FC2ブログ

横須賀生活の総括その8

ise00

横浜伊勢崎町

結局いちばん多く訪れた街です。
お洒落な横浜にあって、時代からやや取り残された感があるこの街が
わしはなぜか好きです。


ise01
一歩隣の曙町へ入りたれば傾城の町となり、日も高いうちから客を誘う声がそっと聞こえる。
男子の本懐を遂げんとする志はあまたあれども、手元不如意により遂げることあたわず。

まあ、それはあっちに置いておいて・・・


ise02
ise03
伊勢崎町には古本屋さんがたくさんある。
何故にこれだけあるかは知らねど、わざわざ神田神保町まで行く必要がなくなり、
古本、古書あさりを楽しむことができた。
各々の本屋には揃える本の得意分野があるようです。
わしは美術書の多い店によく行っていました。
あとは、文庫本3冊200円漁りも楽しかった。
まだまだ自分の知らなかった小説を見つけるのが楽しくって、
背負ったリュックがいつのまにか重くなっていた。
ise04


JR関内駅の向こうには馬車道があり、こっちはお洒落度が高い街並みになっている。
そこで見つけたアイリッシュ・パブ
もももしかしたらフィッシュ&チップスが食べられるかな?と入ってみたら
やはりあった。
ise05
エールもあるよ。バスペール・エール
甘口ですっきり飲める。それにフィッシュ&チップスがよく合う。
この店にも結構行ったなあ。



ise06
お酒といえば伊勢崎町のショットバーSWEET SEASON
女の子のバーテンダーが多いのでガールズバーかな?
カクテル1杯800円からのリーズナブルです。
若い女の子が作るカクテルなんで、お世辞にも上手とは言えないが、
ぎこちないステアを見るのが好きでした。
たまにマスター(こっちは本物のバーテンダー)に作ってもらうと、やはり
味が違うよ。
昔中目黒のワンショットグラス1杯3000円のお店で色々教えてもらって勉強していたのが役立ちました。
なんかバーに行くときにはいい加減な格好で行ったら浮きそうなんで
結構身だしなみには気を使いました。



ise07
趣味の話でも書いたプラモデル屋さん
ここもお世話になりました。
タミヤの看板はなぜか惹きつけられるものがある。
ついついフラフラと店の中に入っていってしまうよ。


ise08
夜の伊勢崎町も美しい。
冬の間は電飾が通りの空をを飾る。
クリスマスのイルミネーションとも違った雰囲気です。


ise09
春は川沿いの桜が綺麗に咲き誇り、
夜は幻想的な明かりが川面を照らす。
しかし酔っ払い天国になっているのが残念と言えば残念です。

今日はどこに行こうかな~と考えた時には
とりあえず訪れて半日くらい行ったりきたりしながら楽しく過ごせた街です。
スポンサーサイト



横須賀生活の総括その7

tabi00
かねてから行きたかった所や、人に薦められて訪れた所です。
机の前に、一生のうちに行きたい所を書いて貼ってあります

単身赴任中に行ったのは横須賀から日帰りで行ける所が基本です。

まず日光の東照宮に行きました。
tabi01
横須賀からは遠いね!京急→JR→東部を乗り継いで四時間かかりました。
駅で降りてから山道を結構歩いたような気がする。
平日に行ったので修学旅行や郊外学習の小中学生が多かったねえ。
正直言うと陽明門は小さかったな、という印象でした。
今までイメージが膨らみすぎていて、勝手な印象を持っていたせいでしょう。
しかし一度は行ってみたかったので、非常に満足です。

羽田空港
tabi02
ここは職場の人に「どこかいいところない?」と訊ねたらここがいいよと教えてれた場所です。
国内線ターミナルが大規模で、色々なおしゃれな店舗が所狭しと入っていて
一日居られる所ですね。
特にデートとか家族連れが多かったっすね。
家内と娘が訪ねてきた時に連れてきたらハマッってしまい、時間を食いました。

羽田空港の帰りには川崎大師に行きましたが、
tabi03
まあ、こんなもんかな。
その日は人出がほとんどなく、閑散としたイメージが強かったからかなあ。
い、いや・・別にここがショボいところでは決してない。
人ごみが「有名さ」を増幅させるのだろうか。

安房の国の水仙の里は綺麗でした。
tabi04
久里浜から東京湾フェリーに乗って対岸の房総半島は金谷港で降りる。
甘い水仙の香りがあたり一面に漂っていました。
水仙畑が延々と続き、あまりに長いので途中で引き返して帰るほどでした。
昔、江戸に正月の水仙を供給するためにここで大規模に栽培されていたそうです。

横浜はご存知
tabi05
中華街、山下公園、元町と観光客の行くところは大概行きましたが
あすこはカップルで行くべきところですな。
一人で行ったら結構むなしい。
ですから、家内が遊びに来たときに二人で行きました・・・。

秋葉原
tabi06
わしは25年前から秋葉原の街の移り変わりを見てきた。
初めて訪れた時は、オーディオ、家電の街でした。
真空管はさすがにレア物でしたが、それでも昭和の香りが色濃く漂っていました。

その次にはパソコンの街になっていました。
まだPC98の時代でしたねえ。
8メガのメモリーで頑張っていました。
その頃からパソコンのシュミレーションゲームがちょこちょこ発売されかけていました。
信長の野望とか、提督の決断とか。
その頃アマチュア無線に凝っていたので無線屋巡りも楽しかったねえ。
tbi07
しかしてここ数年のアキバは萌え萌えタウンになっちまった。別に嫌いではないが・・・
わしは主にジャンク品がたくさんある裏通りがテリトリーでした。
有象無象のあやしい品が店先に溢れかえっている光景を好むのはオッサンの郷愁だろうか。
確かに裏通りを歩く人の平均年齢は表通りよりも若干高い。

アキバは日本の世相を映す街だというが、今の日本はこんなもんだろうか。
この先どういった街になるんだろうか。
この先もアキバウオッチングは続けてみよう。

アメ横
アキバとセットにして頻繁に訪れた街です。
何が好きかって、お洒落にとりすましていないこの街の猥雑さが好きです。
ここも東京なんですね。
軍装品の中田商店
tbi08
中学生の時、通信販売でお世話になっていた憧れの店でした。
20代の時に初めてこの店を訪れたときの感激を今でも覚えています。
そんなに買いはしないんですが、店内を眺めているだけで楽しいんですがな。
マニアの心くすぐる店です。

あやしい場所
三浦大仏
tabi09
三浦半島を京急で南下すると、津久井浜のあたりで車窓から山頂の五重塔が見える。
なんだこれは・・・?
と、ずっと気になっていました。
夏のある日、一日かけてウオーキングで出かけてみました。
すすするとそこは山全体が霊園で、それも宗派を超えているらしい。十字架もあるくらいやから。
山頂にはくだんの五重塔やら、更に大仏もある。
山肌にはコンクリ製の仁王像や弘法大師像もいる。
tabi10
ああ、涅槃像も・・・・
なんかここは日本珍百景のひとつだそうな。

そうあやしくないはずなんですが、
大船観音
tabi11
大船駅から外を見ると、山頂に巨大観音様の上半身が見える。
実は昔、「シルバー仮面」だったかな?
大船観音の目から光線が出て新幹線を破壊したり、
山を割って下半身が出てきて立ち上がり、歩いた記憶が子供心に怖かった記憶が残っていて
大船観音はわしにとってちょっと不気味な存在なんです。
観音様、すいません。

もう少し書くところがあるんですが、今回はここまで。

ちなみに
伊豆半島と御巣鷹山には行けませんでした。
いつか行きたいなあ。定年後に行くぞ!

横須賀生活の総括6

to00

若い頃はあんまり山登りが好きでなかったんですが、
40くらいから鯖街道キャンプウオークと関わってきたおかげで
山登りが身近なものになってきた。

山に登るということは、ひたすら登る行為に徹し、何も考えない無我の境地と言ったらいいだろうか、
禅定に近い精神状態になれる事がある。
こんな理屈を捏ね回しているより、ただ山の空気が好きなのだ。

土日はひたすら暇なんで、観光地やグルメツアーもいいけれど
山登りにも行きたい。
とりあえず三浦半島の山に登る。
to01
最初は大楠山に登ってみた。ここが最初に登る一般的な山だそうだ。
途中の城山公園の桜のカーペットが美しい。
途中には安針塚があり、三浦按針夫妻の墓がある。

次は三浦富士
to02
なぜここが富士?とは思ったが、なにはともあれ景色がいい。
頂上は車でも来られる。菜の花畑が綺麗です。
なぜかこのへんの山の山頂広場には猫がたくさんいて餌をねだってくる。

東京湾フェリーに乗って対岸の房総半島に行ってみた。
千葉県では有名な鋸山
to03
採石場だったために岩肌がむき出しになっている。
磨崖仏や大仏、羅漢像があちこちにあり、単なる山登りとは違う雰囲気です。

鎌倉郊外の山も有名だそうな。
to04
天園(てんえん)という優雅な名前の稜線伝いに歩くと
鎌倉市内と海が一望の下に見える。
頂上に着いた!と思ったら隣にゴルフ場があって興ざめだったがな。

さて人生の最大のイベントは、富士登山
to05
詳しくはこちらを参照にしてください。
http://okirakudojyo.blog93.fc2.com/blog-entry-31.html
富士登山を成し遂げたことによって、なんか気が抜けてしまいました。

富士登山の勢いに乗って
有名な高尾山に行ったら、ちょっと残念でした。
to06
ここは都心から最も来やすい山なんで、「隆起した観光地」でした。
人だらけやあああああああ
まあ、そこでも満足する人は居るのですから、それはそれでもいいんですが・・・。

まだまだ登りたい山が沢山あったんですが、惜しくもタイムアップ
谷川岳登山の準備もしていたが、またの機会を狙うとするか。

横須賀生活の総括その5

gu00
これは横須賀カレー

ところかわれば品変わるってんで
関東には
なじみがなくって、しかし美味しい食べ物が多い。
狙い定めた食べ物や、偶然街角で見つけた美味しいものもある。
わしがよく食べていた美味しかったものの一端を紹介します。

あ、ただし思いついた順に紹介するんで
場所とかジャンルは転々とします。

gu01
三浦半島といえばマグロですがな。
三崎漁港にあるマグロ料理店「海舟」のマグロ御膳2500円です。
「マグロの血合いエスカルゴ風」がむちゃくちゃ美味しいっす。
ここは地元の人に教えてもらった店なので、やはりおいしい。


gu02
品尚拉麺(ひんしょうらーめん)伊勢佐木長者町にあるつけ麺のお店です。
ストレート太麺に濃厚煮干スープがよく合う。700円
京急日之出町駅で降りて伊勢佐木長者町までの道すがら見つけました。
この煮干スープは癖になるよ。
トロトロの豚角煮と半熟卵の煮付けもよく合う。
つけ麺は一挙に食べられず、早食いできなくってお腹がふくれるので
わしにはいいのかもしれない。
隣もラーメン屋さんなんですが、大丈夫かな??

gu03
「パンチョ」スパゲッテイーナポリタン専門店というべきか。
秋葉原、御徒町、吉祥寺にある。ぜんぶ行った。
定番は目玉焼きの乗ったナポリタン700円
粉チーズがテーブルの上にドカンと置いてあり、
かけ放題だが、とにかく量が多いので調子こいて大盛りを頼むと食べ切れないかも。
ケチャップ味の単純な味なんですが、懐かしい味です。
昭和の味というべきか。


gu04
「えきめんや」京急電鉄の構内にある麺やです。
山菜そば340円
わしはうどんよりもそばが好きです。
それも濃い味つけのやつ。
山菜そばはヘルシーだろうと、これ食べていました。
関西人はこのつゆを、「真っ黒や!」と言って嫌がる。
でもわしはもともと関が原の東側の岐阜県人だから、真っ黒つゆのそばは食べなれていました。
日常的にこれ食べていたら、なんだか飽きてきて関西のダシのきいた薄いつゆのうどんが恋しくなってくる。
京急川崎駅構内のえきめんやで
「関西風だしうどん!」を見つけたので、ときどきそこでけつねうろんを食べていました。

gu05
伊勢佐木長者町「菓子匠しげた」の芋ようかん
一本110円
関西ではあまり馴染みのないお菓子ですね。千葉産ベニアズマを使っていてしっとり甘い。

gu06
横須賀中央にある甘味処「名物三笠焼」
一個100円
手軽に食べ歩きできるし、店内でも食べられる。
あんこがとても美味しい。
横須賀中央に来ると100円握り締めて買いに来たものです。
気になるのは25年前にこれ食べた時と値段が変わらない。
儲けはあるのか?心配してしまう。

もうひとつ横須賀中央
gu07
路地裏にある焼き鳥屋「相模屋」の路地販売
ここではお酒は飲めない。飲みたい人は店の中へ。
一本70円です。
いつもこの界隈には焼き鳥を焼くいい匂いがしてくるので
一度食べてみたいとは思いながら
会計システムがよくわからんかった頃はなかなか食べられなかった。
お客さんがいないときに勇気を振り絞って食べてみたら、あんがい簡単
自分の食べた串を横に持って行って払うだけ。
一度やってみたら二度目はもう常連のような顔をして食べていました。
家内が来たときに連れて行ったら、さかんに「おいしいね!」を繰り返していました。

更に飛んで秋葉原の裏通りにある
gu08
「モーゼスさんのケバブ」トルこのファストフード、ドネルケバブの店です。
500円
トルコ人のおじさんが妙なアクセントで
「オィシイ~、デスヨォ ドネルケバァ~ブゥ オニィ~サン、ドデスカァ~」
と叫んでいる。
そぎ切りにした肉を薄く焼いたナンのようなものに野菜と一緒にドカドカ載せて食べる。
ソースは辛さで四段階をチョイスできる。
しばらく食べないとまた食べたくなる。
食べていると口の周り、手、服がソースだらけになるのが難点です。

とりあえず美味しいもの紹介はこれまでですが、
また続編があるかもしれない。

横須賀生活の総括その4

ekaki00

わしは絵を描くのが好きで、特に習ったわけではないが落書き程度の絵なら得意です。
パソコンを使うようになってからはフォトショップでCGを描いて楽しんでいました。

それのごく一部を仕事で使うと、結構重宝がられていましたが、
かえって煩わしい事にもなったものです。
仕事以外のプライベートでは、似顔絵を書く事で人間関係の潤滑油にもなりました。
ご存知おきらく道場のキリ番CGなんかでも楽しんでもらえました。

ekaki04
わしの好きなタレントの大堀恵さんもよく描いていました。

下世話な分野では、
”さる”お店の女の子達の似顔絵を書いてあげること。
まずコースターにちょっと描いて印象付けておいて、
そのあと本格的に描いてプリントしてきて渡してあげると好感度が200%アップし
ekaki02
楽しくお酒を飲むことも可能でしたよ。
ekaki01
まあ、これはあんまりチョーシに乗っているとトラブルのもとになるので程々にしておきましたが。

あとは美容院で担当だった子にも描いてあげました。
20日おきに通っていたから結構常連さんでしたねえ。
ekaki03
でもいくら美人でもスタイルがよくても
描きたい人とは別で、特に因果関係はなかったなあ。
プロフィール

おきらく道場主

Author:おきらく道場主
柔道弐段剣道弐段腹参段のあやしい絵描きのおやじです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード