FC2ブログ

お遍路さん(其の5)13大日寺~17井戸寺

5月26日(日)

足が痛くて起きられない・・・と思ったら意外とすんなり起きることができた。
朝食は0630から。
食べてからすぐに出発できるように荷物は用意しておく。
ゆっくり食べたいが、いつものように10分で食べ終わる。でもご飯のお代わりはしっかりした。
he-2-33.jpg
玉が峠越えで行く。ヘビがでないかとビクビクしつつ山道を歩く。
he-2-34.jpg
早朝の山は森閑としていて、自分の掛け声が山にこだまして響く。
もしかして天狗様が出てくるんではないか?と思ってしまうほど。
he-2-35.jpg

登りは結構辛い。昨日の疲れが残っているのだろうか。
頂上に近づくにつれ、空が間近に感じられてくる。
he-2-36.jpg
峠に着いたら休息所がある。水とトイレまで!
ちょうどお腹がおかしくなってきたので、大のほうを使わせてもらいましたがな。
ウエットティッシュはこんなとき便利やね。
あとはひたすら下り坂を降りる。
降りるときのほうが足にくる。膝にサポーターを巻いておいてので、少しは楽だ。
はるか下には鮎食川が蛇行している。今年は鮎はあまり捕れないそうだ。

0850 鏡石大師が途中にある。
he-2-37.jpg
行くには・・・ちょっと道から降らなければいけない。
降ったら登る・・・・やだなあ。
ええい!弱気の虫め!
南無大師遍照金剛!
鏡石は、昔は人の顔を映していたらしいんですが、今はただの岩でした。
he-2-38.jpg

道の途中、遍路道の案内をしてくれるお遍路人形さん。
地元の人のお遍路さんに対する思いが表れているなあ。
he-2-39.jpg

阿波の国は田植えを終えたばかり。
オタマジャクシが水田を泳ぎ回る。子供の頃よく見た懐かしい風景です。
he-2-40.jpg

鮎食川に架かる潜水橋を渡る。
この種の橋は四国特有のものだろうか、他の地方にもあるのだろうか。
今日も暑い。
川に入って足を冷やしたい衝動に駆られるが、道を急ぐのでそれもあきらめる。
he-2-41.jpg

途中、立派な遍路小屋がある。
風力発電で電気を得ている。
he-2-42.jpg
中にお邪魔すると冷蔵庫があり、夏みかんと井戸水が冷やしてある。
夏みかんは基本好きじゃなかったが、ひとつもらって食べた夏みかんは別物ですな。
すっぱいんですが心地よいすっぱさと、ほのかな甘みが疲れを癒してくれる。
ここは本当にいいところだ。

1230 十三番札所 大日寺に到着
ほぼ予定通りついた。
he-2-43dainichiji.jpg
バス遍路さんの団体さんの読経が低く高く聞こえてくる。
境内には綺麗な「しあわせ観音様」がいる。幸せになれますように。
he-2-44.jpg
道の端には小さなお地蔵さんが並んでいる。he-2-45.jpg

he-2-46.jpg
次の札所の案内なんですが、ごみ収集用の入れ物にも案内が書かれているよ。
ほんと、四国はお遍路さんと縁が深いんですねえ。

途中の石屋さんの庭に置いてあったメッセージ
そうなんだよね。いましかできないんだよねええええええ。
he-2-47.jpg

1400 十四番札所 常楽寺に到着
ここは岩盤の上に建てられたお寺です。
he-2-48.jpg
今回、初めて鐘を撞かせていただきました。
he-2-49.jpg
ここの札所で何が気になったかというと・・・
門前の茶店
浴衣の綺麗なお姉さんがいたこと。
納経が終わって速攻このお店に飛び込みました。
和三盆のかかったカキ氷
he-2-50.jpg
これですよ。うまいなああああああああ。
店の前の毛氈に座って食べていたらバスの団体さんがいっぱいやってきて
うまそうにカキ氷を食べる歩き遍路のわしを見ていく。
「おいしいよ!」
宣伝したんですが、スケジュールに追われる団体さんにはそんな時間はなさそうだ。
車遍路のおじさんがソフトクリームを買いに来た。

1415 十五番札所 国分寺
he-2-51kokubunji.jpg
なんか先ほどの団体さんと縁があるようだ。
先達さんのお導きで読経が始まった。
団体さんが去った後、ロウソクに火を灯そうとしたら、
オヤジ遍路が二人、
「風が強くてなかなか火ィつけへんなあ」
「そんなときはな、『オントロトロ オントロトロ』って言ってつけたらええねん!」
なかなかつかんなあ・・・・。
こんな呪文あったんやろうか?お不動様もびっくりや。
こんどからやってみよ。

納経を終えたら、駐車場のほうからおじさんが来て
「歩きかね?今日はえらく暑いね」
「今日は暑くって汗ばっかりかいておしっこに一度も行ってないんですよ」
「そう。じゃあ、ポカリスエットがいいかな」
と言ってスポーツドリンクを車から出してきてくれた。
お接待かな?
納め札を手渡そうとしたら、
「本当はこっちのほうが接待なんやよ」
お菓子の詰め合わせをくれた。
he-2-52.jpg
「今日は歩き遍路さんに会うのは初めてやなあ。歩き遍路さんの減ってくる季節やな」
へえ~、そうなんだ。
ちょうど昼食を食べていなかったので甘いものはありがたい。

1500 十六番札所 観音寺着
この調子だと納経所の閉まる1700までには十七番まで廻れそうだな。
he-2-53kannonji.jpg
またまた同じ団体さんと一緒になる。
こちらは歩き、あちらはバスなのに到着する時間は同じ・・・
お年寄りが多いので集合とか移動に時間がかかるのかな?
納経所に行ったらツアーのガイドさん3人が30人分はあろうか、
納経帳・判衣・掛け軸をどっさり持って狭い納経所を占拠している。
どれだけの時間がかかあるかなあ・・・・・
「どっひゃ~・・・」と
つい小声でつぶやいてしまう。
バス遍路さんは納経はツアコンさんがまとめてやってくれるので、納経所の雰囲気はわからんのやろうね。
しかし納経所の人も歩き遍路さんを見ると
「歩きの方、どうぞこちらへ」
と導いてくださる。ありがたや、ありがたや。

田んぼや住宅地の中をへんろシールを頼りにとぼとぼ歩く。

1600 十七番札所 井戸寺着
今回の最終目的地です。この時間に着くことができてよかったあああああ。
he-2-54idotera.jpg
お大師様が掘られた「面影の井戸」の底に自分の顔が写れば無病息災だそうな。
わしは・・・写りました。
he-2-55.jpg
本堂には色々なグッズが売ってあるので、ついつい見に行ってしまう。
もうこの時点では欲しい・必要なものがないのですが、冷やかしでも見るのは楽しい。
南無大師遍照金剛Tシャツは欲しいと思った。

さてこれで今回の阿波くぎり打ちはおしまい。
徳島駅前のホテルが今夜のお宿なんで、JR府中駅から徳島駅まで帰ってもいいんですが
次回の出発点を徳島駅にしたかったんで6km弱を歩いていくことにする。
だんだん気温が下がってくる。
街中に入ると食堂やお惣菜やさんからいい香りがしてくる。
そういえばお昼ご飯をたべていない。お腹すいたなああああああ。
でもホテルに着くまでのがまんがまん。
飴をなめてしのぐ。
それから退屈をしのぐために今回用意した携帯ラジオ!
これは役に立ってくれました。徳島のラジオ番組を沢山聞かせていただきました。

1830徳島駅着
いや~歩いた歩いた。今日は合計30km歩いた。
でも靴の選択がよかったのか、足は痛くない。
ショック吸収素材のきいたランニングシューズです。
山登りもこれで十分だと思ったよ。

今回二回目なんですが、
歩きお遍路さんの気持ちがちょっとわかったような気がしました。
自分だけの足で黙々歩む。
歩いていると色々な景色が目に入る。香りがする。声が聞こえる。息吹が感じられる。
そんな五感が刺激される。
ああ、癖になりそうだ。

道中歩きながら、休息場で、民宿で、お寺で、いろんな場所で
わしの人間観察の癖がつい出てしまう。
男性のお遍路さんは若いか、年寄りのどちらかに偏っている。
20台の「自分探し」の人たちは何かしらの悩みを持って、「何か見つかるかと思って」という動機で廻る。
結構純粋なんですが、その純粋さが枷になって世の中でうまくいかないのかもしれない。
何かみつかるといいですね。

次にオヤジ遍路、いわゆる団塊の世代
定年になって念願のお遍路さんを始めた人たち。
彼らは用意周到に計画を立てて、予習もしてきて装束もきちんとしている。実に真面目に参拝をしている。
なぜそれがわかるかというと、装束が新しいからだ。

それ以上の年齢を重ねたいわゆるベテラン遍路さん、2周以上廻っている人たちは、
なぜか長いあごひげを蓄えている。それも白髪なので皆同じような雰囲気になっている。
彼らは寡黙か、饒舌のどちらかです。
お遍路は基本独りで廻るので人恋しいのか、
休息所やお宿では必要以上に語りかけてくる。
若い女性のお遍路さんに対しては特に(こいつ、からんでるのじゃね?)と思ってしまう。

巡礼を重ねていくうちに目が澄んでくる、と家田荘子さんは言っていた。
彼らも、わしも変わっていくんだろうか。

わしはどんな雰囲気で見られているのかしらん?
まだお遍路始めたばっかりなんで自分のスタイルは出来ていないんですが、
若い人に「お寺の方ですか?」
と言われた。
う~~~ん、僧侶と間違えられてこれは喜ばしいことなのか、迷惑なことなのか?

これで阿波の国区切り打ち第二回目終わり
合掌


スポンサーサイト



お遍路さん(其の4)12焼山寺

連休のときに11番藤井寺で引き返したことが心残りでした。
で、せめて梅雨入りまえまでに行きたかった。
毎日長期予報と天気図をにらめっこ。
決行は24日(金)から27日(月)にしました。実質2日間
最後の27日は、帰りのためのバックアップで一日だけ休みをもらいました。
申請に行ったら「お遍路に行くんでしょ?」と言われましたがな。


5月24日(金)

夜7時に裏京都市から高速バスで神戸三宮に。
he-2-01.jpg
そこから乗り換えて徳島駅に着いたのは夜中の11時
前回泊まった駅前のホテルにチェックインして、ホテルの天然温泉にまだ入れるか聞いたら
12時までオッケー!ラッキー!


5月25日(土)

早起きして0608発のJRに乗って鴨島駅まで約30分
鴨島駅から本日スタートの藤井寺まで約30分歩かにゃならんと覚悟していたが
駅前には朝早いのにタクシーがいたよ。
時間の節約のため、タクシーに乗る。
「もうそろそろ歩き遍路は少なくなる季節やねえ」
「ははー、そうですか・・・」
暑くなってくるとお遍路さんも減ってくるんやねえ。やはり季節のいい春・秋に集中するんでしょう。

he-2-02.jpg
藤井寺では、綺麗な藤色の手ぬぐいを買う。
実はこれ、家田荘子さんが本でお勧めしていたやつです。
he-2-03.jpg
なるほど、きれいやなああ。

藤井寺のご本尊様とお大師様に今回の旅の開始を報告する。
都合のいいお願いはせずに、ただ自分の気力が続く手助けをお願いした。

he-2-04.jpg
0715 いよいよ登り口に。
山道を12.6km
健脚5時間
平均6時間
弱足8時間
と書いてある。萩原健一は4時間ちょっとで登ったらしい。
そこまではいかないが、せめてなんとか5時間台で登りたいなあ・・・と願う。
四国の遍路道最初で最大の「へんろころがし」の難所だそうな。
ここでお遍路さんは発心の覚悟を試されるらしい。

he-2-05.jpg
最初のへんろころがし1/6は、そうきつくないと思いながら
フンフンフ~ンと鼻歌気分で登る。
山歩きが楽しくて、自然に顔がニヤついているのがわかる。
he-2-06.jpg
ミニ八十八箇所と西国三十三箇所が道なりにある。全部拝んでいきたいんですが、
時間がない・・・と思う心がゆとりを奪うんやろうなああああ。
優しいお顔の地蔵様がいるよ。
he-2-07.jpg
やがて道路に出る。
he-2-08.jpg
鯖街道のときもそうだったんですが、何百年の歴史ある古道をせいぜい数十年の自動車道が分断しているのは残念です。
見晴らしのいい所に出る。徳島平野と讃岐山脈が一望の下に望める。
he-2-09.jpg
これだから山登りはやめられない。
道の途中ではお地蔵様が見守ってくれている。
he-2-10.jpg
このお地蔵様の存在は、歩いてみてはじめてわかる。なんか安心するんですよね。
「水大師」とあるが、水不足のせいか、チョロチョロとしか水はでていない。
それでも飲む。
he-2-11.jpg

0825 長戸庵に到着する。だいたい1時間やね。標高440m
雰囲気のいい庵です。
he-2-12.jpg
女性専用のトイレが設置してある。
聞こえるのはウグイスの声
「ホーホケキョ」は、法華経のことか?とつい考えてしまった一瞬です。

ここから柳水庵までまた登り
しばらく尾根伝いに歩く。道が盛り上がっていて面白いね。
he-2-13.jpg

道のところどころにお遍路の途中倒れた人たちの墓が残っている。
しかし、なぜか暗い雰囲気に見えない。
それは多分、行き倒れたお遍路さんをお大師さんが手を引いて成仏させてあげたからかなあ、と考えていました。
he-2-14.jpg

急な下り坂になる。
へんろころがしは、下り道のことも言うらしい。
確かに降り道のほうが膝や靴先に負担がかかる。
膝用サポーターを用意してきたが、うかつにもまだ装着していない。
きついよ~。
なんかお香のにおいが山中に漂ってきたので、建物も近いと感じました。
he-2-15.jpg

0945 柳水庵着 標高500m
水場があると聞いていたが、水が出ていない!

と思ったら、
本当の水場はこっちだった。
he-2-16.jpg
冷たい水が美味しい! と書こうと思ったが
あんまり冷たくなかった。でも渇いたのどに優しい水でした。

さて次のへんろころがしへ。
4/6とある。いままでの2~3はどこだったんだろうかな??
結構キツくなってきた。
体力なくなったなあ・・・・・。
he-2-17.jpg
おまけに爆弾をかかえている左股関節周囲が痛くなってきた。
まずいなああああ。
で、そんなとき掛け声をかけながら登る。
「ざ~んげざんげ、ろっこんしょうじょう(懺悔懺悔 六根清浄)」
「南無大師 遍照金剛!」
これ唱えると結構下腹に気合が入る。
お大師様が一緒に歩いてくださると思う。
途中若い女性の二人連れがダウンしそうになっている。
大きい荷物が辛そうだ。
he-2-18.jpg

ふ~、ふ~。と登ると
石段が現れその先に杉の巨木を背負ったお大師様が・・・・
ああ、くじけそうなところでお大師様に出会えるように心憎い演出やああああ。
he-2-19.jpg
he-2-20.jpg

1100 一本杉庵(浄蓮庵)到着 標高745m
he-2-21.jpg
う~~む。ここまで4時間
ショーケンの超・健脚には及びもつかないなあ。
ここで84歳と70台の老姉妹に出会った。ひょいひょいと自分のペースで登ってきている。
すごいなあ。
またまた登った分を降りて集落へ出た。標高400mまで降りる。せっかく登ったのになあ・・・
こんな山深い所にあるのは平家の落人集落やろうか。
he-2-22.jpg
この山の緑は
種田山頭火の「分け入っても 分け入っても 青い山」の世界やね。
どこまでも碧く澄んだ流れ
泳いだら気持ちいいやろうね。
でも竜神様がいるかな?
he-2-23.jpg

ああ、ここから最後のへんろころがしか・・・
そろそろ足が言うことを聞かなくなってきましたがな。
あまりの辛さに写真も撮れず・・・休み休みあえぎながら急な坂道を登る。
そうしている間に、12時を回り、スタートから5時間を過ぎる。
ああ、健脚でもなくなってしまった。
いや、別に早く登ることに意義を見出すわけではないが、普通の人よりは早く登りたいものです。
he-2-24.jpg

道のあちこちに休憩用の丸太の椅子が設置してある。
靴も靴下も脱いで開放感に浸って休憩した。
隣で休んでいる若いお遍路さんと話をした。
二十台かなあ、埼玉からきたそうだ。全部回ると言っていた。
わしも若い頃に廻っていたら人生観がかわっていたかなあ。

さてもうひといき。足の疲れも麻痺したのかな?慣れたのかな?あまり苦痛に感じなくなった。
するとおお、そこには12番札所焼山寺の山道に出る。カンゲキー。
he-2-25.jpg
歩き遍路でなければ味わえないこの達成感
仁王門までの山道が300mくらい続く。
バス遍路の団体さんがぞろぞろと歩いている。
1250 焼山寺到着 標高700m
he-2-26.jpg
太い杉の木に囲まれた森閑とした境内を進む。
自販機が置いてあってうまそうな飲み物が見える・・・納経を終わったら飲むぞおおおおお。
今日は特に暑い。脱水症状がひどい。
まだ朝起きてから一度しかおしっこに行っていないよ。
結局登り口から6時間、普通の人の速度でした。

さきほどの老姉妹も無事登ってきた。
その人に、おいしい水を汲める場所を教えてもらった。
そこは・・・トイレの奥
そっとトイレの奥を通り抜けると、そこは宿坊の生活圏でした。
「お寺の人にみつかったら、ごめんなさいね」
「いや、ごめんしてちょ、と謝りますからええです」
「そうよね」
納経所で、途中の長戸庵、柳水庵、一本杉庵の御朱印も押していただけました。
その分のお金もいるけどもね。

あとは降るだけ。
延々降る。アスファルトの道と草道を・・・・
団体さんのバスが停まっている。多分ここが杖杉庵かな?
he-2-27.jpg
四国遍路の開祖と呼ばれる衛門三郎終焉の地だそうな。
彼の由来については、ちょっと気の毒な面もある・・・と思う。
ちょっとお大師さん、厳しくない?
he-2-28.jpg

1445 本日の宿泊所の「なべいわ荘」到着
he-2-29.jpg
綺麗な部屋に布団がすでにひいてある。寝たいよおおおおおお。
he-2-30.jpg
何が嬉しいかというと、お菓子がいっぱい!
he-2-31.jpg
お茶を立て続けに4~5杯飲んだが、まだ足りない。おしっこもでない。
かなり脱水状態になっているなあ。

1530頃に「お風呂がわきましたよ」おお、ありがたい。
先客が一名、寡黙なオヤジ遍路さん。
二人でヒノキの香りがいいお風呂を貸切り状態ですがな。

夕食は1800からなのでそれまでしばらく寝る。
泥のように眠る・・・かと思ったら疲れすぎていてうたた寝しかできなかった。
夕食はわし好みの味付けです。
汗を沢山かいていたから味付けを濃くしてくれていたのかな?
he-2-32.jpg

お腹が一杯になったらカエルの鳴き声を聞きながら自然と眠りにつけました。


プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード