FC2ブログ

歩き遍路3巡目 高野山

歩き遍路3巡目 高野山
平成27年11月14日~15日

he3-9a-00.jpg

11月14日(土)
四国遍路四周目の結願報告とお礼に高野山に行ってきました。
堺市に赴任してきてよかったと思うのはこの時です。
なにしろ南海電鉄高野線が近くを通っている。

0504始発に乗って出発
昨夜から降り続いていた雨があがっている。
やれ、ありがたやありがたや。

「天下茶屋駅」で高野線に乗換え
0605発の急行で「橋本駅」まで行き、
そこから各駅停車で「九度山駅」で降ります。
0707
he3-9a-01.jpg
駅の待合室で装束を改め、出発
ここから約2kmの歩き

0738
自尊院着
he3-9a-02.jpg
本日の道中安全を祈願し、納経帳に御朱印をいただきます。
山登りの格好の人もチラホラいるが、白の遍路装束はわしだけ。

he3-9a-04.jpg
0800
百八十町石に見送られて丹生宮省符神社への石段を登る。
根本大塔までの道程を一町(約108m)毎に石塔が建てられていて
道程の目安としては非常にありがたい。
he3-9a-03.jpg
南海電鉄の駅で貰ったガイドブックには
九度山駅から根本大塔まで、山道を約21km、7時間と書かれている。
まあ、こんなもんかな。
今日中に高野山の宿坊に辿りつく事を目標としましょう。

he3-9a-05.jpg
山道は落ち葉の絨毯が敷き詰められ
秋の風情が満点なんですが
赤の色味も欲しいなあ、と贅沢も言ってみる。

he3-9a-06.jpg
ここは富有柿の名産地で
道なりに熟した柿が「さあ、食べて食べて」
と言わんばかりに垂れ下がっている。
ああ、不偸盗不偸盗・・・

展望台からは紀ノ川方面が展望できる。
he3-9a-07.jpg

今回もお供はNHKラジオ文芸館
夏目漱石の「夢十夜」不思議な話です。
『こんな夢を見た。腕組をして枕元に坐っていると、仰向きに寝た女が、
静かな声でもう死にますと云う。女は長い髪を枕に敷いて、輪郭の柔か
な瓜実顔をその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほど
よく差して、唇の色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。』
不思議な世界観の物語に聞き入って歩いていると、
いつのまにか時間と距離が過ぎている。

しかし、風景は嫌でも目に入ってくるので
絶景を見落とすことはない。
お接待も見逃すことはない。
he3-9a-08.jpg
おお、柿のお接待だああああああああ。
ひとついただきます。
おいしいなあ。
元気が出たよ。

0900
銭壷石ですって。この石の上に銭を乗せて手掴みで取らせたそうです。
he3-9a-09.jpg
1265年から20年の年月をかけて
この町石道が整備されたそうな。
その際に安達泰盛が作業員に給金を与えたとき、
この石を使ったそうです。
彼は我等が足立氏の祖先なので、特に興味深くこの由来を見ました。

なだらかな尾根沿いの山道を登っていくので
そんなにきついとは思わず、景色を楽しみながら歩くことができます。

今日は雨が降らないのが有難いのですが
気温が今の季節にしては高いので汗が流れる。
確実に数が減っていく町石は
山歩きの目安としては最適ですね。
he3-9a-10.jpg

1000
六本杉峠着
he3-9a-11.jpg
歩き始めてから2時間、まだ半分も来ていない・・・
えい、気を取り直して行こう。
このあたりは少し勾配がある山道なので
疲労度が増すね。
今日は金剛杖に加えてストックを持ってきました。
両手に杖を持って山道を登ると楽ですね。

1037
二つ鳥居前の展望台
he3-9a-12.jpg
紅葉の山々を眺めることのできる絶景ですが
それよりも休憩所にAEDが設置してあるのに感激しました。
焼山寺のへんろころがしにも設置したらいいのかもね。

he3-9a-13.jpg
二つ建つ鳥居は、丹生明神と高野明神で、お大師様建立と
伝えられています。
そういえばここの地域は辰砂の鉱脈があるそうですね。
お大師様と辰砂の鉱脈は縁が深そうです。
お四国にも「丹」のつく土地が多い。
そこには弘法大師由来の霊場もまた多い。

he3-9a-14.jpg
更に山道を歩くと人の声が聞こえてくる。
(山の神様の声か!)
と一瞬緊張したが、
そこにはゴルフ場がありました。
な~~~んだ。

ゴルフ場を右に見ながら山道を更に登ると
自動車の音が聞こえてきました。
いつのまにかお昼時になっていました。
あげパンを齧りながら、自動車道を下に見ながら町石道を歩くと
石の窪みにお地蔵様(?)がある。
he3-9a-15.jpg

1244
矢立着
ここは車で来たとき、見覚えのある風景です。
自動販売機、トイレがあり
峠の茶屋の店先で休憩させてもらうことにします。
ここの写真を撮ろうとしたら、
車が停まり、中から降りてきた男が袋を手に吐き始めた。
ああああ、くねくね道で酔ったな。
気持ちはわかるがわしの目の前で吐かないでほしいなあ。
なので、峠の茶屋の写真はありません。
he3-9a-16.jpg

ここから道は急になる。
最後の5.8km、2時間とある。
頑張ろう!
he3-9a-17.jpg
新旧町石が並ぶ。右が古い方で左が新しいもの・・・
逆な印象ですけどもね。

町石道は、時々道路が寸断している。
と、ある看板が

he3-9a-18.jpg
「ノオッ!」
思わず叫んでしまいました。マカロニほうれん荘・・・
昔見た漫画って潜在意識の下にしっかり残っているんですね。
以前より激しく杖の鈴を鳴らしながら歩く。

自動車の音を上に聞きながら、杉の落ち葉の道を登っていくと
雨がパラついてきました。
でも雨着を着るまでもない。

1520
つつついに大門が見えた!
7時間と少しかかりました。あ~感激・・・・
の気持ちに浸る前に、突然雨が激しくなってきました。
he3-9a-19.jpg
ああ、お大師様が高野山にお帰りになったのですね。
ここで初めてポンチョを着込む。

ガヤガヤと騒々しい動画ですいません。
雨に濡れながら高野山の町並みを歩きます。

高野山の最初の目的地は
新西国6番札所「宝亀院」
he3-9a-20.jpg
根本大塔の道をはさんだ奥にあります。
ここはお大師様の「お衣替の行事」で有名な所です。
お大師様に御衣を奉る寺であり、その衣を染める霊井は、
生命の泉としてお腹の病に霊験ありとか。
わしも水筒にいただきました。
he3-9a-21.jpg

金峯山寺は、ずぶ濡れなので外からお勤めさせていただきました。
もう靴の中まで濡れてしまいました。

本日のお宿は「大円院」
宿坊のある奥の院の地域へ濡れながら歩いて行くと
先には大きなトランクを転がして歩く一団がいる。
こんなところにも爆買い軍団が進出しているのかああああ(ため息)
どうか同じ宿坊でありませんようにと
祈りながら歩いて行くと、
やがて大円院に到着
幸いなことに彼らは先へ歩いて行く。
それにしても賑やかで、やかましい。

宿坊で出迎えてきたのは20歳台の若者です。
高野山大学の学生さんだそうです。
「あの~、ここでは洗濯できますか?」
「すいません・・・できないのです」
「そうですか・・・」
仕方ない。宿坊でホテル並みの設備を求めるのは野暮です。
「夕食にはビール、お酒はつけますか?」
「(しばし黙考)・・・・ビールを!」
「はい」

通された部屋にはテレビ・エアコンがあるよ。
室温を高めに設定して、せめて濡れた衣装を乾かすかね。

1745に夕食です。
大広間で精進料理をいただきます。
おビールを頼んでおいたので、まずそれを一杯ググ~ッと
「んまいっ」
精進落しです。
he3-9a-22.jpg

でもビールは最初の一杯が命やね。
次第に酔っ払ってきて
美味しい精進料理を味わえなくなってきた。
なんと勿体無いことですか。
いかん!

食事を終えて
ヨロヨロと部屋に帰り、ひっくり返っていたら
Facebookの友達からメールが来ました。
高野山に研修で来られていて
差し入れを持ってきてくださるそうです。
なんと有難いことか。

酔っ払ったままでは失礼なのでお茶をがぶ飲みして
酔いを醒ます・・・が醒めない。

30分くらい寝ていたら
宿坊の玄関まで来たよ、とメールが来たので
衣装を調え、ヨロヨロと玄関に行く。
he3-9a-23.jpg

金剛峰寺の参与会の会員の方で、3日間の研修だそうです。
塗香、線香、飲み物のお接待を頂き
わずかの間ですが貴重な立ち話ができました。
ありがとうございます。
またの機会にゆっくりお話をお伺いしたいです。


11月15日(日)
夜半にしていた雨音が聞こえてこなくなっている。
すでにお大師様はお出かけになられたかな?

0550から朝のお勤めがあります。
本堂に集合してきたのは全員ではないようです。
正面の席だけ何故かいつも空いているので
わしが座ることにする。
こういうことは子供の頃からいつもそうなので、慣れています。
お焼香の煙がまともにわしにまとわりついてくるので煙い。

読経がおわり、法話になったのですが
若い副住職でしょうか、
やたらと肩に力のこもったお話をするので
聞く方も少し疲れてしまいます。
もう少し歳を取ったら角が取れた話ができるようになるでしょう。

0715
he3-9b-01.jpg
大広間で朝食を淡々と食べるのですが、5分とかからない。
わし一人食べ終わってさっさと引き上げる。
he3-9b-02.jpg

雨もあがっているし、さあ奥の院でお大師様に挨拶をしにいこう。
朝早いのですが観光客がちらほらいます。
he3-9b-03.jpg
それに気温が高いせいで
歩いて行くうちに汗が出てきます。
11月も半ばなのになあ。

昨夜の雨で高野山は清められ
空気と岩と木々が清浄な雰囲気に包まれています。
御廟所前は人も少なく、更に厳かな雰囲気がします。
お勤めするのも、わしひとり。

見も心も清められて
帰ろうとしたら、大きなカメラをかついだオッサンがいる。
嫌な予感がしたので、しばらくそのオッサンを観察していたら
御廟の写真を撮り始めた。
he3-9b-05.jpg

「撮影禁止」とあちこちに書いてあるのに
本当にアマチュアカメラマンは節操がないなあ。
いや、むしろ「カメラ持ったおっさん」と呼ぶべきか。
以前アマチュアカメラマンの無節操さを批判したら
自称プロカメラマンに絡まれた事がありました。
「撮影禁止」の場所は、
正式に許可を取らなければプロでも撮影禁止なんです。

信仰の対象である仏像を被写体として捉える人が
撮影後、御朱印を求めるのはアンビバレンツな行為です。
彼らはそれに気づいていないのでしょうか。

最後の最後で嫌なものを見てしまいました。
これについて考えなさい、とお大師様からの課題でしょうか。
he3-9b-08.jpg

he3-9b-06.jpg
帰りは南海電鉄の「バス」→「ケーブルカー」→「特急こうや」
これ、ほとんど待つことなく驚くほど円滑に乗り継ぐことができました。
歩きバス電車コラボ遍路していると、
驚くほど円滑に乗り継ぎができることがよくありました。
慌てて急ぐと心に余裕がなくなるので
「まあいいや」
と思うとうまくいくことが多かったです。
無作為がいいのでしょうね。

あせらず、慌てずに行くのがいいのかもしれません。


さてこれで四周が終わりました。
五週目・・・・多分12月から始めてしまいそうです。
皆さん、またお付き合いください。
he3-9b-07.jpg


スポンサーサイト



歩き遍路3巡目結願 87番長尾寺~88番大窪寺

歩き遍路3巡目結願 87番長尾寺~88番大窪寺


遍路装束
歩き遍路3巡目、総合4巡目の結願編です。

平成27年4月から始めた何でもありのおきらくお遍路
関係各位のご縁をいただきまして
順調に進みました。
一挙に結願まで持っていっていいのでしたが、
ラスト2箇寺は最後までとっておきました。
ゆっくりと遍路道の風情を楽しみながら歩きたかったのです。

しかしですな、

柔道やっていたときに痛めた股関節が
無理すると具合悪くなることがあり、
折悪しく一週間前から右の足の付け根が痛くなってきましたがな。
そこで関節痛に効くという「ゆずっ粉」を欠かさず飲んで備えました。
女体山超えをするか、旧遍路道を歩むか悩ましいところです。
えい、出たとこ勝負だ。

10月30日(金)
1800発南海なんば発で高松を目指します。
この時期高松道の夜間集中工事のために鳴門西ICから下道に降りたため
若干遅れて2200に高松駅前バスターミナルに到着
駅前のビジネスホテルに宿泊しました。

10月31日(土)

今朝もいい天気みたいです。
朝の冷気を吸いながら琴電「高松築港駅」まで歩く。

なにも高松から行かなくても、と言われそうですが
どうしても琴電長尾線に乗ってみたかったんですよ。
鉄ちゃんの血が騒いで騒いでしかたがないのです・・・・
he3-8a-01.jpg
0616始発に乗ると車内はガラガラ
好きな席に座って出発!
しばし早朝の電車旅を楽しむ。

he3-8a-02.jpg
0652「琴電長尾駅」着
ここから87番長尾寺までは歩いてすぐです。

0657
87番長尾寺着
he3-8a-03.jpg
早朝ながら参拝者が二組いました。車遍路と歩き遍路
納経所の横にある売店の
「甘納豆入りおはぎ」を食べたかったんですが
残念ながらまだ店は開いていません。
心を甘納豆おはぎに残しつつ大窪寺へと歩みます。

相変わらずここの遍路標識が剥がされたままです。
八十窪の女将さんから訳を教えてもらいました。
これは、札所と半官半民のややこしい人間関係の所産だそうです。
まったく凡俗のせいでお遍路さんは不便な思いをしますね。

he3-8a-04.jpg
秋の深まる遍路路を景色を楽しみつつ歩きます。
いつも楽しみにしているNHKラジオ小説を聴く。
今日は白石一郎著「十時半睡事件帖」の中の「丁半ざむらい」
このシリーズが好きでよく読んでいました。
江戸時代の設定ですが、
現代人の悩みや世相と微妙にリンクさせてあってとても面白い。

閑話休題

ちょうど短編が終わった頃に
「おへんろ交流サロン」に到着しました。
朝早くから開いています。
「おはようございます」
「おはようございます。あ、前に来たことありません?」
「は、はははい。4月に・・・」
he3-8a-05.jpg
今回は、描いてきた絵を貰ってもらいました。
八十八箇所全部の絵が描けたらまた持ってきます。

さて今回は女体山超えと別のルートを辿りたいと思い、
お勧めルートを聞いてみました。
最後の大窪寺へ行くには、
大きく「女体山越え」と「花折峠越え」の2コースあり、
最初は皆、せっかくだからキツい「女体山越え」に挑みます。
でもここは「四国の道」だそうで、
本来の遍路路は「花折れ峠」だそうです。
he3-8a-06.jpg
国道沿いに歩くこの道
毎年この時期に「さぬき市88へんろウオーク」が行われるそうで
沿道に旗が立っています。

途中山道へ入る標識が遠慮がちに建っています。
舗装されていない道を選んでしまうのは歩き遍路の性でしょうか
躊躇なく山道を目指す。
あとで八十窪の女将さんによると、
この路は遍路路でもなんでもない後付けの山道だそうで・・・
でもいいんです。
山道を歩くのが好きなんですから。
正しいことはひとつではないのです。

he3-8a-07.jpg
今日は可能な限りゆっくりと楽しみながら
歩こうと決めた日なのです。

he3-8a-08.jpg
2kmの山道、結構勾配がキツいですねええええ。
大きな石がゴロゴロしていて、
何かお大師様由来の石でもないかと思うのですが
そうでもないみたいです。
眺望絶佳、といいたいところですがそれほどでもない。
でも心地よく汗をかきました。

he3-8a-09.jpg
舗装道路に合流し、しばらく歩くと休憩所がありました。
長尾寺駐車場でお接待に貰ったキャラメルを食べながら休んでいると

he3-8a-10.jpg
「お遍路休憩所で、お遍路さんが休んでいる・・・」
というような独り言が聞こえてきました。
お年寄りの夫婦連れが歩いてきました。
地元の人らしい。
「おはようございます」
「おはようございます」

「バス通りコース」という3号線と合流しました。
確かにダンタイサンを乗せた観光バスが通り過ぎて行きました。

幟旗に沿って旧遍路路を歩くと
「細川家住宅」がありました。
特に見たいとは思わなかったので、スルーしました。

he3-8a-11.jpg
道沿いには大窪寺までの丁石があり、
確かにここは遍路路なのだということがわかる

が、

道路整備等の関係で道沿いに建っていない所が多い。
崖上に移転していたり、草むらに覆われてしまい
どこにあるのかわからないよ。

ここの山里の路、気に入りました。
ひそかに計画している
「おきらく遍路ウオーク(仮)」の結願コースにしようか・・・

山里には秋の味覚がわしを誘う。
山栗のイガが落ちているが、
すでに鳥獣が食べてしまっていて殻だけ。
木には柿や柚子がたわわになっている。
人の畑のものは、十善戒に背くので取れませんが
廃屋の柿の木があったよ。
丸くて、柿色に色づいているのでひとつ頂いて齧ったら・・・・
he3-8a-12.jpg

口の中が渋だらけになちまった。
あ~、この感触
なんとかならんか。
喉の奥まで変になってきました。
キャラメル舐めてごまかす。

艱難辛苦のうえ
道の向こうに山門が見えてきました。
he3-8a-13.jpg
おお、大窪寺!
やはりこの路が遍路道だと実感する瞬間です。

1250
88番大窪寺着
he3-8a-14.jpg
今回は遍路道を通ったので山門から入ることができました。
お腹がすいていたので門前町から漂ってくる香りに心が動きますが
参拝してから!
本堂の前には大きな銀杏の木が綺麗に色づいています。
空は青空、気持ちのいい秋の昼下がりです。
土曜日の昼ながら、そんなに混雑はしていません。

ですので

座る場所を探さなくても気兼ねなくお勤めができました。
納経帳に御朱印を押してもらい
4周目の終了です。
納経帳を見つめて目に涙・・・は出ません。

早速腹ごしらえに
八十八庵(やそばあん)に飛び込む。
「いらっしゃいませ!」
「打ち込みうどん!」
「はい!打ち込み一丁!」
鍋焼きうどんは寒い季節に食べると美味しさが倍増するね。
ふうふう汗をかきながらすする。
うまいね~。
わし、すっかりここの打ち込みうどんのファンになっています。
he3-8a-15.jpg


お腹もできたことだし、今度は門前の「飛猿閣」に行く。
「こんにちは。甘酒飲ませてください!」
ここの女将さん元気です。
しばらく四方山話をする。
それによると、やはりお遍路さんは減少してきているそうです。
ダンタイさんからの遍路装束のお世話をしているのですが、
その注文がさっぱりこないと言っていました。

来年はうるう年の逆うちツアーを旅行社が企画しているそうですが
それもいまいちらしい。

そんな話をしていたらお客さんがドドッと店に来たので
おいとますることにして
わしの描いた大窪寺の絵を貰ってもらいました。

ぶらぶらと境内に引き返し、ベンチに座っていると
歩きの親父遍路さんが二人
このあとの予定を話し合っている。
「高野山へはどうやって行けばいいんかなあ」
「さあ、わしも初めてなんで・・・」

「あ、横からすいません。いいですか?」
「はい」
「大阪の難波まで行って、そこから南海高野線の『高野山・世界遺産きっぷ』が便利ですよ」
「なるほど」
「もしかして八十窪に泊まられるのですか?」
「そうだけども、まだ早いから迷惑かと思い・・・」
「大丈夫ですよ」

宿に着いたらいつもの女将さんが出迎えてくれました。
女将さんにもわしの描いた絵を貰ってもらいました。
早々と洗濯、入浴を済ませて
he3-8a-16.jpg
ワンカップで独り四周目結願を祝う
・・・つもりが遍路日記と絵を描き始めたので
それに没頭してしまいました。
書き終えたら眠くなりテレビを見ながらうとうと。

「夕食ができましたよ~!」
「はい!」

he3-8a-17.jpg
八十窪の名物、結願祝いお赤飯です。
今日は季節感たっぷり、栗入りおこわです。
色が妙にピンク色だったので聞いてみたら
炊くとき色をつけているそうです。

今夜の会食はオヤジ遍路さん二人、車遍路夫婦二組、わし。
歩きは歩き同士で話が弾みます。
区切りのオヤジさんは後半は全て
通夜堂とか善根宿で通してきたそうです。
通夜堂を使ってみたいわしは、
彼に質問攻めをしてしまいました・・・

ここでもわしは年齢よりも若く見られていて
「わし55歳なんです・・」
「ええっ!30台かと思いましたよ」
急に彼らの口調が変わりました。

食事中、
80歳を超える女将さんから長尾寺から大窪寺へ至る遍路道の変遷とか
興味深い話を聞かせていただきました。
昭和からのお遍路さんを見つめている生き字引ですね。
そんじょそこらの遍路知識をひけらかしている人達は
到底太刀打ちできませんやね。

11月1日(日)
he3-8b-01.jpg
今日は高速志度から高速バスに乗って帰ります。
ゆっくりと大飯をいただいてから
朝の散歩に出かける。
he3-8b-02.jpg
早朝の大窪寺境内は空気が澄んでいて気持ちがいい。
he3-8b-03.jpg
しばらくその空気を楽しんでから門前町に降りると、
すでに店が開いていました。
「おはようございます。早い開店ですねえ」
「納経所が7時から開いていますからねえ」
たいしたもんです。
彼らは朝早くから夜遅くまで参詣者のために働いていてくれるんですね。
これこそ究極のお接待ではないでしょうか。
he3-8b-04.jpg

8時にお宿を出て再び大窪寺境内で
スケッチブックを出して絵を描き始める

今朝はどうもうまく描けないなあ。
なぜか?よくわからん。
言えるのは、まだまだ自分の腕は未熟だってことです。

he3-8b-05.jpg
1000にコミュニテイバスで「志度バスストップ」まで行き
1132のバスで大阪難波OCATに帰り着きました。



これで通算四周目が終わりました。
始めた頃はこんなに廻るとは思いませんでしたがな。
この先いつまでお四国を廻るのか見当もつきませんが
「体力」「財力」「家族の協力」の三力が尽きるまで
おきらくにやっていきたいと思います。
he3-8b-06.jpg


PS
今考えていること・・・
「おきらく遍路ウオーク(仮)」を計画しています。
ハードでない遍路道を、
みんなで楽しく歩くことはできないだろうかと考えています。
ご賛同頂ける方を募ります。
お気軽にメールください。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード