FC2ブログ

天使の羽はないけれども・・・

「前から思ってたけど、きっとおやっさんは私の事を好きなをじゃなくて私を思ってる自分が好きなんだと思う」
こう言われて冷水を浴びせられたような思いをした。
できもしないのに人助けをしてきたつもりの自分への痛烈な非難・・・

今まで自分は、人と関わりすぎて、関わりすぎた挙句破綻してきた。
中学生の頃から、その繰り返し。
関わった人を少なからず傷つけてきた。
残ったのは後悔ばかり。

30半ばになって障害者海外旅行のボランテイアをしたとき、
自分の人間性の限界を知らされた。
障害者のお世話は自分には無理だとわかった。
「してあげている」気持ちがあると、施しになってしまう。
「しなければならない」という義務感は、いつか無理がくる。
「している自分を自覚する」ような偽善的でなく・・・

障害者センターの人たちの、障害者に対して自然に差し伸べられる手を見るにつけ、
彼らの背中に天使の羽が生えているのを見た。

残念ながら自分の背中には何もない。
あるのは中途半端な気持ちに振り回された偽善者の自分

お節介焼きなのだろうか
不幸な人、一生懸命やっている人に
ついお節介を焼いてしまう。
手伝ってしまう。
自分にはその資格はないのにも拘らず・・・。
歳をとってくると過去の失敗から、自分の器をみきわめたうえから、
施しにならないように関わってきたつもりだった。

彼らのお手伝いをしていると不幸にも、自分の能力・性格が過大評価されてしまい、
リーダーに祭り上げられたり、運営を任されたりしたり、
能力を超えて過度に頼られたりしてしまう。

そんなことになるのが嫌ならば
最初から無関係を貫けばよろしいではないか。
しかし知らぬ顔ができない。
因業な事だ。



自分は昔から劣等感に悩まされていた。
運動が人並みにできない。
努力ができない。根性がない。
その結果勉強ができなくて劣等感の塊だった。
でもこれは自分の責任に帰結することだから仕方ない。
運動神経が鈍いのは産まれつき。兄弟みんな鈍い。
しかし両親は抜群で、これもコンプレックスだった。
能力の足らないところを努力で突き破る根性もなかった。

すべて言い訳




社会人になってからは
所属する組織の中でエリート扱いされてしまったが、
決して天狗になることはなかった。なれなかった。
しかし意に反して周囲からの僻み、嫉みをうけて潰されかけた。

前に、前に出ることだけは避け続けて来たが
周囲に背中を押されて前に出されてしまう。期待されてしまう。

自分は期待されるような人間じゃない!


人にお節介するのは、劣等感の裏返しかもしれない。
人を手伝うことで自分自身の存在感を確認しているのかもしれない。
お節介をしているうちは
自分のことで、自分の世界でいっぱいいっぱいになってしまうので
つい押し付けになってしまうのだろう。

ではどうすればいいのか。
最後までやり通せないのならば、最初から何も関わらない方がいいのかもしれない。
知らぬ顔をしているのがいい。
そうやって人生を終わるのもいいのかも。


そうはならなかった。

健康管理や救急の仕事に携わってきたので
沢山の人の命に関わってきた。
自分の手の中で冷たくなっていった友人もいた。

カウンセリングの業務にも関わって来たので
本人の力だけではどうにもならない悩みにも関わってきた。

管理職になり、人事業務にも携わって来ると、そこに人事的側面からの考え、切り口も加わってきた。
更に医療従事者が人事業務をすると、全体を見る視点が少し異なる。
安易な配置転換は、悩みを持つ者の救いにはならないんだ!
自分の心が壊れたこともあった。

自分の望むと望まないに関わらず
「人の悩み」に人一倍関わって来たような気がする。
自分の無力感にさいなまれても、
つい人に関わってしまう。

開いた自分の手の中に納まるくらいの人数が自分の器の限界なんだろうな。
職場と、それ以外を合わせて。
スポンサーサイト



プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード