FC2ブログ

お遍路さん(その12)29国分寺~33雪渓寺

29国分寺~33雪渓寺

区切り遍路土佐の国 第2回 3日目

9月16日(月)
やはり0400に起床してしまった。
テレビをつけて天気予報を見る。どうやら台風は四国には影響はなさそうだ。
しかし、近畿地方に発達した雨雲が不穏な状況を示している。
大雨のようだが、まあ職場からの呼び出しは全くないので呑気に構えても
大丈夫でしょう。

夜明けまでテレビを見ながらうたた寝をして過ごし、空が明るくなってきたと
ころで散歩に出かけた。昨日雨のおかげでゆっくり参拝できなかった大日寺を
訪れる。
he-6c-01.jpg
夜明けの境内には誰もいない。清浄な空気が漂う。
この雰囲気って、身体の中から毒気が抜けるような気がして好きです。
奥の院の爪彫り薬師堂まで行ってみる。
山中の霊気に満ちたような場所にお堂が建っている。
湧き出しているご霊水は上半身より上の病に効くという。
気になる門前のお土産屋さんは、当然開いていない。残念!

he-6c-02.jpg
0630朝食は、やはりボリューム満点で、ご飯お代わりの必要のない内容です。
食後のコーヒーをいただいていると、ちょっと早めにタクシーが来てくれたので
出発することにする。お昼のお弁当のお接待をいただきました。
昨日濡れながら歩いた道をなぞりながら、あっという間に国分寺に到着
今日の出発の挨拶をご本尊様とお大師様にしました。
he-6c-03.jpg
昨夜の台風の影響で、境内には折れた木の枝や葉が散らばっている。
参拝を済ませたら急にトイレに行きたくなったので
山門横のトイレに駆け込んで用を済ませて出てきたところで、
60歳くらいの車遍路さんに出会ったので挨拶をしたら、
納め札をいただきました。赤札です。
8回以上廻っておられる人なんですね。わしも歩き遍路を
終えたら車遍路もやってみたいなあ。
なん今日は朝からお接待を立て続けに受けました。
なんかいいことあるかな?
門前の遍路用品店の「扇屋」さんには、いろいろなオリジナル巡拝用品を揃え
た店なんだそうですが、まだお店は開いていない。残念!


he-6c-04.jpg
三十番札所の善楽寺まではのどかな田んぼの中を進む。
すると行く手に
おお、虹がかかっている。
he-6c-05.jpg
西に向かって歩いているんですが、雨雲を追いかけて歩いているようで、
東のほうは雨雲がない。だからしばらく虹に向かって歩くことになる。
こんな経験は初めてです。昨目はずぶ濡れの1日だったけど、今日は朝か
ら気持ちがいいなあ。
he-6c-06.jpg
雨上がりなのでカタツムリがあちこちにいる。
ヘクソカズラの花が綺麗に咲いている。名前がなんとも言えんけどね。
he-6c-07.jpg
小さなのもいるので踏みつぶさないように気を付けて歩く。不殺生
足のほうも不思議と筋肉痛もないし、豆もできていない。昨日擦り剥けた足の
指の間もそんなに痛まない。四国の路を歩くうちに鍛えられてきたのかな?

he-6c-08.jpg
道沿いに不思議なものを発見。なんでこんなところにエジプトの神像がいるのか。
膝に乗せているのは何かな?
he-6c-09.jpg
のどかな田園と緩やかな丘を越えたところに遍路休息所が設置してある。地元
の企業が私費で作ってくれているのです。

道の途中から、「レインボー」というお遍路宿の看板がしきりと目に入る。
リーズナブルなお宿のようだ。ペンションかなと思っていた。
やがて真言宗のお寺が見えてきて、ここが宿屋レインボーらしい。
he-6c-10.jpg
宿坊ですね。酒落が効きすぎているが、一度は泊まってみたくなるような
宿坊ですね。

he-6c-11.jpg
0930 三十番札所 善楽寺着 スタートから6.9km
正面の大きな十面観音菩薩像が出迎えてくれる。
隣には立派な土佐一宮神杜がある。もともとこのお寺と神杜は一緒だったのが
明治の廃仏段釈で本尊が高知市内の安楽寺に移動して、しぱらく三十番札所は
2か所あったらしい。「遍路迷わせの三十番」と呼ぱれたそうだ。
境内には団体さんもいない。車遍路が2組いるのみです。それから境内をお
掃除しているお年寄りもいます。昨日の台風で散らかったのを椅麗にしてくれ
ているんでしょうね。

納経所で、「歩きですか?」「はははい」「昨日は歩けなかったでしょう」
「いや、無理やり歩きました」「それはご苦労様です」
飴をふたつお接待でいただきました。
he-6c-12.jpg
土佐神杜にもお参りしたとき、拍手を勢いよく叩いたらすごい音が出て自分でも
びっくりしましたがな。
さて次に進む。
高知市街を川沿いに南下する。

he-6c-13.jpg
住宅街を曲がりくねって進むが、この辺は遍路標識がたくさん貼ってあって
迷うことは少ない。路面電車を横切り、郊外へ至る。

川を渡ると田圃の先に五台山が眺望できる。行き先が見えていると気持ちが
楽ですね。お接待でもらった飴を舐めながら山のふもとまでくる。
he-6c-14.jpg
この山は全体が公園になっていて、植物園もある。連休の最終目、台風も
去ったので家族連れがたくさん来ている。
植物園内にはお遍路さん専用の通り道があり、標識に従って歩いていくと

he-6c-15.jpg
1200 三十番札所 竹林寺着 スタートから13.5km
このお寺の庭も美しい。特にこの広い階段がいい雰囲気です。
he-6c-17.jpg
紅葉の季節になったら見事な景色になるでしょうね。
団体さんも現れて、境内は読経の声で賑やかになってくる。
he-6c-16.jpg
荷物を置いて納経しようと思ったら、なんか臭う・・・銀杏ですがな。
そうか、もう銀杏の落ちている季節なんだあ。拾おうと思ったが、やめ、やめ。
he-6c-18.jpg
納経を終えて門前の石垣に座り、民宿でもらったお握りを食べる。
お握りは外で食べるとどうしてこんなに美昧しいんでしょうね。
暑くなってきたので景気づけに門前の食堂でかき氷を食べました。
店先では犬が店番をしています。
he-6c-19.jpg

五台山を降りて下田川を渡り、道に沿ってひたすら歩く。このあたりは
武市半平太の実家があるところです。案内板が建っている。時間があれば
見てみたい。「瑞山橋」という名の橋がある。なるほど、武市瑞山ね。
道路わきに観光タクシーが止まっている。山際を見ると、看板の立っている
古民家がある。ああ、あれがそうかあ。
he-6c-20.jpg

なんでも江戸時代からの建物を保存してあるそうです。いざ近くまで来てみ
ると、見に行きたいという気持ちよりも先に進みたいという気持ちに支配され
そのまま横目で見ながら進んでしまう。どうも今回の旅はこういった気持ちの
余裕のなさが気になる。よし、もう一度時間に制約されないようなお遍路を
しよう。
峠を越えて、ややわかりにくい街中を通り過ぎて山を登り、

he-6c-21.jpg
1435 三十二番札所 禅師峰寺到着 スタートから19.2km
境内から太平洋が青く輝いている。ああ、南国やなあと思うこの瞬間
he-6c-22.jpg
今日は高知駅前にホテルを予約している。従って今夜中に高知市内まで帰れば
いい、ということで、次の三十三番の雪渓寺まで7.5kmだが、
行けるところまで行ってみよう。
ビニールハウスが並ぶ平坦な砂地の土地を西へ進む。単調で退屈してくる。
やがて住宅街になるが、ここは限りなく海抜が低い。津波が来たら一巻の
終わりやなああああ、という気持ちばかり頭に浮かぶ。お遍路中に
南海トラフ地震が来たらどうしようかな?
he-6c-23.jpg

1640浦戸湾東岸にある種崎の渡し船の港に着く。
次の便は1715なので、待合所前のベンチに腰掛け、靴を脱いで休憩する。
もうこの時点で雪渓寺の納経所の閉まる1700には間に合わないので、
のんきに景色を楽しみながら行くことにする。
he-6c-24.jpg
県営のフェリーが運航されていて、なんと料金は無料だそうです。
今回は歩き遍路をすることを頑なに守っているが、これは乗り物に乗るというより、
海の遍路道の渡し船に乗るという気分ですね。
4分間の船旅を楽しむ。
長浜の港に着くと、左に曲がれぱ有名な桂浜と坂本龍馬像がある。見に
行きたいが、もう日が沈みそうな時間になってきた。
またこの次の機会に・・・・

he-6c-25.jpg
1800 三十三番 雪渓寺到着 スタートから26.7km
もうこの時間は境内には誰もいない。納経所も売店も閉まっている。

大師堂で今回の旅の終わりの報告と、道中安全のお礼をして、門前のタクシー
営業所に行き、高知駅前まで送ってもらう。
he-6d-01.jpg
ホテルではタ食を頼んでいないので、駅前までお土産を買いがてら夕食を食べ
に行く。カツオのたたき定食を食べました。生ニンニクの味が強烈でした。
ビールが身体に染み渡るよねええええ。
he-6d-02.jpg

9月17日(火)
he-6d-03.jpg
駅前には坂本龍馬、中岡慎太郎、武市半平太像が見送ってくれましたがな。
高知1000発→神戸三宮→裏京都市1620着
今回は台風で濡れましたが人と猫と犬との出会いに恵まれ、おまけに虹も見られて
心癒された旅でした。
he-6d-04.jpg



スポンサーサイト



お遍路さん(その十一)28大日寺~29国分寺

28大日寺~29国分寺

区切り遍路土佐の国 第2回 2日目

9月15日(日)
0500いつものように早起きしてしまう。
窓の外を見ると…台風の影響の雨雲が垂れ込めていて波高し。う~む。
he-6b-01.jpg
0600に朝食をいただいた後、宿屋の車で赤野の駅まで送ってもらう。
車で行くとあっという間なんやけどもねえ~。歩き遍路というのは、人間の
基本的な「歩く」という行為の重要さ、シンプルさを体感させてくれます。

0645赤野駅からスタート
後ろから風が雨雲を連れて追いかけてくる。ポツポツと降ってきた。
海をみると雲が低く垂れ込め、波も高くなりつつある。
he-6b-02.jpg
早めに雨具の準備をしておこうかね。前回用意しておいたポンチョを頭から
かぶる。レインウェアもいいけども、リュックの上からかぶることのできる
この雨具は歩きには重宝します。それからリュックの中身もそれぞれジップ
ロックの入れ物に入れて防水対策は万全です。
靴も脱いでサンダルに履き替える。
こうやって準備万端した時に限って雨はいったん激しく降りはしたが、やがて
あがり、青空さえ見えてくる。日がさしてきて暑いので一旦防水装備を解く。
歩くこと2時間余り、ようやく今朝出てきた民宿近くを通る。かなり歩いてき
たつもりなんですが、実は今日のスタート位置だったんやね。がっくり。
he-6b-03.jpg
峠を越すと老人施設に遍路休憩所が作られている。お茶の接待もあるよ。
ちょっと休憩させてもらうことにしました。出勤してくる職員の人たちが挨拶
をしてくれます。

海岸沿いの堤防の上を歩いていると、やはり雨雲が追いかけてきた。台風は四
国に直撃ではないものの、雨雲が広範囲にわたって発達しており、雨からは避
けて通れないようだ。今日一日は雨との付き合いを覚悟する。
he-6b-04.jpg
鳥も高架橋の下で雨宿り。なんとかまだ今は雨はひどくない。写真を撮るなら今だ。

土佐の国には壁の途中に庇がついている「水切り瓦」が多い。
激しい雨から壁を守る構造だそうです。
he-6b-05.jpg
それに「土佐漆喰」雨風に強い製法で漆喰を作っているそうです。
でもこういった構造の家や土蔵は分限者でなくては作れないでしょうね。
由緒ありそうな家ばかりです。

やがて激しい雨が降ってきた。雨具を着るタイミングを少しばかり逃してしま
い、鉄道の高架下で雨具を着こむが、激しい雨が横殴りに叩きつけてくる。
これでは写真も撮れず、地図もまともに見られない。
実はこの辺りの赤岡は江戸時代の絵師、「絵金」で有名なところで街並みをゆっ
くり見たかった。しかし上から横から雨が叩き付けて来るのでそんな気分は湧
いてこない。
それに吉村昭の小説「漂流」の主人公の
野村長平の碑のあるところも見逃してしまった。

それに道も少し間違ってしまう。本当に雨に濡れて歩くと思考力が減退してし
まう。サンダルを履いた足も痛い。テーピングをしているが、足の皮がむけて
いるんじゃあなかろうか・・・。
雨のかからない軒下を見つけて地図を取り出し、進路の微調整をしつつ赤岡の
街に入ると雨が少し弱まってきた。風庸のある街中なんですが、ろくに写真も
撮れないよ。
he-6b-06.jpg
それでも絵金博物館(濡れ鼠で入る気もなかった)の写真は撮っておいた。
近くに古道具屋もあったよ。面白そうだったのでポンチョの中から
カメラを引っ張り出して菅笠の影にカメラを退避させてなんとか写真を
撮る。
he-6b-07.jpg
道行く車は容赦なく水しぶきをブッかけて通り過ぎてゆく。ま、いいけどね。
荷物さえ濡れなきゃ。

he-6b-08.jpg
旧遍路道は草深い山道ですがな。裸足にサンダル履きにはつらい。
蛇にガブリ!といかれたら、モロですがな。おっかなびっくり遍路道を過ぎる
と、雨にしとど濡れた階段が現れる。滑りやすいなあ。

銀難辛苦の上、
1215 二十八番札所大日寺に到着 スタートから16.2km

he-6b-09.jpg
山門の前には遍路用品を扱うお店があり、覗きたいがずぶぬれなので遠慮しま
した。
こんな台風の中を、団体さんが来ている。手水場の脇に休息所があるので、そ
こで雨着とリュックを降ろして雨具は菅笠だけになづて本堂へ急ぐ。
早くお灯明を着けたいのだが前の人も雨で着きにくいのだろう。やけくそで
濡れながら待つ。
ああっ輸袈裟を着けるのを忘れた・・・しかし濡れてしまうので勘弁してもらおう。
納め札もお賓銭も雨に濡れる、濡れる。
何もかもああ、濡れる。
濡れながら納経を済まし、納経所へたどり着きました。防水対策のおかげで
納経帳は無事でした。

he-6b-10.jpg
本日のお宿、「民宿きらく」は大日寺の門前にある。しかしまだお昼です。
もうひとつ廻ってこようか・・・やめようか・・・いや、行こう!
民宿に荷物を預かってもらい、参拝用のさんや袋だけ提げて行くことにしまし
た。足がいいかげん痛くなってきたので、濡れるのを覚悟で靴に履き替える。
次の国分寺まで約6km、2時間くらいで行けるやろう。そこからはタクシー
でお宿まで戻ろう。
そう覚悟を決め、出発!

雨と風は午後になって益々激しさを増してきた。川の水も溢れそうになって
流れている。普段ならのどかな田園地帯も吹きっさらしの風がまともにあたる
厳しい道になっている。なんでこんな目をしてまで歩く必要があるんかい?
と自問白答しても、答なんか返ってこない。
そういえぱお腹が減ったなあ・・・。昼食を食べていない。しかし田園地帯
の真ん中には店なんてない。すると、ふと見ると柿の木があるよ。でも黙って
取ることはできない。不楡盗の戒めを破ることになる。木の根元を見ると、
熟して落ちた実が転がっているよ。わし、熟し柿が好きなんです。落ちている
やっならバチはあたらんやろう。ありがたく頂戴して熟した果肉をすすると、
熟してドロドロになった甘い果実が何とも美味しい。2個ばかり食べたら元気
が出てきました。先には大師堂がある。きっとお大師様が柿を落としておいて
くれたんやろうなあああ。屋根がある。ここで少し休憩
he-6b-11.jpg

柿の糖分が身体にいきわたってきたので更に先を歩ぐ。雨は依然として強く降
っている。もうこの辺になると何も考えていなかったなあ。
更に1時間くらい歩いて、

1500 第二十九番札所 国分寺に到着 スタートから25.4km
やはり台風の中、車遍路さんが参拝している。ここの本堂と大師堂は改修中
のようで、覆いで覆われている。でも伽藍を見る余裕は全然ないので問題
ないが・・・。
he-6b-12.jpg
納経所でタクシーの電話番号を教えてもらい、さっそく呼ぶ。
「すいません、ずぶ濡れなんですがいいですか?」
タクシーはすぐ来てくれましたがな。ずぶ濡れの衣服を気にしつっ、座席に敷
いてくれた新聞紙の上に座る。
あんなに苦労した道のりをタクシーは10分くらい走って大日寺前のお宿に
到着した。明日の朝0700にまた迎えにきてくれるようにお願いした。
民宿の人はお買い物に行っていて留守ですが、勝手に入っていていいと先に
言われていたので部屋に入る。
荷物がすでに運び込まれていたので着替えを出し、洗濯に行く。
お風呂も沸かしてくれていたので入って人心地ついた。
結局ひどく濡れていたのはズボンと靴だけ。防水対策が効を奏して大事なもの
は、ほとんど濡れていないよ。

濡れた靴に新聞紙を突っ込んでおく。足の親指と人差し指の間は、やはりサン
ダルにより擦り剥けていました。見ると痛くなってくる。
しかしお腹すいたよ~。朝から柿2個しか食べずにずっと歩いてきたからなあ。
夕食までまだ少し時間があったのでカロリーメイトを食べる。
テレビをボ~ツと見ていたら夕食の準備ができたとの連絡があり、食堂に行く
と、盛りだくさんの料理が並んでいる。
民宿はこういった家庭料理がメインなんで、ほっとするよね。
それに地元の家庭料理なんでめずらしいものもある。
he-6b-13.jpg
この日の夕食はおかずの量が多くてご飯をお代わりできなかった!
夕食後もう一度お風呂こ入ったら、猛烈に眠くなってきてしまい、
2030に寝てしまいました。

お遍路さん(其の十)27神峯寺

27神峯寺

区切り遍路土佐の国 第2回 1日目

今回は奈半利から高知市内まで。
途中台風がやってきてモロに嵐をかぶった旅でした。

9月13日(金)の1908に裏京都市を出て、相変わらず神戸三宮で乗り換え、2230に発
今夜はバス泊です。
わし、枕が替わると寝られんのやねえ~~~~。グーグー
4時間くらいは眠れたかな??


9月14日(土)
0732バス着
前回、奈半利で終わった。今回はひとつ先の田野駅からスタートです。お買い物がてらここまで歩
いていて来ていたからです。
he-6a-01.jpg
朝食は、昨晩作ってきたお握り1個だけ。
さすがに8月に比べたらそれほど暑くはないが、でも30℃はいきそうな雰囲気だ。
he-6a-02.jpg
海岸線を歩いていくと、遍路小屋がある。ここで野宿できるかもしれんなあ。
一度は野宿してみたい。寒くない季節に・・・ね。
he-6a-03.jpg
左は海、右は集落と山、山
he-6a-04.jpg
なんか大きな家の塀にエビス様が鎮座ましましている。こんなのいいね。
四国はやはり暖かいので彼岸花がもう咲いている。田んぼの彼岸花は日本の原風景のような気が
する。
he-6a-05.jpg
さて、今日は二十七番札所の神峯寺です。標高430mまでまっすぐに登る難所らしい。
ここは土佐の関所寺だそうで、最高45度の急勾配の山道は、「真っ縦」と呼ばれ
ただでは土佐を歩かせてもらえないらしい。
he-6a-06.jpg
山道の入り口には、相変わらず精神衛生上よくない看板が立っている。はいはい、注意しますよ。
必要以上に杖でトントンと地面をつっ突きながら急勾配の山道を登る。
遍路転がしと言われる割にはそんなに疲れずに登ることができる。
体力が向上しているのか、気温が下がったからなのか、割合楽ですよ。
he-6a-07.jpg
ふと足元を見ると、キノコが生えている。
ああ、秋やなあ。でもセミの声も聞こえる。
he-6a-08.jpg
この山道でたびたび見かける謎の石塔
なんじゃこれは??
風景を楽しむ余裕を持ちつつ、やがて山門に到着する。
he-6a-09.jpg

1000 神峯寺に到着 スタートから9.0km
he-6a-10.jpg
本堂までの道の脇の石仏と、白彼岸花
ちなみに彼岸花の白とか黄色、ピンクなんかのやつは人工的に他の種を交配させたやつらしい。
he-6a-11.jpg
ここのお寺は庭園が見事で美しい。維持管理するのが大変でしょうなあ。

山を降りるときには当然登りよりは早く降りることができる。
でも降りなのでつま先が痛くなってくる。
水田の用水路には綺麗な水が並々と流れている。
he-6a-12.jpg
靴を脱いで足を浸す。あ”~、きもちいいいい。最高やね。
お昼ごはんをたべることにしよう。朝の残りのお握り1個
なにか視線を感じる。ネコがこっちを見ている。カメラを構えたらどっかに行ってしまった。

更に海岸線を歩く。
何か岩があるよ。地蔵堂があるらしい。
he-6a-13.jpg
岩屋がある。そこには地蔵堂の番をしているネコが一匹ねそべっている。
「こんにちは。お参りさせてください」
「ニャ~」
「写真撮らせてもらっていいっすか?」
「ニャ~」
he-6a-14.jpg

その先にある道の駅でカキ氷をいただく。
防波堤の道を延々と歩く。
he-6a-15.jpg
安芸市に入る。ここはタイガースのキャンプ地だそうです。
本当は今日はここでお宿をとろうと思っていたんですが、女子だったっけ?高校の野球大会が
あるそうで、どこのお宿も満杯で断られてしまいましたので、更に先に15km行った所の宿を
予約しておいた。この時点で14時36分
あと3時間は歩かなければならん。で、今日のところは時間切れになった時点で電車に乗って宿まで行って
翌日電車に乗った駅まで引き返してスタートしよう・・・としたんですが
結構遠かった~。
赤野という駅に着いた時点で電車が出てしまった!
現時点で1700
he-6a-16.jpg
あと1時間は便がない。
しゃーない。宿に電話して、7時頃に着く事を連絡したら、駅まで迎えに来てくれると言って
くれた。ああ、ありがたや。待つこと数分、赤野駅にお宿に来てくれた。
車で10分、本日のお宿「住吉荘」に到着 スタートから30。0km
he-6a-17.jpg
近くには震洋特別攻撃隊の碑が建っている。
歩いていると時々こういった戦争の傷跡を見る事ができる。参拝したのは言うまでもない。
西の空を見ると赤い。台風が来ているそうだが・・・明日は晴れるかなあ?
he-6a-18.jpg
早速お風呂を使わせてもらい、洗濯をする。
夕食は、やはり豪華だ。
he-6a-19.jpg
特にアラ炊きがおいしい。
食堂にはわしのほかにお遍路のおじさんが1人、釣り客のおじさんが1人。
そのほかに素泊まりのお遍路さんもいるそうだ。
多分、安芸近辺のお宿が全部満杯で流れてきた人たちでしょうね。

あ~、今日はちょっと疲れた。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード