FC2ブログ

お遍路さん(其の7)20鶴林寺~22平等寺

20鶴林寺~22平等寺

he-3-20.jpg
7月14目(日)
0430起床。いつもの習慣で、この時間に目が覚める。も少し布団の中でウダウダして
いたいが、手持無沙汰になってしまい、荷物の整理を始めた。部屋に干しておいた洗濯物
はすっかり乾いている。綿の靴下は窓の外に干しておいたので乾いている。
6時半から朝食なので、そのあとすぐに出発できるように荷物をロビーに置いておく。卵
がついていたので生卵かなと思ったらゆで卵、おまけに殻がひっついて剥きにくいよ。ち
ょっとイラッとするが、これも修行と思い、努めて平常心で卵の殻と取り組んだ。

he-3-22.jpg
0640鶴林寺登りにかかる。ここは四国遍路の中での難所の一つだそうで、1に焼山、
2に鶴林、3に太龍と言われる。ええっこれからその難所がふたつもあるんかいな。それ
も猛暑日に・・思わず引き返したくなる気持ちを振り払い、ゆるやかな山道を登る。

he-3-23.jpg
わしはなにより蛇が怖い。四国は暖かいので蛇が多いそうな・・・それに昨目の雨で草む
らには適度の湿り気がある。蛇が出るには絶好の条件が揃っていますがな。あ~やだやだ。
邪念ばっかりで登ると、休息所がある。茅葺屋根でいい雰囲気ですが、どっこいしょと休
むほどまだ進んでいないし、疲れてもいない。
he-3-24.jpg
かなり上まで集落跡や段々畑の跡があり、かつての生活跡がある。その証拠に、お茶の木
を見つけたよ。子供のころ近所の畑の脇にはお茶の木が植えてあって、お茶は自家製だっ
たなあ・・・と思い出す。新芽をつまんで噛む。ほのかな苦みが口に広がる。

he-3-25.jpg
やがて山道は急な階段状になってきた。この階段は自分の歩幅にちょうど合っているので
登りやすい。
he-3-27.jpg
やがて水呑み大師に着く。お大師様が杖の先で地面を突くと、こんこんと清水が湧き出し
たらしい。こういった水にまつわる伝承が各地にある。たぶん弘法大師は水脈を知る技術
を持っていたんでしょうね。冷たいお水をいただき、空になったペットボトルにも入れる。
he-3-26.jpg
ここから急な登りが続く。道の傍には「丁石」と言われる古い道標が立っていて、鶴林寺
までの距離がわかる。江戸時代くらいのものだろうか。一丁≒109mなので二十丁だと
大体2kmくらいだなあ。この丁石を含めた鶴林寺までの道は文化遺産の指定を受けてい
るらしい。古い道を保全するために地元の人たちは常に努力をしているんだなあ・・・と
考えている間にも、汗はとめどなく流れ続ける。山中なので徳島市内のような暑さはない
し、涼しい風も時々ふいてくれるが、いかんせん山登り、筋肉への負荷のために体温が上
がり、そのために汗が湧き出てくる。菅笠の緒にも汗がぐっしょりと染みている。富士登
山の時に学習したことなんですが水分補給は1回90mlが体内への吸収効率がいいそう
です。しかしグビグビと飲んでしまう。
he-3-28.jpg
丁石が一丁の表示となったところで、参道らしい雰囲気になってくる。

he-3-29.jpg
he-3-31.jpg
0805二十番鶴林寺着 スタートから3.7km 1時間20分
やはり境内のベンチにリュックを降ろして軽装で納経をする。本堂への長い階段を登り、
立江寺で買ったばかりの持鈴を鳴らしながら読経をする。初めてやってみたんで、様にな
らんよなあ。読経が終わり、階段を半分くらい降りたところで本堂両脇の鶴の像の写真を
撮るのを忘れた!どうしようかなどうしようかな?と一瞬礒踏したが後で後悔したくない
ので戻って写真を撮りましたがな。
he-3-32.jpg
次の太龍寺には、いったん山を降る。ああ、また登りがあるのか・・・という煩悩がよぎ
る。歩いていると煩悩だらけや。ふとアスファルトの道を見ると、子供のマムシがペチャ
ンコになっている。道路に飛び出して車に櫟かれたんやろうなあ。合掌
he-3-33.jpg

那珂川のところまで降りてくる。すると、民家の庭先に自動販売機があるよ!お遍路さん
に行くと、いつもの黒コーラじゃなくって赤コーラが欲しくなる。
実はあんまり暑いんで、川にパンツー丁で飛び込んで身体を冷やしたい衝動に駆られて仕
方がなかったが、河原に降りる道が遠かったので諦めた。

he-3-34.jpg
太龍寺までの山道は、はじめは緩やかな登り道で歩きやすい。道の真ん中で何かが動いて
いる。よく見ると蟹だ。山に住む蟹なんでしょうね。結構あちこちにいる。ここは旧遍路
道なんでお遍路さんはよけて歩いてくれるでレようが、車道だったら車に櫟かれるよ。
ここの山道にも丁石があるが、二十一丁と刻まれている。おかしい。あと1km(約十丁)
のはずなのになあ。歩くに従って二十三丁、二十四丁と増えていく。なんだ?逆方向用な
のかな?
そんなことを考えているうちにも汗が体中から流れ落ちている。顔を汗が滝のように流れ
落ちる。いったいどれだけの水分が身体から出て行ったのだろうか。白分の中の毒素が出
て行ってくれたらいいなあ。
樹間から見える空の色が灰色になってきた。どうやら雨雲が近づいているみたいだ。風も
ふいてくる。「やぱいかな・・」と思ったら車道に出た。駐車場があり、もう山門かなと
思ったら、そこから600mくらいは歩いたんじゃないかな?急勾配のアスファルト道を
しばらく登る。

he-3-35.jpg
1120 二十一番太龍寺着 スタートから20.4km
やっとやっと山門に着いた。左にはお地蔵様、右にはお杜が出迎えてくれる。「西の高野
山」とも呼ばれるほど広大な寺域が広がる。本堂かと思ったら納経所だあ。
he-3-36.jpg
he-3-37.jpg

従って本堂にたどり着くには更に長い階段を登っていかねばならない。アジサイが綺麗だ。

本堂でお経をあげていたら、後ろで雨の気配がする。ベンチに置いた荷物が気になるが、
途中でやめられない。次第に雨音が激しくなってくる。お勤めを済ませてあわてて荷物を
軒下に退避させる。あ~、すごい雨だぁ。雷もゴロゴロと鳴っている。昼間の雨は気温を
下げてくれるので有難いが、早くやんでくれないかなあ。
ロープウエイで登ってきた参拝者たちも本堂の軒下で佇んでいる。
he-3-38.jpg
この間にお昼を食べよう。アンパンとメロンパンです。
30分くらい座っていたかなあ。小雨になってきた。大師堂へ向かい、お勤めを済ませて
納経所へ向かう。
納経が終わったらお宿で一緒だった60台のおじさんがやってきた。このあと太龍寺ロー
プウエイで降るそうだ。ここから更に山頂に向けて登ると頂上の絶壁に求聞持修行大師像
があるそうなんですが、その先の下り道が通行できませんと書いてあったんで、二十二番
平等寺までの車道筋を行くことにする。

どこまで続く下り道ぞ。雨の影響で空気が湿っている。汗をかいてもそれが蒸発しないの
で気化熱が発生しない。あ~、暑い。
he-3-39.jpg
鶴林寺、太龍寺を廻る人は、ふもとの坂口屋か龍山荘に泊まるそうだ。山道から見えた綺
麗な風景は、斜面一面に植えられたアジサイやったんですね。

しばらくゆるやかな登り道を歩いていたら、後ろからすごい勢いで雨が追いかけてきた!
バケツをひっくり返したような激しい雨に、急いでポンチョを着たが役に立たない。こん
なに濡れたのは何十年ぶりだろうか。思考がもはや停止状態になる。このおかげで、道を
少し間違えてしまった。遍路道に入らず車道に迷い込んでしまったようだ。道にへんろシ
ールが見当たらないよ。でも道路案内板には「平等寺」と書いてあった。多少回り道かも
しれんが仕方ない、ここを歩くか。

もう靴もずぶ濡れで中の足もふやけている。パンツもぐしょぐしょ。でも体温が下がって
歩みのピッチは上がっているような気がする。
ふもとまで降りたら雨はあがった。スマホのナビで現在位置を確認したら、そんなに大きく
ロスをした感じではない。田んぼの中の国道を歩いていたら、村のチャイムが鳴り始めた。
「いったい何時のチャイムなのか?普通、4時か5時になるんやろうなあ」
スマホの表示で確認したら3時だった!
まだまだ時間は早いぞおおお。頑張れる。

he-3-40.jpg
1600 二十二番平等寺着 スタートから26km
元気を出して歩いたら、平等寺に着きました。
標準どおりの時間で歩くことができましたがな。
思えば八十八箇所のうちの四分の一ですがな。距離にしたら一割くらいだそうですが、やはり
感慨深い。
he-3-41.jpg
濡れたカメラを取り出して、写真を撮る。車遍路が数組、綺麗な白衣とまっさらな杖を手に
参拝している。こっちは濡れ鼠の歩き遍路・・・・
別に歩き遍路が偉い訳じゃなあないけども、ね。
今回の区切り遍路の打ち止めをお大師様に報告して、道中の無事のお礼をしました。

山門横に綺麗なお遍路宿があるんですが、今日は徳島市内にお宿がとってあるんでJR線の駅
のある阿波福井までの5.9kmを更に歩いていく。
he-3-42.jpg
途中、月夜御水大師がある。人によると綺麗な所なんだそうですが、雨の後だし夕方な
んで暗い雰囲気しかなかった。もったいない。

1740 阿波福井駅着 スタートから33km
阿波福井駅に到着。無人駅で、駅前には店も何もない。夕食は・・・カロリーメイトを残った
麦茶で流し込む。次の徳島行きは1827なので、しばらくホームのベンチで休憩する。靴と
靴下を脱ぐと足がふやけている。うちわであおぐと気持ちいいいいいいいい。
やってきたワンマンカーには乗客はまばら、と思ったら途中の駅で着飾った中高生がたくさん
乗ってきた。どこにいくのかな?
小松島市でどっと降りたが、今度は浴衣の女の子たちが乗ってきた。お祭りかい?
1943に徳島に着いた。花火の音がしている。これだな。
後で調べてみたんですが、小松島市でもお祭りがあったらしい。

今夜の宿は「はやし屋旅館」です。素泊まりなんで食事はない。大浴場で汗を流して体重を
測ったら80kgだった。2日間で5kg減ったことになる。多分大部分は水分だろうな。
洗濯をしたあと、外に出て夕食を食べに行くが、飲み屋しかない。コンビニの弁当で我慢
するか。心境の変化かお遍路中は食べることに執着しなくなるようだ。しかしビールは飲み
たい。500mlのやつを買ってきて飲んだら一気に呑んでしまった。普段はこんな飲みか
たはしないんやけどもなあ。体中の細胞にビールが染み渡る。

he-3-43.jpg
今回の区切りうちは、なんといっても暑さとの戦いでした。それに雨。これも修行のうちな
んでしょうね。暑いのが嫌だったり、濡れるのが嫌だったら行かなければいい。こんな辛い
思いをするのにそれでも歩きたい。行きたい。四国がわしを呼んでいるんです。


スポンサーサイト



お遍路さん(其の6)18恩山寺,19立江寺

例年より早く梅雨があがった。
さあ、お遍路に行くぞ!
連休からこっち、お遍路の計画を立てていたわしは、
梅雨明けの「暑さ」のことをあまり真剣に考えていなかった。
でも計画だけは着々と立てていた。そして梅雨が明けた。やる気だけは満々です。

今回は「へんろ転がし」の20番鶴林寺、21番太龍寺の山越えが控えている。
4月や5月ならば楽に登ることが出来ようが、
今回は暑さが加わる。
梅雨が明けたら連日30度を超える日々が続く。熱中症指数も危険値を示す。

熱中症対策としては・・・こまめな水分補給
いろんな本に書いてあるのは
①アイソトニックウオーター
②麦茶
③冷たい水
わしは麦茶の500mlを3本買ってきました。
結構これ、重いよね。
まあでも命を保つために必要です。


7月12日(金)
いつものとおり、1908発の高速バスで神戸三宮へ。
そこで2115発徳島行きに乗り換え、2300に徳島駅に着く。
この晩は翌日の昼食のパンをコンビニへ買いに行ってそのまま寝る。


7月13日(土)
いよいよ阿波区切りヘンロ3回目の始まり!
0610
徳島駅前のルートイン徳島から眉山のふもと、阿波踊り会館方角へ歩く。
空は青空、すでに暑いよ。
he-3-01.jpg
道行くおばさんに「お気をつけて」とご挨拶をいただきました。
いい気持ちになって笑顔になって歩く。
いつもながら四国の人たちはお遍路さんに対して親切です。
まだ徳島市内は早朝で、ウオーキングの人たちがちらほら見えるだけでひっそりしている。

7時をまわると日差しも強くなってくるよ。
それにつれて気温もあがってくる。
日本海側と比べて湿度は低そうだが、それでも暑いよ~。
自転車に乗った中高生とすれ違う。皆ジャージを着ているので、今日は土曜日だけども
部活のために登校しているんでしょう。がんばってね。

0800 7km地点
勝浦川橋を渡ったところにへんろ休憩所がある。
he-3-02.jpg
さっそく使わせていただく。
麦茶を飲みながら成分表を見てみたら、ナトリウムが主成分のようだ。
う~~む。細胞外液やね、これは。なるほど。
昔の人は経験的に暑いときに麦茶(麦湯と言った)を飲むといい事を知っていたんですね。

「暑い、暑い」と言うと余計暑くなるが
自分の意識には暑いという気持ちしか湧いてこない。
こんな時期に歩く計画を立てたことは無謀なんじゃないかと弱気の虫が湧いてきた。
そんなとき、道の向かい側から若いお兄さんが横断歩道を渡ってきて
わしのほうに向かって走ってくる。
ん?わしにご用??
「お遍路さぁ~ん!」
わわわわわしのこと?
「向かいのあそこにある洋菓子のお店です!お接待させてください!」
お菓子をいただいたよ。
徳島洋菓子倶楽部イルローザさん。ラスクが美味しい。
he-3-03.jpg
さっきまで暑さにめげて挫けかけていた気持ちが一気に明るくなった。
お大師様は、きっとこういったタイミングで励ましてくれているんだなあああ
と感謝ですがな。

ところで今回はこんな格好です。
he-3-04.jpg
一応白衣は持ってきているんですが、暑さ対策を第一に考えました。
田んぼの稲も雨と日差しでぐんぐん伸びています。
古~~~い道標が立っている。
he-3-05.jpg
昔のお遍路さんたちはこの石だけを目印に廻っていたんやねえ。
he-3-06.jpg
途中、なんかいわくありげなお地蔵さんが居る。その先には
he-3-07.jpg
「千羽ヶ嶽のお豊とお君の墓」とある。
なんだろう?
調べたけどわからない。

he-3-08.jpg
そして次に「源義経上陸の地」の碑が立っている。
ここは源平合戦のとき義経が上陸して屋島に攻め入ったところらしいです。
こう思っている間にも汗がしたたり落ちてくる。

十八番恩山寺着 0930 スタートから11km
he-3-09.jpg
朽ちかけた山門の脇には「糜爛(びらん)樹」が植わっている。
南国特有の種らしい。お大師お手植えかな?と思って案内を見てみたが
そういった縁起は書かれていないよ。

he-3-10.jpg
境内に入って入り口近くのベンチにリュックをどさりと置いて一息
「うお~~~」
さて汗まみれの身で、輪袈裟をつける。白衣は・・・勘弁してもらおう。
バス遍路の団体さんがたくさんいる。
先達さんの読経にわしもそっと混ぜてもらってお経の節回しを修正する。
なんか自己流になってしまっていたようです。


さて次に行く。
日はますます高くなり、気温がぐんぐんとあがる。
ああ、熱中症の患者の気持ちがわかりかけてきた・・・・・。
頭がボ~~ッとしかけてくる。
3本買ったお茶も残り1本
飲む以上に汗と不感蒸泄で水分が失われていく。
おしっこも今朝から出ていない。

he-3-11.jpg
すると田んぼに地下水を汲み上げている所があったよ!
果たしてこれは飲めるのか??
えい、気にせず飲もう。
手ですくってみると、冷たい~。
飲んでみると、うううううううまい。生き返るなあああああ。
もうここに至っては水に何が入っていてもいいや!

he-3-12.jpg
暑さでうだる峠をヨロヨロと越えたところに
休憩所があったああああああ。
入ってみると、おお、冷房がきいている。
水道と流しもある。
さっそく蛇口をひねったら、熱いお湯が出てきたああ!
多分水道管はむき出しで、中の水が熱せられているんやなあ。
冷たい水をあきらめ、お湯で手ぬぐいを洗ったあと椅子に座ったら
冷水機がおいてあるぢゃあありませんか。
3杯一気飲みしました。寒露寒露
ここの休憩所の電気代とかは、地元の人たちの好意で成り立っているんでしょうね。
感謝しつつ納め札を置く。

麦藁帽のおじさんが入ってきた。お遍路さんかな?
でも何も持っていないよ。
流しの水道をひねっても相変わらずお湯が出てくるんで不審そうにしていたんで
「多分水道管の中で熱くなっているんでしょう」
と教えてあげたのがきっかけで、少し話をした。
おじさんは、「歩き遍路の予行演習」だそうな。
徳島県の人だそうで、列車に乗って徳島駅まで行き、そこから20kmくらい先の家ま
で遍路道を歩いてみて歩き遍路に耐えられるだろうかを自分自身で検証しているんだそ
うな。
ふ~~~ん。そういうやり方もあるんやなあ。
で、わしは週末遍路でボチボチやっている。
お互い、無理をしないようにやりましょう、という事で別れました。

he-3-13.jpg
十九番立江寺の縁起で、情夫と夫を殺して四国巡礼に出て阿波関所寺の立江寺で釣鐘の
綱に髪を巻きとられたお京の墓が忽然と現れた。
あらかじめ予習しておいたので「う~~む。これがお京の墓かああ」と感慨深かった。
でもね、いくら予習をしていても、暑さや雨で前に進むことだけで精一杯の時には
こういったものは目に入らない。
下手をすると道標も見落として間違った方向に行ってしまう。
余裕を持って歩きたいものです。


十九番立江寺着 1130 スタートから14.8km
he-3-14.jpg
ここは「阿波の関所寺」と呼ばれ、邪悪な心を持つ人や罪を犯した人には罰があたるらし
い。先のお京はその例で、彼女の「肉髪付鐘の緒」があるらしいが、どこにあったのか確
認しないままでした。それよりも大きな修行大師像に心を奪われて多宝塔をバックに写真
を撮ったが、逆光でうまくいかんかった。
he-3-15.jpg
大師堂の横には売店があって色々売ってるよ。
納経所の後に覗いてみよう。
団体さんも賑やかにお買い物をしている。
わし思うに、覗きやすい売店と、そうでない売店があるような気がする。
どこも同じような品物を売っているのに、どこが違うんだろう?
場所かなあ?店構えかなあ?雰囲気かなあ?店の人の人柄かなあ?
じじじつはここで、かねて欲しかった「持鈴」を買った。
よくお遍路さんが「チリ~ン、チリ~ン」と鳴らしながら歩いてくる、あれです。
仏前の勤行の際に鳴らすつもりです。
昔のお遍路さんはこれ鳴らしていたそうです。
古式にこだわる、わし。

he-3-16.jpg
ここのベンチでお昼のアンパンとメロンパンを麦茶で食べる。
山門を出て、赤い白鷺橋を渡ったところでバス遍路の団体さんが歩いてくる。わしはお遍
路さん同士は歩きでもバスでも車でも挨拶をしたいと思っているので一人一人と挨拶を交
わしたら、その一人に「あ、さっきのお寺でも会いましたね。がんばってくださいね」と
言われた。何気ないこの一言が気持ちをほんわかさせてくれる。
元気をもらって暑い道ながらニヤニヤと歩く。

he-3-17.jpg
ここから鶴林寺のふもとまで10.2kmの山の間の勝浦川に沿って歩く。
田園風景がのどかだなあ、と思っていたら空が曇ってきた。風が吹いてくるので雨雲に向
かって歩いているんかなあ。神杜の境内で休んでいたらポツポツと雨が落ちてくる。
今回初めて使う雨具を取り出しておく。15年以上前にスキー場で買ったポンチョです。
とっくに防水機能がなくなっていたので防水スプレーで補強しておいたつもりなんですが、
どうかな?
歩き始めたら案の定ゴロゴロと雷が鳴って激しく雨が落ちてきた。あっという間に道路も
水浸しになる。雨に向かっているので体の前面は、防水機能もあったもんじゃない、下着
まで雨が浸透してきた。反面後ろは無事のようです。これには菅笠が大いに役立ってくれ
ているようです。そのおかげでリュックの中は少しだけ濡れただけで済みました。
30分くらい雨に打たれて進むと、やがて本日の宿泊所、生名の集落に着く。民宿への道
の手前にコンビニがあったので、明日の昼食用のパンと麦茶を買っておく。ここで雨がや
んでいたので雨着を脱いだのが大間違い。コンビニを出たらまた雨が激しく降ってきたが、
民宿は目の前と思い、濡れながら歩いたらリュックの中に雨が浸透してしまった。


he-3-19.jpg
1440民宿金子や着 本日の総距離25km
旅館金子やさんは、鶴林寺の登り口にあるちょっと大きめの民宿で、官直人さんも宿泊し
たこともあるそうです。
he-3-18.jpg
部屋に通されてすぐに、濡れてしまった服やリュックの中身を全部出して広げる。印刷し
た地図がにじんでしまったなあ…。防水対策をしっかりしなくてはいけないと痛感し
ました。スッポンポンの上に浴衣だけ着て、屋外に置いてあるランドリーで洗濯させても
らう。(200円)洗濯の間、早めにお風呂をたててくれたので入ることにする。大きな湯
船に足を延ぱして浸かるとふやけた足に気持ちいいが、暑い目に熱いお湯に浸かっている
と暑くて暑くて1分くらいでギブアップ。脱衣所で体重を量ってみたら83kgだった。
脱水状態で2kg減っていた。

洗い終わった洗濯物を部屋に持ち込んであちこちに干す。綿の下着は肌触りはいいが、乾
きが悪いので今回は靴下以外は速乾性の素材を用意してきた。
さて夕食まで1時間半以上あるんで、ちょっと寝させていただこうかね。今日は土曜日な
んですが他には宿泊者はいるのかな?と考えていたら向かいの部屋から音がする。少なく
とも・・・人はいるね。

6時の夕食の時間に食堂に行ったら、わしと60台のおじさん、お昼に恩山寺と立江寺で
会った若い女の子、車遍路の老夫婦の5人でした。
食後にもう一度お風呂を使わせてもらおうと思ったんですが、女湯の札がかかっている。
一つの風呂を男女で交代で使っているんか。まあいいや。
ロビーに足もみ器があったんでモミモミさせてもらっていたら宿のおかあさんが来て世間
話をした。それによると、やはり今の季節はお遍路さんの宿泊は少ないらしい。普通、お
遍路さんは春に始めて、ここ20番は1番から始めて6目目くらいの場所なので、5月の
連休を過ぎると空くらしい。なるほど。
その晩は9時前にバタンキューと寝てしまうかと思ったら、案外目が冴えている。夕食前
に寝たせいかな?と考えているうちに寝てしまった。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード