けて
天皇寺まで行ってきたそうです。

63歳の定年遍路さん。
彼は基本野宿、通夜堂、善根宿を利用していると言っていました。
野宿では疲れが溜まると言っていました。
若い野宿遍路さんと比べて年配の人は
たまには畳の上の布団で寝ることが必要なんでしょうな。

その晩は相部屋で眠りましたが
わしのイビキの威力が遺憾なく発揮されたかどうかは
定かではない。


10月23日(日)
0530に朝食をいただきます。
he6-13b-01.jpg
1000円の代金でこれだけの食事をいただけるのは有難し。
大飯をいただきました。

今日は「宇多津駅」から「国分駅」まで移動して
国分寺、天皇寺を打ってから帰る予定です。

同宿のオヤジさんも「国分駅」まで列車で行くので
2人で朝の宇多津の街を歩いて「宇多津駅」まで歩きます。
he6-13b-02.jpg
駅のホームで列車を待っていたら携帯電話が鳴りはじめました。
何かな?一抹の不安を感じつつ取ると・・

聞こえてきたのは妹の声

「あ、お兄ちゃん・・・お父さんがさっき亡くなった」

ええっ

岐阜県関市の父が8月に入院していたので、ある程度心構えしていたのですが
いざ現実になると、ちょっとうろたえてしまいます。
享年90歳



さて、どうしようか。
ここから予定通り国分寺まで行ってから帰るか、
すぐに帰るか・・・
5分悩んだ末、帰ることにしました。
せっかくのお連れができたのに残念ですが
ここでお別れです。

高松方面の列車に乗り、坂出から岡山行きに乗り換え
3時間かけて堺市まで戻り、部屋に荷物を放り投げ、

あらかじめ用意してあった葬儀用衣装一式を持ち
3時間かけて岐阜県関市の実家に帰りました。

そこからは
兄貴は喪主、わしは葬儀委員長
お通夜に葬儀、香典の整理などなど
怒涛の数日間でした。
葬儀と前後のレポートは書くべきか、書かないべきか・・・

he6-13b-03.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 合掌・・・

No title

ありがとうございます。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード