おきらく歩き遍路(通算6巡目)65番三角寺

おきらく歩き遍路(通算6巡目)65番三角寺

平成28年10月11日(火)

10月の3連休は仕事で身動きできませんでした。
連休明けに1日だけ休みがあったので、
迷うことなくお遍路に行きましょう!
he6-10a-02.jpg

クレイジーやね。
重度のお四国病やな。
もともとこういった休日には日帰りで西国、新西国巡礼に行っていましたんで
四国に行ってもなんら不思議はない。

朝0508始発に乗って出発!
外はまだ暗く、寒い。
上着を羽織る季節になりましたね。
0625新大阪で新幹線さくら鹿児島行きに乗ります。
もっちろん駅弁も買い込み、旅情満点
秋の彩のお弁当は見た目も綺麗で楽しいね。
he6-10a-01.jpg

さくら541号は快調に西へと進み、0715岡山に着きました。
0723発特急しおかぜに乗り換えて瀬戸内海を越えれば
そこはお四国

途中「児島駅」から乗ってきた
おじさんと、30台くらいの女性の親子2人連れ・・・
おや?先日「伊予西条駅前バス停」で横峰寺まで一緒に行った2人じゃない?
声をかけたら、向こうも覚えていました。
親子でお遍路、いいなあ。倉敷の人かな?
「今回はどこからですか?」
「雲辺寺からです」
「わしは今日は日帰りで三角寺です」
彼らは観音寺で降りていきました。
どういうコースなのかな?

途中の宇多津、観音寺で下車したい気持ちを抑えつつ
0841伊予三島駅に到着!

さてここで問題
「三角寺口バス停」行きの便は1101しかないよ。
それまで待つか、6km歩いて行くか・・・
これが土曜日ならば歩いて行くのですが、今日は平日の日帰り。
えい!
タクシーを使おう。
駅前のタクシー運ちゃんに
「あの~、三角寺までいくらかかるかのう?」
「2500円くらいかな?」
よし!
それくらいの出費なら大丈夫だ!

タクシーの運ちゃんが言うには、
四国の人は車遍路するときは日帰りが普通らしい。
ここ伊予三島からでも室戸岬は楽勝で日帰りだそうです。
なんと羨ましい事か。

0900
65番三角寺着
he6-10a-03.jpg
今日は平日なのでお年寄りの車遍路が多いね。
急な階段をえっちらおっちら登っております。

トイレ工事も順調に進んでいるようで、
完工が待ち遠しいっす。
he6-10a-04.jpg

he6-10a-05.jpg

本堂の脇に
「奥ノ院まで五十八丁」の案内があります。
三角寺奥ノ院・・・奥ノ院?
ああ、仙龍寺かあああああ。
he6-10a-07.jpg

ふと本堂から少し歩いたらそこに奥ノ院があるような錯覚になっていました。
そう、五十八丁歩かにゃならんのですね。
でも2時間くらいかな?
今度行って奥ノ院納経帳に御朱印貰おう。

護摩壇の近くの桜の花が咲いています。
「狂い咲きだ」
という声が聞こえてきました。
he6-10a-06.jpg

「狂い咲き」といいますが、
決して狂って咲いたわけではないのです。

以前読んだ桜守さんの話によると、
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
サクラの花芽は夏の間にでき、
葉から花芽に成長抑制物質(休眠ホルモン)が出て、
花芽を硬くして翌年の春まで咲かないようにしているのです。

それが
台風などによって落葉してしまった場合や、
害虫などに葉が食べられてしまい、成長抑制物質が花芽に送られない場合があり、
そこへ小春日和(秋から初冬にかけての、暖かく穏やかな晴天)
などの暖かい気候が訪れると、
眠りについていない花芽が春が来たと思い込んでしまい、
咲いてしまうのです。これが狂い咲きのメカニズムです。

秋に花開いた所には翌年の春に花はつきませんが、
全部の花芽が狂い咲きするわけではないので、
狂い咲きしたサクラでも翌春に花を楽しめるそうです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

御朱印をいただき、さあこれからどうするか。
まだまだ時間があるので次行くか??


やめておきましょう。
今日のうちに帰らなくてはならん。

駐車場には車遍路さんがたくさんいます。
ご馳走してもらおうか??
いや、やめておきましょう。
歩き遍路の自分がうずうずしています。
せめて帰り道くらいは歩こうよ。

そうと決めたらまず「三角寺口バス停」まで歩く。
バスの時間はないけど、とりあえず目安ね。
he6-10a-08.jpg

山道を歩くと、いい気持ちの風もふいて来ます。
歩き遍路にはいい季節になってきましたねえ。
できたら登りも歩いてきたかった。

椿堂に行く方面ではなく、伊予三島駅方面です。
いわゆる逆打ち。
道路の分岐点では
どっちへ行ったらいいのかな?
とりあえず降りの北方向に行けば問題なかろう。

道なりに歩いていったら、西へ西へと道は進んでいく。
スマホの地図アプリで見てみたら、
椿堂方面に流れて行ってしまっている。
あわてて軌道修正
細い農道を踏み分け国道方面に。
やっぱりわしにはギャクウチはまだまだ無理ですね。
he6-10a-09.jpg

三島川之江IC付近まで来ました。
ふと見ると
ミニ四国八十八箇所の石仏があります。
今度行く予定の天皇寺ですね。
he6-10a-10.jpg

大分迂回してしまいました。
三島をうろうろ歩きます。
できれば村松大師に行って関大尉の墓参をしたいと考えていたのですが
そんな余裕がない。余裕がないのは自分の心なんですけどもね。
日帰りという縛りが自分の心を縛っています。
ああ・・・開放されたいなあ。

でも途中、真言宗のお寺に出会えましたよ。
高野山真言宗 三皇山定蓮寺
とってもいい表情のお大師様が出迎えてくれました。
he6-10a-11.jpg

結局10kmくらい歩いてしまいました。
でも無駄ではない回り道だと思います。
道が賑やかになってきたと思ったら
三島神社が目の前に現れました。来週は三島神社のお祭だそうな。

「伊予三島駅」に着いたら
1151発の特急しおかぜ14号岡山行きが1番ホームで待っていました。
間に合わないかな?と思って
窓口で切符を買ってホームに駆け込んだら、
間に合いましたよ。

南無大師遍照金剛

汗かいたあああああ
座席にドカッと座ってお茶を一気飲みしたら
なくなってしまった。
車内販売もない。
あ~、喉渇いたなあ。

1310「岡山駅」着
駅弁を買って新幹線に乗り込む。
he6-10a-12.jpg
岡山から東行きの車両はいくらでもあるので、
自由席が空いていそうな「ひかり」に乗ります。

今日のお供の本は
「お遍路ガールズ」
he6-10a-13.jpg
自分探しの旅をするガールズの物語で
夢中になって読んでいたら新大阪にあっという間に着いてしまいました。
まだ読みかけなので、続きはまた今度・・・



最初にも書いたように
西国、新西国巡礼の際にも1日かけて遠方まで行っていました。
四国の東予、香川も日帰りをしようと思えば出来ます。
それが確認できました。
徳島や高知、南予は少し無理がありますが、それは土日で行けばいい。
予算的にはバスのほうが安いのですが
時間的には列車のほうが早い。

これからは日程と相談して
日帰り列車遍路も取り入れてみようかと考えています。
he6-10a-14.jpg
定蓮寺のお大師さま
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード