お互い干渉するなかれ

四国遍路をして描いた絵に、
自分の想う言葉を載せています。
借りてきた言葉でなく、自分の想った言葉

ひとりよがりかなあと感じる時もありますが、
書いた時の気持ちを大切にしたいと思っています。
s-61番香園寺 のコピー

「お遍路は、歩きでなくてはいけない!」

「車は邪道だ」

「昔は車なんてなかったから歩くしかなかった。今は車を使うのが正しい」


時々こんなことが聴こえてきます
お互いを意識していたり、
引け目を感じていたり
優越感を感じているせいでしょう。

民宿の夕食の際に、歩きと車の人は話がかみ合わず
自然と離れてしまいます。
みんな一緒に楽しく喋れないかなあ。

別に歩きでも車でもバスツアーでもいいじゃん。
自分がいかに真摯にお四国と向き合うかです。
s-77番道隆寺 のコピー

歩きでも碌にお勤めしない人もいれば
車でも見習いたいような素晴らしい人もいます。
バスツアーの人達の真剣な祈りの姿勢
s-88番大窪寺 のコピー

してはいけないのは、
お互いに干渉しあうことです。
歩きと車は別物と考えたほうがいいのでしょう。

ですから、干渉しあう事自体ナンセンスだと思います。

車で百回廻って錦の札を切っている人

錦の札を貰った人が
「ありがたい」と
思えばそれでいいのだと教えられました。
これこそが般若心経のとらわれない心だと思いますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード