FC2ブログ

山よ山よ山よ

前にMixiに書いたものです。
yamanokoe01.jpg


yamanokoe02.jpg


yamanokoe03.jpg


yamanokoe04.jpg


yamanokoe05.jpg
ちょっとこの頃スランプだったんですよねえ・・・。
でも山登りに行くと自然と言葉が降りてきたものです。

最近はお大師さまが四国に呼んでくださるので
悩んでいても歩いているといつのまにか整理できています。
スポンサーサイト



富士の御山と富士信者のわし

fuji00
俳人、小林一茶の故郷である現在の静岡県富士市柏原
川口松太郎の書く「一休さんの道」で、一休禅師一行が富士見物の際にここを宿とした。
駿河の国の吉原から二里ほど先の柏原という小さな町の富士見楼という宿に逗留し、
日ごと夜ごと富士の御山を楽しんだという描写がある。
たぶん作者は一茶の故郷ということで、この地名に引っ掛けたのであろう。
一休が富士見物にこの場所を選んだという文献はない。

いちどこの場所で富士を拝んでみたいと思う。

fuji01
日本人は無意識のうちに富士山を好きだと思います。
新幹線の車窓から富士山が見えると、皆そちらを見ています。
チラ見する人や写真を撮る人、色々いますが、やはり富士に心を奪われています。
特に頭に雪を冠した流麗なその姿には心惹かれるものがあります。
単にコニーデ火山といえばそれまでなんですが
山には神がやどるという日本人の考え方が、
浅間大権現としての御神体としての富士の存在感を特別なものとしているのでしょう。

昔から信仰の対象となってきた富士山
富士講に入り、晴れて登山を達成し満願成就できたものはいいが、行けない人たちのために
近くに富士を模した「富士塚」を作り、せめてそこに登る。
そういった日本人のミニチュア精神は盆栽や庭園に通じるものがあります。
そこで江戸時代に築かれた東京都内各所に残る富士塚を探訪しようと思い、
品川富士に行ってみました。
fuji02
富士の溶岩を使った塚には人穴もあるし亀岩もある。まさにミニチュア富士
あと他の場所の富士塚にも行くつもりだったんですが、
本物に登ってしまった後には登る気がうせてしまい、
結局行きませんでした。ちょっと残念・・・

また、日本各地には「○○富士」が多く、地元の人の目を楽しませてくれる。
わしの地元には「若狭富士(青葉山)」がある。
でもやはり本家本元にはかなわない。
アララット山もベスビオ火山も富士山にはかなわない・・・と思う。
uji03
「富士山は眺めるもので、登るものではない。」
とよく言われます。登っても面白みのない山だとアルピニストは言いますが
そこはやはり日本最高峰、いちどは登ってみたいと思うじゃありませんか。
それが7,8月のシーズン中の混雑具合からもわかります。
もはや観光地か?と思うくらいの混雑です。
老若男女列を成して登っています。

本格派アルピニストではないトレッカーのわしは偉そうな事は言えないんですが、
山の中では孤独でありたい。
立錐の余地のない登山なんて登山じゃないと思う。
そういう思いがシーズンオフの富士登山となりました。

一生に一度はやってみたいと思う事があります。
わしはそれが富士登山でした。
でも、簡単に成就できるものでもなし。
横須賀に住んでいても、おいそれとできるものではなかった。
fuji04
晴れた日には三浦半島からは海を隔てて富士の御山がわしを誘う。
そこで自分自身を追い込むために、周囲に「富士登山をする!」と宣言することでした。

これはこれからの人生の指標ともしたい。
いつかやりたいことは、今すぐするべきです。
後で後悔したくない。
富士登山顛末記録(承前)は、こちら。
富士の御山は季節によってその姿を変えるのも興味深い。
fuji05
夏場は雲に覆われることが多く、期待しても見られないことも多い。御殿場駅からも見えない。
それに雪を冠していないので、優美さは冬に比べて少ない。
反対に真冬は雪が多すぎる気がする。
fuji06
真っ白の富士山よりも、頭に雪を冠した状態のほうがバランスが取れて美しいと思う。
また、御殿場の位置から見える山容は、左右対称ではないのが少し気になる。

とにもかくにも富士の御山は私の心を惹きつけてやまない場所なのです。
富士スバルラインに向かう途中でメロディーロードは富士山の歌を歌ってくれる。
これも楽しい。
fuji07
「道の駅須走」には富士山カレーもあった。
fuji08
富士山の周囲には、富士にちなんだ楽しいものが多い。
一度じっくり探訪してみたいものです。
横須賀勤務を終えて関西に帰る日は一日中晴天で
どのSAに停車しても美しい富士の御山が私を見送ってくれた・・気がする。
fuji09

とにかくわしは富士信者になってしまった。

富士のお山の御来迎

槍ヶ岳開山の播隆上人は、
山頂で阿弥陀如来の御来迎を見た。
そのお姿は、見た人の心を写すものであろう。

富士の御山がわしを呼んでいる。はよこいと。
先週の無念の八合目での撤退から、早急にその原因を追究した結果
防寒手袋と、酸素が必要とわかった。
仕事帰りに登山用品店に行って急いで準備した・・・・

決行は土曜日だ!
金曜の晩、夕食後すぐに寝て25時に起きる。
高速に乗って一路御殿場に向かう。
4時半に富士山吉田口五合目駐車場に到着!
キンキンするような夜空には星がまたたき、上弦の月が浮かんでいる。
高地順応しているのかそうでないか、よくわからんが、
5時に登頂開始する。
まだ暗いので頭にLEDライトをつける。
ライトに照らされた山道を登りながら
こんな季節の朝早くに登山する酔狂者は、わしだけかと思ったら、
結構いたよ。オバハンもいた。

登るにつれて夜があけてきた。
暁→曙→御来光
f2-01

登山道も朝日に照らされて色づいている。

今日は雲ひとつない快晴です。
気温もあがってきて気持ちがいい。
先週撤退した八合目(3020m)より上は岩場の登りが続く。
f2-02

さて酸素
なんか呼吸が苦しくなってくるので、携帯酸素の口を鼻の穴に直接突っ込んで酸素を取り込む。
この方法はいいかも??
それと、酸素タブレットも舐める。これ効果あるんかな?と思うんですが、気持ちの問題です。
酸素吸入は
八合目では1回に2吸入づつ、だんだん登るにつれて3吸入、4吸入と増えていく。
酸素に頼らない登山者も結構いたが、わしには必要です。
小型の10?入りのやつは、便利でかさばらない。
ただひとつ気に食わないのは「MADE IN KOREA」2本持っていったが1本だけ使った。

「八合目」の次は・・・「本八合目」( ̄◇ ̄;)えっ??
ちょっと力が抜ける。(3360m)
神社があって鳥居には無数のお賽銭が挟み込まれている。
f2-03

黙々と登ると・・・おお、九合目(3580m)です。
あとわずか、あとわずかですがな。
気持ち的には前向きになれる。
f2-04

そしてそして
遂に頂上に到着!(3715m)
11時ちょうど。6時間かかったことになる。
感激で涙・・・は特に出ない。
風は結構強く吹いていて体感温度は寒いなあ。
f2-05

シーズンオフなので、お鉢周りのルートは閉鎖されている。
さて持参のお握りで昼食。菓子パンの袋がパンパンになっていたよ。
山は混んでいないのがいい。
シーズン中の富士山頂には、わしとしては行けないだろうなあ。
こんな感じだそうです。
jam04

山頂を楽しんでから、11時半に下山することにする。
さてここで
登頂のときから気になっていたゴミを拾って帰ることにする。
空き缶、タバコ、ペットボトル、飴の包み紙・・・落し物の軍手など
結構落ちていて袋が一杯になってしまう。
途中すれ違う人は「えらいなあ」「ご苦労様です」とは言うが、自分では拾っていかへん。
別にいいけど・・・・

さあて八合目まで降りてきたら
ゴミ拾いの功徳か・・・・
眼下に雲が広がり、そこに観音様の御来迎を見た。
f2-06

西洋の独逸国では、ブロッケン現象と呼び、
高山の頂上で太陽を背にしたとき、前面の霧に自分の影が大きく映り、
その周りに光環が見られる現象、といえばそう。

しかして本邦においては阿弥陀仏が光背を負うて来迎するのになぞらえています。
でもわしには阿弥陀様ではなく、観音様に見えた。

ああ、この邂逅のために富士のお山に呼ばれたのでしょうか。
ありがたいことぢゃ。
他の登山者が来たので「ブロッケン現象ですよ!」と教えてあげたら
急に消えてしまった。
わしにだけ現れたのか・・・とひとりごちてみる。

シーズン中は降りルートの須走りが早くていいんですが
閉鎖されているので、登ってきたルートを降るので、結構岩場が危険で時間を食ってしまう。

4時頃に6合目まで降りてきた。
空には綺麗なうろこ雲がかかっている。
f2-07

富士のお山は今日一日、よい天気でわしを迎えてくれました。
ありがとうございました。





富士登山八合目

富士登山(八合目まで)
f00

横須賀にいるうちに、富士のお山に登ってみたかった。
住んでいる所から高速を使って150kmなんで、割と行きやすい。

で、職場の引越しもひと段落したんで連休で決行することに!
本当は9月のうちに行きたかったんですが、なかなか休みが取れなかった。
で、10月の体育の日の連休にしました。
わしはシーズン中は混むので、シーズンオフに行きたかったんっす。
今年はまだまだ暑い日が続いていて、冠雪もまだあのようです。行くなら今だ!
そうしたら、職場の面々に反対される、される・・・
理由はシーズンオフであることに加え、単独行であること。
「ふん!シロートではないわい!」
綿密な準備とともに、撤退する勇気も持ち合わせているつもり。

で、土曜日の昼に横須賀を出て
一路高速で御殿場へ。

富士スバルラインへ乗って吉田口の富士五合目に午後4時頃着く。
標高が高いので寒い。
そこは、観光客の多く来る観光地ですなああああ。
チューゴク人も沢山いる。
(尖閣諸島についてどう思うか?)と聞きたいくらい沢山いる。
駐車場から売店への階段を登ったら、心臓がバクバクして息が荒くなった。
(高地順応していないかな?)

その晩はワゴン車の後部席をベッドにして早めに休む。
でも6時から眠れるかあなあ・・・
やはり12時頃目が覚めてしまった。
夜半に雨がシトシトピッチャンと降ってきたよ。
あわわ・・・大丈夫かな?

しかし外に出るわけにもいかず、転寝を繰り返すうちに、夜が明けてきた。
駐車場にはわしと同じような考えの登山男たちの車が数台いて、
ごそごそ用意し始めているよ。
f01

吉田口登山口には霧が立ち込めている。
雨も降ってきたかな?
当然、シーズンオフなんで標識も保護材でぐるぐる巻きにされていて、見えない。

今日は、雨との戦いやなあああ。
カメラも雨にぬれるのでザックから出せないよ。
だから、写真も撮れない。

七合目までは砂地のジグザグ道を何度も何度も折れ曲がって進む。
単調すぎて疲れてくる。
でもこの辺から体も温まって重かった足も自然に出てくる。



高地順応していないのか?
頭がちょっと痛くなってくる。

七合目の山小屋群は、岩場の登りが続く。
この辺からはちょっと登っては休み、息を整える。
なんか頭がボーッとしてきた。
それに雨風が激しくなってきた。
服の隙間から雨が身体中に染み渡ってくる。

手袋をしているんですが、雨がしみてきて指先の感覚がなくなってくる。

時々、シーズンオフの富士登山に来る酔狂の同士とすれ違う。
全部で20人くらいか?単独行であったり、二人連れであったり・・・
お互いに情報交換をする。
山頂は初冠雪をしているらしい。
途中で降りてきた人もいる。

八合目のあたりになってきて、
なんか頭がふらつくようになってきた。
こここここれはやばい。
雨風も激しさを増してきた。

もうちょっと、せめてあそこまで、と
思いながら登ってきたが、そろそろ撤退の決断をするときだ。
岩場でバランスを失いそうになった。

しかたない、降りよう!

降りは足元の岩が濡れていて滑りやすい。
細心の注意を持って降りる。
途中出会った登山者に、
「八合目でリタイヤした・・・」と言うのは少し悔しい。

六合目まで降りてきたら雨が切れた。
ずぶ濡れのザックからカメラを取り出して撮ったのが、これら。
f02
f03
f04

登山口近くまで降りてきた。
その辺は雨が降っていなかったらしく、
たくさんの観光客が軽装で登山口付近を歩いて登ってくる。

チューゴク人のグループもやってくる。
富士山を信仰の対象として登る日本人を見て彼らはどう思うか。
「ヤマ、ノボルですか?」
(貴様ら、尖閣諸島について、どう思う?)

やはり、富士山はシーズン中に登るべきかなあ・・・
またいつか、リベンジするぞおおおおおおお。

悔いを残したまま富士登山を終える。

五合目駐車場から山頂を見上げたら、雲が晴れていて青空になっている。
「バカヤロ~~~~~~~!」
怒鳴ったら、また雨雲に覆われ、それっきり山の形さえ見えなくなってしまった。
スバルラインを降りて平地に戻ったら、頭がすっきりしてきた。
やはり、空気が薄いのがわしにはいけなかったのか・・・。



八合目撤退という結果で終わった富士登山
リベンジするには原因と対策について検討せねばならない。

①体調の不良について。
前日から5合目駐車場に入って一晩高地順応したはず・・・なのに
当日軽い高山病状態になっちまった。
携帯酸素を持っていくべきか?
これって効果あるんかなあ???
高地順応訓練をしておくべきなんでしょうね。
こんなのを持っていくといいのか?
f05
f06

②天 候
急変する山の天候についてはどうしようもないので
それに対する備えが必要です。
今回困ったのは、手袋でした。
防水ではなかったので雨に濡れて体温を奪い、指先の感覚がなくなってしまい
杖を持つ手に力が入らなかった。
防水手袋は必要ですなああああ。

③登山時期
わしは雪山をやるような登山上級者ではないので
やはり富士山は多少混んでいてもシーズン中に登るべきなんでしょうね。
それ以外だとシーズン直前か、シーズン直後に気候、天気の状況を調べて
行くべきか。

④体 力
体力的には問題なかった・・・と自負しているが
50を超えたら年々体力が落ちてくる。
そのへんを考えてこれからの登山について考える必要がある。
降りの時に両膝の靭帯が痛くなった時があった。
サポーターかテーピングが必要だなあ。

⑤単独行
新田次郎の小説にある「単独行の文太郎」に傾倒しているわしは、山は独りで登りたい。
自分のペースで登りたいし、人に迷惑をかけたくない。
鯖街道キャンプウオークは、集団行動だ大前提なのでこれは別として
富士登山になると、単独行は是か非か・・・ちょっと考えてみます。

これらの反省事項を踏まえ、またいつかリベンジしてやりたいと思っています。
しかし、横須賀は今年まで・・・・
定年後に行くしかないかな??
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード