FC2ブログ

御宝印の補修授業

白衣の印
我ながら入れ込みすぎているとは思う。

先日土曜日に車で四国に行ってきました。
一番霊山寺と二十番鶴寺
何をしに行ったかというと、納経帳に押してもらう御宝印を白衣の背に押してもらうため!

お遍路始めた最初は、何も知らなかった。
札所で時々白衣の背中に印を押してあるのを着ている巡礼者を見かけた。
「なんだあれ?普通印を押したやつはきないんじゃね?」
なんて思っていたが、
勉強が進むにつれて、縁起のいい印を押してもらう事があるそうだ。
二十番鶴林寺の「鶴」と三十九番延光寺の「亀」
それに一番霊山寺、八十八番大窪寺、最後に高野山で完成!

今年の年末には三十九番から区切り遍路が始まる。
(ああっ・・・印を貰っておけばよかった・・・)
なんて後悔したくない。

今、自分に課しているのは
「迷ったら進め」
あとで後悔しないように、とにかく実行あるのみですがな。

土曜日朝5時に出発して約3時間半で徳島は板東に着いた。
一番霊山寺で印を押してもらい、
そこから約40分南下して二十番鶴山寺への山道を登る。
歩くと何日もかかる道程をあっという間に到着する。

帰りは道草くいながら帰ったけど、午後2時に裏京都市に帰り着きました。
やれやれ、満足です。

車遍路は楽だが、なんかあっけないね。
車やバス遍路さんが
「一度は歩いて廻ってみたい」
という気持ちがわかった四国とんぼ返りでした。

スポンサーサイト



お遍路さん(その17)38金剛福寺~真念庵

38金剛福寺~真念庵

区切り遍路土佐の国 第4回 3、4日目

11月3日(日)
今日は日曜日なんだあああ。天気予報によると曇りのち雨。ああ~、雨はいやだなあ。
he-8c-01.jpg
0530 朝食はしっかりいただく。
地鶏の卵は小ぶりでもおいしい。卵かけご飯が最高やね。
朝食のお膳の横にお接待の昼食のお握りがおいてある。
いいなあ、こういった細やかな気遣い。
納豆が食べられない大阪のオヤジのために冷奴をすばやく整えてくれてもいました。

0549 まだ外も暗い。潮騒の音が薄暗い海岸に響く。
リュックに反射板を取り付け、いざ出発。
三十八番金剛福寺までは20km、そこから今日のお宿までは7km。8時間以上かかる。
足の裏よ、もってくれ…。
最初は釘を打ち込まれるような痛さだった足の裏も、
歩くにつけて馴染んできて、多少の痛さも楽しむことができるようになった。
わしはマゾか?マゾにでもならなきや歩けんよ!
国道沿いに行くとやがて海岸線をショートカットできる遍路道に分かれる。
大岐海岸を歩く道です。
「近道」というと何かしらのリスクを孕んでいる危険性が大きいのを
お遍路道を歩いてみてよっく解ったつもりでいたんですが、
それでもやっぱり近道を選んでしまう。
大概歩きにくい道のりなんやけどもね。
he-8c-02.jpg
これも修行と思えばいいかああ。浜へと至る所に小さな橋がある。
増水した時には渡れない橋だそうだ。
この橋もガイドブックに載っていて、ここを渡ってみたかったので、
この時点では不満はありません。
しかし、大岐海岸に出てみたら・・・砂浜の道を延々と歩くことになりました。
he-8c-03.jpg
ほんと、砂の上を1.5km歩くのは疲れる。山道よりも疲れますがな。'.
浜ではサーファー達が朝早くから集まって楽しんでいます。
40分以上かかったんじゃないだろうか。やっと砂浜を渡りきる。
he-8c-04.jpg
金剛福寺への案内がある橋を渡り、山道へ。
今回は道行くお遍路さんたちが沢山いるので遍路道の風景として後ろから写真を
こっそりと撮らせていただきましたがな。やはり絵になるなあ。
he-8c-05.jpg
コンパクトカメラでは所詮この程度ですが。
足摺岬は土佐清水市にあり、漁港が多い。海岸線の道を歩いているとカツオの加工場があり、
ゆでたカツオの香りが強烈に漂ってくる。ああ、これがテレビで見た鰹節を作る所か。
he-8c-06.jpg
とっても興味深い。ニャイ~ンと猫もいる。おこぼれをいつも貰っているのかな?
he-8c-07.jpg
休憩した時に、朝もらったお接待のお弁当を開けてみる。
お握り2個、バナナ1本、乳酸菌飲料、飴、お菓子と濃厚な気配りに感動してしまう。
感動した勢いで、ちょっと時間は早いけども全部食べてしまいました。
足の痛さは相変わらずですが、着実に歩を進めることができます。お大師様のおかげか。
he-8c-08.jpg
お遍路小屋の看板が目に留まる。かなり本格的な通夜堂のようです。
洗面所、洗濯機も置いてある。ここならば数日は泊まることができるでしょう。
ここは雑誌を見ていて知っていたんですが、
現地で見てがっかりしたり期待通りだったり期待以上だったり、味わい深い。
久百々で一緒だった女の子が早くも三十八番を打ち終わり、引き返してくるのに出会った。
彼女は休みを取って東京から来ているそうで、このあと高知空港から飛行機で帰る予定です。
「次いつ来るの?」
「う~ん、冬は避けようと思っているんです」
「わしは年末にまとめてやるつもり。四国の冬はそれほど寒くないみたいやよ」
「そうですか…じゃあ私も年末に来ようかな」
またどこかで会いましょう。

1230 原生林の森の路を抜けたらいきなり足摺岬に着いた。
he-8c-09.jpg
室戸岬のように徐々に現れるのではなくって、ほんといきなり現れた。
he-8c-10.jpg
ジョン万次郎さんの銅像も太平洋を見つめて立っている。
三十八番金剛福寺も、いきなりあった。
やっとここまできたなあああああという感慨が湧くように出てきましたがな。
こんな気持ちは初めてです。
he-8c-11.jpg
ここはかなりのパワースポットじゃないんだろうか。
寺域はかなり広い。昔から有力者の帰依を受けて発展してきた所なんやねえ。
今日はバス遍路さんの団体さんには出会わない。その代り車遍路さんたちが多くいるよ。
それに足摺岬観光の人たちも立ち寄るから、境内には人が多くいます。
今回の旅では札所はここ一箇所のみです。
大きな声でお経が読めるようになってきました。少しは修行ができてきたんかな?
今日は少し時間の余裕があるので境内を一回りしてみる。
he-8c-12.jpg
追力のある仏像群が本堂を取り囲んでいる。
こういった由緒あるお寺をじっくりと見て回ることのできる旅の計画を
立てなければいかんなあと考えることしきりです。
he-8c-13.jpg
帰りに山門で、平成の大修理のための寄進がありました。敷石に自分の名前を書いて千円です。
記念の手ぬぐいを頂けるということで、わしも寄進に参加させていただきました。
雨がパラつき始めたのですが、足摺岬灯台を見てみたかったので展望台まで足を延ばしました。
おお、これが四国最南端の場所か!
he-8c-14.jpg
補陀落渡海の舞台だった足摺岬から太平洋を見ると、
その先に常世の国が本当にあるような気持ちにさせてくれます。
足摺岬に到達したということで、心の張りが少し緩んでしまったか、足が痛くなってきた。
「万次郎の足湯」という無料の足湯があるのですが、テーピングテープが濡れてしまうので
後ろ髪引かれる思いで後にしました。
手持ちのテーピングテープが底をついていたんです。
お宿までたかが7km、されど7km。今の歩くぺ一スは1kmに25分くらいかかっている。
すすするとお宿に着くのは3時間以上後か・・・こんな事を考えると気持ちが萎えるなあ。
気を紛らわせることは、歌を歌ったり、歩数を数えたり、エッチな事を考えたり
いろいろやった。
海岸道路はうねうねと曲がっている道なので、つい旧遍路道の山越え「近道」を
選択してしまう。「近道」には落とし穴があるんだけど。
久百々の女将さんが教えてくれた、
「足摺岬の旧遍路道は荒れているから通らないほうがいいよ」
という忠告に、足の痛さで頭がいっぱいになり、背いてしまった。女将さんごめんなさい。
忠告通り草深い遍路道でした。台風の影響か道が道の体を成していない。
倒木もある。遍路標識も時として暖昧になっている。
雨も本格的に降りだした。
薄暗い亜熱帯の原生林の中を、「本当にここでいいんだろうか」と
心細くなってきましたがな。
降りになると足の裏も痛い。また釘を打ちこまれるような痛さになってきた。
そりゃそうだ。今日は朝早くから歩き続けているんですから。限界か?
でも引くこともできない。前に進むのみです。
he-8c-15.jpg
やっと道路と合流する地点に到達した。すると突然本日のお宿の看板が出現した。
本当に今日はいきなり目的地が現れる日です、

he-8c-16.jpg
1612 民宿夕日着
かなり急な坂を登ったところにありました。
心くじけるような坂、と同宿の人もつぶやいていた強烈な坂です。
着いた途端、体中の力が抜けたように玄関に座り込んでしまいましたがな。
he-8c-17.jpg
ここはなんだか居心地のいい民宿で、特にここのロビーがいい気持ちになる。
生憎今日は雨で太平洋に沈む夕日が見られないのが残念でしたが、それでも心安らぐ。
今目の宿泊は60代くらいのオヤジ遍路さんとわしの2人のみ。大学医学部の教授だそうです。
今大学の文化祭の季節なんで、その期間を利用して廻っているそうです。
he-8c-18.jpg
民宿を独りで切り盛りしている女将さんって、
みんな同じような雰囲気を持っているなあ、と思います。
まず人好き。人嫌いじゃ民宿はできない。それに明るいし、話好きです。
札所の由来とか遍路道の情報など、話題も豊富です。
教授とビールを飲みながら結構長いこと女将と話し込んでいました。






11月4日(月)
夜半にザーザーと雨音がしていたので今日も雨か、と思っていたが、明け方に上がっていました。
he-8d-00.jpg
0630に朝食をいただく。なんかもう一泊したいような雰囲気の不思議な宿です。
教授も同じような事を言っておられました。
今日は昨日の道を打ち戻って下ノ加江の真念庵まで行き、そこから中村まで交通機関で行き、
夜行バスで帰る予定です。

he-8d-01.jpg
0709 民宿発出発すると、まだ雲もあるものの、青空が垣間見えて
今日の天気はよさそうな雰囲気です。
一晩足を休ませたので今朝は調子よさそうです。痛み止めも飲んだ!
今日は土佐清水市内で包帯など薬を買うことにする。
he-8d-02.jpg
中浜村は、ジョン万次郎の生家があるところで、道を少し離れたところに記念館があるが、
今日はよしておきます。教授は是非見に行きたいということで、そちらの路を降りて行かれました。
わしはせめて中浜村の全景を写真に収める。
he-8d-03.jpg
山本一力が今「ジョン・マン」という小説を書いていて、
楽しみに読んでいるんですが、わしはどうも物語が大事で、記念館とか生家というものには
実はあまり興味がないのですよ。自分の頭の中でイメージが出来上がっているからでしょうね。
he-8d-04.jpg
崖のふちに清水がこんこんと湧き出しているところがあり、この清水が「土佐清水」の由来に
なったところらしいです。さっそくすくって飲んでみる。うん、水だ。

he-8d-05.jpg
土佐清水は大きな漁港で休日なのに盛んに白く塗った漁船が出入りしている。
自然に「おいらの船は300トン」の歌を口ずさんでしまう。
さてここの市内で足のお手当用品を補充しなくてはならん。地元の人に聞いてみると遍路道から
少し離れたところにあるそうですが、まあいいや。急がば回れだ。
薬局でロキソニン錠、テーピングテープ、キネシオテープ、粘着包帯などをごっそり買った。
こんなに買うの?と自分でも思ったが、これらがあることでの安心感は半端じゃないよ。

買い物の袋を持ってフンフンフ~ン♪と土佐清水の町を歩いていると、
街中で行乞をしているお遍路さんを二人見かけた。ひとりは年配の薄汚れたお遍路さんで、
スーパーマーケットの入り口にお椀を持って立っている。
もうひとりは若いお遍路さんで、道路に沿った店の門口に立ち、持鈴を鳴らしている。
わしは薬局を探して歩き、彼は道路を挟んで向かい側を歩いて行乞していたので、
嫌でも持鈴の音と行為が目に入ってくる。
行乞は雲水の大切な修行のひとつなんですが、お遍路さんにとって行乞は
下手をすると乞食と紙一重になってしまうと思う。
これは映画「砂の器」を観たせいか。
昔の遍路は難病を抱えたり故郷に居たたまれなくなり四国を放浪していたのが多くいた。
今でも乞食遍路を時々見かけるんですが、大概年寄りだ。若いお遍路さんは何を思って行乞を
しているんだろうか。店前で邪険に追い払われているのを見てしまった。
道路を挟んでわしと合った眼に険があって暗かった。
おい、そんなことをするよりも働けよ!と思ってしまう。仕事をえり好みするなよ!
せめて行乞の経験が、遍路を終えた後役に立ってもらえればいいなと思いました。

高速道路が半島を貫いて走り、そこを通ると一直線で進むことができる。道の途中で一休みし
買ってきた絆創膏で足を念入りにテーピングする。気分的にも楽になったような気がします。
大岐の海岸を過ぎて、昨日見慣れた海岸線の道路を歩く。
he-8d-06.jpg
この辺はドングリが沢山落ちていてプチプチと踏んづけるとその分足の裏が痛い。
でも踏んづける感触が好きなんで、ついつい踏んでしまうよ。
山のように落ちているが、このへんのカラスはこういった実は食べないんでしょうかね。
今日は昼食用のパンを用意していなかった。
いざとなったら非常用のカロリーメイトを食べたらいいやん、
と思っていたら、民宿久百々まで到達した。
その隣には確かうどん屋があったなあ。迷わず入ってきつねうどんを頼む。
he-8d-07.jpg
大きいお揚げが2枚入っていて食べごたえ満点です。
麺も適度な歯ごたえで、食べやすい。
he-8d-08.jpg
下ノ加江川に沿って北上していくと、このあたりの休耕田にはコスモスが植えてあり、
丁度花盛りでとても椅麗です。この花の根は来年の米つくりに役立つのでしょうか。
わしの小さいころはどの田圃にもレンゲが植わっていました。
この根球には窒素を多く含むので肥料としても、花の蜜は養蜂のためにも役立っていました。
もちろん、春先のピンクの花畑は見事な眺めでした。
こういった昔ながらの農法を復活させてくれないかなあ。余談です。

本日のゴールは真念庵です。
近くに中村行きのバス停があり、1600に出る。それに合わせられるか。
もうこの時点で1530です。間に合わなかったらいいや。
he-8d-09.jpg
旧遍路道を登ると「真念石」がある。
真念法師は、江戸中期の四国遍路の中興の祖と言われる人で、「四国遍路道指南」という
へんろガイドブックを作り旅の便宜を図ったり、道しるべを建てたりした人です。
彼の建てた「真念石」は現在数個しか残っていないそうで、そのうちの1つがここに残っている。
いかにも遍路道らしい山道を辿るとやがて真念庵に着く。ここは足摺岬から打ち戻って
he-8d-10.jpg
三十八番延光寺まで行く中間地点としての遍路宿も兼ねていたらしい。小さなお堂だが、
派手さがなく、仏海庵のような落ち着いた佇まいがある。
he-8d-12.jpg
庵の正面には四国八十八カ所の石仏が並んでいる。
ここでの納経所は、集落にある大塚様という家の人がやってくれるということなんですが、
いかんせん一般の農家、常時家に誰かいるわけでもない。
そして看板もないのでどこかもわからん。
電話番号が地図に載っていたので、かけてみても出ない。
まあいいか、次来た時に頼んでみようかね。
he-8d-13.jpg足をいたわる。

バス停まで降りてきた所で、すでにバスが出てしまっていた。
しかたがない。タクシーを呼び、中村駅前まで四万十川を渡って20分。
駅前の民宿に頼んでバスの出る2115まで休息させてもらうことにした。
he-8d-14.jpg
夕食は隣のホテルのレストランで「むろと御膳」を頼む。足摺岬なのに室戸とはこれいかに?
おなじみカツオのたたきは、カウンター越しに焼くのが見えた。うまそう。
宿に帰ってさて、どうしようかな?眠たいがこのまま寝過ごすのも怖い。
テレビを見ながら洗濯してしばらく時間をつぶす。

2115 中村駅前バスターミナルから「しまんとブノレーライナー」に乗って
大阪なんばまで帰る。
いつもは夜行バスは寝付きが悪いのですが、なんかあっという間に寝てしまった。
いびき防止のためにブリーズライトをしたが、果たしてその効き目はどうだったんだろうか。
それに足の匂いが自分でも気になる。まわりの人達、ごめんなさああああああああい。

今回の旅は足のマメに悩まされた。酷使したにもかかわらず足も黙って頑張ってくれた。
それにお遍路さん同士の交流も濃密にできたような気がする。楽しい宿を経験できた。
あと一箇所を廻ったら「修行の国」土佐が終わる。
炎熱に晒されたり、台風にずぶ濡れになりながら、足の痛みに耐えながら、
この難行苦行はわしにとって修行になってくれたのだろうか。
目つき顔つきも変わってきているんだろうか。

お遍路さん(その16)有井川~久百々

有井川~久百々

区切り遍路土佐の国 第4回 1、2日目


今回の旅は足のマメと人との出会いの旅でした。
今回は冬からのお遍路計画に備え、ローカットのウオーキングシューズを履いてきたんですが、
登山靴と同じメーカーなのでマメはできないだろう・…とタカをくくっていたんですが大失敗
盛大にマメができて苦しめられましたがな。

10月31日(木)
he-8a-01.jpg
いつものようにに高速バスを乗り継いで神戸三宮を経由して高知県割11に向かう。
三宮では3時間くらいの待ち時間があるので、軽い小説で間をつなぐ。
するとチリンチリンと音がする。音の方向を見てみたら白装束のオヤジ遍路がいた。
ああ、彼も区切り遍路か。

11月1日(金)
he-8a-02.jpg
0554 まだ夜も明けぬ窪川駅に着く。さすがに朝は寒い。
しかし霧が出ているのでさほど芯から冷えるようなことはない。
今回はこごからスタートして足摺岬を廻り、四万十市の中村からバスで帰る。
he-8a-03.jpg
窪川の町を過ぎて国道56号線を南下する。ゆるやかな坂を上る途中で朝食のため一休みする。
ベンチに座って自分で作ってきたお握りを食べていると、オヤジ遍路から、
「ここで野宿したんですか?」と話しかけられる。
「いえいえ、窪川からですよ」秋の歩き遍路の季節だろうか、
オヤジ遍路の姿をちらほら見かける。
彼らと数日間先に行ったり後になったり同宿したりのお付き合いになった。
he-8a-04.jpg
国道から旧遍路道に至分岐点にお大師様が「気を付けて行けよ」と見送ってくださっている。
そういえば今回の旅の始まりをお大師様に報告していなかったんだよなあ。
he-8a-05.jpg
やがて強烈な片坂越えの路に入る。
平地では追い越されていたオヤジ遍路二人を登り降りの路で追い越す。
わしの場合、山道は割合とスタスタ進むことができる。
谷あいの農村地帯を歩くが、どうもこういった変化の乏しい風景は得意じゃない。
いっそ山道のほうが登る行為に専念で来ていいんだが…という勝手な気持ちになる。
he-8a-06.jpg
0839 佐賀温泉が見える。朝だというのに結構お客さんが集まってきている。
わしもここに入りたいなああと思うが先を急ぐのでがまん、がまん。
he-8a-07.jpg
「南無大師遍照金剛」の幟がいくつか立っているお地蔵様がいた。
その裏は山道があって何か先にありそうな雰囲気です。
休んでいたオヤジ遍路さんに「この奥には何かあるんでしょうか?」「わからんねえ・・・」
へんろガイドブックにも何も書いていない。まあいいか。
he-8a-08.jpg
このあたりは地元の自治体が休息所の案内をあちこちに設置してくれている。
それに遍路道の案内もきちんとしている。
だれかが熱意をもってこういった事をしてくれているんやねえ。
he-8a-09.jpg
明治期に掘られた熊井トンネルを通ってからまた国道と合流して、
土佐佐賀の町に入る。ここは前回列車を乗り間違えてきてしまった所なので記慮に新しい。
カツオの漁獲高が日本一の港だそうな。
he-8a-10.jpg
土佐西南大規模公園というのがあって、そこからの眺めもいい。
he-8a-11.jpg
消防署横の「津波てんでんこ」の看板が目を引いた。
これって、東北弁だったような気がする。
「てんでんこ」とは、rてんでに」なので、「津波が来たらてんでに逃げろ」という意味らしい。

1354 そういったことを考えながら歩いていると、本日のお宿の「たかはま荘」に着いた。
he-8a-12.jpg
実は足のマメが痛くなり始めていたんですが、明日は30km近くを歩かねばならない。
だから今日のうちに少しでも距離を稼いでおきたいと願う区切り遍路根性が頭をもたげ、
6km先の土佐入野まで歩くことにした。
本当はこのまま宿で寝っ転がりたい気持ちがあったのですが、
明日少しでも楽をしたいという気持ちが勝りました。
he-8a-13.jpg
途中「厄神杜」という気になる名前の神杜がありました。
これは何をお祭りしている神杜なんでしょうね?厄払いの神杜なんでしょうか。
よたよたと歩いていたら女の子のお遍路さんが
「こんにちは~」と言いながら追い抜いて行った。
女の子のお遍路一人旅もこの頃増えてきたそうだ。
なんでも山ガールからの派生型だそうです。

1615土佐入野駅に到着。結構足の裏が痛くなってきていたので、
駅前からタクシーを呼んで民宿まで引き返すことにする。
明日の朝は列車でここまで来る予定です。
1630 民宿お宿に着いてこの事を話したら、明日の朝宿の車で送ってくれるそうです。
ありがたや。
早速お風呂に入ったら、足がジンジンとしてくる。
マメの水を抜いたところからお湯が入ってきて沁みるよ~。
he-8a-14.jpg
部屋でマメの手入れをしていると、窓の外からは潮騒が聞こえ、
逢か足摺岬を望むことができる。あそこまで行けるのかなあ。
消毒薬が沁みて歩くのが辛い。這うようにして食堂まで降りていく。
he-8a-15.jpg
今日のお遍路さんの客はわしと30代くらいかな?ごつそうな人ですが、笑顔がいい。
バイクのレースで負った足の古傷が痛んできているそうだ。
テントと寝袋を背負って歩いているそうです。体力あるねえ。
結局今日は30km近く歩いて疲れ果て、早めにに床についてしまいました。
夜中におしっこに起きるのですが、足を引きずりながらトイレに至る道は、
これからの日程はどうなるんだろうという不安もありました。

11月2日(土)

一晩寝たら足の痛みも少しおさまっていたので痛み止めを飲んで今目の歩きに備えることにします。
今朝の朝食のいり卵はたっぶり入っていておいしいね。
he-8b-01.jpg
0710民宿発土佐入野まで乗せてもらい、松林の中の公園内を歩き始める。
若干足の裏が痛いが歩いているうちに馴染むでしょう、たぶん。松林の中は意外と暗く、
いくつも道が分かれているので迷ったらどうしようかと思うが、
そんな心配をよそに国道に出た。
後ろから二人乗り自転車を押して歩いてくるカップルがいる。
he-8b-02.jpg
道端の遍路案内が丁寧に道案内をしてくれていたのを写真に撮っていたら、
自転車組の女性も写真を撮りに来た。
he-8b-03.jpg
先に歩き出したわしを追い越すとき、男性からチョコレートを貰った。
「チョコレイトデス」ん?アクセントが違う…。
「ファイテイン!」ああ、韓国の人ね。
わしも「ファイテイ~ン!」とお返しをする。
これは「ファイト」というのをハングルで言うとこうなる。
ここから四万十川に向かうわけですが、海岸沿いルートを通ると河口で渡し船に乗るコースと
国道を行って四万十大橋を渡る道があるが、渡し船は最近運休しているそうなので、
四万十大橋に向かう。
he-8b-04.jpg
やはり道沿いに詳細なコースの案内標識があるよ。
he-8b-05.jpg
途中、バイクに乗った夫人がわしのほうに向かってきて止まり、
籠からまだ温かい缶コーヒーをお接待頂いた。
いきなりのことで「ありがとうございます」しか言えなかったなあ。
おしっこに行きたくなったので駐車場の広いコンビニに行ったら、
店の前に朝出会ったオヤジ遍路が靴を脱いで足の手入れをしていた。
足の先をテーピングでぐるぐる巻きにしている。痛々しい。
わしも似たようなもんですが…。
おしっこを終えて出てきたらオヤジ遍路さんが地元のおじさんと
話し込んでいて、「どうして足が痛いのに歩けるのか?」と聞かれ、
オヤジはわしに「なんでやろうな?」と振ってきた。
わしも「自分でも何故かよくわからんのですなあ・・・」

これはお遍路さんに共通した想いかもしれない。自分探し、先祖供養、観光…始めた理由は
色々あるけど、きつい歩き遍路をなぜやめずに続けるのかは本人にも
理由がわからなくなってきている。
特に阿波、土佐を歩き続けて足摺岬手前では、お遍路さんの表情とか
雰囲気が変わり始めている時期らしい。
眼が澄んでくる、と言われるがわしの眼はどうなっているだろうか。
今は足の痛みが意識の半分以上を占めてしまっている。
余計な気持ちの浮かぶ余裕がない。

1005 コンビニから出たら、なんとそこは四万十川だった。
he-8b-06.jpg
いつの間にか到達していたんやね。
日本最後の清流、と言われているんですが、長良川の水と共に育ったわしとしては
そんなに感慨深いものではなかった。いつも見慣れている大きな川じゃん、
というのが正直な気持ちです。
he-8b-07.jpg
橋の上を歩いていると遊覧船かな?屋形船がのんびりと遡上している。
こういったときは一眼レフの望遠レンズ付きカメラを持ってきていればなあ、
と思うが重いのであきらめる。
橋を渡り終えた時点から、後ろにお遍路さんが歩いている気配がわかる。
自分一人で歩いている時はのんきに自分のぺ一スで歩けるのに、
後ろから迫ってこられるとついぺ一スが上がりがちになる。
しかし足が悲鳴をあげぱじめたので、道端のベンチにへたりこむ。
さっきのコンビニにいたオヤジ遍路さんだ。
「だいぶ足が痛いみたいだね」歩き方で見破られたか!
「どうぞお先に…」
he-8b-08.jpg
畑の脇に設けられたベンチで、靴下も脱いでひっくり返っていると
家からおばあさんが出てきてお茶とお菓子の接待をいただきました。
今回は心の余裕があったので、納め札を渡すことができましたがな。
途中色々な名所旧跡にちなむ案内板があり、今回はそれらを見ようと
心掛けているおかげで見聞を多少なりとも広めることができました。
he-8b-09.jpg
土佐の草深い山奥に大文字の山がある!戦国時代に京都から家領に逃れてきた一条家のお公家さんが
京の都を懐かしんで土佐の山に大文字を作らせた…らしいですが、
かえって侘しさ込み上げてくるのはわしだけでしょうか。

1208 ゆるやかな坂を上って伊豆田トンネルに入る手前に「今大師」というのがある。
he-8b-10.jpg
ここも小さいながら大切にされている所で、椅麗にされている。
有豆田トンネルは全長1.6kmで、歩道はあるものの出口の見えないトンネルというのは
落ち着かない。トラックや車が轟音を出して通り過ぎるほかは、
自分の出す杖の音と、杖についている鈴の音だけがトンネル内に響き渡る。
he-8b-11.jpg
he-8b-12.jpg
ああ、あと600mもあるんかいなああああ。
トンネルを抜けるとすぐ右に、江戸時代のお遍路道を整備した中興の祖である
真念法師の建てた真念庵がある。
帰りもここに来るので今日は立ち寄るの楽しみを後に廻すことにする。
下ノ加江の河口を出ると、足摺岬は間近や!と思えるような荒々しい海岸線を望むことができる。
he-8b-13.jpg
このあたりになってくると足もむくんできてマメのところが痛くて痛くて
一歩ごとに「痛い」と思うようになってきた。
なんとか別のことで気を紛らわせようと努力するが痛みの前にはすべての努力が無駄になる。
あと少しやあ~、あとちょっとやあ~~、と思いながら、ついに本日の目的地に到着
he-8b-14.jpg
民宿の手前には流木を利用したうどん屋があるよ。
入ってみたいが夕食を控えているのでまた今度。
1504 久百々(くもも)到着
he-8b-15.jpg
実はこの民宿、かなり人気のスポットなんです。わしもNHKのお遍路雑誌で知り、
ぜひ泊まってみたかったのです。何が人気だっていうと、
女将の人柄に尽きると思います。とにかく明るい。
話好きでこっちもついついぺ一スに巻き込まれてしまい、楽しくなってしまいます。
本日の宿泊者はオヤジ遍路5人と若い女の子。
昨日追い越して行った子みたいです。わしの事も覚えていてくれたみたいで、
ちょっと嬉しい。
オヤジ2人と女の子は前日も同じ民宿だったそうで、
すでに和気あいあい。
わしも彼らと歩いている途中に時々話していたんで知り合いのようなもの。
he-8b-16.jpg
楽しくにぎやかに夕食の膳を囲むことができました。
やはり刺身がおいしい。隣のオヤジはビールをがんがんやっている。
ううう、飲みたいが我慢我慢。
he-8b-17.jpg
女将さんがみんなの記念写真を撮ってくれました。民宿のHPに載せてくれるそうです。
http://web.u-broad.jp/people/kumomo/
こういった民宿での交流はいいですね。
女将さんが「明目は5時半から朝食ですよ!起きれる人!」「はい!」「はい!」「はい!」
楽しく過ごした後は痛い足を引きずり、部屋に戻って泥のように眠りました。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード