FC2ブログ

おきらく遍路旅 12巡目結願 60番横峯寺、87番長尾寺・88番大窪寺 令和元年11月13・14日

he12-14a-01.jpg
12巡目も結願を迎えました。
回数を重ねていくうちに、実に多くの人たちに助けられているのかを実感し
感謝の気持ちを持ち、謙虚な気持ちで廻っていることが多くなりました。

また、トラブルなどで時間的に余裕がないと感じた時などは
「まあなんとかなるさ」
と焦ることなく心穏やかに、平常心を保って行動していたら
却ってうまく予定が進むことが出来る機会が増えてきました。

完全な歩き遍路ではないのですが、歩くべき所は修行の気持ちで歩いております。
歩けば歩くほど、わずかずつではありますが、
四国に満ち満ちている神仏やお大師様の息吹を感じられるようになってきました。
更にそれが四国以外でも感じられるようになってきたことは嬉しい限りです。


11月12日(火)
「ハービス大阪高速バス乗り場」2250発のいしづちライナーに乗り込む。
今回はちょっと座席の選択を誤り、3列シートながら通路の狭い席を選んでしまいました。
夜中におしっこに行こうとしたんですが、座席の間を潜り抜けるようにして悪戦苦闘してトイレに行きましたがな。
またしても寝ているのか寝ていないのかよくわからん。
寝不足なのか、そうでないのか。


11月13日(水)
he12-14a-02.jpg
予定よりも早くバスが「伊予西条駅前」に到着しました。
いま0545
夜明け前の伊予西条駅前は街灯の明かりだけが煌々と灯っています。
空には大きな満月が見下ろしております。
寒いかな?と思いましたが幸いにそれほど寒くはありません。
he12-14a-03.jpg

道路向こうのコンビニで朝食と暖かい飲み物を・・・
メガサイズのコーヒーがあったので頼んだら、こおりゃMサイズの3倍はあるんじゃないかな?
飲みごたえがありますねえええ。熱いコーヒーで身体が温まる。

0747に石鎚山行のバスが来ます。
大きなリュックを背負った人が三々五々集まってきますが、彼らは石鎚山登山なんでしょうね。
まだ雪はないのでしょうか?
いつか行きたい行きたいと思いながら、遍路計画が先に立ってなかなか実現しない。
前神寺の奥之院の奥前神寺にも行かなければいけんがなあ。

「横峯寺登山口バス停」で降りて登山バス乗り場に行くと、
バス会社の人が道を登ってくるわしたちの人数を確認しています。
「すぐに出ますから!」
「はははい」
往復チケットを急いで買って車中へ。

伊予西条駅からバスで来た人は、帰りのバスの時間までに間に合うように
フルスピードで蛇行している山道を運行してくれるのです。
he12-14a-04.jpg
なので、しっかり掴まっていないと大変です。
おまけに寝不足のままスマホなどを見ていると車酔いしてしまうよ。

山上駐車場に着いたら
「25分後に出発します!」
毎度のことながら
(ええ~!)
です。

下りの参道を駆けて横峯寺へ急ぐ。紅葉見物をしている暇なんかない。
使わない下りの筋肉を使うので、かなりの負荷になります。
(やはり翌日に筋肉痛が出てきた。まだまだ若いぞ!)

he12-14a-05.jpg
ハアハア息を弾ませながら境内に着く。
金倉寺で買ったザクロ香を身体に塗りたくって・・・
まずは、手近な大師堂からお勤めさせていただきます。
すまんこってす。


本堂へも急げ!
高野山奥之院で教えていただいた、
周囲に迷惑のかからないよう呟くように唱えると結構息継ぎも滑らかに
しかも早く勤行次第を唱えることが出来ます。
当たり前ですが勤行次第は一切省略しません!

納経所でご朱印を頂いて、ダッシュで帰る!
その前に大師堂横の聖天堂で持参の御神酒を供えて
お勤めをしたのち、御下がりを頂いて参道を駆け上がる。

he12-14a-06.jpg
おお、発車までまだ5分あるぞ!よしよし。
こんなことで満足していてはいかん!

艱難辛苦の上、下界まで順調にバスは下り、「横峯寺登山口バス停」に到着!
伊予西条行のバスまでまだ10分以上あります。
he12-14a-07.jpg
やれやれ。
この時点でようやく周囲の紅葉を愛でる余裕が出てきました。


時間通りにやってきたバスに乗り下界に降りてきて列車の切符を買い
「伊予西条駅」~「高松駅」と移動する。

揺れる列車の細かな振動が眠気を誘う。
目が覚めると観音寺を過ぎて詫間のあたりを走っていました。
海岸寺、国分寺などが車窓から見えます。

「高松駅」に着いたらお昼どきでした。
今日はここから琴電に乗って「長尾駅」まで行くのですが、
まだかなり早いなあ。
この近くだと・・・73番一宮寺だ。よし、写経もしてこよう。

その前に、お昼を食べよう。
he12-14a-08.jpg

お腹がくちくなったので、琴電「高松築港駅」に行き、琴平行きに乗る。
車中、なんか鼻から垂れてきたので触ったら鼻血だ。
ああ~、またかよ。。。
he12-14a-09.jpg
実は最近鼻血がよく垂れてくるんっすよ。
テイッシュを突っ込むと、
外因系止血機序(注1)が働いてすぐに止まるのでいいんですが、
還暦を来年に控え、身体にあちこちガタが来ている。
ドクターに「若い頃の気持ちのままで身体を酷使しているからだよ」と言われた。
たしかにそう。筋トレを一生懸命やりすぎた。

それから長年付き合ってきている持病も、無理が重なってきて、
次の段階に進んできているかもしれん。
80歳まで20年、その間の事を考えて生きろ、と示唆されているのかも。

還暦の厄除けをどこかでしなければいかんかなあ・・・
でもいつもいつも四国の霊験あらたかな札所を廻って真剣にお勤めしているので
仏様が助けてくださっているのかなあ。

と、いうことを琴電に揺られながら考えていました。

「一宮駅」に着いて、一宮寺の大屋根の遠景を見ながら歩く。
この遠景好きなんですよねえええええ。
he12-14a-10.jpg

ご朱印を頂いたのち、大師堂に行き
「写経させてください!」
大師堂の写経道場にはお刀自様の先客がひとり。
ふたりで黙々と写経をする。

大師堂に参詣者が来るたびに鳴らされる鐘の音が心地よい。
いつまでもここに居たいという気持ちになりますねえ。

写経後に頂いたお茶とお菓子をいただき、ほっこり。

ほっこりした気分のまま「一宮駅」に戻り、長尾行きに乗ってしばらく揺られる。
また眠ってしまいました。
目が覚めたら、終点ひとつ前の「公文明(くもんみょう)駅」です。

実はわしの家のある裏京都市の住所は「公文名(くもんな)」
鎌倉時代からあった公的文書を処理する役所の名残なんですと。
あちこちに残っている地名のようです。


閑話休題


次の駅が終点の「長尾駅」です。
改札をくぐると・・・どこかで見た駅員さんです。
おお、facebookでお馴染みの小Yさんです。
区切りで歩き遍路をされています。
he12-14a-11.jpg
色々話は尽きないが、彼は仕事中なんで長話ができない。早々に切り上げて長尾寺へ。
歩いてすぐの長尾寺境内には大型バスが2台・・・・
he12-14a-12.jpg

納経所に行ったら「遅い!」とブツクサ呟いているテンジョウインさんが2名
納経帳と判衣がフルヘッヘンド(注2)

聞こえよがしにブツクサ言っているので納経中の住職(副住職?)が奥に引っ込んで
火をともしたお線香を持ってきました。
「何か変なものが入ってきましたので・・・」
んん~、無言の抗議か・・・こんなやり方もあるんやね。
「変なもの」たちは、自分が変なものとは思っていません。

「変なもの」たちが納経帳抱えて走り去って行き、わしの番になりました。
「変なものはいなくなりましたか?」
「・・・・にやり」

納経所にも、お説教を垂れる所、和やかな所、無愛想な所、無茶苦茶時間をかける所
色々あるし、フルヘッヘンドな人にも謙虚な人、横柄な人、無神経な人・・・
色々いて、様々なバトルが繰り広げられています。
ツアー遍路の方々は、自分でご朱印もらう経験はしないので、こういった雰囲気は味わえないでしょうね。
ツアーだけで先達になった人たちは、納経って誰かがしてくれるものだと思い込んでいたりして・・・

おっと、こんな毒を吐くと
「ムカつく!」とか「けしからん!」
というクレームが来るのでしょうね。

剣呑、剣呑・・・・


ご朱印もらって荷物を取りに本堂に行ったら、またしても見慣れた歩き遍路さんがいました。
以前善根宿「紫雲庵」で一緒になった通し遍路のY岡さんです。
he12-14a-13.jpg

「とうとうここまで来られましたね!」


今夜の泊まりはお馴染み門前の「あづまや旅館」いつもここにお世話になっています。
愛想のいい女将さんと料理、特に朝食がお気に入りです。

さっそく洗濯、入浴を済ませて部屋で寝っころがって備え付けの漫画を読んで過ごす。

1830に食事です。
今日は後期高齢者の夫婦、50代の歩きおじさん、わしと・・・爺さんの5人
この爺さん、自分の自慢話を大きな声でまくし立ててきます。
他の人の話題になっても自分の話に持っていく。
「俺は弘法大師じゃー!と言いながらゴミを拾っているんじゃ!」
「なんで食事に納豆がつかないんじゃー!」
「食べられないおかずには箸をつけとらんからな!」


この人、本当に何回もきちんと廻っているんだろうか?
「自称歩き○○回」のような気がしてきた。
回数を重ねるごとに謙虚になっていく人と、高慢になっていく人がいますね。
それに話を粉飾している人は内容でわかります。

老夫婦とかおじさんは、結願目前の遍路話を色々と語りたかったようですが
爺さんがあんまりうるさいので食後の語らいも弾まず、
皆早々に部屋に引き上げていきました。

わしもおいとま・・・。

横峯寺の聖天様の御下がりのお酒を頂いて、さっさと寝ました。



(注1)止血機序第Ⅲ因子組織トロンボプラスチンの作用による止血
(注2)フルヘッヘンド:オランダ語「うず高く盛り上がる」の意(杉田玄白訳)




11月14日(木)

4時半に目が覚めた。
外はまだ真っ暗です。しかし、雨は降っていません。
洗濯物を取り込んで身支度をゴソゴソしていました。

手持無沙汰になったので、お宿の目の前の長尾寺へ参拝に行こう。
厨房に明かりがついていたので女将さんに
「ちょっとお寺に行ってきます」
「はい、はい」

明かりのついている本堂、大師堂で旅の安全の感謝を唱えました。
大師堂にいたら、急に雨が激しく降ってきました。
he12-14b-01.jpg
かなり激しい雨なので、腰を下ろしてボ~~~ッとしていたら、
お宿の女将さんが傘を持って山門のところで呼んでいます。

えっ?傘を持ってきてくれたんですか??
なんとありがたい。

これだからここの女将さん好きです。

15分くらい激しく降った雨は、きれいにあがりました。
これって、今日の結願のための清めの雨なんでしょうか。

「そんなことないけど。そんなのたまたまじゃない」

そう言われる人もあります。
が、わしは龍神様の清めの雨と考えたい。
そう考えた方が感謝の気持ちを常に持てるじゃない。

天邪鬼的な発言をする人って、
「反対意見を発信する自分」を認識したいために無意識に口にする人なんでしょうかね。
「何が何でも反対!」という人は、反対はするが、
代案を何も示すことが出来ないのが特徴です。

閑話休題

お待ちかねの朝食
名物は、「双子の卵」と「餅入り味噌汁」です。
これが食べたいから毎回ここに宿泊するのです!
he12-14b-02.jpg

近所に養鶏場があるので、毎回そこに行って買ってくるそうです。
双子の卵って、安定的な生産・入手が可能なんでしょうか?
なんにせよ縁起がよさそな気がしてきて、
結願の前祝いのような幸せな気分になれます。

0650に出発!
玄関では女将さんがいつまでも手を振ってくれています。
「よいお年を!」

遍路シールの剥がされた遍路道を淡々と南下し、
「お遍路交流サロン」に着きます。
お馴染みの館員さんに新作の札所の絵を貰ってもらいます。

お遍路大使の申請用紙を持ってきましたが、
「いや、わしはバスや列車に乗ってしまっているので純粋の歩き遍路ではないのです」
と辞退したら
「全部歩きと嘘を言っているお遍路さんが沢山いますよ」
「はあ、でもお大師様が見ておられますから」
「そうなんですか。そうおっしゃる方は珍しいですね」
「はあぁ~、そんなもんなんですか」

閑話休題

じ、実はこの場所からバスに乗って大窪寺まで行こうか行くまいか悩んでいたんです。
でも10kmしかないし、まだ9時前だし
やはり歩いて行くべきですよね~。
ウジウジ悩んでいた自分を反省しました。

ということで、歩いて丁石道(旧遍路道)を辿ることにしました。
今日は平日なので、残土処理場へ往復するダンプがひっきりなしに通るので少々危険です。
が、峠を越えると誰もいないし車も来ない。
he12-14b-03.jpg

聞こえるのは猿の声のみ。

登り道でかいた汗が冷えてきて少し寒い。
モミジの落ち葉は・・・ないなあ。
峠に少しばかりありましたが、真っ赤ではなかった。

沿道の渋柿の実は、すべて落ちていて無い。
季節は確実に進んでいるが、紅葉があまり綺麗ではなく、子供の頃の紅葉の風情がないなあ。
he12-14b-04.jpg

落ち葉踏みしめ歩くこと3時間と少し
山門が見えてきました。
この風景も好きですね~。
he12-14b-05.jpg

ああ、12巡目の結願です。

境内は紅葉狩りの観光客が大勢来ていて賑やかであります。
心安らかにお勤めをしてご朱印を頂戴して・・・・

さあ、昼食を食べに行こう。
お馴染みの山門前の「飛猿閣」
「こんにちは~!」
「ああ、久しぶりやねえ」
「女将さん、お元気でしたか」


さて、何を食べようかな?
(打ち止めそば)がある!
これにしようか?
「大将!打ち止めそば!」
「じ、実は蕎麦はいまないんですよ。うどんならあるよ。松茸うどん」
「ええっ!ままま松茸?それください!」
「今朝山から採ってきたんですよ。10分くらい待っててくれますか」
「おう!何時間でも待つよ」


厨房ではうどんを伸ばし始めた。手打ちのようですね。
女将さんと世間話をしていると、やがて松茸がどっちゃり入ったうどんがやってきました。
he12-14b-07.jpg

これ、税込1100円

季節限定、それも松茸が取れなかったら食べられません。
殷賑を極めている門前の某うどんやさんよりも、よほどいいよおおおお。

夫婦連れが店に入ってきて
「何をたべようかねえ」
この会話が聞こえてきたので
「いまなら地取りの松茸うどんが食べられるよ!」
とお節介してしまいました。

最近は結願後、ここのお店で女将さんや大将と世間話をするのが楽しみです。
他のお客さんの邪魔にならないように、隅っこに座る。
この店、なぜかほっとするんですよねええええ。
こういう場所があるのが有難いです。

帰りは1330発のコミュニテイバスなんですが、
バス停には老人たちの長蛇の列です。
紅葉狩りの里の人たちですねええええ。
he12-14b-08.jpg
大きな荷物のわしらは、荷物を前に抱えて身をよじってバス内に立つ。
長尾を過ぎた頃から座席に座れるようになって来ました。

わしは「志度バスストップ」で降りるのですが、白人男性が一緒に降りようとする。
「ここは高速バス停だよ!」
といっても納得しない。
「On the train?」
うんうんとうなずく。
「ここはちゃいまんのや!」
胸の前でバッテンを作ったら納得した。

1502
JR大坂駅前行きのバスが珍しく時間ぴったりに到着した。
運転手さんは大変な努力をしているんやろうなああああああ。
平日なので車内はガラガラ
安心して御神酒のお下がりの残りをあおりながら
安らかに眠りこけていました。

ねぐらに戻ってきても、なにか心が温かい。
やりきった!充実した!という気分とも違う。
こういった気分になったのは初めてです。
また新たなステージに進んだんでしょうか。

この先精進して行ったらどんな景色が見えるのでしょうかね。
he12-14b-09.jpg









スポンサーサイト



おきらく遍路旅 12巡目 66番雲辺寺・67番大興寺 令和元年11月8・9日

he12-13a-01.jpg
12巡目の大詰めは山岳部が残っています。
それも900m級の雲辺寺ですがな。
曼陀峠、境目峠、あるいは民宿岡田から直登にするか・・・
観音寺市の広報ページを見てみたら、観音寺市コミュニテイバスを使って
雲辺寺ロープウエイ駅近くまで行くことができるそうです。
おお、それを使ってみようぞ。


11月8日(金)
「新大阪駅」を始発で出発して一路観音寺へ。0826「観音寺駅」着
he12-13a-02.jpg
he12-13a-03.jpg
観音寺駅前のコミュニテイバス4番「五郷高室線」乗り場から0852発に乗り
街中をグルグル廻ったのち、約30分後に谷上(教育センター)で降りますが
乗るときに「雲辺寺まで・・・」と言うと運転手さんが
遍路道に一番近いところで降ろしてくれます。

he12-13a-04.jpg
「お遍路さん、ここで降りるといいよ」
「は、はははい」
目的のバス停よりも600mくらい手前で降ろしてくれました。100円!
なるほど道にはロープウエイ駅に歩いて行く道が示されています。
このとおり歩けば問題はない。
3kmくらいを緩やかな道路を歩きます。
he12-13a-05.jpg

季節は秋
田の刈り入れが済み、稲を干している風景も見える。
かすかな野焼きの香りもしてきて、子供の頃の秋の記憶が蘇ってきて
切ない気持ちになる。

he12-13a-06.jpg
1時間弱歩くと山麓駅に着きました。背中が汗で濡れていますよ。
片道分の切符を買う。
降りはどのコースを選択するか、上に行ってから決めよう。

ロープウエイに揺られる事数分、視界が不明瞭になってきました。
山頂の雲辺寺のあたりは濃い霧に包まれていて幻想的ですね。
標高900mの山頂駅に着いたら冷気が押し寄せてくる。
he12-13a-07.jpg
なんと、8℃ですって。
吐く息も白い。

五百羅漢像は、前は歩き遍路道にずらりと並んでいたような気がしますが
今はロープウエイ駅からの道に多く並んでいるような感じですね。
こちらの道を通ってみて初めて分りました。

さて標高が高いので気圧と寒さの関係か、古傷の右膝が痛んできた。
下りの歩き遍路道は岩が多く膝泣かせです。
で、帰りもロープウエイを使うことにしました。

he12-13a-08.jpg
今日は納経所で白衣に「おたのみ茄子」の御朱印を頂きました。
残りは太龍寺の印を「金」の部分に押してもらう・・・
それから甲山寺の兎も欲しいかな・・・?
he12-13a-09.jpg

山門から出てロープウエイで下界に帰ります。
車中、耳がツーンとしてくるので耳抜きをする。

山麓駅に降りてきたらお昼近い。
で、駐車場にある食堂で「うどん定食」とおでん3串食べました。
炭水化物たっぷりの結構ガッツリ食べられる定食で
お腹が一杯になってしまった。

元気よく大興寺まで行きましょうかね。
約9km、3時間弱ってとこです。
he12-13a-10.jpg
道すがらの紅葉は、いまいちですね。
気温がグングンあがってくるので汗も出てきます。

別格16番萩原寺まで来ました。
今回は別格には呼ばれていないので、遥拝のみで先へ行きます。
境内の紅葉も、まだもうひとつのようです。

県道を大興寺方面に向かって歩いていると、
ある醤油の蔵本がありますよ。
表にパラソルがあって、店員さんから声がかかりました。
「お茶を飲んでいきませんか?」
「は、はははい」

店頭で販売をしているようです。
「丸福醤油」という店舗だそうで、かなり有名な蔵元だそうです。
お話をしている間も注文の電話がしょっちゅう入る。
店舗販売をしていないそうで、お客の強い要望に応えて、
今日から店頭で販売を始めたそうです。
he12-13a-11.jpg
中に案内されて事務所に行くと、色々な出汁醤油があり、興味津々です。
実は今度家に帰ったとき、おでんを作ろうと考えながら歩いていました。
「おでん醤油」もありますよ。
迷った挙句、色々買いました。

今日は善根宿に泊まると言ったら、お接待に一本頂きました!
ネット販売もやっているので、家族に気に入ってもらったらまた買おう!

今日もいいご縁を頂きました。
南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛

えっちらおっちら坂を登って大興寺に到着!
あらかじめ遍路計画を送っていたので、
既に善根宿のさんが境内で待っていてくれました!

「お勤めしてきます!」
「ごゆっくり」
わしの後姿を撮影してくれていました。
he12-13a-12.jpg
自分じゃこんな写真は撮れませんねええええええ。
膝を少し曲げているので普禮真言のときかな?

さんはもと銀行員で、
地元にある実家を善根宿にしていて、主に歩き遍路さんのお世話をしています。
最近急増している歩きの外国人遍路さんが多いようです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
注意すべき事は、
ここの善根宿はいきなり連絡しても泊めてはもらえません。
土佐、伊予の各地の善根宿や休息所からの御紹介が必要なのです。
関所を無事通ったお遍路さんがこのお宿に泊まることができます。
ですからこの記事を読んで「宿泊したい!」と思っても
簡単にはできませんのでご注意ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



今日はあと2人、観音寺門前に迎えに行きますが
まだ時間は早い。
なので、観音寺・神恵院を参詣させていただきましょうかね。
境内には泣く子もよけるダンタイサンが二組来ていて殷賑を極めています。
しかしここは境内に札所が二箇所あります。
順不同になりますが、空いている所でお勤めさせていただきます。

「団体来たれば、納経帳集まりてフルヘッヘンドする」


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「フルヘッツヘンド」とは、
オランダ語で「うずたかく盛り上がっている(verheffen)」の意で、
杉田玄白らが辞書もない中、蘭学解剖書「ターヘル・アナトミア」の
邦訳に挑んだ際に、
「鼻は顔の中央にフルヘッヘンド」を訳すのに苦労した、というエピソード。
「庭を掃けば、塵芥集まりてフルヘッヘンドする」などから考えた結果、
「うずたかい」という意味だと推測するにいたる経緯が、辞書を用いずに
言葉を導き出す過程としてが強調されているが、
これは後の創作であろうと考えられる。

わしはNHKドラマの「天下御免」で印象に残っていたので時々使っています。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

・・・・どうでもいいことであります。


これで次回13巡目の御朱印を頂くことができました。

自分の参拝を済ませたのち、
境内でKさんと同宿者2人が到着をするのを待つ。
やがてやってきた大きなリュックの男性、どこかで見た顔と思っていたら
フェイスブックの「四国八十八箇所の絆」グループで
毎日遍路通し歩きの記事をUPしていた人です。

毎日パソコンで記事をUPしているので、
その分重い荷物になっているやろね。

もうひとりがやってきました。若い女性です。
そのいでたち、バックパッカーの匂いがしますねえええ。
he12-13a-13.jpg

お宿に向かう途中、お馴染み父母ヶ浜(ちちぶがはま)で記念撮影
丁度日没前で風もなく、最高の撮影条件でした。
平日ながら沢山の若い人たちが集まっていましたよ。
恐るべし、インスタ効果
he12-13a-14.jpg

お宿では夕食をいただきながらお遍路話や旅の話に盛り上がる。
he12-13a-15.jpg
女性は、わしの娘と同い年で、
世界を旅して廻っているようです。
自分の娘がこうだったら、どんな心配をしただろうか。

ちょっと気になったのは、コモンセンス(一般常識)に欠けていること。
讃岐ってどこ?律令って聞いたことない。
源平合戦ってなに?
うう~ん、今時の人はこんなんかなあ?
自分の娘・息子もこんな程度かなあ???
学問をおろそかにしてはいかん、という気持ちはKさんと同意見でした。

しかしながら、参拝の方法とか心構えはきっちりと伝えました。
正しいお作法は、他の人に対するお手本にもなります。

これ、先達のお仕事なんです。

いろいろ話は尽きませんが
歩き遍路は早寝、早立ちが基本です。
9時にお開きとなりました。

部屋に帰って爆睡
夜中の3時半におしっこに目覚めたら、隣の部屋の男性が起きています。
あとで聞いてみたら早起きしてブログを書いていたそうな・・・


11月9日(土)
6時半に朝食をいただき、7時過ぎに出発!
歩き遍路お二人さんを観音寺まで送り、お見送り。
「お気をつけて!」
わしは本山寺の奥之院「妙音寺」まで送ってもらいました。
he12-13b-01.jpg

ここは讃岐最古の寺院だそうで、
36不動霊場の30番札所でもあるそうです。
そのせいか、朝早いのに駐車場には車が停まっていて、白衣の人が降りてきました。
本堂にはご本尊の阿弥陀如来さまと、お不動さまがおられるので
両方の御真言をあげました・・・
奥之院納経帖もだいぶ埋まりました。
he12-13b-02.jpg

ここでKさんとはお別れして、
すぐ近くの本山寺に行き、13巡目の御朱印を頂いておきました。
he12-13b-03.jpg

歩いて近くの「本山駅」にいき、そこから「観音寺駅」まで列車で移動し、
「観音寺駅」~「岡山駅」~「新大阪駅」で家に帰りました。
he12-13b-04.jpg
今日は特急しおかぜ号の自由席は満席、岡山駅も混雑している。
何かあったのかな?
それとも天気がいいので行楽日和なのかなあ?
満席の車内で大きなトランクで二人分の席を占拠して知らん顔の
中国人が気になりましたが・・・

岡山発新幹線ひかり車内はガラガラで
帰りは快適に過ごすことができました。


さてさて、次回は11月13(水)14(木)のウイークデー2連休で
60番~87番・88番と結願であります。
he12-13b-05.jpg







おきらく遍路旅 12巡目 46番浄瑠璃寺~64番前神寺 令和元年11月1日~3日

he12-12a-01.jpg
12巡目も大詰めになってきました。
11月の最初は仕事の関係上、1(金)~3(日)の3日間です。
さて、どうやっていこうか?


10月31日(金)
JR大阪駅バスターミナル2210発の夜行に乗ります。
果たして眠れるか?記憶はない。
多分細切れにでも寝ていたのでしょうね。


11月1日(土)
he12-12a-02.jpg
0535にJR松山駅前バスターミナルに到着
さすがに寒いなあ。
まだ駅舎のコンビニは開いていない。

久万高原行きバスは0650発なので、しばらく早朝のバス停でたたずむ。
0545にコンビニが開いたので温かいコーヒーを買ってくる。
今朝はお遍路さんはいないなあ。

やってきたバスに乗り「森松本町バス停」で降りて丹波行に乗り、
「浄瑠璃寺前バス停」に着いたのは0805 320円なり。
he12-12a-03.jpg

当然なんですが久万高原まで行って三坂峠を下るより、
あるいは「塩が森バス停」で降りて浄瑠璃寺への山道を下るより
かなり早く着きました。

he12-12a-04.jpg
浄瑠璃寺境内は誰もいない。
お勤めを済ませて納経所に行ったら、若い女性が二人
お軸と納経帳を出していました。
「あの~、お勤めはされましたか?」
「えっ?お勤めしなきゃいけないんですか?」
彼女らはここからお遍路を始めたみたいです。お軸が真っ白だったから・・・
納経所のお母さんも
「お勤めを先にしなきゃ・・・教本はあるの?」
「いえ、ひとつだけ」
「じゃ、これをあげます」
忘れ物という勤行次第のパンフレットを渡しました。
「よろしかったら、わしと一緒にやってみますか?」
「いいんですか?」
「これも先達の仕事です」
ちょうど音木を持ってきていたので、本堂で般若心経とご本尊の真言をあげる。
「この先は、おいおい覚えて行ってください」
「はい。ありがとうございました」

he12-12a-04b.jpg
今日はいいお天気で、渡る風も心地よいねええええ。
鼻歌が飛び出してくる。
道端の柿の木には熟れた柿がなっていますが、
いつもある無人販売はないなあ・・・・
まあいいか。

he12-12a-05.jpg
ふと空を見ると龍神さまがおられますよ。
本日の晴天をありがとうございます。

he12-12a-05b.jpg
楽しく歩くと足取りも軽い。
札始め大師堂でトイレを貸していただき、石手川の長い橋を渡り・・・

西林寺へ来ました。
he12-12a-06.jpg
ここの直前にあるお弁当屋さんで美味しいお弁当を買おうかと思ったが
まだ1030です。
ちょっと早いかなあ??

国道から脇道に入る遍路道沿いにあるお好み焼き屋さん。
いつもいつもいい匂いがしていて気になっていました。
でも人気店らしく駐車場はいつも満員
丁度11時に開店するようで、看板を出しに来たお店の人と目が合いました。
「あ、あの~もういいですか?」
「はい、どうぞ!」
こりゃ、入るしかない。店内はわしひとり。
広島焼きの店です。
「豚玉!」
he12-12a-07.jpg

ビールは飲みたいが、我慢我慢
そのかわり、歩きのお遍路さんにはお接待でドリンクがつくそうです。

南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛

ドリンクお接待に納札を出したら、
おお、錦札をはじめ、納札が貼ってあるよ。
家田荘子さんのもあった!

浄土寺を向こうに見える道の角に、お接待のミカンが置いてあります。
立って食べさせてもらっていたら、中から声がかかりました。
「どうぞ、どうぞ入って休んでください」
「は、はははい」
話好きのお母さんで、心臓の手術の際にお大師様に助けてもらったとか
信心についての話を色々しました。

自分にとって起きた出来事を、良きにつけ悪しきにつけ
神仏の御加護と感謝しながら生きる事の大切さを語ってくれました。

錫杖を触らせてもらいたい、と言うので
恥ずかしながらわしの錫杖を渡すと、心臓の部分に当てていました。

もっともっと修行を積んで、
誰に対しても恥ずかしくない態度の取れるお遍路さんになりたいと願うわしでした。

さて浄土寺の門前では待望の柿が売っていました。3個100円
早速買ってお勤めの後に食べる。うまいなあああああ。
he12-12a-08.jpg

今日は平日なので、それほど参詣者はいないが、
定年後のオジサン歩き遍路さんがちらほらいます。

彼らは定年になってお遍路を始めた人達
姿形は、アドベンチャー的なラフな格好で、
菅笠、白衣着用率はおおむね30%です。
満願ののち再びお四国に来る人は何%くらいなんでしょうね。

繁多寺の聖天堂では、靴を脱いで中に入り、
持参の御神酒をお供えしてお勤めをする。

お願い事の内容が変わった。
生々しいお願いが、現実的なお願いに変化している。
変化している自分の心境にも気づく。
これは進歩なのか、どうなのか。

ここまで来たら石手寺までは気分的に近くて楽です。
3時前に着いてしまった・・・かなり早い。

納経所で今夜の通夜堂の宿泊をお願いし、宿帳とアンケートを記入する。
この時点では、まだわし独りのようです。
奥まった場所にある通夜堂の建物は相変わらず古い。
畳敷きの大部屋にあがると・・・すでに先客の荷物だけが置かれている。
「???」
なんだこりゃ?
荷物の主は手続きせずにあがりこんでいるんでしょうか・・・
こいつは辺土(職業遍路)か?なんとなく散らかっている。
he12-12a-09.jpg

とりあえず自分の陣地を確保し、布団を延べてその下にリュックを入れて
「誰かが寝ているような」雰囲気にしておきました。意味あるか?

さて時間を無駄にしておくわけにいかないのは自分の性分
52番太山寺にいこうか。
さんや袋だけ持って
「石手寺バス停」~「南端バス停」で降りて
運転免許センター行きに乗り換える。
バスに乗っていると昨夜の睡眠不足が襲ってきて眠い。
いつの間にか和気駅前を通過して、次は「片廻バス停」で目が覚めた!
あぶない、あぶない。

バスを飛び降りて太山寺へ。
リュックを背負っていないので背中が軽いね。。。
午後を廻ると空気が冷たくなってきた感じがします。

he12-12a-10.jpg
大師堂横の十一面観音様、きょうもいいお顔をされておいでです。
なぜか、この石仏さまに心を惹かれるのです。

さていま1628
時間内に53番圓明寺まで行くことができるか?
まあいいや。間に合えばよし、間に合わねば帰ろう。
そんな気持ちで淡々と歩いていました。
昔とは違ったこの心境、自分にとっては成長と捉えていいのか??

目の前に圓明寺の山門が見えてきました・・・
おお、納経所の時間内に着きそうだ。
1658、先に納経所に行きました。
he12-12a-11.jpg
ありがたや、間に合った。でも汗をかいてしまいました。
でも次回はこんな行動はしたくないなあああああ。

「伊予和気駅」まで行き、そこから「松山駅」へ。
通勤通学客、観光客でごったがえす路面電車に乗って「道後温泉駅」まで行く。
今日はさすがに平日だけあって浴衣を着た観光客は少ない。
いつもの「椿の湯」で汗を流そうかね。
こちらは本館と違って地元の人が多く来る湯で、
ゆったりと湯に浸かることができます。

結構今日も歩いたなあ。
疲れた脚を労わる。

石手寺通夜堂に戻ると、暗い室内にはわしのほか2人の気配がする。
わしの後に入ったお遍路さんと、辺土?

今夜は静かな夜で、風も吹かないので建物がミシミシガタガタいわない。
繁多寺聖天堂のお供えのお下がりの御神酒をいただくと
酔いが身体に回ってきて
あっという間に眠ってしまいました。


11月2日(土)
夜明け前に目が覚めました。
ヘッドライトをつけて屋外の水洗トイレまで行き、用を足す。
今朝は昨日の朝みたいな寒さはないような・・・気がする。

he12-12b-01.jpg
先日すっ飛ばしていた本堂・大師堂でのお勤めをする。
夜明け前なので誰もいないかと思ったら
一人二人地元の人でしょうか、
参拝者が懐中電灯を照らしながらやってくる。
あとは境内に沢山いるネコちゃんたち。
子猫でしょうか、ニャーニャー言ってくるが、近寄ると逃げていく。

荷物を取りに帰り、布団を格納して通夜堂を出る。

石手寺門前のコンビニに行き、熱いコーヒーと朝食を買って
店の外の椅子で食べる。
he12-12b-02.jpg

さて今日は、「松山駅」~「今治駅」まで移動、
各駅停車に乗ったので15駅、約1時間30分の列車の旅を満喫できます。
通夜堂ではよく眠ることが出来たので、
列車に揺られてもあまり眠くならないよ。

he12-12b-03.jpg
松山駅に着いたら、駅舎のレンタサイクル店で
かねてから予約しておいたクロスバイクを借りる。4000円なり。

自転車遍路というものを、いちどやってみたかったのです。

専門店においてある自転車だけあって
軽いし、車輪もよく廻る。
風を切って走るのは気持ちがいいね。

まずは54番延命寺をめざす。
市街地を快調に走ったのはいい・・・が、
思わず歩き遍路道を辿ってしまいました。
he12-12b-04.jpg

自転車を担いで階段を降りたが、軽いのでそれほど苦にならない。
これで焼山寺登りをするとどうなるか?
やってみなければわからない。
he12-12b-05.jpg

延命寺境内では、おばあちゃんと孫娘がお接待をやっていました。
手作りのテイッシュ入れです。
ひとついただきました。

次は56番泰山寺へ。
多分この方向やろう、と思う道を進むと、見慣れた道に矢印シールを見つけました。
あとはもう一直線!
he12-12b-06.jpg

新作の太山寺大師堂の絵です。
大師堂と背景の取り合わせが好きなんですよ。
he12-12b-06b.jpg

田園地帯をカッ飛んで栄福寺へ!
途中気になるラーメン屋さんがあったが、ここは我慢して
先へ進む。
歩いていると結構時間がかかる感じだが、自転車だとすぐにつく。

57番栄福寺への坂道がキツいなあああ。
この先の行程が思いやられる。

さて、ここの絵はまだ描いていないなあ。
本堂脇の箱車を描こうか・・・・
he12-12b-07.jpg
門前の店で「へんろうどん」を食べて、さあ仙遊寺までの山道を登るか。
勾配があがる都度、ギアチェンジを繰り返す。
どんどん軽くしていくが、そのうちこれ以上軽くならん。
サドルをもう少し高く設定しておけばよかったかなあ?
この種類のマシンは自分で簡単に設定でけんのです。

やがて勾配は最大になってきます。
歩いているのか自転車をこいでいるのか、
ようわからん速さになってきました。

しかしここで挫けるわけにはいかん。
えっちらおっちら東屋のところまで来て挫けました。
山門まであと少しやんけ!
でも太腿がいう事をきかんようになった。
he12-12b-08.jpg

ヨロヨロと山門まで行ったら自転車が数台停めてある。
おおっ!皆ここで終点なんやね!
わしも元気にここに停めさせていただく。
歩いて参道を登るのは苦にならないよ。
途中の御加持水を頂いて元気百倍!

58番仙遊寺に到着
お勤めの後、納経所に行ったら白髪をひとつに結んで口髭を蓄えたおじさんがいました。
「お願いします」
「はい、はい。車かな?」
「いえ、今回は今治だけ自転車です」
「お、それは失礼」
「この『照』記念バッチもください」
「あ、それはいくらかなあ」
「600円です。納経と併せて900円!」
「あ、そう」
「5000円でお願いします・・・」
「え?お釣りはいくらになるんかいのう?」
「4100円ですよ」
こんな会話をしていたら、お互いに御影と御詠歌札を忘れていた!
あとで宿に帰って気がついたんですが、後の祭り・・・・
さて、どうするか。

閑話休題

山道を登るのはキツいが、降りは一気です。
快調快調また快調!
と、いきたいんですが、これがけっこう危険です。
路面がフラットでない箇所が多いので、
速度が出すぎるとタイヤをとられて転倒してしまう。
それにカーブで膨らみすぎると対向車がいきなり現われて危険です。
ブレーキを前後に使い分けて慎重に・・・

そうこうしているうちに、
59番伊予国分寺に着きましたがな。
仙遊寺門前にいた自転車もあとからやってきましたがな。
he12-12b-09.jpg

国分寺の隣にある
「脇屋義助」を祭った神社に参拝します。ご存知新田義貞の弟です。
この先には「脇屋義助公之廟」があるそうなんですが、まだ行っていない。

ここから55番南光坊へ今治市内目指して行くのですが、
その前に駅前に自転車を返そう。
何事もなく返却できましたがな。

平地は気持ちよく走ることが出来ますが、
当然山道はキツい。
この先自転車遍路をやるか、やらないか・・・それはわからん。
he12-12b-10.jpg

55番南光坊まで歩き、お勤めを終えたあと、
今夜のお宿の「ビジネス旅館笑福」に連絡を入れて迎えに来てもらう。

6年くらい前までは、駅前に「笑福旅館」という遍路宿があったんですが
高齢の為たたみ、息子さんがこの施設を始めたそうです。

遍路宿ではないため、連休中は、しまなみ観光の人たちが宿泊していて満員ですって。
なので、飛び込みの歩き遍路さん達をだいぶ断ったそうです。

洗濯を終えて部屋でひっくり返っていたら、
窓の下から騒々しい音が聞こえてきたので見ると、
バイクツーリングの宿泊客がビッグバイクで到着したようです。
あれはハーレーの音やね。
he12-12b-11.jpg

満室なのに夕食はわしひとり。
みな、地元のB級グルメを食べに行くらしい。
お遍路さんは疲れていて外に食べに行く元気はない。

ひとりだけなのに料理は冷めていて、
お吸い物も食事半ばを越えたタイミングで出てきました。
ご飯は胚芽米のようですが、
朝の残りが保温ジャーに入っているような感じで妙な匂いがする・・・

夕食はビールを頂いたので、すぐに寝ました。



11月3日(日)
0630に朝食を頂いて、さっさと出かける。
「今治駅」~「伊予小松駅」まで移動する。
今日は日曜なので列車内は閑散としているが、
ジャージ姿や制服の学生がちらほらいます。部活か講習か?
he12-12c-01.jpg
「伊予小松駅」で降りて右手を見ると、参道になっているのがわかります。
まずはここから行こう。62番宝寿寺
7時50分着なので、納経所はまだ開いていない。
職員のおじさんが本堂の扉を開けていました。
「おはようございます。お参りしていいですか?」
「どうぞどうぞ。ちょっと待ってね。すぐ開けるから」
納経所も開けてくれました。

he12-12c-02.jpg
十一面観音像の特別開帳は今月一杯だそうで、やれ間に合ったよ。
足元まで上げてくださったので座ってお勤めしていたら
その奥の扉を開けてくださり、中を見ることが出来ました。
立派な仏像が並んでいます。
一瞬だけの拝観でした。
(誰もが「見せてくれ」と言っても見ることはできんので注意)

一之宮神社のある場所を教えてもらい、当時の写真も見せてもらいました。
もともと宝寿寺は札所である一之宮神社の別当寺で、納経は神社境内でした。
he12-12c-03b.jpg

納経所の方から、置いてあった錦札を貰いました。

一之宮神社へは、後で行くことにして、61番香園寺に行きましょう。
今日の天気は[雲量8]の曇り空なんですが、雨が降るような気配はない。
いつもの大聖堂で五体投地礼でお勤めします。

納経所では、初めてのお遍路さんには礼拝所での納経を薦めているようですね。
重ね印のわしには特に何も言われず・・・

礼拝所をスルーして次へ。

「伊予小松駅」まで戻り、踏切を越え、こんもりとした神社の森を目指して進む。
すると参道が真っ直ぐ続く道に出ました。
おお、ここが一之宮か。
伊予の一之宮は、大三島の大山祇神社であることは動かしがたいが、
社伝によると、分祀したものであるので、これを一之宮と呼んだのでしょう。
he12-12c-03.jpg

境内の脇に、
別当寺宝寿寺のあった場所に碑が建てられています。

(裏面碑文そのまま)
延宝七年藩主の命に依り白坪の里より当所に移す
明治元年の廃仏毀釈令に依り明治十二年二月当社南隣に移す
大正十二年五月鉄道開通の為現在地に新築移転す
当所裏東用水路より西へ五十米北道路より南へ十米当寺共同墓地あり
平成四年三月 社司 鴨威代
日野傳次 記す 九十三歳

なにはともあれ、いままで確認しておきたかった場所に来られて満足です。

国道を東に向かい歩くと、吉祥寺に着いた。
門前のレモンの木、たわわに実っています。
多分持ち主はいないのでしょうが、落ちている実はないかと探したら
おお、色づいたのがひとつ落ちている。
he12-12c-04.jpg

酸っぱい気分を口の中に留めつつ、さて今回最後の札所に行こう。
余裕たっぷりの行程ですね。
64番前神寺の空には・・・龍神さまはいない。曇り空ですから。
he12-12c-05.jpg

今日は一円玉をいささか用意してきた。
お不動様の前に進み、アンダースローでシュワッチと投げる。
おお、2枚引っ付いたよ!
ありがたや。

わしがやっていたら若いカップルがやってきて
「お金がひっついているよ」
という会話が聞こえたので、
「やってみ。ご利益があるよ!」
「どんなご利益ですか?」
「・・・・うう~む。お不動様がお願いを聞いてくれますよ」

アンダースローでシュワッチと・・・
おお、引っ付きました!
「おしあわせに!」
「ありがとうございます」

本堂での参拝終えてまたお不動さまの前を通ったら、
親子遍路3人組がお不動様の前でガヤガヤやっていたので、
またしても投げ方を教えたら、皆引っ付き、御利益あり!

実はこの投げ方、お遍路の仲間から教えてもらったんっすよ。
ソフトボールをやっていたそうで、アンダースローも納得です。
こんな楽しいことは皆に教えてあげたほうがいいよね!

納経所から出てきたら、
歩くのがままならないお婆ちゃんを孫が両側から支えて
駐車場に向かっているのを見て、走り寄り
宝寿寺で貰った錦札をお婆ちゃんにあげてしまいました。
「この先、お元気で巡拝できますように!」
「ありがとうございます・・・」

ここの札所って、不思議な所です。
たまたま錦札を持っていると、
あげたくなるような人に出会ってしまうことが多い。

鐘楼のベンチに座って大師堂の上を見ると龍神さまがいつもおられる。
今日は曇りでおられなかったんですが・・・

一円玉投げのレクチャーは、わしのお節介なんですがね。

できればこの場所で半日くらいボケーッとしていたいです。
he12-12c-06.jpg

今回のおきらく遍路旅はここでおしまい!
有意義な旅でした。
お大師さま、龍神さま、ありがとうございました。
he12-12c-07.jpg

「石鎚山駅」まで行き、しばし待ったあと
一両編成のローカル列車がゴトンゴトン来ました。
列車がホームに入ったとたん、雨がザーッと降ってきましたがな。
見えなかったけど、龍神さまはおられたんだなあ。
ありがたや。

12巡目の遍路旅も、残す所あと数箇所
11月中に終わって、12月には高野山に行けそうです。
he12-12c-08.jpg




プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード