FC2ブログ

柔道の救急講習

s-DSCF0614.jpg
今日は市の柔道連盟の合同練習会の際に救急講習会を計画し、
実施しました。
格闘技である柔道には怪我はつきものです。
しかし、怪我に対して適切な処置を施さなければ後遺症が残ったり
最悪の場合生命の危険がある。

日本の柔道連盟も何年か前から
安全講習に関して取り組みを行っているのですが
まだ不十分だなあと考えてしまう。

わしが市の柔道連盟の理事の末席を汚している意義と役割について考えると
救急に関する講習会をしなければいかんなあああ、と常々考えていました。
連盟のお偉いさんには常々講習会開催の意図を伝えていたのですが
はや5年無駄な時間を過ごしてしまった。これはいかん。

やはり言いだしっぺが実行しなければいかんなあ、と反省し
わしが8月、大坂に赴任する前にやらねば、ということで
やることになりました。

今日の予定
①頚椎保護と②AEDを用いた心肺蘇生法をざっとやることにする。
まず、頚椎保護
s-DSCF0615.jpg
試合とか稽古の際に生じた脊椎の障害に対し、
救急車が来るまで(平均6.5分)頚椎を用手法で保護する練習です。
自分の親指を相手の鼻の方向に向けて保持する・・・

s-DSCF0613.jpg
更にうつぶせの場合、安全に仰臥位に変換する方法をやってみる。
しかしこの方法、めったやたらにはやってはいけないのです。
生かじりでは、
かえって頚椎を損傷する恐れがあるからです。
呼吸が困難になっていたり、心臓が止まっていて
止むを得ない場合にのみ行うということを教えるのが主眼です。
本当は学校の指導者にたくさん来てもらいたかったんですが
あまり来てもらえませんでした・・・・・

次はAED
最初に、実際どこに設置されているかの認識を持つ。
そしてまず触ってみる。
訓練では失敗をさせることを目的にしています。

s-DSCF0617.jpg
ギャラリーの保護者にもやってもらうことにする。
「ほかに誰か?」
小さい子が手を挙げた。
抱っこしていたお父さんは慌てて引っ込めさせようとしたが、
「やってみよう!」
AEDは、手順さえ覚えておけば小さな子でも扱えるのです。

AEDをひととおり触ったら、
今度は心臓マッサージとAEDの組み合わせをやってみる。
あまりなんやかんや詰め込むと混乱するので
今回人工呼吸は省略しました。
2013年のガイドラインでも人工呼吸は「省くことができる」とされています。
心臓マッサージの大切さと効果は、
絞め技の原理と合わせて説明すると理解が早い。

s-DSCF0618.jpg
最初はおっかなびっくりやっていた参加者達も
いちどやってみることで自信がついてくれる。
この次の機会では積極的に参加してくれることを期待します。

こういった講習や訓練は一回だけでなく、
繰り返し行うことが必要です。

でもね~、わし8月から大坂で仕事があるんっすよ。
それも6年間・・・・
どうしようかね。


スポンサーサイト



柔道救護員

jydo20140622.jpg

今日は久々に柔道ネタです。
最近柔道の審判とか少年柔道教室とは、とんとご無沙汰・・・
今柔道教室は10人くらいなんで、わしの出る幕はないっす。

そしたら先日柔連の副会長から
「今度の試合の救護をやってくれんか」
「は、はははい!」

小雨の中救護器材(私物)をかついで試合会場へ。
今日は中学生以上30歳未満の青少年大会です。
最近審判講習をサボッているので新しいルールがわからん。


有効の判定がゆるくなっているなあ。

寝技が20秒で一本かああ。

組み手を3回切ると指導がくるんかあああ。

なにがなんでも足を取ってはいけないんやなああ。
すると肩車、朽木倒しもダメかああああ。
するとジャケットレスリング・グレゴローマンやね。

救護席に休憩(サボり?)に来るB級以上の審判の先生にそっと聞いてみました。
ふ~~~~ん。

よく水泳やスキージャンプなどで日本人に不利なルール改正に憤る人がいるが
柔道のルール改正のこと考えたら、どっちもどっちやなあ、と思う。

そんなこと考えていたら
さっそく怪我人が来る。
今日は高校生が一般や大学生に関節極められて
肘を傷めた症例が多い。

娘と息子の出身医療大学の柔道整復学科の選手も来た。
「ん?君は柔整の何回生?」
「2年です」
「救急手当ての道具は用意してきてある?」
「いえ・・・」
「ふ~~~~ん」
手当て後、
「じゃあ、君の受傷部位の解剖学的名称は?」
「えっ・・わかりません」
「・・・・ふ~~ん」
彼らにしたら面倒くさい救護員やったやろうね。

女の子の怪我人も来た。
「もともと肘を痛めているんですが、思わず背負い投げを打ってしまいました・・」
(ふんふん、その気持ち、おぢさんにもわかるよ)


今度の土曜日の合同練習会に、
頚椎損傷とAEDなどの救急処置講習会を計画しました。

お父さんの柔道日記(弐段の修行)

柔道ネタです。

36歳で柔道を始めて、38歳で初段を頂戴し、48歳で弐段を修得しました。
その間、いろいろ楽しいことも嫌なこともあったんですが、
一番苦しかったのは弐段修得までの道のりでした。
年齢的に格闘技をガチンコでやれる期間が限られていたので、ある意味自分の限界に挑む修行といっていいでしょう。

mixiの日記にその思いをつづり、愚痴を聞いてもらい、励ましてももらえました。
友人のみんなに感謝!感激です。
お見苦しい内容なんですが、そのときそのときの気持ちを正直に再現しました。


【2007年2月】

今日は柔道のローカル大会があって、観に行くと審判せんといかんので、行かんつもりやったんですが、
前日師範から、「明日、来れる?」と言われたので、「は、はい。」

汗をかきつつ団体戦、個人戦をジャッジしてきました。
試合の合間に、師範が会議室に私を呼ぶので、嫌な予感がチラッとした。
「おやっさんさん、今度の理事会で、あなたを市の柔道連盟の理事に推薦しようと考えているんだが、いかに?」
∑( ̄□ ̄;∑( ̄□ ̄;∑( ̄□ ̄;∑( ̄□ ̄;
「ヴぇ?なななんで、私めを?私にはそんな資格ないと思うのですが・・・?」
「いや、今まで長年の少年柔道の指導とか、審判の実績からです。どう?これからも、頼みますよ。」
38歳から柔道始めて試合にも数回しか出ていないインチキ柔道家の私からすると、辞退するのが妥当だし、
辞退したい。

でも、ずっと娘や息子が御世話になっていた師範からお願いされると、嫌とは言えない。それに私のことを
評価していてくれると考えると、無下に断ることはできない。それに柔道に関わっていられるのが楽しいのです。
師範は理事長をされているんで、少しでも師範のお役に立つことができれば・・・とも考えました。
嫌なこともあるけども、私の人生の中で柔道はいつのまにか重要な部分を占めている。

そんないろんな事が頭の中を高速で駆け巡った後に、
「わかりました、謹んでお引き受けいたします。」
と答えました。

まあ、これが私の人生やね。



【2007年5月】

朝は前向きの思考が出来る・・というので日記とかはなるべく朝書くようにしている。

で 、

前向きに行こう!企画発動

柔道昇段審査を受けることにしました。
なぜって?
柔道連盟の仕事が着々と増えてくるに従い、連盟の末席を汚しててはいるものの、
「初段」の肩書きは、ちょっと自分でも納得いかなくなってきた。

気力体力、これからどんどん落ちてくるやろうねえ。
今ここで踏んばらねば、後がなくなる。

自分を追い込むために、理事長の先生に「実は今度の昇段審査に挑戦したいと考えております。」
「おお、頑張ってください!」
これでもう逃げられない。

京都府の弐段は、6人抜きです。一番心配なのはスタミナ。
ここ一週間、走り込みを続け、スタミナ面の増強を図っている。7月8日なんで、それまで体力を
ピークに持って行きたいと考えております。

ここでカミングアウトしたのも、自分から逃げないようにするためです。
年寄りの冷や水かもしれんけども、温かく見守ってくだされや。(´д`;


【2007年7月】

昨日は当直で、稽古が出来なかった分、色々考えていた。何故、昇段審査を受けるのか?何のため
に受けるのか?

さて当日、弐段受けは4人だったので、審査方法は6人掛けの抜き試合となった。∑( ̄□ ̄;アウアウ
相手は初段合格者の6人で、こいつらをブッ倒せばいいのだが、初段受かって意気が上がる
伸び盛りの若者たち。中学生・高校生・保安庁の学生・自衛官もいる。

弐段受け4人の内訳は、高校生×2(娘の同級生)、高専生×1、46のオッサン×1・・・
高校生の一人は、結構強い奴で、肩車で全部ブン投げて、6人抜き達成!
もう一人は5人目でスタミナ切れ・・・
高専生は、内股で6人抜き達成!
さて、46歳のオサーンは・・これしかないという技の巴投げで強引に4人まで抜いた。
ここまでで、結構息が上がってきた。5人目、やる気満々の高校生で、ガンガン来る。
(おいおい、ちっとは手加減しろよ)と、よこしまな考えが頭をよぎったのがいけなかった。
バランスを崩して同体で倒れたところに強引に押さえ込みに入られた。(こんなの、返してく
れるわ!)と思ったら、か、身体が動かん・・オーバーヒートを起こしていたんですなああああ。

轟沈・・・・(´д`;

お話にもならんなあ・・・・
気力があっても、体力が足りん。
もっと修行せねば、と思うが・・・しかしここらが年齢のピークか?
よく、「自分の限界を設けるな」という人は、実際にやってみたことあるんかなあ?柔連の会長は、
この失敗を次に活かせ、と言うが、もう次はない、と思う。

審判だの柔連の理事だのとおだて上げられていい気になっていた自分を見つめなおすチャンスかもしれん。
何のために自分は柔道やっているのか、ちょっと考えてしまいました。




【その翌日】

今日は柔道教室の稽古の日だったんですが、
柔道衣を持たずに先生のところに行って、先日の不甲斐なさをお詫びに行きました。
その際に、柔連の理事の辞退と、審判の返上をお願いしてきました。

これからも純粋に柔道を楽しんで続けるためです。

先生は嫌そうにしていましたが、これだけは譲れないんです。
このまま審判続けていたら柔道の試合を観て楽しむ事ができず、試合の日が近づく事を苦痛に感じてくるからです。

柔道を嫌になりたくない!

大雨が降る中、道場に集まってきている子供たちには悪いと思いながら、今日は稽古をサボりました。

すいません、近日中に必ず立ち直ります。



【2007年9月】

今日は隣の市で昇段審査があったんで、二度目の挑戦をしてきた。今回は柔道教室のお母さん生徒も一級を取りに行く。
息子の部の仲間が一級、初段を取りに行く関係で、息子も応援に来ている。こここれはイカン。

今日は高校生が多いような気がする。
一級受けは9人、初段受けは10人、弐段受けは、オッサン一人。ということは、6人掛けだよ。(´д`;
ちなみに女性は一級受け一人、初段受けは中学生2人。

一級、初段、再審査がサクサクすすみ、いよいよ弐段
本日の合格者6人がワシの前に並ぶ。・・・見ると
デカい高校生ばっかしや(゚д゚;お、柔整の学生もいるぞ。
こいつらをみんなブン投げるのは大変だなあああああ
一人目は柔整の学生で、親の敵みたいな勢いで向かってくる。
おい、俺は君に何かしたんか・・・?とボヤきたくなるくらいムキになってガスガス蹴ってくる。
おまけにパチキも飛んできた。一瞬気が遠くなった。見ると、鼻血がタラタラ~ッとでてきた。
テイッシュをつめたがなかなか止まらん・・。
鼻血のせいにするのは本意ではないが、なんか腰に力が入らなくなってきた。



そんなんで、一人目でダウン


∑( ̄□ ̄;∑( ̄□ ̄;∑( ̄□ ̄;




( ̄д ̄;



ああ、またあかんかった。
息子の前で無様に負けちまった・・・。

どうしようか・・・・。


京都府柔道連盟のお偉いさんからも
「全然あかん」と言われた。
「柔道する体が出来ていない」とも言われた。
あ~、そうですか。
あんたらは若い頃から柔道しているから
年取って始めた者の気持ちがわからんやろうね。
と一瞬思った。
自分なりに毎日走りこんでトレーニングしてたんやけどなあ。
こんなこと言われると柔道やる気がうせてしまう。

理事やって、審判やって、トレーニングやって修行をしても
まだまだダメだそうだ。

鯖街道でも柔道でも仕事でも自分のしてきたことが受け入れられない。なんかもう疲れてしまいました。




【2008年5月】

一年前の雪辱を晴らしたとですばい!
5人目で力尽きたときや、鼻血流血で敗れたとき・・・

遂に

柔道弐段に合格しましたとですばい。
6人抜き達成

正直柔道やめようかと思ったときもありました。
でも、柔道好きやし、子供の頃からずっとやりたかった柔道やし
やっぱしやめんでよかった。
こんな嬉しいことはない。

京都府柔道連盟の規定では、弐段受けは
初段を6人抜きなんですが、
元気一杯中学生高校生専門学校生大学生高専生・・お、自衛官も居る
今年もあかんかなあ~、と内心憂鬱でした。
必殺技「剛力返し」も通じそうにない。

自然と力が入ってガチガチやったんやろね。
理事長先生の「力が入っている!力抜け!」割鐘のような声が耳に入った。
そう、力抜かにゃ・・・
相手に合わせて足を出したら簡単に転がってくれた。
そこをすかさず押さえ込み
お、今日は調子いいぞ!

大学生君には、うつ伏せになったので馬乗りになり、裸絞め狙い
(おい、まいったしてくれ。絞めてもいいのか?)
(・・・・・・・・・・!)
「お。よし、ぢゃ絞めよう」キュキュッ
バンバン!
「一本!」

なんか全部寝技でしとめることできた。
でもだんだん息があがってくる。
握力もなくなってきた。

最後はチョーシに乗って巴投げかけたら失敗して押さえ込まれてしまった。「バカモン!はずせ!」柔連の
先生方の怒声が飛び交う。
最後の気力を振り絞り、帯を持って持ち上げたら相手と上下が入れ替わったので横四方に固める。
死んでもはずすもんか・・・・・
「一本!」



うおおっ!






感激して涙・・・どころではない。
放心状態
たたみにひっくり返ってしまった。

手が震えて赤帯が解けない
続いて3段受け(10人抜き)の相手をしなければならんので
ヨタヨタとまた試合場に戻って、相手をする。
もちろん、派手に投げられてきました。

みんな合格おめでとう。
柔道教室の父兄のお母さんも初段合格しました。



明日からは弐段の修行が始まる。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード