わしは鉄っちゃん

01鉄っちゃん

わしは鉄っちゃんです。
どんなかというと、
「線路を見るのが好き」な鉄っちゃんです。

子供の頃住んでいた、
岐阜県の山奥の村には線路はありませんでした。
山を越えて隣の美濃市とか関市に行くとき、

道路沿いに国鉄越美南線とか名鉄美濃町線の
線路が見えてきたら大興奮!
兄と車窓から顔を出して
「大発明だ!」
と意味不明の符牒を叫んで見え隠れする軌道を
一心不乱に見続けていました。
03海部行き

名鉄が岐阜市内に入って路面電車として道路と一体化すると
興奮はMAXで、
世の中にこれほど魅力的な造形はない、と
うっとりしながら見つめていました。
ただひたすら、線路を見つめて満足です。

幼い胸に、村には存在しない鉄道が、
非日常的な存在として
深く刻み込まれていたのでしょうね。

岐阜市内にある
蒸気機関車の操車場を見に連れて行ってもらいましたが、
不思議と興奮はありませんでした。
ターンテーブル上で回転する機関車を見ても、
「おおっ」と思いましたが心がときめきませんでした。
02E10.jpg

毎年お正月には、
西国三十三箇所結願寺の谷汲山華厳寺に初詣に行き、
その帰りに、岐阜市内の模型店に連れて行ってもらい
握りしめたお年玉で買ったのは
蒸気機関車のプラモデル
C-62とかE-10などです。
兄は9608やD-51を作っていました。
拙い出来栄えですが、機関車を見て満足はしましたが、
やはりどこまでも続く線路の魅力には勝てません。

時は過ぎ、兄は時刻表マニアになり、
時刻表を常に横に置き、
「旅と鉄道」を買ってきては読んでいました。
わしはミリタリー趣味が嵩じて
「COMBATマガジン」創刊号から買うようになっていました。

その頃は「鉄っちゃん」とか「オタク」という呼称は存在せず、
次第に鉄道から興味が薄れてきていましたが、
ふとした山中などでトロッコのレールを見つけると
心がときめいて、どこまでも線路の道を
辿って行きたい衝動を
抑えることができませんでした。

やがて山奥の村からちょっと開けた町に引っ越すことにより、
国鉄とか名鉄の電車が日常の風景になり、
子供のころの素直な感動は表に出てこなくなりました。


それから幾星霜

04海部駅

お遍路を初めて最初は、
ガチガチに歩きに拘り、
ひたすら歩くことにお遍路の存在意義を求めていましたし、
その自分を確認し、車遍路バス遍路を見下していました。
05唐浜駅2

歩きの二巡目にかかろうと思っていた時、
家田荘子さんの電車・バス「コラボ歩き遍路」の記事を見つけ、
天啓を受けたような気がしました。
歩くべきところは歩き、
利用できるところはバス・列車を使う。

これはいいねえ。
10宇和島新幹線

時間がたっぷりとある若者や定年後の人達に比べ
働いている人達は、休日を有効に使いたい。
もちろん、全部歩いてもいいよ。
列車に乗るなんて素敵じゃないですか。
11今治駅


四国にはローカル列車が多い。
第三セクターの鉄道も、路面電車もある。
小規模な鉄道会社は、
実に味わい深いねええええ。
12琴電長尾行き

楽しい、楽しいぞ!

鉄道はすばらしい。
13琴電志度線

特に松山市内でJRと伊予鉄が直角に交わる
「ダイヤモンドクロス」を観たとき、

「大発明や・・・」

と、無意識につぶやいていました。




06土佐くろしお鉄道デッキ
土佐くろしお鉄道のデッキ車両、本当はデッキに出て
はしゃぎたかった。

線路を見るだけでも楽しいのに、
乗り鉄も楽しいなあ。

07高知波川駅
ああ、鉄道はすばらしい。
キハはすばらしい。クモハはすばらしい。

鉄道で廻るお遍路もまた、すばらしい。

08平田駅
わしはこの幸せをかみしめながら
今日もお四国を廻るのです。
09平田から宿毛へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード