FC2ブログ

鯖街道2010いろいろ

2010a

みんなありがとう。鯖2010

京都駅に集う鯖街道キャンプウオークの仲間たち。
甘えん坊の君たち、思春期を迎えて戸惑う君たち、大人の存在がうるさく感じる君たち、
自分の進む道を探して悩む君たち、人生について悩む君たち、
そんな君たちと一緒に山を歩いて、川で遊んで、色々なことを語った時間はひどく贅沢で、
そしてあっという間でした。

世の中では、今年の夏は例年にない猛暑で、各地では観測史上記録的な気温とか。
熱中症での死者は何人とか・・・鯖街道2010開催に当たって不安不安不安でした。

山の神様は子供たちを熱中症から守ってくれました。
その木立を広げて直射日光を遮り、葉からの放熱で気温を下げ、
心地よい風を送ってくれました。

リーダーは班員をきちんと見つめ、サブリーダーはそれを助け、年長者は年少者への
いたわりを忘れず、みんな見事な連係プレーで夏の暑いなかのウオークをやり遂げました。

誰一人として落伍者もなく、それにそれにみんな驚異的なペースで目標を次々と達成していきました。
これはすごいことです。

それにひきかえ前々日に50歳になったばかりのオジサンは、気だけは若いつもりでも寄る年波には勝てず、
ただみんなに遅れまいと、全身汗汗汗で必死になってついていきました。

みんな完歩おめでとう!
みんなの人生の夏は今まっさかりです。
ひとりじゃできないことも、仲間がいれば何でもできます。
鯖街道の仲間といつまでも仲間でいてください。

スタッフの皆も仕事があるなか、無理をして都合をつけてくれて参加してくれてありがとう。
あんまりみんなが頑張ってくれるので、私はずっと幸せな失業状態でした。
報われることの少ない裏方を一生懸命やってくれてありがとう。

今年もみんなの笑顔が見られて幸せです。
来年は鯖街道ファイナルです。
みんなもうひと頑張りだ!


嬉しかったこと

「俺、おやっさんが親父だったらいいなあ、といつも思ってます!」
「おいおい、鯖街道の時のわしはほんの一部で、本当は人でなしの親父やよ」
「それでもいいっす!」
子供のまっすぐな言葉って心に沁みます。

2010b
去年わしの不注意でやけどをさせた子が今年も参加してくれたこと。そしてその子と
とても仲良しになれたこと。彼女に鵜の瀬で何度も水に落とされました。
顔をあわせて笑いあいました。


「俺、M医療技術大学の柔道整復士学部に行きます!」
「わしの子供たちがそこの看護学部に行っているよ。下宿先の斡旋ならまかせんかい!」
彼はスポーツトレーナーを目指しているそうです。
鯖街道医療スタッフがひとり増えそう。心強いなあ。


高専生が、大学の編入試験の結果、岐阜大学に行くこと。
わしはもともと岐阜県人なんで、岐阜の香りを胸いっぱい吸い込んで岐阜県のいいところを
たくさん見てきてほしいなあと思います。味噌カツもうみゃーでよ。


アクシデントでリーダー不在の班があり、初参加ながらリーダー代行をお願いした高3の子が
一生懸命にみんなの面倒をみてくれたこと。
鯖街道が何やらわからないのに、どこの道をどう歩いているのかわからないのに、
自分も辛いのに、頑張ってくれていました。
来年はリーダーで参加してください。

2010c
鯖親父さんも言っていましたが、リーダーが100点だったこと。
本当に色々計画をしてくれていました。
たとえ企画倒れでもいい。失敗してもいい。
大切なのはやってみること。
君たちってすばらしい。鯖街道の宝物です。


リピーターのみんながリーダーを支えてくれていたこと。
初日からなぜか班でまとまっていました。
仲良し同士で変につるんでいなくって、初参加の子をフォローしながら
リーダーがやりやすいように、サブリーダーのもと、きちんとまとまるように動いてくれていました。
それが自然なうごきでした。
君らも100点です。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード