FC2ブログ

区切り歩き遍路2周目 第2回 2日目 12番~17番

区切り歩き遍路2周目
第2回 2日目 12番~17番
he2-hichhaiku.jpg

この頃連休になると台風が来るような気がする。
折しも19号が沖縄近海に近づいてきている。
明日は四国も暴風雨に見舞われるとか・・・・
仕方ないので今回の後半の予定は一部中止にする。
鶴林寺、太龍寺は山道なのでリスクは回避したいよね。
ですから今日は平地、列車を利用して廻ろうと思います。

とはいっても列車の連絡がうまくいくはずもない。



思ったら

札所と近くの駅、それにダイヤが奇跡的につながったよ!
う~~む。お大師さまの導きか・・・・。
(なんでもお大師さまのおかげ)
he2-2b-01.jpg


今のところ風は多少強いが秋の青空が広がっています。
ニュースでは台風情報ばかり流していて、前途の不安をかきたててくれる。
そのなかで、ちょっとだけ面白かったニュースがひとつ。
高知駅前に鎮座している坂本龍馬、武市半平太、中岡慎太郎像が
強風による倒壊を避けるために一時撤去されるとか。
ん?あんな大きい物が飛ぶんかい?
実はあれ、発泡スチロール製なんだってね。
うっわ~、お手軽!
知らなければよかった、という事ってあると思いません??

he2-2b-02.jpg
今朝はちょっと早めに行こう!
徳島駅を0547の始発で南小松島駅まで行く。
0604、まだ駅には誰もいない。最近朝の空気が冷たくなってきて
気持ちがいいね。

he2-2b-03.jpg
ここから18番恩山寺までは3km、わしの足では1時間かかる。
納経所が開く7時前後には札所に着いているってえ訳です。
途中「弘法大師お杖の水」に行きたくて、少し寄り道をする。
前回、見落としてしまった所です。
お大師さまが杖で突いて湧き出した泉なんでしょうね。
ここには昔お接待所があったと看板に示されています。

he2-2b-04.jpg
「恩山寺まで八町」の道標、前にもこの写真を撮った覚えがある。
確か、稲が青々と茂った田圃を背景にしていた。
気になる風景はいつも気になる、ということやろうか。

he2-2b-05.jpg
0652 18番札所 恩山寺着
この山門は、もう廃されているんでしょうか?仁王様もいない。
屋根に生えた雑草を見ていると廃寺に来たような感じがします。

he2-2b-06.jpg
この山門を通ると、歩き遍路道に自然と導かれる。
何も舗装された車道を通らなくても趣のある遍路道を登って行くことができる。
すると、お大師さまの背中が見えた。
お大師さまは車道の方を向いている、と思う。
これも時代の流れか・・・。

19番立江寺までは4km
ここは真面目に歩きます。
まだ台風の影響もない。強いて言えば少し風があるくらいかな。
なんとか今日中に薬王寺まで行きたい。
he2-2b-07.jpg
「お今日塚」って、こんな感じだっけ??
奥には新しい遍路小屋が出来ている。25年10月竣工とあるので
わしが通り過ぎた後にできたんやね。

0819 19番札所 立江寺着
山門には自転車遍路の親父さんがいる。
自転車でも廻って見たいと思うが、坂道や山道の事を考えると
う~~~ん、躊躇してしまう。でもやってみたい。
本堂の方からは団体さんの先達さんが拍子を取る
拍子木(なのかな)の音だけが高く聞こえてくる。
みんなまだお経に慣れていないのかな?

he2-2b-08.jpg
大師堂でお経をあげていてふと気づくと
ガラス戸にわしと背景が鮮やかに写っている。
おもしろいアングルなので上手く撮りたいと思うのですが
なかなかうまくいかん・・・・

he2-2b-09.jpg
そして今回は、見逃していた「黒髪堂」を見に行った。
なるほど、確かに髪の毛が巻き付いているなあ。
写真じゃ上手く写っていない。

わし、ここの札所の境内って好きなんです。
札所の所々で、(あ、ここの雰囲気好きやな)と思う
所があります。阿波の関所寺のここは、
いつまでもここに居たいなあ、という雰囲気があります。
立江駅から0951の列車に乗ればいいので、しばらく時間がある。
鐘楼の横のベンチでボ~ッと空を見上げていました。

隣のベンチにはリュックが置いてありました。
戻ってきたのは60代の婦人
「こんにちは、歩きですか?」
彼女は神戸西宮から週末を利用して一人で区切って歩き、
6巡目だそうです。
彼女が言うには
「私らは、『四国病』に罹っているんやよ。そんで、今四国に入院しに来ている」
なるほど、確かに四国病やねえ。
なぜ四国に来たくなるのか訳わからんもんね。
色んな話をしました。
歩き旅は独りのほうが気が楽とか、次の旅が待ち遠しいとか・・・
「先達にはならないのですか?」
「いや、あんなの私には無理!人に合わせなきゃならんし」
彼女は台風が来るのでこのあとバスで鶴林寺麓まで行き、
そこ登ってから徳島駅に移動し帰るそうです。

he2-2b-10.jpg
わしはそろそろ立江駅まで行こうかね。
その前に、門前のお菓子屋さんによって・・・・・
名物「たつえ餅」を買う。
古代米を使って撞いた餅は赤っぽい。
「粒餡ですか?」「こし餡です」
あああ、わし、粒餡が好きなんですよね。
駅のベンチに座って食べてみたら、餡がおいしいよ!
しっとりした食感の餡が舌の上で上品に溶ける。

he2-2b-11.jpg
列車の旅は順調です。
阿南で特急に乗り換えて日和佐まで行く。
he2-2b-12.jpg
1045日和佐駅に到着しました。
駅前には日和佐城がデンと座っています。いつかこのお城にも行きたいなあ。
帰りの列車は1208なんで、十分に時間はある。

he2-2b-13.jpg
昼食を食べて行こう。
23番薬王寺門前のうどん屋に入る。
「やくよけうどん」
焼き餅、エビ天、ワカメが入っています。
お腹いっぱいになるね。

1120 23番札所 薬王寺着
厄除け坂には一円玉が置かれている。
中年の夫婦連れが
「お金がたくさん落ちているなあ」
「これは厄除けのおまじないなんやよ」
「なら、踏んだらいかんな。あ、踏んでもうた」

he2-2b-14.jpg
本堂奥の瑜祇塔へ続く男女還暦厄坂61段があるのですが、
まだこの階段を登るのは早いな。

he2-2b-15.jpg
大師堂の近くに「随求の鐘」があって書かれてある「大随求真言」を唱えながら、
歳の数だけたたいてならせば厄が鳴り落ちると言われます。
カンカンと(数えで)55回叩いてきました。厄が落ちたかな?

帰り道は
日和佐駅から新野(あらたの)駅まで列車で行き、そこから約2km歩いて22番平等寺
来た道を戻り、新野駅から徳島駅まで行きます。
he2-2b-16.jpg

he2-2b-17.jpg
1208に新野駅着、次は1440発なので、かなり余裕を持って行動できます。
心にゆとりができると景色を楽しみながら旅ができますよね。
22番までの道のりも、鼻歌歌いながら・・・・・
he2-2b-18.jpg

1305 22番札所 平等寺着
本当は太龍寺を降りてから大根峠超えをしたかった。
四国は逃げはしない。また次の機会に行こう。

he2-2b-19.jpg
手水を使おうと思ったら何か沈んでいる。
よく見たら紅葉の葉です。趣のあることをしていますねええ~。

本堂に行ったら、若い歩き遍路さんが柏手を打ってお参りしている。
周囲の年寄りは何も言わない。あとでそっと教えてあげよう。

ここで今回の区切り遍路も終わり。
大師堂で今回の順調な旅のお礼をする。

新野駅では40分くらいの時間ができた。
待合室でボ~ッとしていると
婦人の二人組遍路さんがやってきた。
彼女らは北海道から来ているそうです。
なんでも先日大窪寺に結願したんですが
なぜか18~22番の本尊の御姿を貰うのを忘れたそうで
またここまで戻って来た、ということだそうだ。
遠い北海道から大変ですねえ。
それも何回かに分けて来ているので、
彼女らも四国病におかされているのでしょうね。
次回は高野山に行く予定だそうです。
彼女らも歩くところは歩き、列車を利用できるところは利用して
四国を廻ってきているようです。
焼山寺や立江寺で会った人といい、今回はバス列車歩き遍路の人たちと
ご縁ができました。
歩きオンリーの人たちとはまた違った雰囲気です。
極端に求道的ではなく、自分の歩みを自慢することもなく
こうでなければならない!という訳でなく
心が自由な旅人という感じがしました。

he2-2b-20.jpg
徳島駅には1603に着きました。
高速バスは1800発車なので、それまで温泉に入って疲れを癒し
骨付き鶏とビールを楽しんできました。
それでもバス停で30分くらい時間ができたので
停留所でボ~ッとしていたら、
立江寺で出会った西宮の婦人とバッタリ会いました。
山頂の鶴林寺は風が強かったらしいです。
この時点では西の空がやや雲が多い状態で、今日帰る分には問題ありませんでした。
翌日、台風は四国に接近し、バス列車飛行機は皆運休になってしまいました・・・
he2-2b-21.jpg

次回は、鶴林寺と太龍寺を一日で廻りたい。


スポンサーサイト



区切り歩き遍路2周目 第2回 1日目 12番~17番

区切り歩き遍路2周目
第2回 1日目 12番~17番
すっかり四国病にかかってしまいました。
今回はそんな病気の人達と沢山話をすることができました。


今回からは歩けるところは歩き、
列車やバスを利用できるところは遠慮せず使う旅にしました。
そんなに歩きに固執するするつもりはありません。
こんなお遍路旅があってもいいじゃん!

10月11日
仕事を終えて、南海難波から徳島行きのバスに乗る。
この晩は徳島駅前「東横イン」に泊まります。
ふと玄関のポスターを見てみたら「お遍路お接待プラン」があるよ。
早速フロントで聞いてみたら、直接ホテルで予約した人で
お遍路さんを証明する物を持っていればかなり安くなるそうです・・・・
今度使ってみようかね。

he2-2a-01.jpg
それから、今季ホテルの予約が取りにくかった。
それは、徳島県が開催している「まちあそびフェスタ」の開催中だとか・・・
アニメのイベントだそうで、徳島市内には、わらわらと若者が溢れている。
しかし、なんだか似たような雰囲気の男女が多い。
どこかで見たような・・・
そうだ、秋葉原に集うオタクたちの臭いだ!
わしも若い頃アニメに凝っていたんで、批判的な目で見ることはないが
お宿が取りづらかったのは彼らの影響だったと思うと・・・

10月11日(土)
今朝は徳島駅前から徳島バスの神山線に乗って焼山寺ふもとの寄井中まで行く。
そこから焼山寺までは神山町営バスがあるんですが、
0725、1315、1631発の3便しかない。
う~ん、連絡がない。
当たり前のことなんですが、それくらいは歩こう。
he2-2a-02.jpg
徳島駅前バス停で
発車のバスを待っていると、お遍路さんがいる。
「どちらまで?」
「焼山寺まで・・・」
30~40台の男性で、
今年の9月に東京から徳島に転勤してきたそうです。
それで、すぐにお遍路に出る気になったらしい。
まさに、お大師さまに呼ばれたな!
先輩ヅラして色々知っていることを教えてあげました。
he2-2a-03.jpg
0705
バスに乗ること1時間、乗客は遍路の2人と病院通いの老婆が3人
ほとんどの停留所をスルーしてバスは進みました。
わしは運行表を見ながら現在地を確認していたが
隣の彼は眠りこけている・・・・昨夜は寝不足だそうだ。
目的地の寄井中付近に着いたら声をかけようと思っていたら
ご心配なく、ちゃんと起きていました。
he2-2a-04.jpg
0816
寄井中(『より田舎』と誤変換してしまった)着
神山町営バスの連絡はなく、
ここから7.5kmの山道を歩き遍路さんになって登る。
彼は朝食を買って食べるために道沿いの商店に寄って行くそうです。
そこで別れました。
わし、歩くの遅いから独りで歩くほうが気を使わなくって好きなんですよね。
he2-2a-05.jpg
透き通った青さがやけに目に付く川の写真を撮ろうと思うのですが
デジカメではいかんせん思い通りには撮れへんなああああ。
いっそ絵に描いたほうが気持ちが表現できるかな?

he2-2a-06.jpg
やはり焼山寺、裏から登ってもキツいなあああ。
道端の仏様が「がんばれや」と言ってくれているような気がする。

he2-2a-07.jpg
0902
神山町営バスの終点の「焼山寺バス停」です。
バスに乗ってくる人でもここからの3.4kmは、
嫌でも歩かねばならん。
帰りのバスはここから1315と1631があるんで、その時刻までに
参拝を終わってここまで戻ってこなくてはならない。

さらに登っていくと、焼山寺方面から降りてくる女性遍路さん。
「おはようございます」
「おはようございます!逆打ちですか?今日2人目です」
「い、いや。今回はここだけ逆に登るもんで・・・」
「ここから急になります。頑張ってください」
そうなんですよねええええ。焼山寺は山の上ですもんねえええ。

he2-2a-08.jpg
車道が旧遍路道を寸断して山を這うように続く。
傾斜は急だが遍路道の方が近道です。
でも辛い。
道端でへばっていると、バスで一緒だった男性が追いついてきた。
「早いですねええええ」
「いえ、それほどでも」
「お先にどうぞ・・・」

he2-2a-09.jpg
遍路道を逆に歩いていると、景色も逆なので
前回見た景色とは違い、注意していないと道を誤ってしまう。
焼山寺参道と書かれている、ここ。
真っすぐに行くと駐車場に行ってしまう。
ここを左に曲がらなくてはいけない。

1015 12番札所焼山寺着
お勤めの後に納経所で
「車ですか?」
「いえ、歩きです(見りゃわかるやろう)」
駐車場料金徴収のために聞いているんでしょうね。
「ずいぶん早く着きましたねえ」
「は、はあ。経験を積みましたもんで」
ここで神山までバスで来た事は、
あえて言うまでもないやろう・・・・

山門まで降りてきたら、あれ?追い抜いたはずの男性が登ってきた。
彼はやはり間違えて参道から駐車場まで行ってしまったそうでした。
でもそれすらも楽しんで登っているようです。
この心の余裕を見習いたいと切に感じました。

さてここで、
わしはヒッチハイクをやってみようという気になりました。
境内には車遍路さんたちが10組くらいいた。
1台くらいは乗せてくれるやろう。
下りの道路の道幅が広くなっているところに立ち、
親指を立ててヒッチハイクのサインで降りてくる車にサイン!

・・・・停まってくれないよ。

お年寄りなんでヒッチハイクのサインがわからないのかな?
それともヒッチハイクをするお遍路さんはいないのかな?

色んな事考えながら
更に数台をやり過ごした後、停まってくれました!
坊主頭の男性です。41歳と言っていました。
焼山寺でわしの後ろでお勤めしていた人だったなあ。
彼がお大師さまに見えました。

彼は出雲の人で、出雲三十三箇所、中国三十三箇所を廻った後に
岡山に引越したのをきっかけに四国巡礼に来たそうです。
彼も、お大師さまに呼ばれたんでしょうね。
先日高円宮家の次女典子さまと結婚した出雲大社権宮司の千家国麿さんとは
高校の同級生とか。確かに41歳ですね。
「あ、あの~、その傘とか、杖は揃えたほうがいいんでしょうか?」
「いやあ、必要になったら買いますよ」
「そんなもんですか」
「参拝に必要なのは輪袈裟と数珠で十分と思います」
「はあ」
「大事なのはお寺に参拝する気持ちですよ」
(なんか偉そうなことを言ってしまったなあああ)

he2-2a-10.jpg
1145 13番札所大日寺着
いやああああああ、彼のおかげで予定より2時間くらい早く着いたあああ。
ありがとう!
17番まで乗っていきませんかと言ってくれましたが、
好意に甘える訳にはいきません。
ここから(真面目)に歩いて行きます。

he2-2a-11.jpg
遍路道は秋真っ盛りです。田圃は稲刈りも終わり、
籾ガラを焼く香ばしい香りが漂っている。
わし、この香り大好きです。子供の頃の郷愁が蘇ってくるからです。
香りの思い出って、いいですよね。
お腹がすいてきたので、持ち主のいない(だろう)柿を頂戴して食べる。
たまに渋柿にあたるが、大体普通の柿で、
ほのかな甘さが秋を感じさせてくれますね。
5~6個食べたでしょうか。
食べ過ぎるとお腹を冷やしてしまうんですよね。

he2-2a-12.jpg
農道のお地蔵さまが道を指し示してくれます。
地元の人達に大切にされている野仏はいいですね。

he2-2a-13.jpg
1234 14番常楽寺着
門の前にある民宿の看板の群れも四国遍路の風物か。

he2-2a-14.jpg
アララギ大師
本堂右側の樹周8メートル、高さ10メートルの巨木で、
木の股にお大師さまがおられる。
糖尿病に効果があるとか!あやかりたいいいいい。

そのあとちょっと調べてみました。
イチイの枝葉に含まれる含有アルカロイドのタキシンが、
アドレナリン過血糖に対して血糖降下作用があるそうです。
漢方にもあるようです。
でもアルカロイドは毒なので処方には注意が必要です。

he2-2a-15.jpg
お寺の裏に駐車場発見!
そうか、裏にこんな広い駐車場があったのか。車遍路の時
表の狭い駐車場しかなくて駐車に難儀したっけ。

he2-2a-16.jpg
お寺を出てしばらく行くと
「十四番奥ノ院」の看板があるよ。
どうしようかと一瞬迷ったが、行くことにした。
狭い道で少しわかりにくかったが
意外と早く奥ノ院「滋眼寺」にたどり着いた。
十一面観音が安置され、安産祈願に女性が多く訪れるそうです。

he2-2a-17.jpg
1307 15番札所阿波国分寺着
ここは二重の本堂だけが昔の雰囲気を残しているような、
少し寂しい感じがする。
he2-2a-18.jpg
七重の塔の礎石あとが往時の隆盛を忍ばせてくれます。
しかし大師堂は木の香りがまだするような新しさです。

he2-2a-19.jpg
1400 16番札所観音寺着
街の中に忽然と存在している、誰でも気軽に立ち寄る事が
できそうな札所です。近所の人達が羨ましいですね。
ここの納経所では、唯一白衣の襟に光明真言の印を押してもらうことが
できます。わし車遍路の際に押してもらい、ご満悦でした。
お軸とか納経帳を持った車遍路さんたちが沢山納経所に並んでいましたが
多分知らないのでしょうか。
納経所のお婆さんがわしの白衣見て
「あ、その襟の光明真言、うちだけでしか押せないのよ」
と宣伝していましたが、誰も希望していませんでした・・・・

1503 17番札所井戸寺着
予定よりも2時間も早く着いた。
またヒッチハイクがうまくいけば18番、19番も廻れるか・・・
あさましい考えが頭を支配する。
面影の井戸にも自分の顔は映る。日切り地蔵様にお願いしようか・・・
he2-2a-20.jpg

he2-2a-21.jpg
本堂前に新しい大師像が建立されている。
「雀大師」と名づけられていて、鉢に雀が乗っているよ。
縁起は残念ながら忘れてしまいました。

駐車場でヒッチハイクできそうな夫婦連れに合図したが
気がついてもらえず。
ショボ~ン
まあいいや。明日は明日の予定で行こう!
2kmくらい来た道を戻り、
「国府(こう)」駅から徳島まで戻りました。
この日のお宿は以前使った「はやしや別館」です。
古いところですが別に気になりません。
安いし、風呂が大きいんです。
ここは洗濯ができないのでコインランドリーに出かけて
そのついでに串カツ食べてきました。

仁徳天皇陵

26年10月7日(火)
仁徳天皇陵探訪

台風一過、今日は爽やかな秋晴れです。
どこかに行こう!
でも、今週末から3日間お遍路に行くので散財は避けたい。
ならば、自転車で行ける近場の観光地に行こう。

堺市に来てから気になっていた
仁徳天皇陵に行こう。
ni-01.jpg

住んでいる浜寺元町から、大体5km位の距離なんで
自転車で30分くらいで行ける。

まだこの辺の道路事情には詳しくないのですが
大きな幹線道沿いに行けば問題ないでしょう。

そのあたりは大きな古墳が集中していて、
百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)と言われている。
4世紀末~6世紀後半頃に築造された古墳が分布するそうです。

「仁徳天皇陵はここ!」
という標識は・・・見当たらない。
しかし、こんもりとした小山が見えてくる。ああ、あそこかな。
履中天皇陵が最初に見えてきました。
胸の高まりが強くなってくる。

いま、古墳ガールなんてえのが流行っているようですが、
実はわし、子供の頃は古墳小僧だったんです。
何故か古墳を見ると胸がときめいていました。
庭に古墳の模型を作って楽しんでみたり
美濃の濃尾平野に点在する小規模な古墳を見物に行ったもんです。
いつかいつか
日本最大の仁徳陵を訪れて見たいものだと思っていました。
ni-02.jpg
おお、ここがそうか・・・
宮内庁の管理事務所があって、天皇陵墓ということが実感できる。
全容は、空中からしかわからんなあ。
綺麗に整備された正面から参拝する。
ni-03.jpg

周濠の周りは遊歩道になっていて
ジョギングする人やお散歩の年寄りの姿がチラホラと見える。
しかし外濠なので、陵本体は窺うことができない。
ni-04.jpg

ni-05.jpg
一周約3km、自転車だと15分くらいかな。
万葉集の句碑もある。
公園として周囲の住民の憩いの場所になっているようです。
ni-06.jpg

道を挟んだ向かい側には大きな公園があり、
その中に堺市博物館があって
古墳に関する展示があるので見に行くことにする。
特別展示を併せて600円なり

最初はミニシアターで百舌鳥古墳群と仁徳天皇陵に関する
説明を観る。
興味深い内容で、15分があっという間に過ぎる。

ni-07.jpg
常設展示は、古墳に関する事と、堺市の歴史について。
古代の甲冑の復元がされていて、直接触って重さを感じることができる。
結構重い。
これ着て動き回るのは大変ですねえ。

ni-08.jpg
更に目を惹かれたのは石器の展示です。
これまた、子供の頃、石器が出土するという土地に住んでいたことがあり
一生懸命みつけようとしたんですが、ダメだった思い出があり
その後自分で黒曜石を削って石器を作って遊んでいた事を思い出しました。

ni-09.jpg
特別展は、日本各地の遺跡から出土した物の展示
縄文時代の火焔土器は、何かしらエネルギーを感じます。
小学生の時、授業で土器を作る機会があり、
これ作ろうと思ったんですが、うまくいかなかった・・・

ni-11.jpg
堺は戦国時代に鉄砲鍛冶が居た関係で
鉄砲に関する展示もあった。
鉄砲制作方法に関する展示も興味深い。

ni-12.jpg
大阪城攻城に用いられた大筒は135kgあったらしいが
どうやって運んで、どうやって保持したんでしょうかね?

ni-13.jpg
帰りは南にある履中天皇陵をひと周りした。
ここは3番目に大きい陵だそうですが、仁徳陵のように外周道路は
きちんと整備されていない。
外周の半分位は堀に沿って住宅が並ぶが
それらの住宅はかなりセレブっぽい家です。
天皇陵に沿って家を建てることはセレブの証拠なのかもしれない。

ni-14.jpg
仁徳陵と履中陵の間にある「いたすけ古墳」は、
戦後の宅地開発のために橋を架けて崩されそうになったのを
住民運動で中止させた。
橋は途中まで残っている。
濠で隔絶された陵内には狸が住み着いているそうですが
個体数は11頭以上には何故か増えないそうです。
近所のおばちゃんが鴨に餌をあげていました。
それを欲しそうに狸が来るのですが、餌には届かず。

ni-15.jpg
家のある浜寺元町への帰りの途中の石津川近くに、「北畠顕家戦死の地」の碑がある。
南北朝の公家武者が、
この摂津国石津川近くの場所で高師直率いる北朝軍と戦い、戦死した。
北畠顕家を描いた物語の主人公として感情移入してみると
また感慨深いものがある。

ここ堺近辺には、まだまだ見物できそうな場所が沢山ありそうです。





プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード