FC2ブログ

突撃車遍路第3回 3日目 65番三角寺~80番国分寺

突撃車遍路第3回 3日目 65番三角寺~80番国分寺

不瞋恚(ふしんい)戒

6月10日(火)

65番札所 三角寺
http://www.88shikokuhenro.jp/ehime/65sankakuji/index.html
kh3-22.jpg
「ここは、弘法大師が三角の護摩壇を築いて護摩の秘法を修法されたという
ことにちなんでこの名がつけられたんやよ」
家内「ゴマってなに?」
う~ん、こういった基本的な質問は難しいなあ。


66番札所 雲辺寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/66unpenji/index.html
kh3-23.jpg
実はここへは車で上まで登ろうと思っていたのですが
車道通行止めの表示が無常にもされていました。
「しゃあない、ロープウエーで行こう」
1時間に3便出ているので行き来しやすい。
往復2000円なり。
ガイドさんが美人だった。

ここで団体さんと一緒になった。70~80台の御刀自様たち。
彼女らの買い物のすさまじさに見とれていた。
引率のお坊様が、どこかで見た顔だと思ったら、6番安楽寺宿坊の人だった。
安楽寺では巡礼ツアーも時々催しているそうです。
復路のケーブルカーで色々なお話をしました。
安楽寺巡礼ツアーのお誘いもついでに受けましたがな。


67番札所 大興寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/67daikoji/index.html
kh3-24.jpg
里にありながら森閑とした雰囲気の札所です。
「また階段を上がるのかいなああぁ」
「そうや。がんばんなさい」
今日は弥谷寺もあるしな・・・・


68番札所 神恵寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/68jinnein/index.html
69番札所 観音寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/69kannonji/index.html
kh3-25.jpg
「なぁんでこぉこは二箇所あるんや・・・」
「その縁起を説明してほしいか?」
「いらん」
「それよりも、先ほどの団体さんに巻き込まれたら納経所でちょっと面倒なんで
着いたらすぐに納経所にいくよ」
この提案にはすぐに乗ってきました。学習したようです。


70番札所 本山寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/70motoyamaji/index.html
kh3-26.jpg
「ここには五重の塔があるよね。八十八箇所で五重の塔があるのは
ここと、善通寺と、志度寺だけなんです」
ご本尊の馬頭観世音菩薩の真言、
「おんあみりたどはんばうんばったそわか」
わしも唱えにくいので婆ちゃんには・・・


71番札所 弥谷寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/71iyadaniji/index.html
kh3-27.jpg
さてここの階段、登ってこられるやろうか?
しかし車では、通行料金を払って途中の駐車場まで行けるんやね。
半分くらい登らなくてもよさそうです。
しかし、煩悩の108段の階段を見て怖気づいたようです。
「途中に大師堂と納経所がある。本堂はもっとその上なんで、行けないと思ったら
大師堂で待っていて」
この難しい指示は家内に言っておく。
わしだけ頂上の本堂まで行ってみんなの分のお勤めをしてきましたがな。

汗かいて戻ってきたら
「時間があったら上までいけるんや。せかされるから・・・」
なんて憎たらしい事言う婆さんやろうね。


72番札所 曼荼羅寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/72mandaraji/index.html
kh3-28.jpg
「ほら、ここのうどん屋さんは、徳光さんが立ち寄ったところやよ」
「そんなん忘れた。お父さんほど一生懸命観てないもん」
はあ、そうですか。
このあたりになってくると、会話とか案内は家内だけにしかしないように
なってきましたがな。


73番札所 出釈迦寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/73shusyakaji/index.html
kh3-29.jpg
「ほら、あそこの山の中腹にあるのが『捨身ヶ嶽禅定』という奥の院」
坂を登るだけでハーハー言っている彼女らの眼には入らないようです。
「ここの『三鈷の松』は葉が三本あって、安産のお守りになるんやよ」
「もうそんなの必要ない」
女性はドライやなああああ。


74番札所 甲山寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/74koyamaji/index.htmlkh3-30.jpg
「ここはお大師様が日本最大の溜め池の満農池を作った報奨金で建てたところです」
「・・・・」
そろそろ疲れてきたのかな?カーチャンの反応がにぶい。
婆ちゃんの相手もしてやらねばならんからなあ。


75番札所 善通寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/75zentsuji/index.html
kh3-31.jpg
「ここは広くて西と東のエリアに分かれているので迷わないでね」
本堂の前で白人の観光客が
御影が欲しいが、どうやったら貰えるのか売店の人に身振りで尋ねているのだが
説明が難しいらしく、英語のできる坊様を呼びに行っていました。
わしだったらどう説明するかな?
と考えていました。


76番札所 金倉寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/76konzoji/index.html
kh3-32.jpg
この頃になると家内は自分のペースを作っており、
わしらが読経をしている間に境内の見物をしており、
わしが見落としたような名所をつぶさに見学していて、
あとで教えてもらうこともあるよ。


77番札所 道隆寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/77doryuji/index.html
kh3-33.jpg
空にはあやしい雲が広がってきて、小雨もパラついてくる。
本堂横手の「潜徳院殿堂」は眼病に効果ありとか。
ばあちゃんに「め」の文字を78個書かせようかと思ったが
雨も降るし、時間のこともあるし、次行こう。


さて、今日はここまでの予定でした。この後丸亀市のホテルに入る予定でしたが
まだ1400を少し回ったところ。
「さあ、この先行けるところまで行くか?」
「いく!」

78番札所 郷照寺 
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/78goshoji/index.html
kh3-34.jpg
「本堂の横に『万躰観音洞』がある。ちょっと見てきてみ。あ、婆ちゃんは
わしとお勤めをしましょうね」
「ここの納経所の奥さんは美人で、しかも親切です」
「お父さんはスケベやねえ!」
「えへえへ」
奥さんのやっているブースに嬉々として並ぶ。

kh3-35.jpg
門前には、歩きのとき気になっていたお菓子屋さんがある。
今回は絶対外さないようにしよう。
「おはぎ5つください!」
「お店の写真撮っていいですか?あ、女将さんも一緒に!」
「お父さんはスケベで食いしん坊やねえ!」


79番札所 天皇寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/79tennoji/index.html
kh3-36.jpg
「ここは崇徳上皇の怨念が渦巻いている場所とよく言われているが、どう?」
「別に。何も感じないけれども・・・」
「そう、わしも何も感じない」
霊感の強い人ならば何か感じるのかね。


80番札所 讃岐国分寺
http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/80kokubunji/index.html
kh3-37.jpg
この時点で1640
雨も本格的に降ってきた。
のそのそ納経していたら納経所の時間切れになるので、先に納経所に行く。
しまった、ここの大師堂と納経所は同じところにあった・・・
まあいいか。
それに駐車場で財布を拾ったのを届けなければいけない。
なんとかお勤めを終わったら1700ちょっと前でした。

いやあ~、今日は沢山廻ることができました。
まさに突撃遍路です。

本日のお宿は丸亀市内の「丸亀プラザホテル」
チェックインの時に、「お接待セット」を貰いました。
栄養ドリンク、温泉の素、湿布が入っています。
「あ、あの~、わしらは車遍路なんですが・・・」
「いえいえ、お遍路さん皆に差し上げています」

kh3-honetukitori.jpg
雨も上がったので夕食に行く。
駅前の「一鶴」の骨付き鶏を食べに行く。
この骨付き鶏、前回薦められていたんですが食べる機会がなく、
食べてみたかったのです。
いやああ、美味しかったっすね。ニンニクがよく効いている。
ビールに合うこと!
家に帰ったら作ってみよう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

80番まで

イラストがとても素晴らしいですね~!
光明真言は外国語ですからお母さんを叱らないで下さい(笑)。

No title

しかし176回も唱えても読み方を覚えないのは
やはり甘えがあるのではないかと思ってしまうんです・・・
団体遍路さんの中にはいってしっかりやればいいと思うのです。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード