突撃車遍路2015 別格結願編

突撃車遍路 別格結願編

「もしも愚者がみずから愚であると考えれば、
すなわち賢者である。
愚者でありながら、しかもみずから賢者だと思うものこそ、
愚者だと言われる」
(仏陀の言葉)


わしの基本はお気楽歩きなんですが
今回、行程の関係で車遍路をしました。
歩きと比べると人との出会いは少ないものの、
今回出会った人たちから自分の考えに影響を受けたことがありました。

その想いを述べるにあたり、
気分を害する方もおられるかもしれませんが
ご意見等がありましたらメールにて受け付けます。


八十八箇所3巡目の途中から別格の納経帳を求め、
別格七番出石寺から御朱印を貰って歩いたのですが、
行程の関係で取りこぼしがまだらに残ってしまった。

今回の行程は、廻った順に、
五番大善寺→四番鯖大師→三番慈眼寺→十七番神野寺(満濃池)
→十五番箸蔵寺→二十番太龍寺

そして

写真を撮っておきたかった四番大日寺、
時間があれば廻れる札所に行きます。






5月15日(金)
1630仕事が終わってレンタカーでGO!
この日は暑くて汗をかいていたが、
時間が惜しく軽くシャワーを浴びるのみで済ませました。
慣れない大阪市内の網の目のような高速道路をナビを頼りに神戸方面に向かう。
金曜の夕方でしたが渋滞もなく、明石大橋、瀬戸大橋を順調に進み、
2000頃に高速鳴門西PAに到着しました。
もう少し先へ進もうと思えばできるのですが、無理は禁物です。
be-01.jpg

トヨタアクアの後部座席を倒して布団を敷く。
小型車ながら、ちょっとした工夫で立派に寝られるようになるのです。

蒸し暑かったので窓を少し開けていたら、なにやら顔にポツポツあたる。
雨が降ってきたよ。
窓を閉め切ると暑い。パンツ一丁になって眠る。汗かいた~。

5月16日(土)
0300に目が覚める。
寝苦しいながら、6時間は眠れただろう。出発する。

小雨のぱらつく暗い高速道路を高知県は須崎を目指して走る。
無聊を慰めてくれるのはSDカードに入れてきた懐かしの歌謡曲
一緒に歌いながら運転すると眠気が覚めるね。

0600
須崎に到着しました。まだ雨はやまない。
早すぎて大善寺の駐車場にはロープが張られていたので
近くのファミレスで朝食を食べようかね。
be-02.jpg

0645
大善寺門前に行ったらロープは外され、車が一台停まっていました。
「おはようございます」
「おはようございます」
鳥取から来た先達さん。彼も車中泊だそうです。
霊場開創1200年記念のスタンプとカラー御影が5月21日まで、
というので無理して来たそうです。

わしが貰った別格のパンフには記念御影とスタンプは今年一杯と書いてあった。
でも、もしその通りでなかったらあと50年は手に入らないので
今廻っておいた方がいいんでしょうね。
彼も同意でした。

「リフト、登ったことあります?」
「いえ、一度乗ってみたいと思うのですが・・」
ここにあるリフト、高齢者や足の弱い人用だそうですが、
たまに乗って稼働させないと存続できなくなったり錆びついてしまうので
時々乗っているそうです。

be-03.jpg
大善寺の納経所は宿坊の方にあり、ちょっと判りにくい所にあるのですが
案内してくれました。
なるほどリフトへの入り口もある。

昨今の先達さんのあり方について貴重なご意見も頂きました。
それによると、不勉強の方々が多い。
お作法に眉をひそめるものも多い。
旅行社のアンケートの影響もあるが、それは問題ではない。

確かにそうなんですが、主催する旅行会社との兼ね合いもあるしね~。
その反面、不動教会や大師講の主催する巡礼ツアーには厳しいものを多く見かけました。
背景とするものの違いで先達さんの指導方法も変わってくるのでしょうか。

わしは最低のお作法を遵守してきちんとお祈りの気持ちさえ持っていれば
楽しく廻ればいいのではないか?
と最近思うようになってきました。

彼も土日で突撃別格巡りをするそうです。
お互いの安全を祈願し合い、東と西に別れました。


須崎から浦の内湾に沿って、
前から気になっていた「花山院廟」を訪れる。
西国三十三ヶ所中興の祖の花山法王由来の地だそうですが、
なぜここに?
be-04.jpg

土佐の記録「南路誌」によると
花山院の位牌を安置したお寺「春日山阿弥陀寺」があったが、
明治の初めに廃寺となった。
以降「花山神社」となって今日に至るそうです。
又裏山には「不入の森」の伝承もあり天皇陵とも伝わっているとか。
be-05.jpg

真念の「遍路指南書」に記録がある。
『此所をいづミといふ事 花山院離宮の御時 
天気たゝならずして 都のそら御なつかしく・・・』

青龍寺、清滝寺に寄りたい衝動を抑えつつ、
太平洋を右に見つつ桂浜、赤岡、安芸と室戸岬を目指す。
御蔵洞に立ち寄りたい衝動を抑えつつ、車は進む。
be-06.jpg
眠気覚ましのお供は、これ。

東洋大師の幟を左に見つつ、更に進むと
1158
四番鯖大師に到着
今日は午後から次第に雨が上がるはずですが
まだ雨は降り続いています。
菅笠をかぶって行けば凌げるでしょう。
be-07.jpg

日和佐では、薬王寺の瑜祇塔が見える。
平等寺、太龍寺への道標を見つめながら
さて次は慈眼寺
本当は歩いて登りたいところですが
今回は車で行きます。雨も上がり、気温も上がってきました。
山里の村を過ぎ、

1354
三番慈眼寺着
ここでは有名な「穴禅定」を体験したかったが
関所で門前払いを食らってしまいました。
ダイエットせにゃ!
be-08.jpg

ここのトイレを使わせていただく際に、目に飛び込んできた標語
札所に限らず味のある標語が時々あるね。
be-09.jpg

帰り道に灌頂の滝に寄りたかったが
時速20kmで前を走る枯葉マークの車遍路さんが
駐車場でウロウロし始め、イラチのわしは追い越し、滝には寄らずに
通り過ぎてしまいました。
勿体無い事したなあ~。

徳島市内を抜けると板野へ入る。
ここで大日寺へ寄る。
赤く塗られた門から本堂を望むアングルの写真を撮っておきたかったのです。
このアングルは門前の小僧さんのブログから啓示を受けました。
やはり写真は自分で撮らないとなあ。
be-10.jpg

この時点で1600
朝早くから運転しているので疲労が溜まっているなあ。
六番安楽寺付近の「御所湯」という温泉で汗を流し、夕食をいただきます。

今夜の野営地は、安楽寺前の駐車場
宿泊のダンタイさんの大型バス一台停まっているのみ。

ここは休息所が整備されていて野宿遍路さんもいる。
60くらいの方でちょっとお話をさせてもらいました。
野宿だけで14回廻っているそうです。
今後の参考のため、装備について色々教えて頂きました。

まず、杖
彼は椿の木を使っていました。
売っている杉材の金剛杖では強度が足りず、すぐに減ってしまう。
短いままだと山の降りの時に不便だ。確かにそう思う。
わしも富士登山の時の五尺の六角棒を使おうと考え始めていたところです。

彼によるとベテランの歩き遍路さんは赤錫杖を軽蔑しているそうです。
その反面、無色の錫杖持ちは尊敬されているそうです。
そういえば伊予北条で出会ったベテラン歩き遍路さんは無色の錫杖を持っておられたなあ。

でもね、赤錫杖さんでも尊敬に値する人は確実に居ますよ。
そう言おうと思ったが、やめました。

札所を廻るだけで朱印を貰うだけが目的ではだめだ、
信仰心を持ち続けなければ歩く意味はないと力説していました。
確かにそう思います。
ですから彼はバス遍路でも車遍路でも信仰心を持って廻ることに意味がある、
と言いたいのだそうです。

彼のこだわりは、十善戒を守る事。
殺生を戒めるために、
蚊取り線香は蚊を殺すので虫よけを使っていました。
ガスコンロを持ち歩き、自炊の食事も精進料理っぽかったですね。

宿泊は札所の通夜堂は利用せず、東屋などを使っていました。
なぜ?と聞いてみましたが明確な答えは得られませんでした。

むきになって歩かない、というのがポリシーのようでした。
確かに無理を重ねれば、それだけどこかにしわ寄せがきて身体を壊したり
行程に無理ができたりする。
だから悠々としています。托鉢はしていません。
でも、それって時間とお金の余裕がなければできないですね。

野宿で通し遍路を長くやると、
自然とこういった考えに至るのでしょうか。
わしにはまだこういった考えを持つには至りません。

なんにせよ羨ましい人です。

be-11.jpg

1900に布団にもぐりこんだら、
あっという間に眠りについてしまいました。


5月17日(日)
be-12.jpg
0430に目が覚めました。それまで眠りこけていたんですね。
見も心もすっきり。
朝食のパンを食べて、出発

0600
香川県仲多度郡の満濃町に到着
池の名前が町の名前になっているんですね。

be-13.jpg
朝の満濃池の景色を楽しみつつ
神野寺の方に歩いていきました。

門前に大型のワゴン車が停まり、ダンタイさんらしき人たちが
賑々しく降りてきました。
こんなところに車を停めたら他の人が来た時の邪魔ではないか?
近くに駐車場があるのだからそこに停めて歩いてくるべきではないか?
よく見たら派手な衣装を着た先達さんたちでした。
先達さんとは、お遍路さんを導く手本となるべき存在ではないでしょうか。

江田島教育を受けたわしには五省のひとつ、
「至誠に悖る勿かりしか」
の言葉が頭を駆け巡りました。

時間があるのでゆっくりとお勤めさせていただきました。
納経所が開くまでしばらく時間があったので、
付近を散策しながら朝の空気を楽しむ。

本堂にお母さんとおばあちゃんに連れられた7歳くらいの坊やが来ました。
坊やと目が合い、
「おはよう!」
「おはよう・・・」
「坊や、お参りするときはね、帽子を脱ぐんやよ」
「(祖母)あ、あすいません。脱ぐのよ!」
「は~~い」
「はい、よくできました!」

「ばあちゃん、どうやって拝むの?」
「ほら、これを読むのよ」
「な~む~、な~む~。ふたりのバアバの垂れ乳ふたつ・・・」
笑いをこらえるのに必死でした。
be-14.jpg

窓を開けて爽やかな空気を吸いながら
次へ向かう。
田舎の山道なので対向車もなく、快調快調
ついスピードが出る。

0710
箸蔵寺ロープウエー駅に着くが、8時発なのでまだ駐車場が空いていない。
路の端で待たせてもらう。
be-15.jpg

駐車場と乗り場が空いたので早速往復券を買う。
複数のダンタイさんや個人の方々が集まってくる。
わしはまだ若い(?)ので
ゴンドラ内では積極的に席に座るのは憚られるので立っている。

「至誠に悖る勿かりしか」
「言行に恥づる勿かりしか」

約4分眼下の景色を楽しむと、箸蔵寺に到着

門をくぐるとすぐに納経所があるが
本堂、大師堂は長い長い600段の石段を登っていく。
でも不思議と霊場の階段登りは疲れないような気がする。
あたりを包むパワーの影響でしょうか。
be-16.jpg

ここは金比羅宮の奥の院で、神仏混淆の寺院ですね。
さて金比羅大権現の前では、どう参拝するべきか?
真言が書いてあるが、神式でも構わないような気がします。

広い境内の向こうに御影堂を求めて歩く。

納経所でさっさと御朱印をいただき、
ロープウエーは15分おきに運行されていて、
乗客はわし一人で下界まで下る。
be-17.jpg


調子に乗って記念バッチをつけていたら
すっかり重くなってしまった輪袈裟
次回からは新しい輪袈裟を使います。
be-00.jpg


最後の別格結願を目指して高速道路を東に向けて走る。
脇町ICで降りて193号線を通り、夏子ダムから大龍寺へ至るルートは
道幅も程々にあり、安全なルートです。


さてICで降りて、高速道路気分の抜けきらない運転で国道を走っていたら・・
be-18.jpg

ひえ~~~~~
迂闊だった。
30kmオーバーで反則金15000円なり。
あ~あ。
6年後の叙勲に影響ありやなしや?多分その時までに記録が消滅するので
大丈夫とは思うんですが。
俗塵にまみれた想いが頭をよぎりまわる。

こここれは慢心しているわしに
お大師さまがお灸をすえられたのでしょう。
「至誠に悖る勿かりしか」
「言行に恥づる勿かりしか」
「気力に缺くる勿かりしか」
「努力に憾み勿かりしか」
「不精に亘る勿かりしか」

肯んじて警策を受けます。あ、警策は禅宗か。

1009
二十番 大瀧寺着
ここも神仏混淆の寺院で本尊は西照大権現です。
be-19.jpg
明治以前はこうした形態が日本各地にあったのでしょうね。
日本人の宗教観は「絶対こうでなくてはならない」という気持ちが薄く
それが日本の風土に合っていたように感じます。
結婚式は教会、初詣は神社、葬式は寺院
クリスマスやハロウイン、最近ではイースターも祝っていますよね。


まだ時間はある!
では4月はじめの一番~五番の続きを廻っておこう。
次回の歩き遍路は、焼山寺登りから始められるよう・・・
六番~十番まで廻ってみよう。
いま、お遍路シーズン真っ只中
ダンタイさんのバスが駐車場を埋め尽くす。
でも今日は急ぐ旅でもない。
境内を埋め尽くす読経の唱和や、うずたかく積み上げられた納経帳も
札所の風物として楽しもうと決めたら
不思議とスイスイ廻れました。
これも「空の心」ありかたひとつでしょうか。

十番切幡寺の門前は、車遍路で渋滞していた。
細い参道で離合しなければならないからだ。
いさぎよく土産物屋の駐車場に停めさせて貰い、そこから歩くことにした。
対向車からクラクションを鳴らされて悲壮な顔つきでバックしている
婦人の運転手を見ていると気の毒な気持ちになる。
ちょっと調べたら高速道路高架脇に抜け道があるのにね。

山門脇の駐車場には車が一杯駐車しているよ。
これじゃ渋滞するわけですな。
333段の階段を登っていると、老婦人と息子らしき人の二人連れがいる。
歳を聞いてみたら82歳だそうだ。
息子さんが定年で故郷に戻ってきたので
かねてから行きたかった四国遍路にきたそうだ。
そう嬉しそうに語る御刀自さまを見ていると
自分の母親もこうして連れてきてやらねばなあ、と思う。


今回の旅は、ここまで。
行程と日程の関係から車を使ったが、次回は歩こう。
時々鉄道やバスも使うが、これも旅のひとつです。









さてこれからの自分の進むべき路について
さまざまな迷いや邪念が湧き出てきた。
先達を目指して歩くべきか、
それともこのまま歩きを重ねるか。
四国に行きたい人たちを連れて行ってやりたい気持ちは強い。


四国を歩くうちに答えが見つかるだろうか。
自分自身、彼岸へ至る路は果てしなく遠いが、
いくらかでも認識を高めることができるだろうか。

最近読んだ「日常生活で仏になる方法」には
何も出家して厳しい修行を積まなければ悟りを得られない事はない
と示されてあった。
確かにそうです。むしろ在家で作務を通して修行をするほうが価値がある、
とも昔からいわれてきました。


碧眼録に示される公案は、さまざまな論法の形を示し、
修行者を大悟させるべくきっかけを与えている。
一休宗純は湖上で鴉の鳴き声を聞いて大悟したと言われる。
しかして寒山慧玄や華叟宗曇はまた別のきっかけで大悟しただろう。
「悟りを得る」≒「認識が深まる」
このための方法は何通りもあるだろう。
わしの場合、槍ヶ岳開山の播隆上人の記した
登山による禅定状態が認識力を高めてくれる方法になってくれることを
期待しつつ、山に登っている。
ですから山登りの行程は外す事はできない。

つい小難しいことを書いてしまいましたが
理屈は抜きにして
このままお気楽に歩いていけば
お大師様が路を指し示してくれるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

別格 結願編

おやっさん、
 いろいろあった様子の今回の突撃お遍路、
読ませて貰った私も勉強になりました。

 ・反則金\15000-は出費でしたね~
 ・松茸のツユ、傑作!
 

No title

理屈っぽくなってすいません。
ご意見があるかと戦々恐々としていますが、いまだありません。
出会いと出来事は必然と考え、それをこやしにしたいとおもいます。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード