FC2ブログ

高野山詣で(霊場開創1200年記念大法会)

「すこしの事にも、先達はあらまほしきことなり」
   徒然草(五十二段:仁和寺にある法師)

いまはネット社会で、とりあえず何でもネットで調べがつく。
でもネットに載っている事が正解とは限らないのが危ういところです。

he2-kouya00.jpg
遍路に限らず何か行動を起こす際の形・知識・作法等は
精通した先輩から後輩へと正しく受け継ぐのが間違いないと思う。
徒然草の昔から言われている。
「すこしの事にも、先達はあらまほしきことなり」
何事にもその道の先生や指導者はいてほしいものである、という意味です。

わしを含めてお遍路を始めたばかりの人は、
何がなんだかわからないまま一番霊山寺で右往左往している。

そんな人達に正しい作法、札所のいわれ、さらには遍路路の名所旧跡の紹介など、
お遍路さんたちが恙なく、しかも楽しく旅ができる導師としての役割を
先達さんは果たしている。

わしがお遍路を始めるにあたり、まずバスツアーに一度参加してみた。
そのときの先達さんは、年配の僧侶の方で
豊富な知識と経験で、多くのことを学ぶことができました。
わしの持つ先達さんのイメージは彼に負うところが大きい。



今回、近所に住む先達さんのお誘いを受け、
高野山に連れて行った貰いました。
道中、四国遍路に関して聞いてみたかった事とか、疑問に思っていたことに関して
丁寧に答えていただきました。
また、参拝に関するお作法や心構えに関しても
我流になりがちな事柄について細かく修正を加えていただきました。
こういった先達さんが傍にいると心強いものです。
また、ぶっちゃけた話もたくさんできて勉強にもなりました。


4月9日(木)
さて
南海堺駅付近で0800に待ち合わせ、
先達さんの車で一路高野山へと向かいました。
今日は平日なので朝のラッシュ以外は混んでいる様子もなく
高野山へ向かう路も土日のような混雑もありませんでした。

0940
2時間弱で高野山の玄関、大門に到着!
そこから普通乗用車の駐車できる駐車場を探しながら路を行く。
通りに面した駐車場は、ほとんど大型自動車用ですね。
しかし普通車用のも必ずある。
高野町役場奥の駐車場はガラガラでした。

南無大師遍照金剛

he2-kouya01.jpg
ここで装束を改め、いざ!

he2-kouya02.jpg
まずは金堂で行われている大法会へ。朗々とした般若心経の声が外まで聞こえてきます。
ちょうど午前の大法会が行われている最中で、運よく椅子席が空いていました。
この日は兵庫地区寺院報恩会の方々がされていて、
朗々と響き渡る般若心経の声明が心地よい。
掲げてある曼荼羅図を眺めていると不思議な感慨が浮かんでくる。

11時くらいに法会は終わり、ご本尊が特別開帳されているのを拝む。
写真撮影はご法度なのですが団体さんが撮ろうとして注意されている。

he2-kouya04.jpg
ここから大門のほうへ歩いていきました。
何度見ても大きい立派な門です。
赤く塗られているために膨張色効果で実際よりも大きく感じます。

he2-kouya03.jpg
赤い錫杖を持った先達さんと二人で町の中をズンズン歩いていると目立つのかなあ?
観光客からカメラをやたらと向けられる。
せめて写真撮るときには本人に断ってから写そうよ・・・。
たまに礼儀正しい外人さんから
「May I take a picture?」「OK!」
記念撮影会が始まります。
中国系の人かな?カメラマンを買って出てくれて、みんなでチ~ズ!
he2-kouya05.jpg

奥ノ院を歩いていてもカメラが向けられる。
もう慣れっこになりましたがな。
お大師様が休まれている奥ノ院の前で、
先達さんから礼拝の詳しい作法を教えていただきました。
印形を結ぶのは難しいですね。それよりも更に真言が難しい。
覚えるのに時間がかかりそうです。

今日は本当にいい天気で、それに気温も高く
歩くだけで汗をかいてしまいました。
でも寒いよりは格段にいい。
南無大師遍照金剛


帰りに仏具屋に寄り、かねてから欲しかったものを見に行きました。
まずは輪袈裟
札所の記念バッチをガチャガチャつけているせいか、端についている紐が
切れてしまっているのです。
さすがに高野山で開業している店だけあってピンはウン十万、キリはお手頃
しかし高野山の三つ巴紋が入っているやつばかりなので、
浄土真宗のわしとしては、ここでの購入は遠慮しておこうか。
he2-kouya07.jpg

次は塗香(ずこう)を買う。
横峯寺で団体の先達さんが、
お刀自様たちに急ぎ参拝するために使わせていたのが印象的でした。
そこでわしも欲しくなったわけです。

「どうせ買うのならば極上のを買う方がいいよ!」
と言ってくれるのですが
プロレタリアートのわしは、お値段と相談して
どうしてもそこそこのものを買ってしまう。
香入れと香を買ってレジで諭吉さんを一人さし出すと、
英世さんが菊の花と平等院鳳凰堂をわずかに従えて戻ってきました。

ま、この出費はいずれ必要な出費なので大丈夫です。


he2-kouya06.jpg
このほか裏通りの食堂とかコンビニ、
胡麻豆腐の有名店を教えてもらいました。


今回の旅にお誘いくださった先達さんに感謝です。


記念大法会が終わって落ち着いたら家内とまた来ようかね。
それよりも下から歩いて登ってもみたい。

高野山は、いろいろと楽しみがあっていいところです。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

高野山

おやっさん、
  いいお参りをされましたね~ 羨ましい限り。

 >諭吉さんを一人さし出すと、英世さんが菊の花と平等院鳳凰堂をわずかに従えて戻ってきました。
  いい買い物されましたね~(笑)。

 次回は是非とも慈尊院から町石道を歩いて下さい。

No title

早速のコメントありがとうございます。
車で行けば行くほど歩いて登りたい気分が湧きあがってきて困りものです。5月以降のお宿がすいてきたらいこうかな?
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード