おきらく歩き遍路(通算6巡目)52番太山寺~53番円明寺

おきらく歩き遍路(通算6巡目)52番太山寺~53番円明寺

平成28年10月1日(土)、2日(日)


今回は実験を兼ねた旅になりました。
1:大阪から列車で愛媛、香川に入ること。
2:現地でレンタカーを借りること。

それに奥ノ院にも行ってきました。

10月1日(土)
0508南海の始発に乗り、地下鉄を乗り継ぎ「新大阪」へ。
0625の新幹線に乗り「岡山駅」で在来線のしおかぜに乗り換えて
瀬戸内海を越えます。
he6-9a-02.jpg
バスもいいけども、列車の旅って好きですね。
列車旅といえば、駅弁を忘れることは出来ないのです。
ああ、旅情満点
he6-9a-01.jpg
「宇多津駅」に着き、徳島行きの列車を切り離し
松山まで行きますが、途中
伊予三島、新居浜、伊予西条、今治など
心に響く駅名が続きます。
右には穏やかな瀬戸内の海が開け、
ああ、旅情満点

1005
「JR松山駅」着
he6-9a-03.jpg
駅前の1番バス乗り場「運転免許センター」行き1020に
乗ります。
車内は途中の病院に行くお年寄りが沢山いますね。
40分ほど乗ったら「片廻バス停」で降りる。460円なり。

500mほど歩くと一の門が見えてきます。
今日は晴れているけれども蒸し暑い。
更に行くと山門が見えてきて、
更に更に坂道を登り、見事な本堂までたどり着きました。

本堂前には般若心経が書かれた摩尼車があり、
一度回すと一回お経をあげたと同じ功徳があるとか。
でもそれ回したからといって、
本堂・大師堂でのお勤めを省略しないでね!
そこの車遍路のお父さん・・・

さて
奥ノ院案内によると52番太山寺奥ノ院は、
裏山にあると記されています。
しかし、どこをどうやって行ったらいいか・・・
お寺の人はいないかなあ
境内を物色していると、ちょうど地元の人がいました。

he6-9a-04.jpg

「あ、あの~、奥ノ院にはどう行ったらいいんじゃろう」
「ああ、ほら、大師堂のほうに上がって、右に行ったら登り道があるよ」
「おおっありがとうございます。あそこですね」
「ちょっと遠いよ」

のぞむところですがな!

he6-9a-05.jpg
本堂の裏手に登り口がある。
丸太の階段が延々と続いているが、人通りはない。
暑いし、湿気もあります。
he6-9a-06.jpg
ニョロニョロとしたものが出てこないように・・・
ストックをガサガサさせておっかなびっくり登り道を進みます。
he6-9a-07.jpg
道の途中、西国三十三ヶ所の写しがありました。
でもよく探さないと石仏が見えないよ。

he6-9a-08.jpg
峠に着いたら、松山観光港行きの道があります。
ここを下っていったら63番円明寺奥ノ院方面なんですが
一旦太山寺の納経所に戻って御朱印を頂かねばなりません。

かろうじて「奥ノ院」の表示があります。
更に行くとまた分岐があり「経ヶ森」に矢印があるのですが
こっちの方向でいいんでしょうね?
奥ノ院って、経ヶ森にあるんでしたっけ?

心の迷いを抱きつつ、急な山道を歩んでいると
目の前に小さな蝶が顕れ、道を示してくれるように前を飛んでいきます。
「おおっありがたや。この道で正しいのですね」
そう言うと、蝶は草むらに消えていきました。


1145
太山寺奥ノ院着

he6-9a-11.jpg
経ヶ森山の山頂に着くと、そこは岩がゴロゴロしている場所で
瀬戸内海が一望に出来ます。
やはり海のよく見える所が奥ノ院ですね。
he6-9a-10.jpg
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
豊後の国の眞野長者が船で高浜沖を通っているときに
難破しそうになったが、
日頃より篤く信仰していた十一面観音様に皆の無事を祈ると、
不思議なことに暗天の山頂より一筋の光明が輝き、
闇夜の海を照らし出し、
おかげで無事危難を逃れ船団を高浜の岸に寄せることが出来た。
後に山に上がって見ると、そこに小さな草堂があり、
一寸八分の十一面観音様が祀られていたのです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

he6-9a-09.jpg
観音さまの前でお勤めをしていたら、
黄色や紫色のアゲハ蝶が数匹わしの周りをひらひらと
舞っており、そよそよと風もふいてきました。

観音さまに「ようきたな」と迎えられたのでしょうか。
ありがたやああああああ。
以前はそういったことがあったかもしれないんですが
最近意識し始めたら幸せな気分になれます。

いい気持ちで、所によって急な坂道を注意しながら降りました。
幸い長い爬虫類も出現せず
無事に太山寺境内に戻り、
納経所で2冊の納経帳を出して御朱印を貰いました。

さあ次行こう!
下界の国道まで戻り、運転免許センターへの道を北進します。
この界隈には「100円自販機」が沢山あり、
思わず買いすぎてしまいます。
だって暑いんですもの。汗だらだらですがな。
500mlのコーラが100円で買えるんで
ガブガブ飲むとお腹がチャプチャプしてきます。

目標となる愛媛県運転免許センターに着きましたが
奥ノ院に至る道しるべがないですね。
前もってGoogleMAPで調べておいたので
he6-9a-12.jpg
ここから入るのかな?
he6-9a-13.jpg
そしてここで曲がる・・・
he6-9a-14.jpg
まっすぐに進んでいったら
ありましたよ。
こじんまりとした建物がありました。


1318
円明寺奥ノ院着

he6-9a-15.jpg

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
聖武天皇の勅願を受け、当初この地に圓明密寺が建立されたが、
戦国時代に戦火で焼失し、
元和10年(1624年)今の場所に円明寺が再建され、元の跡に
本尊として十一面観世音菩薩を祀る小堂が建てられたそうです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ここでもお勤めの際に紫色のアゲハチョウがひらひらと舞っていました。
なんとありがたいことか。
he6-9a-16.jpg

ここから円明寺まで約2km
田圃の中の道を歩いていると、
五穀豊穣を祈る円明寺のお札が建てられていました。
he6-9a-17.jpg

円明寺付近に行くと、地元の人達が
そろいのTシャツを着て賑やかに秋祭りの準備をしていましたよ。

1409
53番円明寺着

he6-9a-18.jpg
境内は何かの工事中でした。
わしの好きな手水場脇のススキも縛られていて風情がないなあ・・・
he6-9a-19.jpg

「伊予和気駅」に移動し、1449発の列車に乗り、
1457「松山駅」に着きました。

そういえばまだ昼食を食べていなかったなあ。
駅前にあるカレーショップに行こう。
ここのトルコライスが好きなんですが・・・あれ?ない。
では焼き豚卵カレーを食べましょう。
he6-9a-20.jpg
店の人に聞いてみたらトルコライスは期間限定なんですって。
だったら、また行けば食べられる機会もあるはず。

お腹もくちくなったので
今夜のお宿に行くことにしましょう。
駅前の某ビジネスホテルなんですが、
チェックインしようとフロントまで行ったら高校生の集団がいて
引率の先生がチェックインしていました。

長々と手続きしているのをじっと後ろに立って待っていたのですが
足が疲れていたので傍のソファーに座って待っていたのですが
引率の先生が去っても
フロントからは声がかからない。

ん?どうしたのかな?

しばらく待っていても何の声もかからないので
「もし、チェックインなんだけども!」
「え?さっきのダンタイサンだと思いました」
「姿格好を見たら違うのわかりません?」
このあとオバハンのフロント係は言い訳ばかり。
やっぱり安宿に泊まるのは問題ありかな?

ランドリーサービスもなく
近所のコインランドリーに汚れ物を抱えて
お洗濯をしてきました。

やはりお遍路さんはお遍路宿に泊まらなければ
いけませんね。


10月2日(日)
今日は久万高原の44番・45番に行くのですが
レンタカーを使ってみる実験をしました。
駅前にはレンタカーの店が3件ほどあります。
わしはあらかじめオ○ックスレンタカーをネット予約しておきました。
これですと、たとえば松山で借りて徳島で返すことも出来ます。
あまり趣味ではないのですが
高速遍路をやるならばレンタカーで出来るわけです。

まず、0730開店の駅のうどんやさんへ朝食を食べに行き、
肉つけうどんを食べましょう。
冷たいうどんに熱いおつゆをつけてすすりこむ。
he6-8c-01.jpg


0800
レンタカーGO!
久万高原への道を順調に進みます。
he6-8c-02.jpg
高度が高いので涼しいのかなと思いきや、
窓を開けると蒸し暑い空気が入ってきて、あわてて閉める。

0908
45番岩屋寺着
ああ、なんか、あっという間に着いてしまいました。
車で移動すると札所から札所までの移動でしか過ぎないので
遍路道の物語がない。
味気ないことこの上ありませんね。

he6-8c-03.jpg
駐車場で300円払って
本堂までの坂道階段を登るんですが、
この瞬間だけはお遍路しているなあと感じます。

he6-8c-04.jpg
ここの参道ばかりは
歩きもバスも車もお遍路さんは歩かねばなりません。
汗をかきかき本堂に至ります。
he6-8c-05.jpg

汗をタラタラ流しながらお勤めしていたら
大師堂の脇から涼しい風が吹いてきました。
お大師様、ありがとうございます。

汗をかいた後は門前のお店でラムネをいただきましょう。
あぁ~おいしいなあ。
店内には錦の納札が沢山沢山飾られていました。


44番大宝寺着
本堂脇の駐車場は狭く、それに日曜なので満杯
わしの脇ではタクシー先達さんが老夫婦を連れてお勤めをしていました。

納経所の女性は、
相変わらずスマホをいじくりながらお仕事をされていました。

さああああ、これで今回の予定は終わり!
松山駅前まで戻りましょうかね。
カーナビによると、松山市内は渋滞と言っていますが
大した渋滞ではないので、順調に戻ることが出来ました。

1220発の特急しおかぜに乗って岡山まで行き
そこから新幹線に乗って1618新大阪に帰りました。
もっちろん旅のお供の駅弁を松山駅で買い、
旅情満点ですがな。
he6-8c-06.jpg

今回の実験は
今住んでいる堺市から始発で四国に午前中に進出する際には、
愛媛(東予)と香川が丁度の位置かなあと思います。
確かに高速バスの方が安いけれども
列車のほうが早く着く。

今までは高速バス(夜行)ばかりを使ってきたが
仕事の都合で、列車を使ったほうが便利なときもあります。

また、列車を使っての日帰り遍路も可能で、
今度やってみようと思います。

また、レンタカーもありかな?と思うのですが
車遍路の違和感もぬぐいきれないので
これまたケースバイケースですね。
he6-8c-07.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード