FC2ブログ

私と鯖街道(その7)

27

親と子の鯖街道

 私が鯖街道と関わって来た中での後悔することは、自分の子供たちを参
加させてあげられなかった事だ。

 鯖街道キャンプウオークは、異年齢の子供たちがお互いに助け合って歩
きとおすことが目的である。だから、主役は子供であって、大人は彼らのサ
ポートに徹する裏方である。大人の介入なしで、子供たちは彼らだけで問
題解決をすることによって成長していく。

 昔の子供たちは、子供たちだけの社会を作り、その中での役割を果たす
事によって精神的に成長をしていた。いまの大人たちはとかく子供に干渉を
しすぎるあまり、彼らの成長する機会を奪ってしまう事に気づいていない。

 鯖街道キャンプウオークはわずか3日間だが、子供たちに自分達の世界を
作らせ、自然の中で、不便な環境下で自分以外の年齢の者とのふれあいの
中で成長させていく、いわば教育の原点ともいえる。

 過去何例か鯖街道に親が子供と一緒に参加したのを見ていると、いずれも
お互い意識又は干渉し合ってしまう。どうしても子供は親を眼で追い、親は子
供のことが心配になる。その結果お互い親離れ子離れの妨げになり、周囲に
いい影響も与えなかった。参加者の子供たちは敏感に親子間の空気を感じ
取り、その結果浮いた存在となり、鯖街道のコミュから排除されてしまう。子
供たちから嫌われた大人が何人も消えてきたのを見てきた。

 異分子を排除してしまう閉鎖性も、併せて持ち合わせているのが鯖街道の
危うい所だが、逆に言うとそれだけ鯖街道に対して純粋な心を持った者達が
集まっているとも言える。鯖街道は彼らの聖域なのかもしれない。

 私は自他共に認める親馬鹿なので、自分の子供を鯖街道に参加させた時、
何割かの意識が自分の子供に向けられてしまい、その結果全体像が見えな
くなり、鯖街道の運営に支障が出てしまう。単なるお手伝い気分で参加して
いるのならば無責任に、おきらくに親子鯖街道を楽しんでいればいいのだが、
そうはいかない。

 そんな風に自分自身で結論付けてしまい、自分の子供たちは鯖街道には連
れて行かなかった。娘は一時鯖街道に興味を示した時があったのだが、敢て
誘わなかった。後になって誘った時、もはや興味を示さなくなってしまって残念
だった。もしあの時一緒に参加していたら、私ら親子は鯖街道を通してどういっ
た関係になっていただろうか・・・今となっては知るよしもない。

 彼らに鯖街道の楽しみと達成感を与えてやれなかったことは残念なことで、
申し訳ないことをしたと思っていたが、幸いに彼らはボランティアとか行事
に自分達で参加し、親の知らないところで成長してくれていた。よその子供
たちに係わり続け、自分の子供に係わりあえなかった、駄目な親父である。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード