FC2ブログ

ガイジン夏遍路

「四国八十八か所ガイジン夏遍路」

gaijin-natsu-henro.jpg
日本大好きニュージーランド人男性が1995年の7月~8月に
歩き遍路をした物語を読みました。
クレイグ・マクラクランさんは日本人の妻を持ち大阪に住んでいるだけあって
日本の文化が大好きで、納豆も漬物も食べられる。
時々そういった外国人は日本のことを実によく勉強していて
ある意味日本人よりも日本人らしい。
農民出身の近藤勇が武士よりも武士らしくあろうとして
過剰に「士道」に拘ったように・・・

とても興味深く読ませてもらいました。
個人主義が徹底している欧米の人は
自分のスタイルを守り、安易な妥協はしない。
例えば、
短パンが破れてしまいスカート化した「キルト」を腰に纏ったまま歩き通した。
このほうが断然歩きやすいのだそうだ。
スコットランド人を祖先に持つ血がそうさせたとか。
日本人だったらとてもできん。

ん?
しかし、浴衣をはじめとする着物もロングスカートと言えなくもないか?

お遍路さんの階級について、彼は当然歩き遍路の目線で観ている。
「身分」の順でいくと、
①野宿の歩き遍路
②民宿に泊まる歩き遍路
③自転車遍路
④車遍路
⑤タクシー、バス遍路
の順に偉いのだそうだ。
わしは②の区切りなので2.5くらいの身分なんでしょうか・・・
歩く人は皆、車バス遍路を見下す傾向にありますね。
昔の遍路は全て歩き、野宿もあたりまえだった頃のことを考えると
この身分は当然といえば当然

遍路修行とは札所だけを回るスタンプラリーではなく、
札所から札所の間を歩くことが修行であり、山あり谷あり、
時には100km近くを歩くことこそ修行の姿なんでしょうね。
自分と向き合うことができる。

わしがバス遍路に閉口するのは
納経所に山と積まれた納経帳
添乗員さんがバスを降りると一目散に納経所に駆け込んで
納経所を占拠しているありさまです。
それだけ。

それ以外は、皆熱心にお勤めしているし
それぞれの「祈り」をしている。
宿坊では整然として集合時間をきっちりと守っている。
バスツアーの人たちもまるでお寺の大師講のごとき。
本当の不動教会の戒律厳しそうな講の人たちも見た。

車やバスの人たちと話す機会があると、彼らは一様に
「私も一度でいいから歩いて廻りたい」と言う。
これは心の底から発せられた言葉と受け取った。
この気持ちがあれば無理に歩かなくてもいいのではないかと思います。
どうお遍路と向き合うかの問題だと思います。

車遍路では、時々行儀の悪い人たちを見かけるが、
本当に心がけの悪い人は、わざわざ四国へ来て廻るもんか。
四国へ来るという行為だけで立派なんじゃないかな。
お大師様との縁によって。

わしも2周目は突撃車遍路だったので、
多少の居心地の悪さを味わいました。
歩き遍路さん達に気後れする気持ちを味わいました。

でも「歩きは偉くて、バスは邪道だ!」
なんては思いません。
時とともに風俗、文化は変遷するものです。
古いものを守ることも大切ですが、
だからといって新しいものを見下す姿勢は感心しません。

日本人以外の人が書いたお遍路本を読んでこんなことを思いました。



これと、前の文章は難波のネットカフェで書いています。
スポンサーサイト



西国三十三箇所巡礼(2番紀三井寺)

8月14日(木)
今日は仕事がお休みなので、景気づけに西国札所巡りに行こうかね。

sakai-hamaderakouen.gif
今住んでいる堺市から南海電車とJRを乗り継いだら1時間半くらいで
紀三井寺に着く。
朝も早よから南海電車に乗り込む。
しっかし今日も湿度が高く、殺人的に暑いね。

電車の中は冷房が効いているのでいいが、
一歩外に出て歩くと、顔を汗が滝のように流れ落ちてくる。
滝行をしているようです。
当然、上着もズボンも泳いだようにぐっしょり濡れてくるよ。

sa-02-01.jpg
平日の紀三井寺駅は訪れる人もなく、閑散としている。
出迎えてくれるのは蝉の声と、まとわりつく湿気

sa-02-02.jpg
10分ほど歩いたら山門に着く。
まだ9時前なのでお店も空いていない。
それでも参詣者がちらほら見える。
そおおかあ、今はお盆休みなんですね。
家族連れがいる。

sa-02-03.jpg
西国札所は「右側通行」が標準なのか?
四国遍路修行者にとっては「左側通行」が見に染み着いている。

sa-02-04.jpg
お、おお。
これが参拝者泣かせ231段の厄除け階段ですか。
いや、231段くらい何でもないのですが
この暑さです。
ただでさえ汗だくなのに、更に汗だくになる。
着替え持ってこればよかった・・・・

sa-02-05.jpg
艱難辛苦のうえ、本堂にたどりつく。
登ってきた甲斐があり、眺望絶佳です。
風もそよそよと吹いてきて気持ちがいいよ。

ここも大師堂が途中にあったのでここは真言宗でしょう、きっと。
違ってたらごめんなさいよ。
sa-02-06.jpg
境内ではお掃除や整備をしている人たちが暑い中働いている。
こまめに水分補給をしてね。

sa-02-07.jpg
登ってきた階段を上から見ると、こういった感じで
なかなかいい景色です。
小さい子供連れの家族もおっちらおっちら登ってくる。
なんでもこの階段は、紀伊国屋文左衛門と妻かよの出会いの場所で
結縁坂とも呼ばれるそうです。

sa-02-08.jpg
途中に「身代わり大師堂」があったのでお勤めをしました。
西国札所の大師堂は、四国のような感じの造りではない気がする。

今回は、いわゆる遍路装束ではなく、普段着に輪袈裟のみの格好でした。
遍路装束の方が、汗とか埃の汚れを気にせずに
歩くことができるので白の上下を着たいなあ、
と思うのですが電車の中の視線に耐えられるか?
自信がない。
四国はお遍路さんの姿を見慣れているので風景に溶け込む事が出来るのですが
西国はそうはいかない・・・・電車の中で白衣を着る勇気のないわし。

西国三十三箇所巡礼(28番成相寺、29番松尾寺)

先だっての熊野古道歩きの際に、西国三十三箇所の一番札所
青岸渡寺詣でをした。
これにより、西国巡礼が始まってしまったのである。

さて、わしの住んでいる裏京都市には付近に札所が二箇所ある。
まず、普段から山登りとか観光で楽しませてもらっている
29番松尾寺家から歩いて行くと、20km以上ある。
遍路修行者としてはこのくらい何でもないのですが、
ま、まあJRの駅も近くにあるし、
無理しないように行こうかね。

日曜のある日、
家でゴロゴロしている娘をおだてて
松尾寺のある青葉山のふもとまで車で送ってもらう。
風が気持ちいいとは言っても真夏の11時の山道は
誰もいない。
セミの鳴き声とともにアスファルトの山道を辿ると
「弘法大師」と書かれた石柱に出会う。
sa-29-01.jpg
これにより、目指す松尾寺は真言宗なのでは?
と思う。

sa-29-02.jpg
山の上にも集落がある。
ここには「上杉の清水」と言われる銘水があり、
酒造も行っているそうです。
水筒にも銘水を補給しておこう。

sa-29-03.jpg
「逆さ海」?
海が農地よりも高いところにあるように見えるとか?
う~~~む。

sa-29-04.jpg
この村には神社が多く、大切に保存されている。
以前この神社に行ったら猿がたくさん出没していましたがな。

1200
松尾寺に到着
sa-29-05.jpg
汗だくになりましたがな。夏の巡礼は大変やねええええ。
車巡礼の年配者たちがたくさん来ていました。
いつもの見慣れた松尾寺なんですが、
巡礼で来るのでは雰囲気も違って見えます。

sa-29-06.jpg
門前には茶屋が3軒あり、
今日は初めて入る店に行く。
sa-29-07.jpg
十割蕎麦に大根おろしをどっさりのせたおろし蕎麦です。
のどごしがよくて、もういっぱい食べたいですね。

sa-29-08.jpg
帰り道はJR駅へと続く道を選び、ひたすら舗装された道を降る。
やまのふもとには町石が建っている。
お寺から12町降りてきたのか。

JR松尾寺駅からの列車は1時間後なので、
次の駅まで歩くことにする。
距離にして6km
わしの歩みでは2時間くらいかな。
うだるような暑さの中を歩くと、去年の8月に
気温40℃の中を室戸岬目指して歩いたのを
いやがうえにも思い出してしまいました。


翌日は
家から車で1時間の宮津市まで行きました。
28番札所成相寺は、有名な天橋立を見下ろす山の上にあります。

今日は平日なのでいつもは観光客と海水浴客でゴッタがえす天橋立付近も
案外空いています。

sa-28-01.jpg
山の上まで車で行けるのですが、
名物のリフト&ゴンドラで行く事にする。
お寺までの往復券を買い、
sa-28-02.jpg
行きはリフトで登る。これ歩いて登ったら大変でしょうねえええ。
リフトの終点は、有名な「股のぞき」の展望台です。
観光客が股のぞきしている・・・・。
更にバスに乗り換え7分、狭い山道を登る。
バス停から更に長い階段を登り、
たどりつきました28番成相寺
「南無大師遍照金剛」の文字が見えたのでここも真言宗か!
sa-28-03.jpg

観音霊場のお勤めの作法があるんでしょうが、
まだ勉強していないので
四国でやった方法でお経をあげる。
真言宗だから間違いはないはず・・・・
sa-28-04.jpg

夏の暑い日のはずなんですが、この日は湿度も低く
木陰で風に当たっていると涼しい。

バスに乗って展望台まで降り、
今度はゴンドラに乗り、眼下の絶景を楽しみながら降る。
sa-28-05.jpg

麓ではお土産屋さんが軒を連ねて客引きの声が賑やかでした。
下界は暑かったのでかき氷を食べてから帰りました。

次回は堺市に腰を落ち着けてあちこち廻ろうかね。



プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード