新西国霊場巡拝(その5)

新西国霊場巡拝(その5)
s-ns5-01.jpg
平成二十八年四月二十一日

【神戸編】

摩耶山には過去
2度行く手を阻まれてしまいました。

神戸三宮から18系統の循環バスに乗って
「摩耶ケーブル下駅」まで行くんですが
最初は火曜日に行きました。
そしたら火曜日は休業日
おまけに雨も降っていました。

次の機会は木曜日に行ってみました。
すると、強風で運行休止
桜の花びらも散りに散って、またしても雨

ああ、つくづく摩耶山には縁がないなあ・・・


3度目の正直の本日は午後から強い雨だそうです。
ああっ
またあかんかなあ。
ns5-02.jpg

朝イチでケーブルカー乗り場に行きました。
チケット売り場の窓口で
「なるべくお早く戻ってきてきださいね」
「えっ?すすすると午後から運休になる可能性もあり?」
「そうなるかもわからないです」
「わかりました。ではダッシュでお参りしてきます」

ns5-03.jpg
雨の平日、乗客はほとんどいない。
眼下の景色は雨に煙っています。
ケーブルカーに乗ること5分
「虹の駅」でロープウェーに乗り換える。
「星の駅」まで5分
雨もそれほどひどくはない。
よし、この調子ならば大丈夫だ!

ns5-04.jpg
さすがに摩耶山頂は気温が若干低く、寒く感じます。
ここは日本三大夜景のデートスポットだそうです。
小雨降る平日の昼間から歩いている酔狂人は、わしひとり。

舗装された道を500mくらい歩いたら、
おお
二十二番 摩耶山 天上寺
ns5-05.jpg
ついにやって来ました。
感慨もひとしおですなあああ。

おお、やっぱりあった
「軍艦摩耶之碑」
確か「火垂るの墓」の少年の父親は重巡摩耶の艦長だったか。
ns5-06.jpg

通称「女人高野・仏母の寺」で、
妊婦の安産祈願・腹帯授与をわが国では初めて行った所だそうです。
高野山真言宗のお寺なので勤行次第はいつものとおり。
ns5-07.jpg

「中に入れます」と書かれていますが
どこから入るのかな?
朝も早いので戸は閉められている。
靴を脱いで回廊をひとまわり・・・
多分ここだろうなあと思う戸をそっと開けて中に入ると
御本尊は十一面観世音菩薩様、
御前立の7体の観音様たちが
圧巻の美しさで迎えてくれました。

写真を撮れないので目に焼き付けましょう。
また、須弥壇の裏には四国八十八箇所のお砂ふみがあり、
有難く廻らせていただきました。

「雨の中ようお参りです」
納経所で言われて、来てよかったああと思います。
高い山の上にある寺院は、
山全体がパワースポットだと思います。
身体に精気がみなぎるような気がしますがな。

満足してロープウエー駅に帰ると、
賑やかな声が聞こえてきます。
ジャージを着た中学生の集団です。
遠足かな?みんな雨着を着ています。
せっかくの遠足なのに雨ですねえ。

「星の駅」「虹の駅」、
途中のロープウエー・ケーブルカーには
中学生たちが満載です。
午後から雨がひどくなって運休になったら
帰りはどうするのかなあと
余計な心配をしていました。

バスの乗り継ぎも順調で三宮まで戻ってきました。
今は1100
まだ行けるなあ。
よし次行こう!

神戸市営地下鉄海岸線に乗って「中央市場前」で降りる。
雨の降る中300m歩いたら
右手に大仏様が見えました。

二十三番 宝積山 能福寺
天台宗寺院です。
それに平清盛公菩提所なんだそうです。
そうか、神戸(福原)は平家ゆかりの港町ですねえ。
ns5-08.jpg

大きな大仏様は戦時中金属の供出の為に出征されて
今あるのは戦後に再建されたものだそうです。

それに平相国廟もありますよ。
ns5-10.jpg

ns5-09.jpg
足元の石畳には雨水が溜まって池のようです。
今日はトレッキングシューズを履いてきたので大丈夫なんですが
風も吹いていて折り畳み傘がおちょこになりそうです。

まだまだ時間があるよ。次に行こう!
西へ500m歩き、「JR兵庫駅」へ行く。
ここから明石行の普通列車に乗り「須磨駅」で降ります。
目の前に須磨の海が広がる。
須磨駅は海岸のすぐ側なんですねえええ。

駅舎内にコロッケ屋さんがあって
揚げたてアツアツのコロッケとメンチカツを買って食べながら歩く。
傘さしながら歩き食べしていたら
手が油だらけになっちまったよ。
s-コロッケ


二十四番 上野山 須磨寺着
ここはやはり源平合戦と縁の深い場所だそうです。
「一の谷の戦に敗れし平家の公達あわれ・・・」
の小学校唱歌「青葉の笛」にもありますね。
無冠の大夫敦盛と熊谷直実の銅像も建っています。
ns5-11.jpg

雨が降っているのに境内には
次々と参詣者が訪れてきて、熱心にお参りしています。

わしが知らなかっただけで、
ここは有名なところなんでしょうね。
新西国札所巡礼を始めなければ訪れもしなかったかもしれません。
弘法大師、伝教大師、役小角、聖徳太子様々たちの
お導きなんでしょう。

ns5-12.jpg
本堂の横には立派な大師堂があり、
綺麗な白いお大師様が照明に照らされて更に神々しく見えます。
雨以外の天気の日に参詣したいところですね。

ここで本日の新西国巡礼は終了しました。
今日は雨ながら3か所を廻ることができました。
いつも思うのですが
寺院の建つ場所はパワースポットが多く
力を頂いて元気を分けてもらいました。
また明日から頑張れます。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード