読書感想文2016年5月

読書感想文2016年5月


久々に読書感想文です。


51hJbR1q4vL.jpg
「島へ免許を取りに行く」
星野博美

40歳を超えた作者が長崎県の五島にある島で合宿免許場で
悪戦苦闘しながら教習を受ける物語です。
この物語の最終目的は「免許を取る」という
明確な目標に向かって進むので、結末は解っているのですが
そのプロセスを楽しむ物語なのです。
目的が簡単に得られては物語にはならない。

若い頃ならばともかく、
歳をとった人ならば
自分の自覚とは別に、反射神経は衰え
記憶力も減退し、
その分意固地になり頑固になる。

こういった自分自身との戦いなんですね。
作者の力量によって読者を飽きさせることなく、
物語に没入させてくれます。

それに、自分自身の教習中の追体験を知らず知らずのうちにしている。
「あ、こういうこともあったなあ」
「うんうん、わかるわかる」
読んでいて思わずニヤリと笑ったり
辛かった思い出も蘇ってきます。

確かに車に乗ると視点、思考回路も変わる。
この変化にまず頭を切り替えなくてはならない。
それをするのが第一歩なんですね。

また、自動車は人間の能力を超えた存在なので
いちいち原理を理解しようとしていては
前に進めないこともある。
「これは、こうなんだ」
と割り切らなくてはいけない。

若い頃はわりあい頭が軟らかいので
すんなり受け入れられますが
頭が固くなってきた年齢だと大変でしょうね。

常に新しいことにチャレンジすることは
脳が活性化されていいことです。
でも、それに踏み出すきっかけや勇気、気力を振り絞るのは
大変なんですけどもね。
作者はそれをやってのけたのはすごい。
わしも見習わなければ。




41BI65ItFQL.jpg
「翼はいつまでも」

川上健一
この作者の書く青春小説には、いつも惹きつけられます。
決して若い頃に書いた物語ではないのに
若者の躍動感に満ち溢れています。
いったいどうやってこの気持ちを引き出したんでしょうか?

ビートルズ黎明期の田舎の中学生が主人公です。
このころの先生といったら
自分たちの価値観を子供たちに押し付けるのが仕事なんじゃないかと
思ったくらい上から目線でしたね。
深夜放送を聴くのは不良だ。
ギターをやるのは不良だ。
不純異性交遊はいけない!
大人は自分たちの理解の範疇を超えるのはすべて否定していましたね。

でも中学生は、ちょうど大人からの押し付けに対して
反発を覚えながらも、
しかし自分の無力さも感じているので
自分たちの世界の中で悩んだり反発したり
ささやかな発見に興奮したりしている年代でしたね。

現代のように情報が氾濫していないので
限られた世界のことしか知らない。
それが世界の全てでした。

親に内緒の一人旅っていうのは大冒険ですね。
何もなくても、何もおきなくても得るものも多かった。

不幸(?)なことにわしの父親は中学校の校長でした。
息子たちの上に君臨していましたね。
あれダメこれダメ、何でもダメだった思い出があります。
そのダメだったことを、
大人になってから取り戻した事の何と多かったことか。
でも少年時代に経験しなくては
その瑞々しさは得られないでしょうね。

作者の川上健一氏は、
若い頃体験できたんでしょうか。
いい歳こいたオヤジが
読んでいてワクワクするような、
物語が終わって欲しくない気持ちにさせられたんですから。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード